技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (194 製品)

    (519 トピック)

    (8 インダストリー)

    (4 種類)

Develop and deploy your next
app on the IBM Bluemix
cloud platform.

1 - 6583 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Worklight による本番アプリの開発に Mobile Quality Assurance を使用する
この記事では、Ei! Treinador (「こんにちは、コーチ!」という意味のポルトガル語) モバイル・アプリの開発に IBM Mobile Quality Assurance をどのように使用したのかを説明します。2014年ワールドカップ・ブラジル大会で VIP ファンのために作成されたこのアプリにより、ファンはソーシャル・メディアから集約されたセンチメント分析を見ることができました。このアプリに IBM Mobile Quality Assurance をどのようにインストールして構成したのか、そしてアプリをテスターや利害関係者に配布するためにどのように Mobile Quality Assurance を使用したのかを学んでください。Mobile Quality Assurance は内部テストから本番での使用に至るまで、開発サイクルの全フェーズで使用しました。この記事では IBM Mobile Quality Assuranceの本番前のステップと本番でのステップの両方を取り上げます。
記事 2015/4/23
クラウド・ストレージ・アプリケーションを作成する
IBM が提供する Bluemix の Object Storage サービスを利用する単純な Node.js アプリケーションを作成する方法を学んでください。このアプリケーションで示すのは、ユーザーのアクセス・トークンを取得する方法や、フォルダーを作成する方法、文書をアップロードする方法などです。このアプリケーション・コードのなかには、ユーザーのフォルダーを一覧表示するリクエスト、フォルダー内の文書を一覧表示するリクエスト、文書を削除するリクエストをはじめとする各種リクエストを扱うためのコード・ブロックも見つかります。このチュートリアルでこれから学ぶことを活かせば、Object Storage サービスを利用して素晴らしいアプリケーションを迅速かつ容易に作成することができます。
記事 2015/4/23
Java でクラウド・アプリケーションを作成および管理する
完全な継続的インテグレーションを実現するには、クラウド内でのアプリケーションのデプロイメントを自動化する必要があります。このチュートリアルには、Cloud Foundry の Java クライアント・ライブラリーを使用して、IBM Bluemix 内でのアプリケーションの作成および管理を自動化する方法を示すサンプル・コードが含まれています。
チュートリアル 2015/4/23
IBM MobileFirst を Cast Iron と統合してモバイル・アプリをエンタープライズに接続する
IBM MobileFirst Platform Foundation モバイル・アプリケーション・フレームワークは、アダプター・メカニズムによる統合機能を提供します。MobileFirst のアダプターは、エンタープライズ・サービスにアクセスするために MobileFirst プラットフォーム上のサーバーにデプロイされるコンポーネントです。これらのアダプターは、モバイル・アプリケーションとエンタープライズ・システムとの間のメディエーターまたはゲートウェイとしての役割を果たし、モバイル・アプリケーションからのリクエストを受け取って、リクエストに応じてエンタープライズから取得したデータをモバイル・アプリケーションに返します。IBM WebSphere Cast Iron Cloud インテグレーション製品は、クラウドとオンプレミス・アプリケーションとの迅速な統合や、統合コストの削減、SaaS (Software as a Service) およびクラウド・モデルにおけるリソースと生産性の最適化を可能にする製品です。この記事では、IBM MobileFirst と Cast Iron の統合について説明します。
記事 2015/4/23
IBM MobileFirst Platform Foundation Developer Edition のインストールに関する FAQ
ここで取り上げる 6 つの質問は、サポート・スタッフがよく尋ねられる質問です。これらに対する回答が、IBM MobileFirst Platform Foundation Developer Edition をインストールして使い始める皆さんの質問に対する答えとなることを願っています。
記事 2015/4/23
IBM Integration Bus を PureApplication Service on SoftLayer としてデプロイする
このチュートリアルでは、PureApplication Service on SoftLayer を使用して、IBM Integration Bus の基本パターンをデプロイする方法を紹介します。パターンを利用してワークロードのプロビジョニング、監視、保守を自動化および単純化することで、開発者はアプリケーションの開発に専念し、準備が整った時点でオフプレミス環境からオンプレミス環境に移行することが可能になります。
記事 2015/4/23
PureApplication 運用ガイド バックアップ/アーカイブ編
新しいストレージ機能の追加によって、PureApplication のバックアップ運用の選択肢の幅が大きく広がりました。システム情報、カタログ・コンテンツ情報、ワークロード、ユーザー・データのバックアップやアーカイブの方法や考慮点を解説したものとなっています。
記事 2015/4/20
RESTful Web サービスの基本
REST (Representational State Transfer) は SOAP ベースや WSDL (Web Services Description Language) ベースの Web サービスに代わる単純な手段として Web 全体で広く受け入れられるようになっています。こうした、インターフェース設計での REST へのシフトの重要な証拠として、Web 2.0 サービスを提供する主要各社 (Yahoo、Google、Facebook など) は SOAP ベースや WSDL ベースのインターフェースを非推奨あるいは不使用とし、使いやすいリソース指向のモデルを使って彼らのサービスを公開するようになっています。この記事では、Alex Rodriguez が REST の基本的な原則を紹介します。
記事 2015/4/16
IBM Enterprise Records V5.2 概説
この記事では企業の各種データのレコード管理を支援する IBM Enterprise Records の概要を紹介し、IBM Enterprise Records が膨大な量のデータをどのように管理するかについて説明します。
記事 2015/4/16
iOS アプリにプッシュ通知を追加する
皆さんの Node.js アプリにプッシュ通知を追加することで、iOS ユーザーに最新情報を提供してください。このチュートリアルでは、IBM Bluemix 内で一からモバイル・アプリを作成する方法、Node.js アプリを実行する方法、作成したアプリの Push サービスがさまざまな端末とやりとりする方法、そして最後にデータの受け渡しをする方法を紹介します。
記事 2015/4/16
Bluemix と iOS 用 MobileFirst Platform で iOS 8 アプリを作成する
Bluemix 上でモバイルに対するプッシュ通知および認証を目的とした新しい iOS 8 SDK を試してください。このチュートリアルでは、現在ベータ版である新しい MobileFirst Platform for iOS を紹介します。さらに、Bluemix 上でモバイル・バックエンド・アプリを作成し、このアプリをサンプル iOS モバイル・アプリと接続する方法、そして Bluemix コンソールからプッシュ通知を送信する方法を紹介します。
記事 2015/4/16
IBM Bluemix 上で Embeddable Reporting サービスを利用することで IBM Cognos を活用する
Bluemix 上で Embeddable Reporting サービスを利用することで、Cognos を活用するのがいかに容易であるかを学んでください。このチュートリアルでは、Embeddable Reporting サービスを利用して Bluemix 上でゼロからアプリを作成、開発、そしてデプロイする手順を紹介します。
チュートリアル 2015/4/16
サンプル Node.js アプリケーションを作成して Bluemix にデプロイする
Watson を利用したアプリケーションを Bluemix プラットフォームにデプロイする方法を学んでください。デプロイする対象となるアプリケーションは、Node.js および Java で作成されています。
チュートリアル 2015/4/16
Geospatial Analytics サービスを利用してモバイル端末をモニターする
Bluemix の Geospatial Analytics サービスを利用する Node.js スターター・アプリケーションを取得して実行し、拡張してください。Geospatial Analytics サービスを利用すると、モノのインターネットに接続された移動中の端末をモニターすることができます。Geospatial Analytics サービスは、MQTT からの端末メッセージ・ストリームを分析し、1 つ以上の地域に関して端末の位置情報をリアルタイムで追跡します。
記事 2015/4/16
ELK スタックを使用して IBM Bluemix のアプリのログを一元管理する
IBM の次世代クラウド・プラットフォームである IBM Bluemix を利用すると、開発者はクラウド・アプリケーションを迅速に作成し、デプロイ、管理することが可能になります。クラウドの性質を持つ Bluemix では、アプリケーションのログ・ファイルを自動的に永続化することはありませんが、Bluemix のアプリケーションのログを外部のログ管理サービスに出力することはできます。この機能を ELK スタックのコンポーネント (Elasticsearch、Logstash、および Kibana) と組み合わせると、一元管理された永続ログ用の場所を提供できるだけでなく、ログ・データの分析や可視化を行うことができます。この記事では、Bluemix を使い慣れていて Linux の基礎知識がある中級レベルの開発者を対象としており、はじめに ELK スタックについての簡単な背景知識を説明してから、コンポーネントをインストールして構成するプロセスを順番に説明します。
チュートリアル 2015/4/16
IBM Connections 4.5 画面カスタマイズガイド(プロフィール編)
 
記事 2015/4/10
IBM BPM に IBM Watson を統合する: 第 1 回
このチュートリアルでは、IBM Business Process Manager (BPM) アプリケーションに、IBM Bluemix 上で実行される Question and Answer サービスを利用することで、IBM Watson を統合するステップを紹介します。IBM BPM は、ビジネス・プロセスを自動化するために幅広く使用されています。BPM のエンド・ユーザーは、多くの場合、自らの専門知識を基に意思決定を行う知識労働者です。IBM Watson には、ユーザーからの自然言語を使用した質問に対し、ビジネス・ドメインに関するコーパスに基づいて応答する能力があります。Watson は、ビジネス・コーパスに基づく意思決定をサポートすることができます。このチュートリアルでは、IBM BPM アプリケーションのエンド・ユーザーが意思決定プロセスをサポートするために Watson を呼び出す方法をデモンストレーションするサンプル・アプリケーションを使用します。
記事 2015/4/09
PureApplication SystemでGPFSサービスを構成する
PureApplication v2.0 では、ハイパフォーマンス共有ファイルシステムであるGPFSのサポートが強化され、企業システムに求められる可用性のレベルに応じて、適切な構成を選択できるようになりました。本記事では、PureApplication System上で構成可能なGPFSトポロジーについて解説し、構成方法について説明します。
記事 2015/4/09
Pyramid、SQLDB、Bluemix を使用してチャット・アプリを作成する
このチュートリアルでは、Pyramid フレームワークを使用して Bluemix に対応するアプリを作成する方法を紹介します。SQLAlchemy 抽象化層を使用することで、このアプリがデータベース・ソフトウェアを問わず動作するようにし、デプロイ時にデータベースを選択できるようにします。データベース・ソフトウェアとしては SQLite、PostgreSQL、DB2 を使用した例が用意されています。さらにこのチュートリアルでは、NodeJS SocketIO 通信層と Python ベースの Web アプリ・フレームワークとの相互運用性についてもデモンストレーションしています。
記事 2015/4/09
サンプル Liberty アプリケーションを作成して Bluemix にデプロイする
IBM は 2014年 10月初旬に IBM Bluemix プラットフォームに Watson サービスを導入しました。このチュートリアルでは、現在利用可能なサービスと SDK を紹介するとともに、Watson Question and Answer サービスを利用したアプリケーションを Bluemix にデプロイする方法を紹介します。このチュートリアルでデプロイするのは、Java ベースのアプリケーションです。
チュートリアル 2015/4/09
Bluemix においてアプリケーションの負荷テストとスケーリングを行う早道
アプリケーションに関するパフォーマンス、可用性、ランタイム・リソースの使用状況、アクティビティーおよびエラーのロギングについての洞察を得るために、Bluemix Monitoring and Analytics アドオンを使用することができます。開発者やテスターは、パフォーマンスや可用性の問題をもたらしたり、誤ったアクティビティーを生成したり、単にさらなる調査を必要としたりするなどのおそれがあるボトルネックや問題領域を明らかにするために、このアドオンの機能を使用することができます。Monitoring and Analytics サービスは Bluemix 環境に組み込まれているので、このサービスを自分のアプリケーションに追加して、結果を即座に確認することが容易にできます。使いやすいダッシュボード、組み込まれたログ解析、そして検索機能を利用することで、問題の根本原因となっているコード行を迅速かつ容易に見つけられるようになります。
チュートリアル 2015/4/09
ToDo リスト・アプリを作成するのと併せて自動化されたビルドとデプロイをセットアップする
手軽な ToDo リスト・アプリケーションを作成するのと併せて自動化されたビルドおよびデプロイメント環境を構築する方法を学んでください。このシンプルでしゃれた外観の ToDo リスト・アプリケーションでは、ユーザーが簡単に項目を更新、削除することができ、その情報はすべてデータベースに永続的に保持されます。このチュートリアルでは、主にこのアプリケーションのバックエンド・サーバーの部分に焦点を当てることにし、フロントエンドには、オープンソース・プロジェクトによって提供されている TodoMVC を使用します。
記事 2015/4/09
アプリケーションにリッチなレポートを組み込む
このチュートリアルで、IBM のクラウド開発プラットフォームである Bluemix の Embeddable Reporting サービスを利用して、サンプル・アプリケーションにレポートを組み込む方法を学習してください。Liberty for Java ランタイムをベースに始めて、Embeddable Reporting サービス、MongoLab サービス、dashDB サービスを追加することができます。これを出発点とし、独自のレポートをより複雑なアプリケーションに組み込む作業を始めることができます。
チュートリアル 2015/4/09
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Servlet 3.1 編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Servlet 3.1 編の資料です。
記事 2015/4/06
IBM Watson で世界指折りの話題の人物を追跡する
People in the News (PITN) アプリケーションを作成してください。この Node.js アプリケーションは、IBM Bluemix 上で実行され、Watson Relationship Extraction サービス、Cloudant、IBM RAVE レンダリング・エンジンを利用して、ニュースで話題になっている人物の名前を、その人物に関する最新記事へのリンクとともに示します。
記事 2015/4/02
Java プログラミングで実装する OAuth 2.0 クライアント: 第 3 回 認可コードによるグラント
この複数のパートで構成されるシリーズは、あらゆる OAuth 2.0 対応サーバーとインターフェースを取るために使用できる、汎用的かつ再利用可能な OAuth 2.0 クライアントを開発する上で役に立ちます。第 1 回では、リソース・オーナー・パスワード・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明し、第 2 回では、クライアント・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明しました。第 3 回となる今回の記事では、認可コードによるグラントを実装する方法を説明します。
チュートリアル 2015/4/02
Bluemix と言えば、選択そして柔軟性です: プライベート・サービスとパブリック・サービスをミックス・アンド・マッチする
ハイブリッド・クラウド・アプリケーションを開発し、パブリック・クラウド・サービスとプライベート・クラウド・サービスを組み合わせる方法を学ぶことに興味がありますか?この動画では、Bluemix のサービスと Bluemix Dedicated ― 隔離された SoftLayer インスタンスにホストされ、IBM によって管理されるシングル・テナント Bluemix 環境 ― を利用してアプリケーションを作成するのがいかに簡単であるかを紹介します。
記事 2015/4/02
Java プログラミングで実装する OAuth 2.0 クライアント: 第 2 回 クライアント・クレデンシャル・グラント
この複数のパートで構成されるシリーズは、あらゆる OAuth 2.0 対応サーバーとインターフェースを取るために使用できる、汎用的かつ再利用可能な OAuth 2.0 クライアントを開発する上で役に立ちます。第 1 回では、リソース・オーナー・パスワード・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明しました。第 2 回となる今回の記事では、クライアント・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明します。
チュートリアル 2015/4/02
Java プログラミングで実装する OAuth 2.0 クライアント: 第 1 回 リソース・オーナー・パスワード・クレデンシャル・グラント
この複数のパートで構成されるシリーズは、あらゆる OAuth 2.0 対応サーバーとインターフェースを取るために使用できる、汎用的かつ再利用可能な OAuth 2.0 クライアントを開発する上で役に立ちます。第 1 回では、リソース・オーナー・パスワード・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明します。
記事 2015/4/02
RSS フィードを用いた翻訳済みアラート・システムを Bluemix と Cloudant を利用して構築する
Alerter アプリケーションは、Bluemix アプリケーション用に翻訳およびローカライズされたエラー・アラートを提供するための有用なコードおよび概念を提供します。翻訳済み XML ファイルに関連してあらかじめ準備されたエラー・メッセージを使用するためのシステムは、IBM の標準であり、Bluemix 環境に移行されています。この記事では、エラー・メッセージ・カタログの例と XML および XSLT を使用する方法の説明が示されています。また、取り上げるアプリケーションは、現在 RESTful API プログラミング用に受け入れられている標準に準拠しています。
チュートリアル 2015/4/02
Git のコマンドだけでなく、その仕組みを学ぶ
CVS (Concurrent Versions System) や SVN (Subversion) といった従来型のソース・コード・リポジトリーを使用してきた場合、Git の柔軟性と可能性を理解するのは難しいかもしれません。この記事では、Git の仕組みについて説明するとともに、それぞれの機能が全体でどのように組み合わされているかを説明することを目指しています。Git の仕組みを理解していれば、コマンドを覚えようとする必要はなく、やるべきことを把握してさえいればよいのです。
記事 2015/4/02
新人 SE が学ぶ IBM Connections: 第8回 モバイルで今が変わる!~新人にモバイルアプリを勧めない4つのわけ~
2012年4月に新卒で入社した「よしぃ」こと僕 (吉原洋樹) が、IBM Connections をさわって学ぶプロセスの連載です。 右も左もわからない新人が職場でソーシャルをビジネスに活かす IBM Connections を活用していきます。 課せられた 2つの目標を達成するために、ワークスタイルをどんどんスマート化していく、よしぃの成長も併せて御覧ください。
記事 2015/3/27
Rational Engineering Lifecycle Manager による開発ライフサイクル・データの活用: 第 5 回 ビューの拡張 - ビュー作成を容易にするパレットのカスタマイズ方法
Rational Engineering Lifecycle Manager (RELM) [1] による開発ライフサイクル・データの活用シリーズの今回は、成果物要素 (Artifact Element) について説明します。
記事 2015/3/27
IBM Bluemix のビルドパックまたはアプリを診断する
Bluemix のアプリケーションが異常終了した場合、使いやすい Web インターフェースでそのアプリケーションまたはビルドパック・ランタイムの標準出力ログと標準エラー出力ログに簡単にアクセスしてください。
チュートリアル 2015/3/26
IBM DevOps Services から Bluemix にデプロイするためのクイック・ガイド
この短いデモ動画では、Tim が迅速に IBM DevOps Services をセットアップして Bluemix にアプリケーションを自動的にデプロイする方法を紹介します。
チュートリアル 2015/3/26
Linux on Power システム用に C/C++ でクロスコンパイルされたアプリケーションを開発する
この記事では、IBM SDK for Linux on Power によって提供される統合環境で、IBM Advance Toolchain と QEMU ユーザー・モードを使用して、IBM Power サーバー用にクロスコンパイルされたアプリケーションを開発する方法を説明します。IBM SDK for Linux on Power は、無料で利用できる Eclipse ベースの統合開発環境 (IDE) です。この SDK によって、Advance Toolchain、ポストリンク最適化ツール、従来の Linux パフォーマンス分析ツール (OProfile、Perf、Valgrind など) が、C/C++ ソース開発環境に統合されます。
記事 2015/3/26
Yelp、Google マップ、Twitter、Klout のサービスを組み合わせてクーポン検索アプリを作成する
Yelp、Google、Twitter、Klout が提供する外部サービスと、Bluemix、MongoDB を利用して、評価の高い店を見つけるアプリを作成してください。
チュートリアル 2015/3/26
Fitbit 製品を使用して歩数を競い合うアプリを作成する
Fitbit 製品を使っている友達の間で Fitbit 製品を着用して毎日の歩数を競い合うコンテストを、IBM Bluemix、Twitter、Twilio を使用して作成してください。リアルタイムのスコアボードとグラフィカル・アナリティクスは、コンテストに参加する全員が利用することができ、スコアボードは Twitter と Twilio SMS メッセージングによって自動的に更新されます。
記事 2015/3/26
Bluemix と AppScan Mobile Analyzer サービスを利用して Android アプリのセキュリティー・テスト・ツールを作成する
現在、開発されているモバイル・アプリの数が著しく増えているため、セキュリティー・テストを行って、明らかにされた脆弱性に開発者が対処できるようにするためのコスト・エフェクティブなツールまたはアプリケーションが必要になっています。このチュートリアルでは、IBM Bluemix の AppScan Mobile Analyzer サービスについて詳しく説明するとともに、開発者がこのサービスを利用して Android アプリをスキャンし、検出されたセキュリティー問題に対処できるようにする方法を紹介します。
記事 2015/3/26
マルチ・インスタンスの Bluemix アプリケーションの設計、管理およびテスト
Bluemix は、アプリケーションを水平方向にスケーリングするための包括的なフレームワークです。 ここでは、Bluemix のスケーリング機能を活用するための Bluemix アプリケーションの設計方法について説明します。具体的には、設計を行う上での注意事項、複数のインスタンスの管理とモニター、アプリケーションの状態を管理してスケーラビリティーを最大にするためのオプションといった内容を取り上げます。Java と Node.js 両方のプログラマーの方々のための考慮事項も紹介します。ダウンロード可能なサンプルの Node.js アプリケーションを使用して、概念を図で示します。 検証済みのベスト・プラクティスとコード・サンプルを入手して、Bluemix の最も優れた機能の 1 つを使い始めてください。
チュートリアル 2015/3/26
Web ユーザーと Pebble ユーザーのための Where? アプリを作成する
「どこ?」の質問に答えるアプリケーションを作成します。クライアント・アプリケーションをサポートするための REST API を提供するバックエンド Node.js アプリケーションを、Bluemix 上でビルドしてデプロイします。 次に 2 つのクライアント・アプリケーション (1 つは Web 用、1 つは Pebble スマートウォッチ用) をビルドします。
記事 2015/3/19
企業におけるモノのインターネットの導入に弾みをつける
Bluemix サービス、Pebble スマートウォッチ、Meteor を利用して、モノのインターネット・アプリ ― 販売追跡システム ― を迅速に稼働状態にしてください。
記事 2015/3/19
Watson なら何と答える? Watson QAAPI を Bluemix と NodeExpress で使用する
NodeExpress を使用して、Watson QAAPI サービスを利用する Bluemix アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、アプリケーションを作成するステップを紹介するとともに、Watson の応答構造についても取り上げます。
チュートリアル 2015/3/19
Watson によって動作するコグニティブ Twitter ボットを作成する
IBM Watson Question and Answer を利用したコグニティブ Twitter ボットを Node-RED アプリケーションとして作成してください。このチュートリアルのステップに従うことで、ほとんどプログラミングをすることなく高度なコグニティブ Twitter ボットを簡単に作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2015/3/19
Node.js を使用して Bluemix でシチュエーショナル・アプリケーションを迅速に作成する
IBM Bluemix 上で稼働する Node.js 内で、Web からの情報を再利用してシチュエーショナル・アプリケーションを作成する技法を取得します。この記事には、単純な JSON プロキシーの例や、HTML を JSON に変換する方法のほか、複数のソースからのデータを結合する方法を示す、より複雑なデータ・エンリッチメント・シナリオが含まれています。
チュートリアル 2015/3/19
Bluemix 上で reCAPTCHA を使用してサイトをボットから守る
Google reCAPTCHA を使用してフォーム・ベースのアプリケーションを作成してデプロイしてください。この Web ベースの Java アプリケーションでは、ユーザー・データを IBM Bluemix の SQL データベースに保管して、IBM Bluemix クラウド・プラットフォーム上にホストします。
チュートリアル 2015/3/19
実際に使われている用語を IBM Watson Content Analytics で見つけて使用する
この記事では、IBM Watson Content Analytics (WCA) の言語分析機能を利用してドメイン固有の用語を調査し、ユーザーが「実生活」で使っている語彙の傾向を反映したドメイン辞書を作成します。さらに、完成した辞書を WCA Studio で使用して概念アノテーターを作成します。
記事 2015/3/19
エンタープライズ規模の iOS/Android アプリ向けカスタム API を作成する
モバイル・アプリ向けにエンタープライズ規模の API を開発する必要があるならば、Web アプリケーションやモバイル・アプリで使用するカスタム API を開発して、より高いアジリティーと応答性、さらには短いタイム・ツー・マーケットを実現する上で、Bluemix クラウド・プラットフォームがどのように役立つかを参考にしてください。
記事 2015/3/19
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 1
3 部構成シリーズのこの最初のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした室内用鉢植え植物をモニターするソリューションを低コストで作成する方法を説明します。このソリューションでは、センサー・データの収集とビジュアライゼーション、およびソーシャル・ネットワークへの更新情報の投稿に IBM Bluemix を使用します。
チュートリアル 2015/3/12
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 3 回 Node-RED を使ってカスタム・アプリケーションを作成する
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの第 3 回です。今回は、組織と機器を IBM IoT Foundation に登録します。続いて、Arduino 回路と第 2 回で作成したスケッチから MQTT プロトコルを利用して送られてくる温度および湿度データを取得して Mongo データベースに保管する単純なアプリケーションを、Node-RED を使用して作成します。また、Node-RED のフローとして、データベースに対してクエリーを実行する Web サービスを実装するフローを作成します。
チュートリアル 2015/3/12
モバイル・アプリの異常終了レポートの生成を自動化する
開発したモバイル・アプリの安定性を向上させるために、IBM Mobile Quality Assurance for Bluemix 内でコンテキストに沿った異常終了レポートを自動的に生成する機能を利用してください。
記事 2015/3/12
付録: IDE をセットアップする
記事「モバイル・アプリの異常終了レポートの生成を自動化する」で詳しく説明している Find Flight アプリを作成するために IDE をセットアップしてください。
チュートリアル 2015/3/12
Bluemix を利用して MVC スタイルのモバイル・アプリを作成する
今でもなお MVC スタイルのアプリケーションの開発は重要です。MVC スタイルのアプリケーションは、さまざまなプラットフォーム (クラウド・ベースまたはオンプレミス)、さまざまなプログラミング言語 (Java、Node.js、PHP、Python 等々)、さまざまなランタイム (WebSphere、Node、Ruby)、さまざまなデータソース (DB2、Cloudant、MySQL) を使用して作成されます。このチュートリアルでは、IBM Bluemix 内で公開されている Java ベースの RESTful Web サービスを使用する単純な Android モバイル・アプリを作成する方法を紹介します。このアプリ、サービス、DDL はダウンロードすることができます。
チュートリアル 2015/3/12
Concept Maps を利用したコラボレーションによる百科辞典を作成する
IBM Bluemix キャッシング・サービスを利用してスケーリングするアプリケーションを作成してデプロイしてください。このアプリケーションは、クラウド・デプロイメントと分散キャッシングのメリットを最大限に生かすために必要な手法を実証するものです。具体的には、ノード全体で認証を維持する手法、キャッシュを使用してレイテンシーを最小限にする手法、そして NoSQL データベースを利用して複雑な文書のロードと保管を効率化する手法などです。
チュートリアル 2015/3/12
IBM Bluemix というモバイル・アプリ開発の早道があるのに、なぜ開発にそれほど時間をかけているのですか?
IBM Bluemix は、サービス、API、インフラストラクチャーを組み合わせて提供することから、強力なモバイル・システム・エンゲージメント・アプリケーションを極めて短い時間で構築できるようになっています。この動画では、どのようにしてそれが可能になるかを説明しています。
記事 2015/3/12
ウェアラブル端末と Bluemix を連携させる
ここのところ、ウェアラブル・テクノロジーを採用した端末の人気が非常に高くなっています。これらの端末は人間の生活をより良いものにすることができ、技術的な観点ではビッグ・データの大きな牽引役にもなっています。この記事では、現在市場に出ているいくつかのウェアラブル端末について調査した結果を示すとともに、Bluemix のサービスを利用してこれらのウェアラブル端末とやりとりする方法を紹介します。
記事 2015/3/12
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 3
3 部構成シリーズのこの 3 番目のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした低コストの植物モニター・ソリューションの作成方法を説明します。この最後のチュートリアルでは、デスクトップ・デバイスおよびモバイル・デバイス用にセンサー・データをビジュアライズする HTML5 アプリケーションを作成します。データを Cloudant データ・ストアから利用可能にするためにオープン・データ API を作成します。
チュートリアル 2015/3/12
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 2
3 部構成シリーズのこの 2 番目のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした低コストの植物モニター・ソリューションを作成する方法を説明します。Node-RED アプリケーションを保護し、コードの変更に応じた Bluemix への自動デプロイメントをセットアップします。
チュートリアル 2015/3/12
IBM Bluemix モバイル入門
この記事では、1 章でモバイル開発に利用できる Bluemix のサービスの概要について解説します。その後、IBM Bluemix の MBaaS の中核である、Mobile Cloud Platform に焦点をあて、2 章でその概要を、3 章で具体的な実装方法について説明します。
記事 2015/3/05
オンプレミス・データベースのテーブル値をモニターする Android アプリと Web アプリケーションを作成する
プログラムの状況を手動でモニターしているとしたら、オンプレミス・データベースのテーブル列値 (例えば、コンポーネントが稼働中であるかどうかを示す値など) が変更されているかどうかをチェックし、変更されている場合にはプッシュ通知を受け取るアプリを作成することで、手動でモニターする時間を削減してください。最新のテーブル値は、Android アプリや Web アプリケーションで表示することができます。このチュートリアルに従うことにより、Bluemix の Cloud Integration サービスでサポートしているオンプレミス・データベース内のテーブル列値をモニターしてください。
チュートリアル 2015/3/05
会議施設を予約するための Android アプリを作成する
このチュートリアルでは、職場の会議施設を予約するための単純な承認アプリケーションを作成する方法を紹介します。このアプリケーションを作成するには、Bluemix 開発プラットフォーム内でクラウド・サービス (Cloudant DB、MQ Light、Twilio) を利用します。このアプリケーションを Bluemix にデプロイすると、ユーザーは自分の携帯端末で簡単にリクエストを送信してレスポンスを受け取ることができます。
チュートリアル 2015/3/05
Bluemix とプライベート・クラウド・パターンとの間で移植可能な Java EE アプリケーションを作成する
Java 開発者は、「Write Once, Run Anywhere (一度作成すれば、どこででも実行できる)」という Java の約束が守られることを望んでいますが、IBM Bluemix 環境とオンプレミス・クラウド環境 (SmarterCloud Orchestrator や PureApplication System など) との間でアプリケーションを移行する場合、どのようにすればこの約束が確実に守られるようになるのでしょう?この記事では、その方法を紹介します。
チュートリアル 2015/3/05
Swift および Objective-C を使用した iOS メモリー管理で絶対に失敗しないための 7 つのヒント
私はネイティブ iOS アプリで発生したメモリーの問題を皆さんと共有して解決しました。このチュートリアルでは、私が直面したメモリーの問題のほかに、誰もが犯しがちなよくある間違い、そして何よりも Swift アプリと Objective-C アプリの両方でメモリー・リークを回避およびデバッグするためのベスト・プラクティスおよびテクニックを紹介します。
チュートリアル 2015/3/05
IBM Bluemix をクラウド・プラットフォームとして選択する理由のトップ 10
このトップ 10 リストでは、なぜ開発者はクラウド・プラットフォームとして IBM Bluemix を選択することになるのかという点について Carl Osipov が見解を示します。
チュートリアル 2015/3/05
IBM Connections 5.0 インストールガイド
 
記事 2015/2/27
Bluemix サービスを利用してモバイル端末のデータに対する情報ライフサイクル・ガバナンスを実現する
IBM Bluemix のモバイル・データ・サービスを利用して作成された、Android プラットフォーム上で動作する RetentionLite アプリを使用すると、ユーザーはモバイル端末上でデータの効率的なバックアップをするための管理ルールや管理ポリシーを定義することができます。このアプリを使用すると、直感的なユーザー・インターフェースと柔軟かつ構成可能なルールを使用して、モバイル端末上で情報ライフサイクル・ガバナンスを実現することができます。企業は、IBM Bluemix サービスの強力さを活かして、RetentionLite のようなアプリをデータ保存ポリシーに合うように、迅速に開発およびカスタマイズすることができます。
チュートリアル 2015/2/26
Rational DOORS Next Generation と Evernote を統合する: 第 2 回
Rational DOORS Next Generation では、クライアント拡張を作成できるようになりました。クライアント拡張は、DOORS ユーザー・インターフェースに用意された専用エリア内で実行される、完全な Web アプリケーションです。クライアント拡張を使用すると、ユーザーはカスタム Web コンポーネントを組み込むことができます。Web アプリケーションとクライアント拡張をホストするための、強力かつ簡単に使えるプラットフォームとなるのが IBM Bluemix です。全 3 回からなるシリーズの第 2 回となるこのチュートリアルでは、Express JavaScript フレームワークを使用して Web フロント・エンドを作成する方法や、1 つのデベロッパー・トークンを使用するのではなく、OAuth を使用して、メモを取るための人気のソフトウェアである Evernote に対して認証を行えるようにする方法を紹介します。
チュートリアル 2015/2/26
Rational DOORS Next Generation と Evernote を統合する: 第 1 回
Rational DOORS Next Generation では、クライアント拡張を作成できるようになりました。クライアント拡張は、DOORS ユーザー・インターフェースに用意された専用エリア内で実行される、完全な Web アプリケーションです。クライアント拡張を使用すると、ユーザーはカスタム Web コンポーネントを組み込むことができます。Web アプリケーションとクライアント拡張をホストするための、強力かつ簡単に使えるプラットフォームとなるのが IBM Bluemix です。全 3 回からなるシリーズの第 1 回となるこのチュートリアルでは、Node.js と Evernote JavaScript SDK を使用して、メモを取るための人気のソフトウェアである Evernote に接続し、そのコンテンツにアクセスする方法を紹介します。
チュートリアル 2015/2/26
JSR に準拠したポートレットをクラウド内で迅速に作成してデプロイする
ご自分の Eclipse ワークベンチと WebSphere Application Server Liberty Profile を使用してポートレットを開発し、Bluemix にデプロイしてください。
チュートリアル 2015/2/26
Rational DOORS Next Generation と Evernote を統合する: 第 3 回
Rational DOORS Next Generation では、クライアント拡張を作成できるようになりました。クライアント拡張は、DOORS ユーザー・インターフェースに用意された専用エリア内で実行される、完全な Web アプリケーションです。クライアント拡張を使用すると、ユーザーはカスタム Web コンポーネントを組み込むことができます。Web アプリケーションとクライアント拡張をホストするための、強力かつ簡単に使えるプラットフォームとなるのが IBM Bluemix です。全 3 回からなるシリーズの最終回となるこのチュートリアルでは、DOORS Next Generation のクライアント拡張を作成し、メモを取るための人気のソフトウェアである Evernote のノート・コンテンツを DOORS にインポートできるようにする方法を紹介します。
チュートリアル 2015/2/26
IBM API Management Service利用手順
2014年10月にIBM API ManagementのSaaS版の提供が開始されました。本資料は始めてIBM API Management Serviceを利用する方のためにアカウント取得方法をご紹介します。
記事 2015/2/20
FUSE を使用して独自のファイルシステムを開発する
FUSE (Filesystem in Userspace) を使用すると、ファイルシステムの内部について理解したり、カーネル・モジュールのプログラミングを学習したりしなくても、ユーザー空間のファイルシステム・フレームワークを開発することができます。この簡単なステップ・バイ・ステップのガイドに従い、FUSE と AFS のインストール、カスタマイズ、および有効化を行うことによって、完全に機能するユーザー独自のファイルシステムを Linux のユーザー空間に作成することができます。
記事 2015/2/19
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Concurrency Utilities for Java EE編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Concurrency Utilities for Java EE編の資料です。
記事 2015/2/19
オブジェクトを検索する必要がありますか?それなら、IBM Bluemix Data Cache サービスの索引付け機能を利用してください
このチュートリアルでは、アプリケーションの中で IBM Bluemix Data Cache サービスを利用する方法と、Data Cache の高度な索引付け機能を活用する方法について説明します。アプリケーションは、索引付け機能を使用すると、索引付けされた属性によって効率的にデータを検索することや、事前定義されるクエリー関数を索引付けされた属性に基づいて作成することや、索引付け関数の上にカスタマイズされたデータ・アクセス層を作成することができます。
チュートリアル 2015/2/19
Open Web Analytics を Web サイトにデプロイする
主要なオープンソース Web アナリティクス・オファリングの 1 つに、Open Web Analytics (OWA) があります。この記事では、IBM Bluemix の IBM Platform as a Service (PaaS) 上に OWA をデプロイするためのステップバイステップの手順を示します。Bluemix 上にホストされた Web アプリケーションならびに Bluemix 外部でホストされている Web アプリケーションからは、有用なメトリックの統計情報 (Web サイトのトラフィック、ショッピング・カートの更新状況、購入につながるページ・ビューなど) を盛り込んでカスタマイズできるレポートを作成することができます。
チュートリアル 2015/2/19
Bluemix のスキル: クラウド向けの設計をする際に知っておかなければならないこと
皆さんが既にお持ちのスキルの多くは、IBM Bluemix を利用して開発を行う際に重宝するはずです。Bluemix を利用して組み立て可能なアプリケーションに取り組む際に必要となるその他のスキル、そして直面する課題について理解してください。
記事 2015/2/19
IBM Case Manager カスタム・ウィジェットにおけるプロパティー、カスタム・アクション、およびイベント
以前の記事では IBM Case Manager (ICM) カスタム・ウィジェットを開発するための手順、およびプロパティー・ビューにおけるカスタム・エディターの開発手順を解説しました。本記事では、カスタム・ウィジェットで扱うことができるプロパティー、カスタム・アクション、およびイベントについて解説します。これらを利用してカスタム・ウィジェットの汎用性や機能性を向上させることができます。
記事 2015/2/19
IBM Connections Cloud 試用環境登録ガイド
 
記事 2015/2/13
IBM Connections Cloud ユーザー向け利用ガイド
 
記事 2015/2/13
B2B ビジネスの再考: クラウドでのエンタープライズ・アプリケーション統合 (EAI)
統合プロジェクトにかかるコストと時間を抑えるには、ソフトウェアのスケーリング要件に対応するインフラストラクチャーが必要です。SoftLayer 上に IBM Sterling B2B Integrator を導入する方法と、より高いビジネス効果をあげるためにアプリケーション導入後にパラメーターをスケーリング対応した設定にする方法を学んでください。
チュートリアル 2015/2/12
卓越したデータ・サイエンスのためにクラウド内でノートブックを使用する
IPython Notebook サーバーを SoftLayer にデプロイしてください。それには、仮想マシンをプロビジョニングして Docker アプリケーション・コンテナー・エンジンがその仮想マシン上で実行されるようにし、Docker Hub から公式 IPython リポジトリーを取り込んで、IPython Notebook サーバーをコンテナー内で実行します。そして、Data.gov が提供する航空会社の定時運航データを調べるサンプル・ノートブックをアップロードして演習します。
チュートリアル 2015/2/12
IBM PureApplication System での OS 認証と Microsoft Active Directory の統合
IBM は、IBM PureApplicatio Systemを実装する際には、外部 LDAP サブシステムを統合するよう推奨しています。多くのクライアントでは、外部 LDAP を統合することを OS の追加要件としていますが、外部 LDAP をそのままの形で統合することはできません。この記事では、PureApplication System 上の OS セキュリティーと外部 Microsoft Active Directory サービスの統合を自動化する方法を説明します。この統合により、PureApplication System 上に存在する多数の VM の管理が大幅に単純化されることになります。この記事の内容は、IBM WebSphere 開発者向け技術ジャーナルから引用したものです。
記事 2015/2/12
Swift と iOS 8 を使用して Mobile Quality Assurance をセットアップする
IBM Bluemix 上で Mobile Quality Assurance (MQA) サービスを利用して、お馴染みの BlueList アプリの Swift 版を強化する方法を学んでください。MQA を利用すると、アプリの本番前内部テストのためと、アプリが本番に移行した後のエンド・ユーザーのために、アプリに一連の堅牢な機能 (バグ・レポート作成機能、異常終了ロギング機能、評価分析機能) を追加することができます。MQA は、クライアント・サイドに及ぼす影響が最小限に抑えられたこの一連の強力な機能を提供するのみならず、より深く洞察するための包括的なアナリティクス・ダッシュボードも提供します。
チュートリアル 2015/2/12
ブート可能な IBM Power サーバーの ISO イメージの検出
大半の ISO イメージは ISO 9660 の何らかの拡張規格を採用しており、BIOS (Basic Input/Output System) によってイメージをブートできるようになっています。その一方、IBM Power Systems ファームウェアではそのような拡張規格を採用していません。これが何を意味するかと言うと、イメージがブート可能であるかどうかを検出する方法は、コンピューター・アーキテクチャーによって異なるということです。ハイパーバイザー、さらには仮想マシン (VM) マネージャーなどのソフトウェアでは、そのソフトウェアで操作しなければならないイメージの数が多いことから、ブート可能であるかどうかの検出に大量のリソースや時間を費やすことはできません。したがって、試行錯誤でイメージをブートしようとする方法や、ファイル・システムにイメージをマウントしてみるという方法でさえも、選択肢から除外されます。この記事では、ISO データ・ストリームを直接読み込んで IBM Power サーバー・イメージがブート可能かどうかを検出するという方法を、この概念を説明する実際の Python コードと併せて紹介します。
記事 2015/2/05
エンタープライズ・コンテンツ管理の適用範囲を広げる
バックエンド・リポジトリーとして IBM Content Manager を使用する、モバイル・アプリケーション向け Bluemix ソリューションを作成してください。IBM Content Manager を使用すると、Bluemix 技術を利用する同様のモバイル・アプリを開発するための参照として、アプリの設計を使用することができます。
チュートリアル 2015/2/05
Node.js、Mongo、D3 を使用して Twitter プロフィール分析ツールを作成する
Twitter ユーザーがつぶやいている話題とユーザー・プロフィールの自己紹介文をサンプリングすることで、ユーザー・ベースの特徴を示すワード・クラウドを作成してください。ユーザーのキーは Mongo データベースに格納し、D3 JavaScript ライブラリーを使用して結果を可視化してください。
チュートリアル 2015/2/05
Python、Django、MongoDB を使用して Bluemix 上で世界銀行のデータをグラフ化するアプリを作成、デプロイする
Django フレームワークを使用してグラフ生成アプリケーションを開発して IBM Bluemix にデプロイしてください。フロントエンドの開発は、JavaScript グラフ生成エンジンである HighCharts を使用して行われます。この記事に記載されるステップに従うと、バックエンドで MongoDB を使用して Django アプリケーションを開発すること、さらには IBM Bluemix クラウド・プラットフォーム上にホスト可能な、洗練されたハイパフォーマンスの Web アプリケーションを迅速に作成することができます。
チュートリアル 2015/2/05
5 分あれば、e-メール・クライアントを作成できます
RapidApps を使用して e-メール・メッセージを送信するモバイル・アプリまたは Web アプリを 5 分で作成してください。RapidApps は IBM Bluemix クラウド開発プラットフォーム内で提供されているランタイム兼サービスで、まったくコーディングすることなくアプリケーションを作成したり、概念実証を行ったりできるよう開発者を支援します。
チュートリアル 2015/2/05
IBM Connections5.0とIBM Sametime9.0連携における注意点
 
記事 2015/1/30
MobileFirst Platform Foundation (旧 Worklight) 6.3 アップデート・セミナー資料
2014年12月25日に開催された「MobileFirst Platform Foundation (旧 Worklight) 6.3 アップデート・セミナー」の資料です。
記事 2015/1/29
Node-RED と IBM Bluemix の Push サービスを利用してプッシュ通知を自動送信する
Node-RED と IBM Bluemix Push サービスを利用して、モバイル・プラットフォームにモバイル・プッシュ通知を自動的に送信できるようにするアプリケーションを作成してください。
チュートリアル 2015/1/29
WebSphere Application Server での改善された過負荷保護とワークロード優先順位付け
IBM WebSphere Application Server Network Deployment では、サーバーが過負荷状態にならないよう、Intelligent Management フィーチャーによって自動的にサーバーが保護されます。また、リソースに制約のある環境でミッション・クリティカルなアプリケーションが継続的にサービスを提供できるよう、オートノミック要求フロー・マネージャー (ARFM) を使用して、トラフィックを選択的に調整することもできます。V8.5.5.3 では、ノード・ベース ARFM と呼ばれる機能へと強化することで、現在は CPU やヒープの使用率の上昇にこれまでよりも迅速に対応できるようになるとともに、優先順位の高いワークロードをより明確に差別化できるようになっています。この記事では、ノード・ベース ARFM によって強化された機能である、CPU 過負荷保護と同時要求限度について解説し、ノード・ベース ARFM を構成してシステムのヘルスとワークロードの優先順位付けを確認する方法を説明します。
記事 2015/1/29
IBM Bluemix と DevOps Services を利用して Java アプリを開発、管理する
Lauren Schaefer が、IBM DevOps Services を利用してアジャイル Java 開発プロジェクトを計画、追跡、そして管理するのがいかに容易であるかを紹介します。
記事 2015/1/29
ドラッグ・アンド・ドロップ操作によって 10 分でモバイル・アプリを作成する
車を駐車した場所を覚えておけるようにする簡単なアプリケーションを作成してください。モバイル対応のアプリケーションを作成する上で役立つ IBM Bluemix の RapidApps サービスは、車を駐車した正確な場所を携帯電話にメモしておくアプリケーションを作成するにはとても適しています。アプリケーションを一度作成してしまえば、そのアプリケーションをクラウドにデプロイして、誰もが利用できるようにすることができます。
チュートリアル 2015/1/29
新卒関西人のWebSphere挑戦記: ③ ~サンプル・アプリケーションの実装~
連載の3回目である本稿では、Libertyプロファイルをアプリケーション・サーバーとして使用し、簡単なアプリケーションを開発します。ServletやJSP、CDIなどのJava EEの機能を使い、MVCモデルというプログラム・アーキテクチャに則った形で開発します。各技術要素についても解説を交えながら手順を進めますので、開発経験のない方もご覧いただける内容です。是非手元の環境で実践してみてください。※完成版のソースコードは.war形式で配布します。
記事 2015/1/23
クラウドをポケットに入れて持ち歩く: 第 1 回 サーバー・リストを管理する
SoftLayer の REST API を使用して SoftLayer インフラストラクチャー・サービスを作成、表示、管理するためのモバイル・アプリケーションを作成してください。この全 2 回からなる連載の第 1 回では、モバイル端末に SoftLayer クラウド・サーバーに関する情報を表示する上で必要となるデータを調整する方法を学びます。
チュートリアル 2015/1/22
クラウドをポケットに入れて持ち歩く: 第 2 回 仮想マシンをオーダーして構成する
SoftLayer の REST API を使用して SoftLayer インフラストラクチャー・サービスを作成、表示、管理するためのモバイル・アプリケーションを作成してください。この全 2 回からなる連載の第 2 回では、モバイル端末でサーバーをオーダーして構成する方法を学びます。
チュートリアル 2015/1/22
Bluemix の Time Series Database サービスを利用してホーム・モニタリング・データを処理する
Bluemix 上で Time Series Database サービスを利用して、データの作成、保管、分析を行う方法を学んでください。
記事 2015/1/22
POWER8 と Intel x86 を使用したハイブリッド OpenStack 環境を構築する
IBM Bluemix は、Cloud Foundry オープンソース・プロジェクトをベースとした PaaS (Platform as a Service) オファリングです。Cloud Foundry オープンソース・プロジェクトは、クラウド・アプリケーションへ容易に組み込めるエンタープライズ・レベルの機能とサービスを提供します。POWER8™ は IBM による最新のプロセッサーです。現在、POWER8 上では、Node.js、Ruby、Java プログラミング言語といった各種のランタイムで作成された Cloud Foundry アプリケーションを実行することができます。POWER8 システムと Intel x86 システムを使用したハイブリッド Cloud Foundry 環境を構築するには、ハイブリッド OpenStack 環境を作成することが最初のステップとなります。OpenStack は、IBM をはじめ、業界をリードする企業が推進している人気の高いオープンソース IaaS (Infrastructure as a Service) プロジェクトです。このチュートリアルでは、PowerKVM 上に OpenStack コンピュート・ノードをセットアップして、そのノードを Intel x86 を使用した OpenStack コントローラー・ノードに接続するプロセスを紹介します。さらにシリーズの今後のチュートリアルでは、BOSH 自動化を有効にして、このハイブリッド OpenStack 環境に Cloud Foundry DEA (Droplet Execution Agent) をデプロイする方法を説明します。
チュートリアル 2015/1/22
Bluemix と Twilio を利用してメッセージの送信や音声通話を行う
Twilio サービスを Bluemix 上のアプリケーションに追加することで、Web から携帯電話に対して音声通話を行ったり、SMS を送信したりしてください。Twilio は、標準的な Web 言語と Web API を使用して音声アプリケーション、SMS アプリケーション、VoIP アプリケーションを構築できるようにするクラウド・ベースのサービスです。
チュートリアル 2015/1/22

1 - 6583 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)