技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (171 製品)

    (517 トピック)

    (8 インダストリー)

    (4 種類)

1 - 6401 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Optim を使用して Bluemix アプリケーションにデータ・プライバシーを組み込む
クラウド内にアプリケーションとデータをホストするには、データ・プライバシーの要件と、適用される規制の要件に、十分な注意を払う必要があります。Optim Data Privacy のユーザー定義関数 (UDF) を使用すると、開発者はデータ・プライバシーをアプリケーションに組み込むことができます。
記事 2014/10/30
Sinatra と MongoDB を使用して IBM Bluemix 上でカンファレンス・チェックイン・アプリケーションを作成する
IBM Bluemix 上で MongoDB サービスを利用するカンファレンス・チェックイン・アプリケーションを、すべて Sinatra フレームワークで作成してください。このアプリケーションは、カンファレンスのハッシュタグを含むツイートのストリームを表示します。アプリケーションを作成する際には、ビューには Haml を使用し、ユーザー・インターフェースには Bootstrap を使用します。IBM Bluemix を利用すると、このアプリケーションを簡単に拡張することができ、まさに果てしない可能性が広がります。
記事 2014/10/30
Arduino と Rails を使用して Bluemix 上で IoT アプリケーションを開発する
このチュートリアルでは、モノのインターネット (IoT: Internet of Things) に適用できるテクノロジーを使用するアプリケーションの開発方法を紹介します。このチュートリアルで開発するサンプル・アプリケーションは、加速度計からデータを収集して Web サーバーに保管し、それらのデータを加速度計の読み取り結果として即座に Web ページに表示するというものです。
チュートリアル 2014/10/30
Liberty、Cloudant、および Single Sign On を利用して、ゲーム・アプリを作成する
このチュートリアルでは、IBM Bluemix にあらかじめ用意されているサービスを基にして、オンライン・ゲーム・アプリケーションを迅速に作成する方法を紹介します。
記事 2014/10/30
IBM Mobile Cloud サービスを利用した Android アプリを拡張して Worklight を統合する
このチュートリアルでは、以前のチュートリアル「IBM Mobile Data for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを作成する」と「IBM Push for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを拡張する」を基に、Android アプリケーションを IBM Worklight と統合する方法を紹介します。このチュートリアルで取り上げる Android アプリケーションは、さまざまなモバイル・サービスを利用する簡単なモバイル・アプリケーションで、BlueList と呼ばれています。以前のチュートリアルで取り上げたアプリケーションでは、食料品リストのスコープを特定のユーザーには設定しておらず、このアプリケーションを実行しているすべてのユーザーが同じ食料品リストを共有します。このチュートリアルでは、そのアプリケーションに Worklight を統合し、認証済みのユーザーに合わせてアプリケーションをパーソナライズします。
記事 2014/10/30
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: DFDL構文解析モデルのテスト
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/10/24
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: FileReadノードでメッセージ・フロー中でファイル読み込みを実施する
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/10/24
Ruby on Rails と Bluemix を使用してブログ・アプリケーションを作成する
この記事では、(背後で IBM DB2 が動作する) SQLDB サービスに接続する Ruby on Rails サンプル・アプリケーションを作成することによって Bluemix を使い始める方法を探ります。具体的には、Bluemix アプリケーションを作成し、サービスとコンポーネントを追加して、独自のコードを公開し、単一のコマンドで迅速に更新をクラウドにデプロイする方法を説明します。
記事 2014/10/23
Bluemix のアナリティクス・サービスを利用してテキスト・アナリティクスを実行する
このチュートリアルでは、Analytics for Hadoop と Analytics Warehouse という IBM Bluemix サービスを利用して、テキスト・アナリティクスを実行する方法を説明します。プロセスの大半は、Eclipse IDE および BigInsights プラグインがインストールされたクライアント・マシン上で行います。目的のテキストを抽出した後は、Analytics Warehouse に組み込まれた R を使用して結果のグラフをプロットします。
記事 2014/10/23
IBM Bluemix でアプリケーションをスケーリングする
IBM Bluemix には、垂直スケーリングと水平スケーリングの両方によってアプリケーションのパフォーマンスを最適化するための機能が用意されています。この記事では、スケーラビリティーの基礎と Bluemix に備わっている機能について説明し、Bluemix Auto-Scaling アドオンを Java アプリケーションに利用する例を紹介します。
記事 2014/10/23
Bluemix のキャッシュ・サービスを利用してクラウド内でキャッシュ・アプリケーションを作成する
このチュートリアルでは、IBM クラウド環境上でキャッシュ・アプリケーションを作成することを取り上げます。記録された実行時間は、キャッシュ・サービスにアクセスする速度を示しています。
記事 2014/10/23
IBM Worklight Foundation V6.2 プッシュ通知の基本と実装
プッシュ通知は、サーバーからプッシュされるメッセージを受信する、モバイル・デバイスの機能です。IBM Worklight Foundationのプッシュ通知アーキテクチャでは、モバイル・プラットフォームごとに提供されるプッシュ通知の仕組みに共通したAPIの提供やデバイス・トークンの一元管理、アダプターを利用した実装方法の提供によって、より統合的で効率的なプッシュ通知の実現を可能にしています。この記事では、IBM Worklight Foundation V6.2でさらに強化されたプッシュ通知機能をご紹介するとともに、ハイブリッド・アプリケーションにおける実装手順やモバイル・デバイスのプラットフォーム別に必要となる設定手順について解説します。
記事 2014/10/22
Guardium Active/Standby 環境におけるエージェントのログ送信先コレクターの取得方法
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティのための製品で、データベース・アクティビティを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardium コレクターを Active/Standby 環境で利用している際に、エージェントのログ送信先コレクターを取得する方法に関して説明します。
記事 2014/10/22
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第二回「Jythonスクリプトを用いた障害解析用データ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方についてご説明しました。第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法についてご説明します。
記事 2014/10/20
Hadoop に対処する: IBM Worklight と IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights を統合して、モバイル・アプリでビッグ・データとしての動画をストリーミングする
この記事では、動画データのストリーミングをモバイル・アプリケーションに統合する方法を説明します。この方法を説明する中で、IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights、そして IBM Worklight といった最先端のテクノロジーを使用することによって対処できるビジネス問題のいくつかと、これらのテクノロジーによってもたらされる可能性の一部についても明らかにします。この記事では、従わざるを得ないトレンドの一例として、ビデオ・ストリーミングに対応するために、クラウド・サービスを利用してモバイル端末にビッグ・データを統合することを要求するトレンドを取り上げます。
記事 2014/10/16
Twilio クラウド・サービスを利用して Android アプリと iOS アプリにテキスト・メッセージング機能を追加する
IBM クラウド上にホストされている Twilio サービスを利用してモバイル・アプリケーションを作成してください。この複数のチュートリアルからなる連載では、それぞれのチュートリアルで新しいサービスを紹介することで、少しずつモバイル・アプリケーションを作成していきます。このチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、Android または iOS の BlueList アプリケーションを作成するための完全な説明が含まれています。IBM Mobile Data for Bluemix と Twilio を独自のアプリケーションに統合するために学んだことを適用することができます。
記事 2014/10/16
Bluemix のボイラープレートと DevOps Services を利用して短時間で Node.js アプリケーションを作成する
Lauren Schaefer が、完全に動作する Node.js アプリケーションを、Bluemix のボイラープレートを使用してわずか 90 秒足らずで作成する方法をデモします。さらに、さまざまな目的で IBM DevOps Services を利用する方法をデモします。具体的には、Web IDE を使用してアプリケーションを編集する目的、変更内容を Git リポジトリーにプッシュするだけで自動的にアプリケーションをデプロイする目的、アプリケーションを開発するためのコラボレーティブ・チーム環境を構築する目的などがあります。
記事 2014/10/16
IPython Notebook を IBM Bluemix 上で実行する
この記事では、パスワードで保護された IPython Notebook サーバーを IBM Bluemix 上で起動して稼働状態にし、人気のあるいくつかの Python 科学計算パッケージ (numpy、Pandas、matplotlib) とともに実行します。
記事 2014/10/16
IoT サービスと GPS サービスを Bluemix で統合して健康のために役立てる
この記事では、単純な Node.js アプリケーションの例を用いて、Bluemix エコシステムに用意されている Wearable Fitness および Pitney Bowes Travel Boundary Service という 2 つのサービスを利用するアプリケーションを開発する方法を紹介します。また、この特定のアプリケーションのアイデアを開発に移す上での課題と、地図および地図データを扱う複雑さについても議論します。
記事 2014/10/16
IBM Sametime機能ご紹介(V9.0版)
IBM Sametime 9.0 の機能紹介資料です。リアルタイム・コラボレーション促進効果や、各種機能をご紹介いたします。画面ショットを豊富に使用しておりますので、利用時のイメージを掴んでいただきやすい内容になっております。
記事 2014/10/10
これだけはおさえたい DB2 の運用: パフォーマンス維持のための運用 (REORG と RUNSTATS) 編
この記事では、統計情報の収集 (RUNSTATS) と再編成 (REORG) の運用方法について、ご紹介します。これらのコマンドを定期的に実行することで、データベースのパフォーマンスを維持しましょう。
記事 2014/10/10
Rational Engineering Lifecycle Manager による開発ライフサイクル・データの活用: 第 2 回 導入とセットアップ
前回の記事では、Rational Engineering Lifecycle Manager (RELM) [1] による開発ライフサイクル・データの可視化の概要を説明しました。本連載を通して、最終的には図 1 のような表示を完成させることを目指しますが、今回は環境の構築からサンプル・データのインポートまで行い、各ツールで管理されているデータを RELM によって表示するところまでを実際に行ってみます。
記事 2014/10/09
オンプレミスの翻訳済みコンテンツをクラウド内でオープンにする
クラウド・コンピューティングへの移行を行うエンタープライズ・ソフトウェア開発者からのよくある質問は、オンプレミス・データベース内にある翻訳済みコンテンツをクラウドから利用できるようにする方法についての質問です。そこで、この記事では IBM Bluemix の Cloud Integration アドオンを利用して、翻訳済みコンテンツを Systems of Record (基幹システム) からオープンにして、クラウドからアクセスできるようにする方法を説明します。この方法は、データベースがセキュア・ファイアウォールの背後にあるとしても適用することができます。
記事 2014/10/09
Node-RED を使用してリアルタイムのチャット・アプリケーションを 5 分で作成する
今や、IBM Bluemix と Node-RED を使用すれば、リアルタイムの Web アプリケーションを作成するのは簡単です。この記事では、コンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップして互いにつなぎ合わせるだけで、リアルタイムのチャット・アプリケーションを数分で作成する方法を紹介します。
記事 2014/10/09
Cordova と IBM Bluemix の Mobile Data サービスを利用してハイブリッド・モバイル・アプリを作成する
この記事では、Bluemix の Mobile Data サービスと JavaScript 用データ・オブジェクト・サービス API を利用して Cordova (PhoneGap) アプリケーションを作成する方法を説明します。
記事 2014/10/09
IBM UrbanCode Deploy を使用して継続的デリバリーを実装する
IBM UrbanCode Deploy を使用して SoftLayer クラウド・サーバー上に継続的デリバリー・ソリューションを実装する方法を、設計の側面から実装の詳細まで学んでください。
記事 2014/10/09
SoftLayer 上で Open edX によるオンライン・ラーニング・プラットフォームを構築する
この記事では、SoftLayer 環境において、Open edX プラットフォームを迅速かつ容易にインストールしてセットアップする方法を紹介します。また、環境の構成を開始して、Open edX を使用するための準備をする方法も紹介します。
記事 2014/10/09
Linux on x86 から Linux on Power へのアプリケーション移植ガイド
この記事では、わかりやすいステップ・バイ・ステップのプロセスに沿って、Linux C/C++ アプリケーションを x86 プラットフォーム (Intel または AMD) から IBM PowerLinux に移植する方法を説明します。まず、この移植を行うための準備として何が必要かを説明してから、32 ビットまたは 64 ビットの x86 コードを PowerLinux 上で実行する場合の実装のヒントを紹介します。
記事 2014/10/09
クラウド・デプロイメントにおける Hadoop
Hadoop とクラウドは理想的な組み合わせのように思えます。Hadoop もクラウドもともに、柔軟で分散された処理とストレージから構成され、柔軟なインスタンス・システムと結び付いています。また、Hadoop とクラウドはデータ要件と処理要件に応じて Hadoop クラスターを拡張または縮小することができます。その一方で、こうした柔軟性によって管理やスケジュールに関する各種さまざまな問題が引き起こされます。この記事では、これらの問題をはじめとする、柔軟性が引き起こすあらゆる問題を取り上げると同時に、クラウド・ベースの Hadoop デプロイメントにおける課題と利点を説明します。
記事 2014/10/09
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - WebSocket編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - WebSocket編の資料です。
記事 2014/10/08
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 4 回 Optim Designer による挿入およびロード・サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データをデータベースに挿入する挿入サービスおよびロード・サービスの使用方法について説明します。
記事 2014/10/07
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第一回「Webサーバー・プラグインのインテリジェント管理機能の構成と、基本シナリオ」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方についてご説明します。
記事 2014/10/06
新卒関西人のWebSphere挑戦記: ② ~WAS Liberty Repository~
Libertyの拡張機能やサンプルなどを提供するLiberty Repositoryを紹介します。Liberty Repositoryは、新規に追加されるフィーチャー情報の取得やベータ版のランタイムも含め、最新情報にいち早くタッチできるオンライン・リポジトリです。本稿では、Liberty Repositoryの活用の仕方について図を用いて説明します。
記事 2014/10/03
IBM Mobile Data for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを作成する
IBM Bluemix 上で IBM Mobile Data for Bluemix サービスを利用して Android アプリケーションを作成してください。この連載では、それぞれの回で新しいサービスを紹介しながら少しずつアプリケーションを作成していきます。今回のチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、BlueList Android アプリケーションを作成するための完全な手順が含まれています。これまでに学んだことを活かして、IBM Mobile Data for Bluemix サービス、IBM Push for Bluemix サービス、Node.js による Cloud サービスを皆さん独自のアプリケーションに統合することができます。
記事 2014/10/02
IBM PureApplication System における WebSphere eXtreme Scale ベースのキャッシュ・サービスを探る
クラウド・エンタープライズ・アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティーの問題に対処するには、キャッシュ・サービスがソリューションとしてよく使われます。この記事では、IBM PureApplication System のクラウド・システムに用意されている 3 つのキャッシュ・サービスについて探ります。対象とするのは、組み込みキャッシュ・サービス、WebSphere eXtreme Scale をベースにクラスターで仮想システム・パターンを使用して作成するキャッシュ・サービス、そして同じく WebSphere eXtreme Scale をベースに仮想システム・パターンとコア OS イメージを使用して作成するキャッシュ・サービスです。
記事 2014/10/02
Java のマルチテナンシー: 構成オプション、テナント・ライフサイクル、そして分離の実際
IBM SDK Java Technology Edition バージョン 7 リリース 1 では、マルチテナント型 JVM をテクノロジー・プレビューとして利用できるようになっています。単一のマルチテナント型 JVM の中で複数のアプリケーションが実行されるようにすることで、クラウド・システムはアプリケーションの起動時間を短縮することや、アプリケーションのメモリー・フットプリントを削減することができます。この記事を読むことで、テナントのライフサイクルを検証し、使用可能な構成オプションのいくつかを学んで、テナント・アプリケーションで静的フィールドを分離するメリットを確かめてください。この記事は、以前の developerWorks 記事「Java マルチテナンシーの紹介」を基に作成されています。
記事 2014/10/02
JVM の並行性: ブロックすべきか、すべきでないか?
Java 8 で追加された CompletableFuture クラスには、非同期処理の完了に対処する新しい方法が用意されており、その中にはノンブロッキング手法で複数のイベントを作成して結合するやり方も含まれています。この記事では、イベントの完了に対処する際にブロッキング手法を使用する場合とノンブロッキング手法を使用する場合の違いを、読者が理解する助けとなるように説明し、さらにはノンブロッキング手法を優先するべき理由についても説明します。
記事 2014/10/02
ソフトウェアを対象としたフロー測定
DevOps とは、大きな成功を収めているリーン管理のプラクティスを、ソフトウェアが含まれるビジネス・プロセスに適用することであると理解されています。しかしながら、バリュー・ストリーム・マッピングやフロー管理などのリーン手法は、製造工程やロジスティクスなどといった、制御しやすいビジネス・プロセスに適用されるのが一般的です。この記事では、DevOps を成果物中心のビジネス・プロセスとして扱うことで、リーン手法を拡張してソフトウェアを含むプロセスに適用します。この取り組みを通して、DevOps のインスツルメンテーションおよび測定を可能にしてビジネス目標の達成に役立てる方法を明らかにします。
記事 2014/10/02
IBM SoftLayer API を使用して基本的なクラウド管理タスクを実装する
SoftLayer API を使用して基本的なクラウド管理タスクを実装する方法を学んでください。プログラミング言語として PHP、Python、および Ruby を使用したさまざまな API コードのサンプルも紹介します。
記事 2014/10/02
Rational Engineering Lifecycle Manager による開発ライフサイクル・データの活用: 第 1 回 エンジニアリングにおける可視化とトレーサビリティの課題と RELM の紹介
製品開発や IT システム開発は大規模化、複雑化し、最終的な成果物である製品やシステムが完成するまでに、多くの人によってプロジェクト管理文書、要求文書、設計モデル、ソースコード、テストケースなどさまざまな成果物が大量に作り上げられていきます。しかしそれらの成果物はさまざまな場所に散在し、結果として必要な情報を探し出したり、情報を整理して解析したりすることに多大な労力とコストがかけられているのが現状です。成果物を整理し、わかりやすい形で利用できるようにすることは複雑化する開発を効率よく運営するうえで重要になってきています。この記事では、Open Services for Lifecycle Collaboration (OSLC) [1] が定義しているオープンな仕様と Rational Engineering Lifecycle Manager (RELM) [2] を活用し、成果物の見える化とトレーサビリティを実現する方法を数回に分けて紹介していきます。
記事 2014/10/02
IBM Mobile Data for Bluemix サービスを利用して iOS アプリを作成する
IBM Bluemix 上で使用可能な IBM Mobile Data for Bluemix サービスを利用して iOS アプリケーションを作成してください。この複数回の連載では、それぞれの回で新しいサービスを紹介しながら少しずつアプリケーションを作成していきます。今回のチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、BlueList iOS アプリケーションを作成するための完全な手順が含まれています。これまでに学んだことを活かして、IBM Mobile Data for Bluemix サービス、IBM Cloud Code for Bluemix サービス、IBM Push for Bluemix サービスを皆さん独自のアプリケーションに統合することができます。
記事 2014/10/02
IBM Mobile Data for Bluemix サービスを利用した iOS アプリを拡張して Worklight を統合する
このチュートリアルは、各種モバイル・サービスを利用する BlueList という既存のモバイル・アプリケーションと Worklight を統合する方法を紹介します。BlueList アプリケーションを実行しているすべてのユーザーは同じ食料品リストを共有しており、このアプリケーションは特定のユーザーをターゲットとしてはいません。このチュートリアルでは、認証済みユーザーに対してアプリケーションをパーソナライズするために Worklight を統合します。
記事 2014/10/02
Java、Weka、そして Analytics Warehouse サービスを利用してデータ・マイニング・アプリケーションを構築する
Analytics Warehouse (旧 BLU Acceleration) サービスは、IBM Bluemix 上でデータウェアハウジングとアナリティクスをサービスとして提供します。開発者は、クラウド内で提供される、極めて高速に動作する IBM BLU データベースのテクノロジーを利用して重要な分析アプリケーションを開発し、デプロイすることができます。IBM BLU 列指向データベースを活用し、Weka 統計分析ツールを使用してデータ・マイニング・アプリケーションを開発する方法を学んでください。
記事 2014/10/02
IBM Push for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを拡張する
IBM Bluemix 上で利用可能な IBM Push for Bluemix サービスと Node.js サービスを利用して Android アプリケーションを作成してください。この連載では、それぞれの回で新しいサービスを紹介しながら少しずつアプリケーションを作成していきます。今回のチュートリアルには、サンプル・コードと、BlueList Android アプリケーションを作成するための完全な手順が含まれています。これまでに学んだことを活かして、IBM Mobile Data for Bluemix サービス、Node.js サービス、IBM Push for Bluemix サービスを皆さん独自のアプリケーションに統合することができます。
記事 2014/10/02
IBM Notes Traveler コンパニオン iOS 導入ガイド
IBM Notes Traveler コンパニオンを既存の IBM Notes Traveler のメールアカウントと連動して iPhone / iPad / iPod Touch で暗号化された IBM Notes メールを読めるようにするための資料です。
記事 2014/9/26
サービスの継続性を提供することによって継続的デリバリー・プロセスを管理する
サービスの継続性を提供するために、IBM UrbanCode Deploy を使用して継続的デリバリー・プロセスを構成してください。この記事では、実際のシナリオを使用して、サービスを中断することなく、ステージング環境と本番環境のコンポーネントをアップグレードする方法について説明します。
記事 2014/9/25
データウェアハウスの強化: 第 4 回 初期データ探索にビッグデータ・テクノロジーを使用する
データウェアハウスの目標は、企業内に存在するデータと限定された外部データを使用して、ビジネスの洞察を引き出すことです。従来の環境では、データのボリュームは数テラバイト程度に制限され、扱うデータは主にオペレーショナル・データとトランザクション・データとなります。既存のデータウェアハウスには制約が伴うことから、非構造化データを分析に使用することはできません。そこでこの記事では、ビッグデータ・テクノロジーを使用して、これまで分析に使用できなかったデータからもより有効なビジネスの洞察を引き出せるように、既存のデータウェアハウスを徐々に拡張する方法を検討します。
記事 2014/9/25
データウェアハウスの強化: 第 3 回 ビッグデータ・テクノロジーをアクティブ・アーカイブに適用する
ビッグデータ・テクノロジーを使用すると、エンタープライズ・データウェアハウス内のデータを対象としたアクティブ・アーカイブをセットアップすることができます。この記事では、データウェアハウス内の履歴データ用にアクティブ・アーカイブを構築するには、Hadoop をベースとしたビッグデータ・ソリューションが、いかに理想的なプラットフォームであるかを説明し、アクティブ・アーカイブを設計するために使用できるアーキテクチャー、ツール、手法を取り上げます。
記事 2014/9/25
データウェアハウスの強化: 第 2 回 ビッグデータ・テクノロジーをソース・データのランディング・ゾーンとして使用する
多種多様なソースからのデータを取り込んで処理し、処理したデータを既存のデータウェアハウスやその他のリポジトリーに転送するために、Hadoop 環境をランディング・ゾーンとして使用してください。この記事では、ランディング・ゾーンを実装するさまざまな方法のシナリオを探ります。さらに、ランディング・ゾーンのアーキテクチャー、そしてランディング・ゾーンとしての Hadoop 環境を各種の環境に統合するためのツールと手法についても説明します。
記事 2014/9/25
データウェアハウスの強化: 第 1 回 ビッグデータとデータウェアハウスの強化
現在のデータウェアハウス用のツールとテクノロジーでは、新しいデータ・ソースや分析ワークロードがエンタープライズ・データウェアハウスにもたらす負荷に対処しきれません。組織がこうした負荷に対処する目的で、既存のデータウェアハウス・ソリューションを強化するには、従来のデータウェアハウスのコンテキストの中でビッグデータ・テクノロジーを実装しなければなりません。この連載では、従来のデータウェアハウスを扱っているデータウェアハウス・アーキテクトと情報アーキテクトを対象に、従来のテクノロジーとビッグデータ・テクノロジーを融合させて、既存のデータウェアハウスの有効性を最大限に高め、強化する方法を説明します。
記事 2014/9/25
Virtual Pattern Kit for Developers v2 利用ガイド
2014年8月末PureApplication Software v2.0 がリリースされ、PureApplication Systemおよび PureApplication Service on Softlayerでは新たなパターン・デプロイメント・エンジンが利用可能になりました。Virtual Pattern Kit for Developers v2.0 を利用して、 開発・評価のために、この新たなパターン・デプロイメント・エンジンをお客様自身のvSphere/ESX環境で試していただくことが可能です。当ガイドは Virtual Pattern Kit for Developers v2.0 の導入・構築方法をご説明します。
記事 2014/9/24
IBM Case Manager のカスタム・ウィジェット開発手順
IBM Case Manager (ICM) はバージョン 5.2 から IBM Content Navigator (ICN) をベースとしたアーキテクチャーに刷新されました。これに伴い、カスタム・ウィジェット開発の方法も ICN のプラグイン開発に基づいた方式に大きく変わりました。この記事では ICM 5.2 における新しいカスタム・ウィジェット開発方法について、開発からデプロイまでの手順についてサンプルを交えながら紹介します。
記事 2014/9/18
アジャイル・データ分析 ― 先進的なワークフローと R の統合
アジャイル・データ分析を本番環境で行うには、必要なユーザー操作を最小限に抑えたテストを、データの処理に統合する必要があります。つまり、そのような分析ツールの構成は、プログラムによって行わなければならないということです。さらに、分析結果をグラフィックで視覚的に表すレポート作成機能に迅速にアクセスして、さらなる調査が必要かどうかを判断できるようにする必要もあります。この記事では、KNIME (データ分析およびレポート作成のための Eclipse ベースのグラフィカル・ワークベンチ) の先進的なワークフロー手法と R 分析パッケージを組み合わせて使用することで、実用に耐えるワークフローを作成し、そのワークフローの任意のポイントで、処理済みデータを複合的なグラフィックで表現する方法を紹介します。
記事 2014/9/18
Software Defined Networking を使用して IaaS を最適化する
この記事では IaaS (Infrastructure as a Service) を、相互運用性、ユーザーとプロバイダーの期待値マネジメント、開発者と管理者の要件、効果的なリスク軽減といった点で強化および最適化する手法としての SDN (Software Defined Networking) ソフトウェア抽象化層を介したネットワーク管理手法 について探ります。
記事 2014/9/18
SLDT を使用してデータを SoftLayer オブジェクト・ストレージに転送する
SoftLayer は、OpenStack Swift をベースにしたオブジェクト・ストレージ・サービスを提供しています。SoftLayer API や、cURL などのコマンドライン・ツールを使用すれば、オブジェクト・ストアとの間でのファイル転送を行うことができますが、大容量のファイルを扱うとなると、面倒な作業になることがあります。この記事では、SLDT という単純な Java ツールを使用して、認証、オブジェクトのセグメント化、SoftLayer オブジェクト・ストアとの間でのデータ転送などを扱う方法を説明します。
記事 2014/9/18
SoftLayer を使用してセキュアな WordPress ブログを作成する
この記事では、LAMP (Linux Apache MariaDB PHP) スタックを使用して、皆さんが利用している IBM SoftLayer 仮想サーバー上にセキュアな WordPress ブログをセットアップする方法を説明します。また、PHP セッションの高速化を図るために、単純な e-メール・サービスをセットアップして、memcached データベースをインストールする方法も説明します。
記事 2014/9/18
Node.js、Redis、Socket.io を使用して Bluemix 上で HTML5 チャット・アプリを作成する
IBM Bluemix 上で、Redis サービスを使用したモバイル対応の HTML5 チャット・アプリケーションを作成してください。この記事では、Node.js と Express モジュールを使用してサーバー・サイドの JavaScript アプリケーションを作成する方法と、WebSocket と Socket.io を使用してリアルタイムでクライアントを更新する方法を説明します。その後で、Bluemix プラットフォームを使用して、たったの 1 ステップでクラウドにアプリケーションをデプロイする方法を説明します。
記事 2014/9/18
IBM Connections 5.0 機能概要
IBM Connections の機能概要をまとめた資料です。5.0 の新機能についてもご紹介いたします。
記事 2014/9/12
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 3 回 Optim Designer による変換サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データベースから外部ファイルに保存された個人情報をマスクする手順について説明します。
記事 2014/9/12
Bluemix 上で作成されたフライト状況追跡アプリケーションによる航空交通の追跡
ある特定の空港に向かっている航空機のリアルタイムの位置を Google マップ上にオーバーレイするフライト追跡アプリケーションを作成してください。このアプリケーションは、独自の Systems of Engagement (人と関わりあうシステム) を作成するために Bluemix サービスと外部サード・パーティー API (Airport API の Flight Status、Google Maps API、気象データを含む) のマッシュアップになっています。
記事 2014/9/11
Famo.us を使用してハイパフォーマンスのモバイル UI を作成する
Famo.us プラットフォームを使用すると、JavaScript で作成したモバイル Web UI をネイティブ・コードで作成した実装に匹敵させることができます。この記事で紹介するいくつかのサンプル・アプリケーションを通して、モバイル・アプリでハイパフォーマンスのユーザー・エクスペリエンスを容易に作成する上で、Famo.us がどのように役立つかを理解してください。
記事 2014/9/11
Cloudant と Bluemix を利用した動的な Google Gauge
この記事では、Cloudant データベースから読み取ったデータを、視覚的に訴える Google Gauge に設定する PHP アプリケーションを、IBM Bluemix を使用してホストする方法について、ステップバイステップの手順を紹介します。IBM DevOps Services 環境を利用してアプリケーションを開発し、数回クリックするだけで Bluemix にデプロイしてください。
記事 2014/9/11
Cloudant を使用して Bluemix 上で Famo.us モバイル・アプリを自動化する
モバイル・アプリケーションを迅速に作成するために、Famo.us アプリケーション・テンプレート (ウィジェット) を再利用する方法を学んでください。この記事では、指でスクロール可能なリストから記事や動画をユーザーが選択できるアプリケーションを数行のコードで作成し、そのアプリケーションを IBM Bluemix にデプロイします。そして、Cloudant に保管されていて (モバイル端末に) 複製された JSON 文書を使用して、アプリケーションの (外観とコンテンツの) カスタマイズを自動化する方法についても説明します。
記事 2014/9/11
WAS 小ワザ集: 第34回:WARファイルのライブラリJARからファイルやJSPの読み込みを抑止する
「WebSphere Application Server 小ワザ集」では WebSphere Application Serverを導入・構築・運用管理する上で便利な機能やツール、コマンドなどをご紹介します。WebSphere Application Serverをもっと使いやすくするためのヒントとしてご活用ください。
記事 2014/9/08
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 運用管理の概要編
データベースには、顧客データや取引データをはじめとし、様々な重要なデータが大量に保持されています。データへのアクセスに対し、データベースが良好なレスポンスを保ち、問題を起こさないことはシステムが健全に稼働するための大前提です。また、サービスの継続性に加えてコンプライアンスなどの観点からも、データを失わないことが必須となります。
記事 2014/9/05
初めての Node.js Webサイトを構築する、第 1 回
Node.js を使用して動的 Web サイトを構築したいけれども、どこから始めればよいかがわからないのであれば、ソフトウェアのインストール不要の Node.js 開発をステップバイステップで紹介する、この全 3 回からなる連載記事を読んでください。これらの記事では、Web ブラウザーのみを使用して、Node.js アプリケーションの作成、サーバー・サイド JavaScript の作成、HTML ページ上での動的データの表示、Redis データベースへのデータの保管を行います。
記事 2014/9/04
初めての Node.js Webサイトを構築する、第 2 回
Node.js を使用して動的 Web サイトを構築したいけれども、どこから始めればよいかがわからないのであれば、ソフトウェアのインストール不要の Node.js 開発をステップバイステップで紹介する、この全 3 回からなる連載記事を読んでください。これらの記事では、Web ブラウザーのみを使用して、Node.js アプリケーションの作成、サーバー・サイド JavaScript の作成、HTML ページ上での動的データの表示、Redis データベースへのデータの保管を行います。
記事 2014/9/04
初めての Node.js Webサイトを構築する、第 3 回
Node.js を使用して動的 Web サイトを構築したいけれども、どこから始めればよいかがわからないのであれば、ソフトウェアのインストール不要の Node.js 開発をステップバイステップで紹介する、この全 3 回からなる連載記事を読んでください。これらの記事では、Web ブラウザーのみを使用して、Node.js アプリケーションの作成、サーバー・サイド JavaScript の作成、HTML ページ上での動的データの表示、Redis データベースへのデータの保管を行います。
記事 2014/9/04
PowerVC の OpenStack REST API を探る
IBM Power Virtualization Center Express Edition (PowerVC) は、Power Systems の SDE (Software Defined Environment: ソフトウェアで定義された環境) やクラウド・インフラストラクチャーで容易に仮想リソースを作成して管理できるように設計された、IaaS クラウド・ソリューションです。主に OpenStack をベースとする PowerVC には、OpenStack の業界標準アプリケーション・プログラミング・インターフェースが組み込まれています。OpenStack の各コンポーネントの API と、管理作業に役立つタスクについて学んでください。
記事 2014/9/04
完璧ではないモバイル・アプリケーションを作成する
最大限の努力をしても、最初からモバイル・アプリケーション用の完璧なコードを開発するのはほぼ不可能です。完璧に近いアプリケーションであっても、ユーザーはそのアプリケーションにはない機能を求めたり、パフォーマンスの問題を見つけたり、セキュリティーの脆弱性に気づいたりします。このサンプル・シナリオでは、IBM Mobile Quality Assurance を使用してモバイル・アプリケーションの不完全な部分を見つける方法について学びます。
記事 2014/9/04
なぜ Linux on Power なのか?
Linux ベースのアプリケーションを IBM Power ハードウェア上で実行すると、パフォーマンス、信頼性、セキュリティーが同時に強力な形で実現されます。この記事では、IBM Power Systems によってもたらされる戦略的優位の数々を明らかにします。読者の皆さんは、IBM Power Systems には数々の優位性がありながらも、さまざまなデプロイメントを低コストで実現できることに驚くかもしれません。この記事を読むことで、IBM が Linux でのエクスペリエンスを向上させるために使用しているツールについて学び、Linux on Power に対する IBM の将来的なコミットメントを十分に理解してください。
記事 2014/9/04
ODM アプリケーション・デザイン・ガイド
本書は、IBM Decision Server Rule Designer (以下Rule Designer) V8.5.1で開発し、IBM Operational Decision Manager (以下ODM) V8.5.1で稼働させるルール・アプリケーションの開発指針および開発標準について記述します。
記事 2014/8/29
IBM Bluemix MQ Light サービスを利用して複数のアプリケーションを統合する
IBM Bluemix をベースにした新しいメッセージ・サービスである MQ Light を使用して、Web アプリケーションまたはモバイル・アプリケーションを作成してください。キューを使用して個々の受信者に単一のメッセージを送信するためのキューイング・サービスとして MQ Light を使用することも、複数の受信者に通知を送信するためのパブリッシュ/サブスクライブ・ブローカーとして MQ Light を使用することもできます。
記事 2014/8/28
簡単な Node.js ファイル・アップロード・アプリケーションを通じて IBM Bluemix について学ぶ
IBM Bluemix 上で、簡単な Node.js ファイル・アップロード・アプリケーションを作成、デプロイ、実行、管理してください。
記事 2014/8/28
DevOps Services を利用してクラウド内でアプリを開発する
この記事では、他の人と協力してクラウド内でソフトウェアの計画、追跡、開発、デプロイを行うために、DevOps Services (JazzHub) を利用し始める方法を説明します。サンプル・アプリケーションを使用して、DevOps Services 上で開発する方法と、IBM Bluemix にデプロイする方法を学んでください。
記事 2014/8/28
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: メッセージ・フローのボトルネックを特定する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/8/28
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: Mappingノードを使ってメッセージを分割する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/8/28
DIY: Bluemix、Cloudant、Raspberry Pi を使用してリモート監視アプリを構築する
単純な監視システムを構築するために、Raspberry Pi デバイスのカメラ・モジュールで撮影した写真を Cloudant へ送信する IBM Bluemix アプリケーションを作成し、それらの写真を Web ページに表示するために Node.js を使用する方法を学んでください。
記事 2014/8/28
Zypper を使用して SUSE Linux Enterprise Server をアップグレードする
この記事では、Zypper を使用して SLES (SUSE Linux Enterprise Server) をアップグレードする方法に加え、リポジトリー構成ファイルを作成して変更するプロセスを説明します。
記事 2014/8/28
Bluemix SQLDB サービスを利用して、学生の数学演習用の簡単な Web アプリケーションを作成する
管理されたデータベース・サービス SQLDB を利用して、アプリケーションの苛酷な Web ワークロードおよびトランザクション・ワークロードに対処する Node.js アプリケーションを作成する方法を学んでください。
記事 2014/8/28
Worklight Platformセミナー資料
7月28日に開催された「モバイル・アプリの効果的な開発と配置を実現 Worklight Platform セミナー」の資料です。
記事 2014/8/26
5 分以内にモバイル・アプリケーションからプッシュ通知を送信する
IBM Bluemix には、モバイル端末とクラウド・サービスとの間でやりとりするための堅牢な SDK セットが含まれています。これらの SDK の 1 つが、開発者が Web アプリケーションまたはハイブリッド・アプリケーションからプッシュ通知を送信できるようにする JavaScript node パッケージ・モジュールです。この記事では、新規または既存のハイブリッド・モバイル・アプリケーションに対して、JavaScript API を利用できるようにするための手順を説明します。
記事 2014/8/22
IBM MessageSight v1.1 構成運用機能検証
IBM MessageSightの構成・運用に関する機能のうち、HA構成/監視/バックアップ・リストアの検証結果について情報を提供します。
記事 2014/8/22
IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition アプリケーション互換性最新情報
本資料では、9.0と過去のバージョンの互換性についてと、9.0からの新機能であるNotes Browser plugin環境での互換性について紹介しています。
記事 2014/8/22
Meteor を使用して応答性の良い売上表アプリケーションを作成する
独自のシングル・ページのインタラクティブな Meteor アプリケーション (ブラウザーだけを使用して、リアルタイムで更新されるアプリケーション) をクラウド内で作成してデプロイしてください。IBM DevOps Services 上でコードを作成し、サーバー・サイドのストレージ用に IBM Bluemix MongoDB サービスを使用して、アプリケーションを Bluemix にデプロイしてください。
記事 2014/8/21
Informix TimeSeries によるサービスを利用して、センサー・データを読み取って障害を予測するためのアプリケーションを構築する
問題を事前に防ぐためのコストは、問題が発生してから対処するコストを下回ります。問題を防ぐには、現在事態はどの方向へ向かっているかの情報が必要であり、将来的に事態がどのようになるかを予測するには過去に事態がどうであったかの情報が必要となります。そこで IBM Informix TimeSeries が登場します。Informix TimeSeries は、何が起きたかを記録する手段を提供するだけでなく、何が起きる可能性があるかを予測するために使用するのも簡単です。モノのインターネットのコンテキストでは、センサーは時系列データ・セットに自らの情報を記録することができます。この記事で行うデモは、冷蔵庫、クラウド・ベースのストレージとアナリティクス、機器の温度が危険なレベルに近づいている場合にユーザーにアラートを出すモニター・ソフトウェアに関する、単純なシミュレーションです。
記事 2014/8/21
iBeacon と IBM Mobile Data サービスを使用して時間とともに変化する情報を管理するアプリを構築する
IBM Bluemix には、モバイル端末やクラウド・サービスとやりとりするための堅牢な SDK のセットが用意されています。この記事では、IBM Bluemix 上で iBeacons 用に Android Estimote SDK を使用するとともに、Cloudant を使用して単純なアプリケーションを作成する方法を紹介します。まずは、Estimote Android SDK が提供している基本機能の概要の説明から始め、単純な Android アプリケーションと Mobile Data クラウド・サービスとの統合についての説明、そして新しいビーコン・テクノロジーを使用するアプリケーションを、Bluemix が提供するクラウド・サービスに統合するのがいかに容易であるかの紹介を行います。
記事 2014/8/21
IBM Bluemix 上でバックエンドのクラウド・サービスを作成して、モバイル・アプリと Web アプリを迅速に構築する
この記事では、モバイル・アプリや Web アプリを迅速に構築するのを支援するために、IBM Bluemix 上で (Node.js と Cloudant を使用して) バックエンドのクラウド・サービスを作成してデプロイする方法を紹介します。
記事 2014/8/21
Node.js および MongoDB を使用して単純な通知サービスを作成する
開発グループ間で異種のツールを数多く使用する必要があるならば、イベントの作成、イベントに対するシグナリング、イベントへの登録をするための通知サービスを試しに使ってみてください。このサービスについては、この記事で順を追って説明します。
記事 2014/8/21
Worklight Foundation 国際化対応ガイド
本ガイドでは、多言語対応のモバイル・アプリケーション(国際化対応アプリ)の開発において、Worklightのハイブリッド・アプリで利用できる機能とその使い方を説明します。
記事 2014/8/14
WebSphere Application Server V8.5 導入ガイド
WebSphere Application Server V8.5では、シングルサーバー構成用のBaseエディションと、複数サーバー構成用のNetowork Deploymentエディションが提供されています。当ガイドでは、WAS V8.5をインストールする手順について、実際のインストール作業の画面イメージを使ってご紹介します。
記事 2014/8/13
PureApplicationで考える クラウド時代のシステム構築ワークショップ
2014年7月9日に開催された「PureApplicationで考えるクラウド時代のシステム構築ワークショップ」の資料です。
記事 2014/8/13
IBM Notes/Domino カンタン移行判定ツール
『カンタン移行判定ツール』はIBM Notes/Dominoアプリケーションの設計情報を分析することにより、テンプレートの置換で移行が可能かどうか判定します。
記事 2014/8/08
IBM iNotes 9.0 - IBM Sametime 9.0 限定利用版 連携 導入ガイド (Windows 版)
当資料は、IBM iNotesクライアント用に「IBM Sametime 9.0 限定利用版 (Limited Use)」を構築するための手順です。構築が完了すると、IBM iNotes 9.0 のユーザーは在席表示機能およびチャット機能を利用できるようになります。
記事 2014/8/07
Web サービスを統合した、移植可能な Java 旅行アプリを作成する
クラウド上で Java PaaS Web アプリケーションを開発およびデプロイする方法を学んでください。
記事 2014/8/07
Node.js と IBM Mobile Web Push を使用して、リアルタイムのマーケティング・アプリケーションを構築する
Node.js と IBM Mobile Web Push API を理解してください。すると、このテクノロジーを実際に使用するのに適したいくつかのケースを実装する準備ができます。
記事 2014/8/07
ソフトウェアの生産を迅速化する DevOps
さまざまなテクノロジーを扱う企業にとって、事業を運営する上での要求を満たせるだけの短期間で IT ソフトウェア・ソリューションを生産するのは、次第に難しさを増しています。IT ソフトウェア・ソリューションを生産するプロセスは、たくさんの人手を要します。このプロセスでは手順を何度も繰り返す必要があり、しかもコードの統合、コンパイル、テストに、24 時間いっときも注意を怠ることはできません。これに対する対応としては、問題のあるところにリソースを追加で投入することが、一見、論理的な解決策のように思えますが、それよりも有効な解決策があります。それは、大量生産の自動化にも持ちこたえられるレジリエンシー (回復力) を備えたフレームワークを使用して、ソフトウェア・アプリケーションの開発を迅速化することです。そのようなフレームワークとなる DevOps を、RAD (Rapid Application Development) と組み合わせることで、企業は高い品質標準を維持しながらも、ペースの速いプロトタイピング、テスト、デリバリーを実施できるようになります。
記事 2014/8/07
DevOps Services と Bluemix によってハッカソンの取り組みを活性化させる
ハッカソンは、通常は短期間で集中的に行われる共同開発作業のイベントであり、その作業対象は特定の問題を引き起こす原因となる部分や、特定のトピックに関するものであることがほとんどです。ハッカソンの基本的な考えは、何かを迅速に行って完成させることであり、もちろんそれによって、審査員の心を大きく揺り動かすことです。期間が短いことから、基本的な機能 (例えば、Facebook での認証や、e-メールまたはテキストの送信など) を組み込むと同時に、メインの目標でも大きな進展を果たすのは簡単なことではありません。GitHub でホストされている、Sahat Yalkabov 氏らによる Hackathon Starter プロジェクトには、ハッカソンの取り組みのベースとして使用できる、充実した機能が揃っています。DevOps Services は Web でのコラボレーション型開発環境と、継続的デリバリー・パイプラインを提供する一方で、Bluemix は、このサービスを実行するために必要なクラウド・ホスティングを提供することから、この 2 つはハッカソンを成功させる上で完璧な組み合わせです。この記事では、DevOps Services を利用して、Hackathon Starter の最新バージョンのソースから独自の Hackathon Starter を立ち上げ、コードに変更が加えられるたびに、その変更を自動的に Bluemix PaaS にデプロイする方法を説明します。
記事 2014/7/31
Guardium ポリシー作成の基礎知識
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティーのための製品で、データベース・アクティビティーを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardiumのセキュリティーおよび監査の方針を決定するポリシーの観点から適切なログの収集を行うための設定を解説します。
記事 2014/7/31
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第2回 Optim Designerによる抽出サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solutionはアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データベースからデータを外部ファイルに保存する手順について説明します。
記事 2014/7/31

1 - 6401 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)