技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (173 製品)

    (517 トピック)

    (8 インダストリー)

    (4 種類)

1 - 6461 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
iOS アプリを Objective-C から Swift に移植する
2014年の初めに Bluemix のサービスが提供され始めた後、私たちは Bluemix 上で IBM Mobile Data サービスを利用して、初歩的な iOS アプリを、クラウド・ストレージを使用するように機能強化する方法に関するチュートリアルを作成しました。今回のチュートリアルでは、Objective-C で作成されたアプリケーションを Apple の新しいプログラミング言語である Swift に移植する方法を紹介します。
チュートリアル 2014/12/18
Maximo シリーズ: Part9 - 署名オプション
Tivoli Process Automation Engine (以下 TPAE) は Maximo Asset Management 製品群および IBM Control Desk の基礎となるフレームワークです。本稿では、セキュリティと GUI の制御を兼ね備えた署名オプションについて解説します。
記事 2014/12/18
ビジュアル検索エンジンを使用するモバイル・アプリに対して、クラウド上に格納されたデータを提供する
ビジュアル検索エンジンは、モバイル・アプリケーションの新しいパラダイムを創出しましたが、この技術を効果的に利用するには、大規模な公開データ・セットを用意して維持管理する必要があります。クラウド・ベースのストレージは、ビジュアル検索エンジンを使用するアプリケーションを導入する場合に、そのアプリケーションで利用できる優れたソリューションです。この記事では、組織がビジュアル検索エンジンとクラウド・ベースのストレージを使用してビジネス・プロセスを自動化する方法について説明します。
記事 2014/12/18
クラウド・コンピューティングのサービス・モデル
この全 3 回からなる連載では、クラウド・コンピューティングの概念にまつわる混乱がなくなるように、クラウド・コンピューティングを実際に使用する際に関係してくるさまざまな事項をわかりやすい例として取り上げます。そして、連載の記事ごとにクラウド・コンピューティングの 3 つのサービス・モデルである、IaaS (Infrastructure as a Service)、PaaS (Platform as a Service)、SaaS (Software as a Service) のそれぞれに話題を絞って説明します。連載を読み終える頃には、クラウド・コンピューティングのことが、単なる流行語をはるかに超えたものとして感じられるはずです。
記事 2014/12/18
developerWorks クラウド・コンピューティング関連のベスト・コンテンツ: 古い記事、新しい記事、Bluemix 関連の記事
developerWorks では、クラウド・コンピューティングに関する広範なテーマを 5 年以上にわたって取り上げてきました。クラウドの基礎から、セキュリティー、モバイル技術、そして IBM Bluemix や SoftLayer などの IBM ソリューションに至るまで取り上げることにより、developerWorks クラウド・チームでは IT のなかでも盛況なこの分野における最新情報を読者に提供し続けることを最優先としてきました。今回は、クラウド関連のベスト・コンテンツ (つまり、developerWorks クラウド・チームが気に入っていると同時に、読者の皆さんからも気に入られているコンテンツ) をいくつかシェアしたいと思います。それにより、どこまでクラウドが進化してきていて、クラウドはどこに向かっていて、クラウドの発展の中で IBM がどれほど重要な役割を担っているかに焦点を当てます。
記事 2014/12/18
IBM による Apache Cordova 用プラグインを使用して、ハイブリッド・モバイル・アプリケーションから IBM Bluemix 内のデータを管理する
Apache Cordova 用 IBMData プラグインを使用して、Cordova コマンドライン・インターフェースから IBM Bluemix のデータ関連の機能を既存または新規のハイブリッド・モバイル・アプリケーションに追加してください。また、Bluemix のサービスを呼び出すことにより、Bluemix クラウド内にデータを作成することや、Bluemix クラウドに保管されているデータの読み取り、更新、削除を行うこともできます。
チュートリアル 2014/12/18
モバイル・アプリをテストするために OTA で配布する
IBM Bluemix から IBM Mobile Quality Assurance (MQA) を使用して、モバイル・アプリケーションの OTA 配布を実施する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/12/18
IBM MessageSight 構成運用ガイド
IBM MessageSightの構成、運用、高可用性構成の設計及び手順に関する詳細情報をガイドとしてまとめています。
記事 2014/12/16
クラウド時代のIBM Dominoメール
本資料では、IBM Domino における大規模メール (2~5GB) のパフォーマンステストの結果と考察を紹介しています。大容量メール DB 要件に対する IBM Domino メールサーバー (オンプレミス) 構成を検討できるようになることを目的としています。 (本資料は 2013年10月11日に開催された Lotus Technical Update Workshop で使用されたものです。)
記事 2014/12/12
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第四回「Java Health Centerによる障害解析用データ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方について、第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法について、第三回ではPMI統計情報を利用したデータ取得の自動化についてご説明しました。第四回ではJava Health Center を利用した障害解析用データの自動取得方法についてご紹介します。
記事 2014/12/12
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 を "見える化" するためのモニタリング運用
「これだけはおさえたい DB2 の運用」シリーズのなかで、この記事ではデータベースのモニタリングを取り上げます。万一の障害を素早く検知したり、過去のデータベースの稼働状況を振り返ったりするためにはモニタリングが不可欠です。この記事で紹介するモニタリング手法を習得して、必要に応じて適切な分析ができるようにしましょう。
記事 2014/12/12
Bluemix の R カスタム・ビルドパックを使用して #Bluemix のセンチメント分析を行う Shiny アプリケーションを作成する
Twitter 上のエンティティーの人気を分析し、R を使用してツイートのセンチメント分析を行う Shiny アプリケーションを作成してください。また、カスタム・ビルドパックを使用して IBM Bluemix 上で R を実行する方法を学んでください。そして、アプリケーションをカスタマイズして、クラウド内に保管されているデータに対して、あらゆる種類の複雑な分析を実行してください。
記事 2014/12/11
IBM Case Manager プロパティー・ビューにおけるカスタム・エディターの開発
IBM Case Manager (ICM) は 2014 年 9 月にバージョン 5.2.1 がリリースされ、5.2.0 と比べて数々の新機能が追加されました。この記事ではそれらの中からからプロパティー・ビューを拡張するためのカスタム・エディターの開発について説明します。具体的な手順についてサンプルを交えながら紹介します。また、カスタム・ウィジェットやカスタム・エディターの開発を支援する Eclipse プラグインについても紹介します。
記事 2014/12/11
Bluemix 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Node.js 編
IBM Bluemix とは、Web アプリケーションやモバイル・アプリケーションを構築、提供、管理するためのオープン・スタンダードをベースとした PaaS (Platform as a Service) 環境です。IBM Bluemix では幅広いプログラミング言語やフレームワークを使用することができ、Node.js もそのひとつです。 当記事では IBM Bluemix の Node.js 実行環境を使用した、Web アプリケーション開発の流れをステップ・バイ・ステップで解説します。もし Node.js に触れたことがあり、まだ IBM Bluemix を体験したことがない場合は、ぜひ無料のトライアル・アカウントを取得して試してみてください。
チュートリアル 2014/12/11
Bluemix 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Java 編
Bluemix 上のランタイム「Liberty for Java」を利用して Web アプリケーションを開発する手順をステップ・バイ・ステップで解説します。
チュートリアル 2014/12/11
Bluemix アプリケーションを IBM DevOps Services を利用してチーム開発する
この記事では IBM の PaaS (Platform as a Service) オファリングである Bluemix 上で稼働する Web アプリケーションを、同じくクラウド上でコラボレーション型開発環境を提供する DevOps Services を利用して開発していく方法を解説します。
記事 2014/12/11
IBM Bluemix のサービスを利用して Java EE アプリケーションに新たな命を吹き込む
既存のアプリケーションを SQLDB、Session Cache、Auto-Scaling といった IBM Bluemix のサービスにマイグレーションしてください。このチュートリアルで取り上げるサンプル・アプリケーションは、10 年前のデイトレード・アプリケーションから作成した新しいアプリケーションである CloudTrader です。
チュートリアル 2014/12/11
BIRT ビューアーを Java および Java EE による Web アプリケーションと統合する
この記事では、BIRT (Business Intelligence and Reporting Tool) レポート・ビューアーを、Java および Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) によるカスタム Web アプリケーションと統合する方法を説明します。さらに、カスタム Web アプリケーションの中で BIRT レポート・ビューアー・アプリケーションの機能を利用する方法についても説明します。
チュートリアル 2014/12/11
IBM Sametime 9.0 シングル構成ガイド
当資料では、IBM Sametime 9.0 で提供される機能をシングル環境で構築する手順について記述します。
記事 2014/12/08
IBM Worklightハイブリッド・モバイル・アプリケーションをLinkedInサービスに接続する
LinkedInでは、サード・パーティー製のWebアプリケーションやモバイル・アプリケーションからユーザーに代わってLinkedInサービスを呼び出すことを可能にするAPIセットを公開しています。この記事では、IBM Worklight開発者を対象に、ハイブリッド・モバイル・アプリケーションからLinkedInサービスに接続する2つのHTTPアダプターの作成方法を紹介します。1つ目のHTTPアダプターは、OAuth規格を使ってLinkedInとアプリケーション・ユーザー間の認証要求と許可要求をセキュアに処理するアダプターです。2つ目のHTTPアダプターは、許可された要求をOAuthトークンを使ってLinkedInサービスに送信します。
記事 2014/12/08
Bluemix の SQL Database サービスを利用して SQL Database との間でデータのインポートやエクスポートを行う
Bluemix SQL Database にデータをインポートする方法を学んでください。また、どのようにすればデータをエクスポートすることが可能であるかを示すサンプル・アプリケーションを参照してください。
チュートリアル 2014/12/04
Bluemix 対応の Cordova プラグインを追加して、ハイブリッド・モバイル・アプリでプッシュ機能を利用する
IBM Bluemix には、モバイル端末とクラウド・サービスとの間でやりとりするための強力な SDK のセットが用意されています。これらの SDK の 1 つである Push を使用すると、開発者は Push サービスに端末を登録し、プッシュ通知を送信することや、受信することができるようになります。このチュートリアルでは、ハイブリッド・モバイル・アプリケーション (既存のもの、または新規のもの) において IBM Bluemix 用の新しい Apache Cordova プラグインを有効にして動作させるためのステップを説明します。
チュートリアル 2014/12/04
DevOps Services と Bluemix を使用して Clojure Web アプリケーションを作成する
ユーザーが匿名で提案を作成して他のユーザーに評価してもらうという、小規模な Web アプリケーションを Clojure で作成してください。このクラウド・ベースの提案アプリケーションは、Bluemix と Cloudant 上で実行されて、データベース・バックエンドを使用します。アプリケーションのソース・コードは IBM DevOps Services に用意されています。
チュートリアル 2014/12/04
IBM Analytics for Hadoop サービスを使用した Big SQL アプリを作成する
IBM InfoSphere BigInsights Enterprise Edition のクラウド・ベースのインスタンス上で実行されて IBM Analytics for Hadoop サービスを使用するサンプル・アプリケーションを作成し、ソーシャル・メディア・データを IBM Watson ブランドのグローバル・カバレッジとして公開してください。また、Big SQL (IBM の Hadoop ベースのプラットフォームに対する SQL インターフェース) を使用してデータを照会し、そのデータを読み取る Java アプリケーションを格納した WAR ファイルをデプロイしてください。ユーザー向けに作成するこのサンプル・アプリケーションは、データに対するクエリーを動的に実行することができます。
チュートリアル 2014/12/04
IBM DevOps Services での Bluemix へのローリング・デプロイを自動化する
IBM Bluemix 上でアプリケーションのビルドを行う開発者は、サービスを中断することなく、ユーザーの満足を維持するために、ゼロ・ダウンタイムを実現することを目指しています。新しい機能を提供する一方でゼロ・ダウンタイムを実現するのは、難しいことであり、ローリング・デプロイを実行できることが求められます。このチュートリアルでは、ローリング・デプロイ・プロセスを自動化するために、Bluemix 用に IBM DevOps Services の Delivery Pipeline サービスをセットアップして利用する方法を順に説明します。
チュートリアル 2014/12/04
IBM API Management V3.0 テクニカル・セミナー 資料
2014年10月6日に開催した「IBM API Management V3.0 テクニカル・セミナー」の資料を公開します。
記事 2014/12/02
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第三回「PMI統計情報を利用したデータ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方について、第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法についてご説明しました。第三回ではPMI統計情報を利用したデータ取得の自動化についてご説明します。
記事 2014/12/01
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 の自動メンテナンス機能でここまでできた
DB2 には、多数の自動メンテナンス機能が備わっている。この記事では、DB2 の自動メンテナンス機能にどのようなものがあるか、これによって何ができるのか紹介する。
記事 2014/11/27
Polymer を導入して Web Components による革命に参加する
Polymer ライブラリーでは、iOS や Android 上のモバイル・ブラウザーをはじめとする最近のあらゆるブラウザーでサポートしている Web Components テクノロジーを使用しています。皆さんが作成する Web アプリケーションやハイブリッド・モバイル・アプリケーションに、(UI インタラクションの処理、トランジション・アニメーション、柔軟な CSS スタイル設定を含む) 完全なユーザー・インターフェースをカプセル化するカスタム Web 要素を追加してください。
チュートリアル 2014/11/27
Polymer を使用して再利用可能なカスタム Web コンポーネントを作成する
Polymer の JavaScript API と Web コンポーネント・ライブラリーを使用して、コミュニティー・リポジトリーで共有したり、独自のアプリケーションに組み込んだりするためのカスタム Web コンポーネントを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 4 回 クエリー用 GUI の Web ページをデプロイする
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの最終回です。今回は、IBM Bluemix 上で温度および湿度データをグラフ化するための簡単な GUI の Web ページを Nginx にデプロイすることで、すべてが盛り込まれた例を完成させるとともに、CORS を有効にするために Node-RED の構成に変更を加える方法についても見ていきます。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 3 回 Node-RED を使ってカスタム・アプリケーションを作成する
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの第 3 回です。今回は、組織と機器を IBM IoT Foundation に登録します。続いて、Arduino 回路と第 2 回で作成したスケッチから MQTT プロトコルを利用して送られてくる温度および湿度データを取得して Mongo データベースに保管する単純なアプリケーションを、Node-RED を使用して作成します。また、Node-RED のフローとして、データベースに対してクエリーを実行する Web サービスを実装するフローを作成します。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 2 回 スケッチを作成して IBM IoT Foundation Quickstart に接続する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 2 回) では、IoT (Internet of Things) 用に設計された MQTT (旧称 Message Queueing Telemetry Transport) というプロトコルを紹介し、MQTT を Arduino に実装する方法を説明します。ローカルで MQTT をテストして問題をデバッグするためのツールと手法を学ぶとともに、カスタム・データのグラフ化に対応する IBM Internet of Things Foundation Quickstart に接続する Arduino スケッチを作成してください。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 1 回 回路を組み立てて環境を構築する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 1 回) では、Arduino マイクロコントローラーを紹介するとともに、自宅の機器が正常に動作するよう管理するという問題を解決するために、著者がこの Arduino をどのように利用したかを説明します。また、Arduino のハードウェア・アドオンを紹介し、これらのアドオンを接続する方法、ハードウェアをテストするためのプログラムをロードする方法を説明します。
チュートリアル 2014/11/27
MEAN をマスターする: MEAN とレスポンシブ Web デザインを適用した UGLI CRUD
連載の著者である Scott Davis が UGLI (User Group List and Integration) アプリケーションという、ユーザー・グループ管理支援ソフトウェアを紹介します。MEAN スタックの基本的な CRUD (Create、Read、Update、Delete) 機能を探るとともに、Bootstrap フレームワークのレスポンシブ Web デザイン機能の概要を学んでください。
チュートリアル 2014/11/27
IBM PureApplication System V2.0の新しいパターン・エンジン
2014年9月に出荷開始されたIBM PureApplication System V2.0。この新しいバージョンでは従来に比べ、さまざまな機能が進化しています。今回は、その中でも大きく改変された主要な機能として、新しいパターン・エンジンの概要と、パターン開発支援機能をご紹介します。
記事 2014/11/21
JVM の並行性: Scala での非同期イベント処理
Scala の Future クラスと Promise クラスは、イベントを編成して順序付けるノンブロッキング手法を含め、非同期処理を扱う強力な手段を提供します。しかも Scala では、マクロとして実装された async / await 構成体によって、ノンブロッキング型のイベント処理をより簡単に作成することができます。このチュートリアルでは、Future と Promise を使用する基本手法の実際を紹介した後、async / await を利用して、単純なブロッキング型のように見えるコードをノンブロッキング方式で実行されるように変換する方法をデモンストレーションします。
チュートリアル 2014/11/20
Bluemix 上のアプリケーションをエラスティックにする
Bluemix の Auto-Scaling アドオンは、ターゲット環境の中でアプリケーション・インスタンスのキャパシティーを動的に調整する機能を提供しています。このアドオンを使用すると、通常使用されているリソース割り当て (たとえば、CPU 使用率やメモリー使用量) に基づいてアプリケーションをスケールアウト (またはスケールイン) することができます。
記事 2014/11/20
Bluemix を使用して Oculus Rift のゲーム・データを分析する
インタラクティブなユーザー環境は、デジタル・ゲームをベースにした学習を、魅力的で効率的なものにします。収集されたデータは、ゲーム開発者がゲームの教育的価値を高めるために役立てることが可能です。Oculus Rift バーチャル・リアリティー機器から収集されたデータを Bluemix サーバーに対してストリーミングして分析する方法を理解してください。Bluemix アプリケーションは、ユーザーの頭の動きなど、Rift からの全データを保管します。このデータを分析することで、学習速度に関する洞察を得ることができます。
チュートリアル 2014/11/20
Google+ 認証で Android アプリを機能強化する
IBM クラウド上にホストされ、Google+ 認証によって保護される Android アプリケーションを作成してください。この複数のチュートリアルで構成されるシリーズでは、新しいサービスとテクノロジーを紹介し、各チュートリアルで少しずつこのアプリケーションを作成していきます。今回のチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、そして BlueList Android アプリケーションを作成するための完全な説明が含まれています。このチュートリアルで学んだことは、Google+ 認証を皆さんのアプリケーションに組み込むために適用することができます。
記事 2014/11/20
MEAN をマスターする: MEAN アプリケーションについて探る
連載「MEAN をマスターする」の最初のチュートリアルでは、Yeoman ジェネレーターを使用して、MEAN アプリケーションを立ち上げました。今回は、このアプリケーションについて探るツアーとして、アプリケーションで受信される初の HTTP リクエストをサーバー・サイド (Node.js および Express) からクライアント・サイド (AngularJS) まで追跡します。
チュートリアル 2014/11/20
IBM WebSphere MQ V8.0 アップデート・セミナー
2014年10月3日開催の『WebSphere MQ V8.0 アップデート・ワークショップ』の資料を公開します。
記事 2014/11/19
IBM PureApplication System第2世代ハードウェア解説
この記事では、IBM PureApplication System第2世代ハードウェアについて取り上げ、新機能や第1世代との相違点に重点をおいて、第2世代ハードウェアの特長を確認します。各モデルに含まれるハードウェア・コンポーネントや、ハードウェアの機能向上などについても解説します。
記事 2014/11/18
リスク・スコアリング分析のユース・ケースでIBM Operational Decision ManagerのDVSシミュレーション機能を使用する
この記事では、IBM Operational Decision ManagerのDecision Validation Service機能を拡張して、大規模なデータセットに対するKPIベースのシミュレーションを生成する方法について説明します。このシミュレーションをビジネス・ユーザーはリスク・スコアリング分析に利用できます。この記事で示す設計と実装の考慮事項は主にIBM ODM V8.5に基づいていますが、これより前の製品バージョン(WebSphere ILOG JRules V7.5やV8など)にも適用できます。このコンテンツは、IBM Business Process Management Journalの一部です。
記事 2014/11/17
語彙とルールをルール・セット間で共有するための IBM Operational Decision Manager リポジトリーを設計する
ビジネス・ルール管理システム (BRMS: (Business Rule Management System)) プロジェクトの初期設計では、語彙の共有とルールのガバナンスを容易にするために、将来的にビジネス・ルール・テクノロジーが組織の中で広く展開されることを考慮しなければなりません。この記事では、ルール・プロジェクトを 3 層構造に分割する設計手法を提案します。この手法は、単純で、標準化および体系化されていて、ビジネス・コンテキストに適応させることができます。
記事 2014/11/14
MEAN をマスターする: MEAN スタックの紹介
Web 開発のエキスパートである Scott Davis による、この全 6 回からなる連載では、MongoDB、Express、AngularJS、および Node.js を使用した前衛的な方法で Web アプリケーションを作成します。連載第 1 回目となる今回のチュートリアルでは、基本的な MEAN アプリケーションを作成する方法に関するデモ、サンプル・コード、そしてその完全な手順を紹介します。また、新しい MEAN アプリケーションを迅速かつ簡単に立ち上げるために使用できる Yeoman ジェネレーターについても説明します。
チュートリアル 2014/11/13
Bluemix と SoftLayer のためのアジャイルな SaaS フレームワークを Node.js で作成する
このチュートリアルでは、コードをシェアしつつ、IBM Bluemix プラットフォームと IBM SoftLayer プラットフォームを 1 つに結合して、容易にカスタマイズ可能な SaaS アプリケーションを作成するためのカスタマイズ可能なフレームワークについて説明します。この短時間で立ち上げて統合することが可能な使いやすいフレームワークのための、シームレスかつスケーラブルなメッセージングに使用するのは、Node.js と Socket.io です。
チュートリアル 2014/11/13
Java、Ajax、Cloudant を使ってハングマン・ゲームを作成する
Bluemix のサービスである Liberty for Java ランタイムと Cloudant NoSQL データベースを利用してオンラインのハングマン・ゲームを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/11/13
Bluemix の Rules サービスをベースにジオターゲティング・アプリケーションを作成する
Bluemix の Rules サービスは、ビジネス・ルールをアプリケーションから分離してクラウド内で実行できるようにします。Rules サービスがもたらす主要なメリットには、柔軟性、再利用性の高さ、再コーディングの少なさ、テスト機能などがあります。アプリケーションやサードパーティー・アプリケーションが Rules サービスを利用して新たなビジネス機会を生み出す方法を学んでください。このチュートリアルでは、Rules サービスを基にジオターゲティング・ルール・アプリケーションを作成して実行します。
チュートリアル 2014/11/13
完全フリーフォームRPGおよびRDi9.0.1への更新手順ガイド
記事 2014/11/07
IBM Notes Traveler タスクの管理
Apple デバイス / Android デバイスに導入されているIBM Notes Traveler タスクアプリケーションを使用して、メールデータベース上のタスクと連動させ、管理するための資料です。
記事 2014/11/07
IBM Watson と Bluemix のサービスを利用して自然言語の質問応答システムを作成する
認知システムという新しいコンピューティングの時代への最初の一歩を象徴するのが、IBM Watson です。Watson に刺激されて、多くの開発者たちは、認知要素を利用してより高度でよりパーソナライズされたエクスペリエンスをユーザーに提供するアプリケーションに関して、新しい独創的なアイデアを構想するようになっています。この記事では、Watson 質問応答 (Q&A) テクノロジーと Watson が公開する Q&A API (Question and Answer API) を使用して、Watson Films という単純なデモ・アプリケーションを構築します。
記事 2014/11/06
SoftLayer クラウドでマッピング機能と地理空間解析機能を使えるようにする
GIS と地理空間解析についての概要、Esri の製品である ArcGIS と Esri のマップ・アプリケーション、そしてこのアプリケーションを SoftLayer クラウド上にデプロイする方法を理解してください。
記事 2014/11/06
Bluemix 上で Cloudant を使用してシンプルなワード・ゲームを作成する
Bluemix は、Web アプリケーションやモバイル・アプリケーションを開発してデプロイするための新しいオープン・プラットフォームです。この記事では、Bluemix と、Bluemix のクラウド・ベースの開発環境である DevOps Services を使用して、言葉を当てるシンプルな GuesstheWord ゲーム・アプリケーションを作成する手順を説明します。ゼロから開発を初めて、クラウド上でサーバー・コードを実行して Web ブラウザーでプレイできるシンプルなゲームを完成させます。
記事 2014/11/06
Maximo シリーズ: Part 8 – Workflow 詳解
Tivoli Process Automation Engine (以下 TPAE) は Maximo Asset Management 製品群および IBM SmarterCloud Control Desk の基礎となるフレームワークです。本稿では、Maximo のビジネス・プロセスを管理する上で重要な機能を果たすワークフロー管理の詳細な機能について解説します。ワークフローで使用できる機能の実例を示すことでより詳細な内容について理解を深めます。
記事 2014/11/06
Node.js によるテーブル駆動型ストレージ・コンテナー・アプリケーションを作成する
マスクされたテーブル・データをクリップボードにコピーする操作を扱う特別なコードを使用して、IBM Bluemix 上で jTable (jQuery ベースのテーブル・パッケージ) の助けを借りて CRUD (Create (作成)、Read (読み取り)、Update (更新)、Delete (削除)) 操作を行うために、Node.js と Cloudant データベースを使用してください。
チュートリアル 2014/11/06
MapReduce バージョン 1 から YARN へのアジャイルなマイグレーションによる YARN Hadoop クラスターの堅牢化
developerWorks のチュートリアル「MapReduce バージョン 1 から YARN への単一ノード・クラスターのアジャイルなマイグレーション」では、Hadoop クラスター上で MRv1 パッケージをアンインストールして YARN パッケージをインストールし、必要な YARN デーモンを起動して、必須の構成設定を構成することで、クラスターによって Java の MapReduce ジョブが正常に実行されるようにするプロセスを説明しました。今回のチュートリアルでは、YARN Hadoop クラスターについての説明をさらに展開し、Hadoop クラスターをより堅牢かつ機能的なものにするための、さらに 3 つの機能を説明に含めるようにします。今回のチュートリアルでは、YARN Hadoop クラスターについての説明をさらに展開し、これまで説明した機能に加えて Hadoop クラスターをより堅牢かつ機能的なものにするための 3 つの機能を説明に含めるようにします。
記事 2014/11/06
IBM Rational Performance Tester と IBM SoftLayer を使用したクラウド内での負荷テスト
IBM Rational Performance Tester を IBM SoftLayer の重要なコンピューティング・リソースと組み合わせることで、地理的に分散された仮想ユーザーがアプリケーションを実際に使用する状況をシミュレートしてください。Rational Performance Tester と SoftLayer を同時に使用すると、極めてスケーラブルな負荷テストを低コストで実現することができます。この記事では技術ユーザー向けに、SoftLayer を Rational Performance Tester とともに使用するための実用的なガイダンスと実用例を紹介します。
記事 2014/11/06
MavenとLibertyプロファイルで実現するビルドプロセスの自動化
Mavenは、現在多くのプロジェクトで活用されているJavaプロジェクトのライフサイクル管理ツールです。また、LibertyプロファイルではMaven用プラグインを提供しており、このプラグインを使用することによって、Mavenによる管理の中に、Libertyプロファイルを取り込むことが可能です。 本書では、MaveおよびLibertyプロファイルが提供するMaven用プラグインを使用して、アプリケーションのコンパイル、テスト実行、パッケージングなどの一連のビルドプロセスを自動化する方法を、具体例を用いて説明していきます。
記事 2014/11/05
IBM Certified System Administrator : WebSphere Application Server Network Deployment V8.5.5対策講座 資料
WebSphere Application Server Network Deployment V8.5.5 IBM Certified System Administrator(認定システムアドミニストレーター) はワールド・ワイドで認定されたWebSphere Application Serverシステム管理者のための資格です。WebSphere Application Serverを操作・管理するためのスキル全般を問われます。試験対策テキストを参考に、合格を目指してください。
記事 2014/11/04
BPMの現場から: BPMソリューションのアーキテクチャー設計では、ソフトウェア設計の基本を忘れずに
プロセス・アプリケーションの中には実装が容易なものもありますが、ビジネス・アプリケーション開発の基礎となる規律や厳密さが必要になるという点は、どのBPMアプリケーションでも同じです。実際、BPMはビジネス主体のユーザー層を持つため、アーキテクチャー面での厳密さに対するニーズが非常に高まっていると言えます。多くのビジネス・ユーザーは、アプリケーション・ランタイムに関連した基盤の複雑さや、アプリケーションの最適化を保証するためのITニーズを理解していません。つまり、BPMが「単純」に見えても、堅固なアプリケーションを確実に提供するために、組織は安定したアーキテクチャーを今もなお必要としているのです。この記事では、安定したアーキテクチャーを持つBPMソリューションを作り上げるために、ケース・スタディーを参照しながら、最適化されたBPMアプリケーションの構築に不可欠なアーキテクチャーの重要な特徴について検討します。このコンテンツは、IBM Business Process Management Journalの一部です。
記事 2014/11/04
PureApplication Service on SoftLayer 使用ガイド
PureApplication Service on SoftLayerは、PureApplication Systemと同様なパターン・エンジンや運用管理機能をパブリッククラウド上で提供するものです。パターンの可搬性によって従来のPureApplication System(プライベートクラウド)との連携が可能となり、アプリケーションを適材適所に配置・連携するハイブリッド・クラウドを実現可能できるようになります。 当資料は、PureApplication Service on SoftLayerの概要解説から、具体的な使用方法、PureApplication Systemとの違いまで網羅的に解説したものとなっています。
記事 2014/11/04
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 5 回 Optim Server、Optim Manager およびその他の機能の使い方
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、Optim Server や Optim Manager などの使い方について説明します。
記事 2014/11/04
Optim を使用して Bluemix アプリケーションにデータ・プライバシーを組み込む
クラウド内にアプリケーションとデータをホストするには、データ・プライバシーの要件と、適用される規制の要件に、十分な注意を払う必要があります。Optim Data Privacy のユーザー定義関数 (UDF) を使用すると、開発者はデータ・プライバシーをアプリケーションに組み込むことができます。
記事 2014/10/30
Sinatra と MongoDB を使用して IBM Bluemix 上でカンファレンス・チェックイン・アプリケーションを作成する
IBM Bluemix 上で MongoDB サービスを利用するカンファレンス・チェックイン・アプリケーションを、すべて Sinatra フレームワークで作成してください。このアプリケーションは、カンファレンスのハッシュタグを含むツイートのストリームを表示します。アプリケーションを作成する際には、ビューには Haml を使用し、ユーザー・インターフェースには Bootstrap を使用します。IBM Bluemix を利用すると、このアプリケーションを簡単に拡張することができ、まさに果てしない可能性が広がります。
記事 2014/10/30
Arduino と Rails を使用して Bluemix 上で IoT アプリケーションを開発する
このチュートリアルでは、モノのインターネット (IoT: Internet of Things) に適用できるテクノロジーを使用するアプリケーションの開発方法を紹介します。このチュートリアルで開発するサンプル・アプリケーションは、加速度計からデータを収集して Web サーバーに保管し、それらのデータを加速度計の読み取り結果として即座に Web ページに表示するというものです。
チュートリアル 2014/10/30
Liberty、Cloudant、および Single Sign On を利用して、ゲーム・アプリを作成する
このチュートリアルでは、IBM Bluemix にあらかじめ用意されているサービスを基にして、オンライン・ゲーム・アプリケーションを迅速に作成する方法を紹介します。
記事 2014/10/30
IBM Mobile Cloud サービスを利用した Android アプリを拡張して Worklight を統合する
このチュートリアルでは、以前のチュートリアル「IBM Mobile Data for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを作成する」と「IBM Push for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを拡張する」を基に、Android アプリケーションを IBM Worklight と統合する方法を紹介します。このチュートリアルで取り上げる Android アプリケーションは、さまざまなモバイル・サービスを利用する簡単なモバイル・アプリケーションで、BlueList と呼ばれています。以前のチュートリアルで取り上げたアプリケーションでは、食料品リストのスコープを特定のユーザーには設定しておらず、このアプリケーションを実行しているすべてのユーザーが同じ食料品リストを共有します。このチュートリアルでは、そのアプリケーションに Worklight を統合し、認証済みのユーザーに合わせてアプリケーションをパーソナライズします。
記事 2014/10/30
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: DFDL構文解析モデルのテスト
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/10/24
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: FileReadノードでメッセージ・フロー中でファイル読み込みを実施する
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/10/24
Ruby on Rails と Bluemix を使用してブログ・アプリケーションを作成する
この記事では、(背後で IBM DB2 が動作する) SQLDB サービスに接続する Ruby on Rails サンプル・アプリケーションを作成することによって Bluemix を使い始める方法を探ります。具体的には、Bluemix アプリケーションを作成し、サービスとコンポーネントを追加して、独自のコードを公開し、単一のコマンドで迅速に更新をクラウドにデプロイする方法を説明します。
記事 2014/10/23
IBM Bluemix でアプリケーションをスケーリングする
IBM Bluemix には、垂直スケーリングと水平スケーリングの両方によってアプリケーションのパフォーマンスを最適化するための機能が用意されています。この記事では、スケーラビリティーの基礎と Bluemix に備わっている機能について説明し、Bluemix Auto-Scaling アドオンを Java アプリケーションに利用する例を紹介します。
記事 2014/10/23
Bluemix のキャッシュ・サービスを利用してクラウド内でキャッシュ・アプリケーションを作成する
このチュートリアルでは、IBM クラウド環境上でキャッシュ・アプリケーションを作成することを取り上げます。記録された実行時間は、キャッシュ・サービスにアクセスする速度を示しています。
記事 2014/10/23
Bluemix のアナリティクス・サービスを利用してテキスト・アナリティクスを実行する
このチュートリアルでは、Analytics for Hadoop と Analytics Warehouse という IBM Bluemix サービスを利用して、テキスト・アナリティクスを実行する方法を説明します。プロセスの大半は、Eclipse IDE および BigInsights プラグインがインストールされたクライアント・マシン上で行います。目的のテキストを抽出した後は、Analytics Warehouse に組み込まれた R を使用して結果のグラフをプロットします。
記事 2014/10/23
IBM Worklight Foundation V6.2 プッシュ通知の基本と実装
プッシュ通知は、サーバーからプッシュされるメッセージを受信する、モバイル・デバイスの機能です。IBM Worklight Foundationのプッシュ通知アーキテクチャでは、モバイル・プラットフォームごとに提供されるプッシュ通知の仕組みに共通したAPIの提供やデバイス・トークンの一元管理、アダプターを利用した実装方法の提供によって、より統合的で効率的なプッシュ通知の実現を可能にしています。この記事では、IBM Worklight Foundation V6.2でさらに強化されたプッシュ通知機能をご紹介するとともに、ハイブリッド・アプリケーションにおける実装手順やモバイル・デバイスのプラットフォーム別に必要となる設定手順について解説します。
記事 2014/10/22
Guardium Active/Standby 環境におけるエージェントのログ送信先コレクターの取得方法
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティのための製品で、データベース・アクティビティを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardium コレクターを Active/Standby 環境で利用している際に、エージェントのログ送信先コレクターを取得する方法に関して説明します。
記事 2014/10/22
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第二回「Jythonスクリプトを用いた障害解析用データ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方についてご説明しました。第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法についてご説明します。
記事 2014/10/20
Hadoop に対処する: IBM Worklight と IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights を統合して、モバイル・アプリでビッグ・データとしての動画をストリーミングする
この記事では、動画データのストリーミングをモバイル・アプリケーションに統合する方法を説明します。この方法を説明する中で、IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights、そして IBM Worklight といった最先端のテクノロジーを使用することによって対処できるビジネス問題のいくつかと、これらのテクノロジーによってもたらされる可能性の一部についても明らかにします。この記事では、従わざるを得ないトレンドの一例として、ビデオ・ストリーミングに対応するために、クラウド・サービスを利用してモバイル端末にビッグ・データを統合することを要求するトレンドを取り上げます。
記事 2014/10/16
Twilio クラウド・サービスを利用して Android アプリと iOS アプリにテキスト・メッセージング機能を追加する
IBM クラウド上にホストされている Twilio サービスを利用してモバイル・アプリケーションを作成してください。この複数のチュートリアルからなる連載では、それぞれのチュートリアルで新しいサービスを紹介することで、少しずつモバイル・アプリケーションを作成していきます。このチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、Android または iOS の BlueList アプリケーションを作成するための完全な説明が含まれています。IBM Mobile Data for Bluemix と Twilio を独自のアプリケーションに統合するために学んだことを適用することができます。
記事 2014/10/16
Bluemix のボイラープレートと DevOps Services を利用して短時間で Node.js アプリケーションを作成する
Lauren Schaefer が、完全に動作する Node.js アプリケーションを、Bluemix のボイラープレートを使用してわずか 90 秒足らずで作成する方法をデモします。さらに、さまざまな目的で IBM DevOps Services を利用する方法をデモします。具体的には、Web IDE を使用してアプリケーションを編集する目的、変更内容を Git リポジトリーにプッシュするだけで自動的にアプリケーションをデプロイする目的、アプリケーションを開発するためのコラボレーティブ・チーム環境を構築する目的などがあります。
記事 2014/10/16
IPython Notebook を IBM Bluemix 上で実行する
この記事では、パスワードで保護された IPython Notebook サーバーを IBM Bluemix 上で起動して稼働状態にし、人気のあるいくつかの Python 科学計算パッケージ (numpy、Pandas、matplotlib) とともに実行します。
記事 2014/10/16
IoT サービスと GPS サービスを Bluemix で統合して健康のために役立てる
この記事では、単純な Node.js アプリケーションの例を用いて、Bluemix エコシステムに用意されている Wearable Fitness および Pitney Bowes Travel Boundary Service という 2 つのサービスを利用するアプリケーションを開発する方法を紹介します。また、この特定のアプリケーションのアイデアを開発に移す上での課題と、地図および地図データを扱う複雑さについても議論します。
記事 2014/10/16
IBM Sametime機能ご紹介(V9.0版)
IBM Sametime 9.0 の機能紹介資料です。リアルタイム・コラボレーション促進効果や、各種機能をご紹介いたします。画面ショットを豊富に使用しておりますので、利用時のイメージを掴んでいただきやすい内容になっております。
記事 2014/10/10
これだけはおさえたい DB2 の運用: パフォーマンス維持のための運用 (REORG と RUNSTATS) 編
この記事では、統計情報の収集 (RUNSTATS) と再編成 (REORG) の運用方法について、ご紹介します。これらのコマンドを定期的に実行することで、データベースのパフォーマンスを維持しましょう。
記事 2014/10/10
Rational Engineering Lifecycle Manager による開発ライフサイクル・データの活用: 第 2 回 導入とセットアップ
前回の記事では、Rational Engineering Lifecycle Manager (RELM) [1] による開発ライフサイクル・データの可視化の概要を説明しました。本連載を通して、最終的には図 1 のような表示を完成させることを目指しますが、今回は環境の構築からサンプル・データのインポートまで行い、各ツールで管理されているデータを RELM によって表示するところまでを実際に行ってみます。
記事 2014/10/09
オンプレミスの翻訳済みコンテンツをクラウド内でオープンにする
クラウド・コンピューティングへの移行を行うエンタープライズ・ソフトウェア開発者からのよくある質問は、オンプレミス・データベース内にある翻訳済みコンテンツをクラウドから利用できるようにする方法についての質問です。そこで、この記事では IBM Bluemix の Cloud Integration アドオンを利用して、翻訳済みコンテンツを Systems of Record (基幹システム) からオープンにして、クラウドからアクセスできるようにする方法を説明します。この方法は、データベースがセキュア・ファイアウォールの背後にあるとしても適用することができます。
記事 2014/10/09
Node-RED を使用してリアルタイムのチャット・アプリケーションを 5 分で作成する
今や、IBM Bluemix と Node-RED を使用すれば、リアルタイムの Web アプリケーションを作成するのは簡単です。この記事では、コンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップして互いにつなぎ合わせるだけで、リアルタイムのチャット・アプリケーションを数分で作成する方法を紹介します。
記事 2014/10/09
Cordova と IBM Bluemix の Mobile Data サービスを利用してハイブリッド・モバイル・アプリを作成する
この記事では、Bluemix の Mobile Data サービスと JavaScript 用データ・オブジェクト・サービス API を利用して Cordova (PhoneGap) アプリケーションを作成する方法を説明します。
記事 2014/10/09
IBM UrbanCode Deploy を使用して継続的デリバリーを実装する
IBM UrbanCode Deploy を使用して SoftLayer クラウド・サーバー上に継続的デリバリー・ソリューションを実装する方法を、設計の側面から実装の詳細まで学んでください。
記事 2014/10/09
SoftLayer 上で Open edX によるオンライン・ラーニング・プラットフォームを構築する
この記事では、SoftLayer 環境において、Open edX プラットフォームを迅速かつ容易にインストールしてセットアップする方法を紹介します。また、環境の構成を開始して、Open edX を使用するための準備をする方法も紹介します。
記事 2014/10/09
Linux on x86 から Linux on Power へのアプリケーション移植ガイド
この記事では、わかりやすいステップ・バイ・ステップのプロセスに沿って、Linux C/C++ アプリケーションを x86 プラットフォーム (Intel または AMD) から IBM PowerLinux に移植する方法を説明します。まず、この移植を行うための準備として何が必要かを説明してから、32 ビットまたは 64 ビットの x86 コードを PowerLinux 上で実行する場合の実装のヒントを紹介します。
記事 2014/10/09
クラウド・デプロイメントにおける Hadoop
Hadoop とクラウドは理想的な組み合わせのように思えます。Hadoop もクラウドもともに、柔軟で分散された処理とストレージから構成され、柔軟なインスタンス・システムと結び付いています。また、Hadoop とクラウドはデータ要件と処理要件に応じて Hadoop クラスターを拡張または縮小することができます。その一方で、こうした柔軟性によって管理やスケジュールに関する各種さまざまな問題が引き起こされます。この記事では、これらの問題をはじめとする、柔軟性が引き起こすあらゆる問題を取り上げると同時に、クラウド・ベースの Hadoop デプロイメントにおける課題と利点を説明します。
記事 2014/10/09
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - WebSocket編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - WebSocket編の資料です。
記事 2014/10/08
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 4 回 Optim Designer による挿入およびロード・サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データをデータベースに挿入する挿入サービスおよびロード・サービスの使用方法について説明します。
記事 2014/10/07
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第一回「Webサーバー・プラグインのインテリジェント管理機能の構成と、基本シナリオ」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方についてご説明します。
記事 2014/10/06
新卒関西人のWebSphere挑戦記: ② ~WAS Liberty Repository~
Libertyの拡張機能やサンプルなどを提供するLiberty Repositoryを紹介します。Liberty Repositoryは、新規に追加されるフィーチャー情報の取得やベータ版のランタイムも含め、最新情報にいち早くタッチできるオンライン・リポジトリです。本稿では、Liberty Repositoryの活用の仕方について図を用いて説明します。
記事 2014/10/03
IBM Mobile Data for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを作成する
IBM Bluemix 上で IBM Mobile Data for Bluemix サービスを利用して Android アプリケーションを作成してください。この連載では、それぞれの回で新しいサービスを紹介しながら少しずつアプリケーションを作成していきます。今回のチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、BlueList Android アプリケーションを作成するための完全な手順が含まれています。これまでに学んだことを活かして、IBM Mobile Data for Bluemix サービス、IBM Push for Bluemix サービス、Node.js による Cloud サービスを皆さん独自のアプリケーションに統合することができます。
記事 2014/10/02
IBM PureApplication System における WebSphere eXtreme Scale ベースのキャッシュ・サービスを探る
クラウド・エンタープライズ・アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティーの問題に対処するには、キャッシュ・サービスがソリューションとしてよく使われます。この記事では、IBM PureApplication System のクラウド・システムに用意されている 3 つのキャッシュ・サービスについて探ります。対象とするのは、組み込みキャッシュ・サービス、WebSphere eXtreme Scale をベースにクラスターで仮想システム・パターンを使用して作成するキャッシュ・サービス、そして同じく WebSphere eXtreme Scale をベースに仮想システム・パターンとコア OS イメージを使用して作成するキャッシュ・サービスです。
記事 2014/10/02
Java のマルチテナンシー: 構成オプション、テナント・ライフサイクル、そして分離の実際
IBM SDK Java Technology Edition バージョン 7 リリース 1 では、マルチテナント型 JVM をテクノロジー・プレビューとして利用できるようになっています。単一のマルチテナント型 JVM の中で複数のアプリケーションが実行されるようにすることで、クラウド・システムはアプリケーションの起動時間を短縮することや、アプリケーションのメモリー・フットプリントを削減することができます。この記事を読むことで、テナントのライフサイクルを検証し、使用可能な構成オプションのいくつかを学んで、テナント・アプリケーションで静的フィールドを分離するメリットを確かめてください。この記事は、以前の developerWorks 記事「Java マルチテナンシーの紹介」を基に作成されています。
記事 2014/10/02
JVM の並行性: ブロックすべきか、すべきでないか?
Java 8 で追加された CompletableFuture クラスには、非同期処理の完了に対処する新しい方法が用意されており、その中にはノンブロッキング手法で複数のイベントを作成して結合するやり方も含まれています。この記事では、イベントの完了に対処する際にブロッキング手法を使用する場合とノンブロッキング手法を使用する場合の違いを、読者が理解する助けとなるように説明し、さらにはノンブロッキング手法を優先するべき理由についても説明します。
記事 2014/10/02

1 - 6461 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)