技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (85 トピック)

    (0 インダストリー)

    (3 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 12 件のうちの 12 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
System V のセマフォー API を使用して POSIX のセマフォー API を実装する
「POSIX API を使用する必要があるものの、開発プラットフォーム (z/OS など) が POSIX API をサポートしていない」ということはないでしょうか?あきらめることはありません。System V のセマフォー API を使用して POSIX のセマフォー API を実装することで、皆さんが作成したコードをより多くのプラットフォームで使用できるようにし、そのコードを保守できる状態に保つ方法を学びましょう。
記事 2012/11/15
グリーン IT を促進する ― アプリケーションのマイグレーションおよびリホストの実用ガイド
このガイドは、分散環境からアプリケーションのワークロードを移行した実際の経験を基に作成されています。具体的には、Power、pSeries、または RS/6000 ハードウェア上の AIX ワークロード、Sun ハードウェア上の Solaris ワークロード、あるいは x86 ハードウェア (つまり、IBM eServer から IBM System z までの主に IBM System z9 または z10 モデル) 上の Linux ワークロードなどです。
記事 2012/8/09
System V のセマフォー API を使用して POSIX のセマフォー API を実装する
記事 2010/10/28
Perl を Python にポーティングする
レガシーの Perl を Python へポーティングする作業は、尻込みしたくなるような作業です。この記事では、レガシー・コードを扱う際のセオリーを、やってはならないことを含め、いくつか紹介します。
記事 2010/9/01
QEMU を使ってクロスプラットフォームの開発を行う
Linux の強みの 1 つはクロスプラットフォームという性質にあります。Linux は、x86、x86-64、SPARC、PowerPC、その他多くの CPU (Central Processing Unit) 上で実行することができます。しかし、このようにハードウェアの選択肢が多いため、ソフトウェア開発者は大きな困難に直面します。すべてのプラットフォームでソフトウェアを適切にコンパイルできるように、そして実行できるように保証することは困難です。QEMU パッケージを利用すると、この負担を軽減することができます。QEMU は広範な種類の CPU をサポートするマシン・エミュレーターです。そのため、PowerPC のソフトウェアを x86 コンピューター上で実行したり、x86-64 ソフトウェアを SPARC コンピューター上で実行したりすることができます。この機能は、ソフトウェアのエンディアンネスに関する整合性のテストや、その他 CPU 特有の機能のチェックをする必要があるプログラマーには特に重宝します。また QEMU を使用すると、さまざまなオペレーティング・システムを完全に実行することができます。そのため、FreeBSD やSolaris、さらには Microsoft Windows の下でプログラムをコンパイルして実行できるかどうかを、Linux を終了せずにテストすることができます。
記事 2010/2/09
Linux のアセンブラー: GAS と NASM を比較する
この記事では、Linux で最も一般的な 2 つのアセンブラーである GAS (GNU Assembler) と NASM (Netwide Assembler) の間での、構文や意味体系の重要な違いについて説明します。比較する項目は、基本的な構文や、変数やメモリー・アクセスの方法、マクロの処理、関数や外部ルーチン、スタックの処理、コード・ブロックを容易に繰り返すための手法などです。
記事 2007/10/17
Linuxアプリケーションの64ビット・システムへの移植
64ビット・アーキテクチャーの普及に伴い、Linux ソフトウェアを64ビット対応にすることが今まで以上に重要となってきました。宣言と代入、ビット・シフト、型定義、文字列の書式設定などの際に移植性を阻む落とし穴を避ける方法を学びましょう。
記事 2006/4/12
.NETアプリをLinux対応にするMono
この記事では、Monoをシステムにインストールする手順と、LinuxとMicrosoft(R) Windows(R)の両方で動作する、Monoによってコンパイルされた初めてのサンプルC#アプリケーションを開発する手順を説明します。
記事 2005/9/19
Solarisからx86の Linuxへの移植ガイド
この移植ガイドでは、Linux/x86への移行計画に関するアドバイスのほか、開発環境やアーキテクチャの違いについても説明します。
記事 2005/4/29
サーバー・クリニック: Fortran、Linux環境でくつろぐ
この記事では、LinuxにおけるFortranの重要性の意味や、さらに詳しく研究するための方法を簡単に紹介します。
記事 2003/3/19
MFCアプリケーションをLinuxに移植する
MFCドキュメント/ビュー・フレームワークを利用しているWindowsアプリケーションを、wxWindowsツールキットを使ってLinuxに移植するときの基本的な手法を紹介します。
記事 2002/4/01
wxWindowsの概要
Markus Neiferが、ポータブルなC++ およびPython GUIツールキットwxWindowsの概要を説明します。彼はライブラリーのアーキテクチャーについて語り、マルチプラットフォーム・ファイル・ハンドルおよびディレクトリー分離文字の使い方を説明し、また、wxHTML、イメージ・ファイル・フォーマット、およびユニコードについても触れています。
記事 2001/2/01

1 - 12 件のうちの 12 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)