技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (85 トピック)

    (0 インダストリー)

    (3 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 60 件のうちの 60 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
オペレーティング・システムでもあり、汎用プラットフォームでもある Linux についての考察
Linux はあらゆるところで使われています。小型のものであればスマートフォンから、インターネットの仮想バックボーン、そして大型のものであれば最強のスーパーコンピューターに至るまで、Linux が使われています。これらのプラットフォームに期待される機能の多様さを考えると、これほどまで広範に使われるようになるのは大変なことです。この記事では、Linux がいかに幅広く使用されており、小型機器や大型機器、そしてその中間のあらゆる機器をどれほどサポートしているかを説明します。
記事 2012/4/12
Python で KVM 用のスクリプトを作成する: 第 2 回 KVM を管理するための GUI を libvirt と Python を使用して追加する
KVM (Kernel-based Virtual Machine) を使用した仮想マシンを管理するためのスクリプトを Python で作成する方法をさらに詳しく探り、単純なステータス・ツールと表示ツールを拡張して GUI を追加する方法を学びましょう。
記事 2012/2/16
iptables を使用してファイアウォール機能を稼働させ、セキュリティーを制御する
iptables は Linux の標準的なファイアウォール・アプリケーションです。iptables は構成や管理が容易な一方、ハイエンドのファイアウォール・アプライアンスに期待されるような制御を行える強力さも備えています。この記事では、iptables を使用するにあたっての基本事項と、ファイアウォール・アプライアンスの障害時にファイアウォールの機能を回復する方法、さらにスモール・オフィスで iptables を使用する方法を説明します。
記事 2012/1/27
Linux スケジューラーのシミュレーション
スケジューリングは、Linux カーネルの最も複雑で、最も興味深い側面の 1 つです。シングル・コアのマシンにも、クアッド・コアのサーバーにも適切な振る舞いを提供するスケジューラーを開発するのは簡単なことではありません。けれども幸いなことに、Linux スケジューラー・シミュレーターである LinSched は (スケジューラーのプロトタイプを作成するために) ユーザー空間で Linux スケジューラーをホストしながら、任意のハードウェア・ターゲットをモデル化して各種のトポロジーでスケジューラーを検証します。この記事を読んで、LinSched の概要、そして Linux のスケジューラーを試す方法を学んでください。
記事 2011/2/23
カーネル・ロギング: API と実装
カーネルの開発では、私たちは深く考えずに printk を使用してロギングを行っていますが、カーネル・ロギングのプロセスと、その基礎となる実装について考えたことはありますか?この記事ではカーネル・ロギングについて、printk でログを作成してユーザー空間のログ・ファイルに挿入するまでのプロセス全体を探ります。
記事 2010/9/30
Linux カーネルによるユーザー空間のメモリー・アクセス
カーネルとユーザー空間はそれぞれに異なる仮想アドレス空間に存在することから、この 2 つの間でデータを移動する際には特別な考慮が必要な事項があります。この記事では、仮想アドレス空間の背後にある概念、そしてユーザー空間との間でデータを移動するためのカーネル API の詳細を探るとともに、メモリーのマッピングに使用できるその他のマッピング手法についても学びます。
記事 2010/8/11
Linux カーネル共有メモリーの徹底調査
ハイパーバイザーとしての Linux には数々の革新技術が盛り込まれていますが、なかでも 2.6.32 カーネルで特に興味深い変更内容の 1 つとなっているのが、カーネル共有メモリー (KSM: Kernel Shared Memory) です。KSM により、ハイパーバイザーは重複するメモリー・ページを 1 つに統合し、同時に稼働する仮想マシンの数を増やすことができます。この記事を読んで、KSM の背後にある概念 (ストレージの重複排除など)、その実装、そして KSM の管理方法を学んでください。
記事 2010/4/07
カーネル API: 第 2 回、遅延可能な関数、カーネルのタスクレット、およびワークキュー
頻繁に発生するスレッド化操作のために、Linux カーネルではタスクレットとワークキューを提供しています。遅延可能な機能を実装するタスクレットとワークキューは、ドライバーとして今まで使用されてきたボトムハーフ・メカニズムの代わりとなるものです。この記事では、タスクレットとワークキューがカーネルでどのように使用されているのかを探り、タスクレット API とワークキュー API のそれぞれを使って遅延可能な関数を作成する方法を紹介します。
記事 2010/3/02
カーネル API: 第 1 回、ユーザー空間のアプリケーションをカーネルから呼び出す
Linux システム・コール・インターフェースでは、ユーザー空間のアプリケーションがカーネルの機能を呼び出すことはできますが、カーネルからユーザー空間のアプリケーションを呼び出すことはできるのでしょうか。この記事ではユーザー・モード・ヘルパー API の詳細を探り、カーネルからユーザー空間のアプリケーションを呼び出して、その出力を操作する方法を説明します。
記事 2010/2/16
Linux システム・コールを使用したカーネル・コマンド
Linux システム・コールは私たちが毎日使っているものですが、システム・コールはどのようにしてユーザー空間からカーネスに対して行われるかをご存知ですか。そこで、この記事では Linux システム・コール・インターフェース (SCI) の詳細を説明します。新しいシステム・コールを追加する方法 (そしてその代わりとなる手段)、そして SCI 関連のユーティリティーについて学んでください。[この記事は、カーネル 2.6.18 およびそれ以降に対応するようにコードの内容が変更されています (編集者より)]
記事 2010/2/10
Linux カーネル 2.6 Completely Fair Scheduler の内側
タスク・スケジューラーは、あらゆるオペレーティング・システムの中核です。この分野での進化と技術革新を続ける Linux は、カーネル 2.6.23 で CFS (Completely Fair Scheduler) を導入しました。このスケジューラーはランキューに依存する代わりに、赤黒木の実装を使用してタスクを管理します。CFS の背後にある概念とその実装、そして以前の O(1) スケジューラーに勝る利点を学んでください。
記事 2009/12/15
Linux のイントロスペクションと SystemTap
最近のオペレーティング・システムのカーネルには、イントロスペクションの手段が用意されています。イントロスペクションとは、動的にカーネル内部を探査してカーネルの振る舞いを把握する機能のことです。カーネルの振る舞いは、カーネル自体に存在する問題だけでなく、パフォーマンスのボトルネックを示唆する場合もあります。そのためカーネルの振る舞いがわかれば、カーネルを調整あるいは修正して障害が発生するような状況を回避することができます。この記事では、Linux カーネルの動的イントロスペクションを可能にするオープンソースのインフラストラクチャー、SystemTap について学びます。
記事 2009/11/09
次世代 Linux ファイルシステム: NiLFS(2) と exofs
ファイルシステムの分野で革新を続ける Linux は、オペレーティング・システムを問わずに多種多様なファイルシステムをサポートしているだけでなく、最先端のファイルシステム技術を提供しています。そんな Linux に新たに登場してきた 2 つのファイルシステムが、NiLFS(2) というログ構造化ファイルシステムと exofs というオブジェクト・ベースのストレージ・システムです。この記事では、この 2 つの新しいファイルシステムが目指しているもの、そしてそれぞれのファイルシステムがもたらす利点を説明します。
記事 2009/10/31
Linux の仮想化と PCI パススルー
プロセッサーが進化し、仮想化環境のパフォーマンスが向上していますが、I/O のパフォーマンスはどうなのでしょう。この記事では、I/O パフォーマンスを向上させるための、デバイス (または PCI) パススルーと呼ばれる技術を調べてみましょう。この革新的な技術のおかげで、Intel (VT-d) または AMD (IOMMU) によるハードウェア・サポートを利用して PCI デバイスのパフォーマンスを向上させることができます。
記事 2009/10/13
Linux 仮想ファイルシステム・スイッチの徹底調査
Linux が持つ柔軟性と拡張性は、まさに柔軟性と拡張性の定義そのものです。仮想ファイルシステム・スイッチ (VFS) を例に取っても、従来のディスクから USB フラッシュ・ドライブ、そしてメモリーやその他のストレージ・デバイスに至るまで、多種多様なデバイスでファイルシステムを作成することができます。さらに、ファイルシステムを別のファイルシステムのコンテキストに組み込むことさえ可能です。この記事を読んで、何が VFS をそれほど強力にしているのかを知り、その主要なインターフェースとプロセスについて学びましょう。
記事 2009/8/31
Linux ハイパーバイザーの徹底調査
最近 Linux に対して行われた革新のなかで最も重要なものの 1 つとして挙げられるのは、Linux がハイパーバイザー (他のオペレーティング・システムのためのオペレーティング・システム) へ変身したことです。この革新により、Linux をコアに使用した多くのハイパーバイザー・ソリューションが登場しています。この記事では、ハイパーバイザーの背後にある概念と、Linux をプラットフォームとして使用する具体的なハイパーバイザーとして KVM と Lguest の 2 つを探ります。
記事 2009/5/31
進歩する Linux カーネル
人生において、死が訪れたり、税金の支払いをしたりするのが確実であるように、GNU/Linux オペレーティング・システムも確実に進歩しています。そして最近の 2 つのカーネル・リリースも、期待を裏切るものではありません。2.6.28 リリースと 2.6.29 リリースには驚くほど大量の新機能が含まれています (例えば、最先端のエンタープライズ・ストレージ・プロトコル、2 つの新しいファイルシステム、WiMAX ブロードバンド・ネットワークのサポート、ストレージ完全性のチェックなど)。なぜ今アップグレードする必要があるのかを学びましょう。
記事 2009/3/24
ext4 の徹底調査
第 4 世代拡張ファイルシステム、ext4 は、その前世代のファイルシステム ext3 との後方互換性を有する次世代のジャーナリング・ファイルシステムです。現時点ではまだ標準になっていませんが、ほとんどの Linux ディストリビューションでは、ext4 が次のデフォルト・ファイルシステムとなる予定です。この記事で ext4 について学び、なぜこれがユーザーお気に入りの新たなファイルシステムになるのかを理解してください。
記事 2009/2/17
Linux プロセス管理の徹底調査
Linux でのユーザー空間プロセスの作成と管理には、UNIX と共通する原則が数多くありますが、それと同時に、Linux ならではの独特な最適化もいくつかあります。この記事では、Linux プロセスのライフサイクルに焦点を当て、ユーザー・プロセスの作成、メモリー管理、スケジューリング、そしてユーザー・プロセスの消滅といったカーネル内部での動作について詳しく説明します。
記事 2008/12/20
Linux カーネルのなかに入り込む GCC
Linux カーネルは GCC (GNU Compiler Collection) スイートの特殊な機能を使用します。これらの機能は、ショートカットを提供したり単純化を実現したりするものから、コンパイラーに最適化のヒントを提供するものまでさまざまです。この記事では特殊な GCC 機能のいくつかを取り上げ、Linux カーネルでその機能をどのように活用するかを説明します。
記事 2008/11/18
TASK_KILLABLE: Linux での新しいプロセスの状態
Linux のカーネル 2.6.25 では、プロセスをスリープさせるための TASK_KILLABLE という新しいプロセスの状態が導入されています。TASK_KILLABLE は、効率的ではあっても kill できなくなる恐れのある TASK_UNINTERRUPTIBLE や、頻繁に起こされる代わりに安全な TASK_INTERRUPTIBLE に代わるものです。TASK_KILLABLE は、2002年に提起された問題、つまり OpenAFS ファイルシステム・ドライバーがすべてのシグナルをブロックした後、割り込み可能な状態でイベントを待ち続けるという問題に対応するために作られたものです。この新しいスリープ状態は TASK_UNINTERRUPTIBLE に重大なシグナルに応答できる機能を追加したものです。この記事ではこの領域に焦点を当て、2.6.26 や以前の2.6.18 の例を使いながら、TASK_KILLABLE に関連した Linux カーネルの変更と、こうした変更の結果による新しい API について説明します。
記事 2008/9/30
inotify を使ってファイルシステムのアクティビティーを監視する
inotify は Linux の機能であり、読み取りや書き込み、作成など、ファイルシステムによる操作を監視します。inotify は受動型であり、驚くほど使い方が簡単であり、例えば cron ジョブで頻繁にポーリングするよりもはるかに効率的です。独自のアプリケーションの中に inotify を統合する方法と、システム管理を自動化するための一連のコマンドライン・ツールについて学びましょう。
記事 2008/9/16
Linux ローダブル・カーネル・モジュールの徹底調査
バージョン 1.2 のカーネルで導入された Linux ローダブル・カーネル・モジュールは、Linux カーネルで最も重要な革新技術の 1 つで、カーネルはローダブル・カーネル・モジュールによって拡張可能かつ動的になります。この記事を読んで、このローダブル・カーネル・モジュールの背後にある概念を知り、この独立したオブジェクトを動的に Linux カーネルに組み込む方法を学んでください。
記事 2008/7/16
デバイス制御アプリケーションを Windows から Linux へ移植する
デバイス制御アプリケーションを Microsoft Windows から Linux へ移植する際の苦労を軽減するために、この 2 つのオペレーティング・システムでのデバイス制御の動作を理解しましょう。この記事では、両方のオペレーティング・システムでのデバイス制御の違いを概説し、C/C++ のアプリケーションを移植する例を説明します。
記事 2008/6/24
Linux フラッシュ・ファイルシステムの徹底調査
読者のみなさんは、JFFS (Journaling Flash File System) や YAFFS (Yet Another Flash File System) という言葉は耳にしたことがあると思いますが、ファイルシステムの基礎をフラッシュ・デバイスに置くということが何を意味するのかおわかりでしょうか?この記事では、Linux 向けフラッシュ・ファイルシステムの概要を説明し、基礎となる消耗デバイス (フラッシュ・メモリー) の管理をウェア・レベリングによって行う方法、そして利用できる各種のフラッシュ・ファイルシステムをその基本的設計と併せて紹介します。
記事 2008/5/20
Completely Fair Scheduler によるマルチプロセッシング
Linux 2.6.23 カーネルには、モジュール構成のスケジューラー・コアと、スケジューリング・モジュールとして実装される CFS (Completely Fair Scheduler) が付属しています。この記事では CFS の主な機能を紹介し、その動作を調べ、また少し先回りし、2.6.24 リリースで予定されている変更のいくつかを紹介します。
記事 2008/1/08
Linux SCSI サブシステムの徹底調査
SCSI (Small Computer Systems Interface) は多数のデバイス (主にストレージ関連のデバイス) と通信するためのインターフェースおよびプロトコルを定義する標準の集合で、Linux では SCSI サブシステムを提供し、これらのデバイスとの通信を可能にしています。Linux はディスク、CD-ROM ドライバーなどの上位レベルのドライバーを、Fibre Channel や SAS (Serial Attached SCSI) などの物理インターフェースに結び付ける階層化アーキテクチャーの格好の例です。この記事では、Linux の SCSI サブシステムを紹介し、このサブシステムの将来について検討します。
記事 2007/11/14
Linux での同期方式の徹底調査
読者のみなさんは Linux の教育を受けるなかで並行性やクリティカル・セクション、そしてロックについて学んだことと思いますが、これらの概念をカーネル内でどのように使っていますか? この記事ではアトミック演算子、スピンロック、リーダー/ライター・ロック、カーネルのセマフォーを含め、2.6 カーネルで使用できる数々のロック機構について概要を説明します。さらに、安全かつ効率的なカーネルのコードを作成する上で、どこにそれぞれの機構を適用するのが最もふさわしいかを探ります。
記事 2007/10/31
論理ボリュームの管理
ボリューム管理は -ix の世界 (UNIX、AIX など) では目新しいものではありません。論理ボリューム管理 (LVM) にしても、すでに Linux カーネル 2.4v1 および 2.6.9v2 から導入されています。この記事で紹介する LVM2 は、論理ボリューム管理機能を提供する比較的新しいユーザー空間のツール・セットです。ここではとりわけ役に立つ LVM2 の機能を紹介するとともに、システム管理タスクを容易にする方法をいくつか提案します。読者からのフィードバックを基に、著者によりリスト 10、14、15、および 16 が更新されています (編集者より)。
記事 2007/9/20
Linux カーネルの徹底調査
Linux カーネルは大規模で複雑なオペレーティング・システムのコアですが、その大きさのわりには、サブシステムおよび層構造に関してよく整理されています。この記事では Linux カーネルの一般的な構造を調べ、主要なサブシステムとコア・インターフェースを説明します。該当する箇所では、さらに詳しく掘り下げられるように、他の IBM の記事へのリンクも記載しています。
記事 2007/6/06
Linux通へのステップバイステップ: 第1回 ちょっぴりLinuxが語れるようになる基礎知識
Linuxディストリビューションは数多く、どれを選ぶか悩むところです。特にここ最近で各ディストリビューターやプロジェクトに動きがあり、数年前とは状況が変わってきています。ディストリビューション選びのポイントとなる部分を整理し、Linuxディストリビューションのいまを掌握していきましょう。
記事 2007/4/27
Linux通へのステップバイステップ: 第1回 ちょっぴりLinuxが語れるようになる基礎知識
記事 2007/4/27
Linux のメモリー・フットプリントを削減する
物理的なメモリーが不足すると、Linux のパフォーマンスが大きく制限されます。この記事では、Linux システムが使用するメモリーの量を正確に測るための方法を学びます。また Ubuntu システムを例として使用しながら、メモリー要求を削減するための実際的なアドバイスを示します。
記事 2007/1/31
Linux 初期 RAM ディスク (initrd) の概要
Linux® 初期 RAM ディスク (initrd) は、2 段階のブート・プロセスをサポートするためにシステムのブート中にマウントされる一時ルート・ファイル・システムです。initrd には、実際のルート・ファイル・システムをマウントするための各種実行可能ファイルとドライバーが含まれています。実際のルート・ファイル・システムがマウントされると、initrd RAM ディスクはアンマウントされ、そのメモリーが解放されます。
記事 2006/7/31
Git を使ってソース・コードを管理する
Git は、Linus Torvalds が開発した、Linux カーネルの開発を管理する上で役立つオープン・ソースのリビジョン・コントロール・ソフトウェアです。ダウンロードして、独自のカーネル・ハッキング、または自分自身のソフトウェア開発プロジェクトのために使うことができます。
記事 2006/7/06
Linux スケジューラーの内側
Linux 2.6 カーネルの最も重要な機能の 1 つが、Ingo Molnar によって実装されたスケジューラーです。このスケジューラーは、動的であり、ロード・バランシングをサポートし、また一定時間内の動作をします・・・つまり O(1) です。Linux 2.6 のスケジューラーの持つ特徴などについて解説します。
記事 2006/6/30
/procファイルシステムを使用したLinuxカーネルへのアクセス
/procファイルシステムは、Linux のカーネル空間とユーザー空間の間での新しい通信アプローチを可能にする仮想ファイルシステムです。この記事では、/proc仮想ファイルシステムの概要と、その使用例を紹介します。
記事 2006/3/14
Linuxメモリー・モデルの探究
これはLinux メモリー・モデルの概要についてのガイドです。ここでは、メモリーの構成方法と管理方法についての基礎を学習します。このガイドでは、セグメント制御ユニットとページング・モデルについて説明するとともに、物理メモリー・ゾーンについても詳しく見ていきます。Linuxで使われているメモリー・モデルを理解することは、Linuxの設計と実装について把握するための第1ステップです。
記事 2006/1/24
プロセッサー・アフィニティーの管理
この記事では、現在のアフィニティー・メカニズムについて述べ、ハード・アフィニティーを使用する理由と方法を説明し、使用可能な機能の使い方を示すサンプル・コードを示します。
記事 2005/9/29
Kprobesによるカーネルのデバッグ
Kprobesを2.6カーネルと組み合わせることによって軽量で影響を与えない強力な機構ができ、printkを動的に挿入できるようになります。
記事 2004/8/19
FireWireのデバイスからLinuxをブート
外部ドライブの追加は、老朽化したハードウェアに新たな命を吹き込む妥当な手段であり、内蔵ドライブの変更を出来ないマシン上でのLinuxの利用を可能にします。
記事 2004/7/15
Linuxカーネルのストレス・テスト
ソフトウェアのテストを自動化することにより、同一のテストを一定期間に渡って行うことができるようになります。また自動化によって同じ種類のテスト結果を比較することで、確実に正確な評価ができるようになります。
記事 2004/6/30
Kexecを使ってLinuxの起動を早める
Kexecとは高速リブート機能で、bootloaderを通らずに新しいLinuxカーネルのリブートを可能にしてくれるものです。
記事 2004/5/04
DSFを使ってデバイスをシミュレートする
DSFを使うと他の方法ではシミュレートしたり再生成したりするのが難しいデバイス・コードのデバッグやチェックが簡単になるのです。
記事 2004/3/23
カーネル比較: 2.6カーネルでのネットワーク機能の改善
この記事では、新しいLinuxカーネルで行なわれる多くの領域の改善が、Linuxをよりセキュアに、また企業対応にしようとするユーザーの努力に対して、どのような影響を与えるかについて説明します。
記事 2004/3/03
カーネル比較: 2.6カーネルで改善されたメモリ管理
この記事では、2.6 Linuxカーネルのリバース・マッピング、メモリ・ページの大型化、ページテーブル・エントリーを高位メモリに保存する手法、より安定になったメモリ・マネージャなどについて概要を説明します。
記事 2004/3/03
カーネル比較: 2.4から2.6へのカーネル開発における改善
長く待たれていた2.6カーネルが遂に登場しました。2.6カーネルの背後にあるツールやテスト、手法などによって2.6カーネルはそれ以前のどれよりも良いものとなりました。
記事 2004/2/17
カーネル比較: 2.4と2.6でのWeb処理
この記事ではIBM Linux Technology Centerが行ったWeb処理に関するテストの結果を紹介しながら、Linux 2.4と2.6カーネルを様々な面から比較します。
記事 2004/2/10
Linux 2.6へ
ここではコード・サンプルを挙げながら、次期新カーネルの新しくなった部分を大小取り混ぜ、いくつか見ていこうと思います。
記事 2003/9/23
Linuxを即席で管理する
Linuxを即席で管理する,/procファイルシステムを使ってシステムを管理する
記事 2003/5/14
ハイパー・スレッド処理でLinuxを高速化
IntelのXeonプロセッサーに、ハイパー・スレッド処理 (HT: Hyper-Threading) という新しいテクノロジーが導入されました。Xeonプロセッサーは、それぞれのプロセッサーで同時に並行して複数のスレッドを実行できるようになり、性能を格段に向上させることができます。
記事 2003/1/01
共通テーマ: Linux LVMについて学ぶ: 第2回
今回の記事では、Daniel氏がcvs.gentoo.orgの /homeファイル・システムをLVM論理ボリュームに移行した経験をお話しします。移行後には、cvs.gentoo.orgの /homeパーティション・サイズを変更する際、リブートしたり、/homeをアンマウントしたり、実行レベル1に落としたりせずに、リアルタイムで動的に行えるようになります。
記事 2001/4/01
共通テーマ: Linux LVMについて学ぶ、第1回
この記事でDanielは、Linux LVM (論理ボリューム管理) の背後にある 概念を紹介し、最新のカーネル・パッチおよびツールをシステムにインストールする方法を示しています。
記事 2001/3/01
Linuxカーネルの性能と拡張性の改善
本稿では、IBM Linuxテクノロジー・センターのスタッフがそれぞれの専門的な知識を出し合い、昨年暮れにLinuxカーネル2.4と2.5で何種類ものベンチマークを実行したときのことを紹介します。
記事 2001/3/01
共通テーマ: 新Linux 2.4カーネルのSoftware RAID、第1回
ついに、新しい2.4カーネルが出ました! さあ、使われていないPCを探し出し、Linuxを入れ、それで何ができるかを見てみましょう。この記事では、Software RAIDのセットアップを説明し、リニア・ボリュームとRAID-0ボリュームの作成方法を示しています。
記事 2001/2/01
一般的なスレッド: POSIX スレッドの説明: 第3回
POSIX スレッドについての 3 回シリーズの最後となるこの記事では、条件変数の使用法について Daniel がわかりやすく説明します。Daniel は記事を締めくくるにあたって、すでに学んだ事柄を使ってマルチスレッドの作業班アプリケーションを実装する方法を示します。
記事 2000/9/01
Linux カーネル2.4 の紹介: 第1回
これは 2 回シリーズの第 1 回です。第 1 回で論じられるのは、正式なリリースがいつごろになるのか、新しいリリースの全体的な機能はどんなものになると予想されるか、メインのハードウェア機能に対する拡張機能という観点から何が期待できるのか、といった点です。
記事 2000/8/01
一般的なスレッド: POSIX スレッドの説明: 第2回
POSIX スレッドは、コードの応答性とパフォーマンスを向上させる優れた方法です。3 回シリーズの第 2 回である今回の記事では、mutex というちょっとした優れた手段により、スレッド化されたコードの整合性を保つ方法について、Daniel Robbins が説明します。
記事 2000/8/01
共通のスレッド: POSIX スレッドの説明
POSIX (Portable Operating System Interface) のスレッドは、コードの応答性とパフォーマンスを向上させる優れた手段です。本稿では、コードでスレッドを使用する方法を説明します。詳細な背景情報が多数網羅されているため、このシリーズの終わりまでには、独自のマルチスレッド・プログラムを作成する準備が整っていることでしょう。
記事 2000/7/01

1 - 60 件のうちの 60 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)