技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (209 製品)

    (526 トピック)

    (8 インダストリー)

    (4 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 6874 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
IBM PureApplication System の中で Docker を使用する: 第 3 回 Liberty Docker コンテナーと WebSphere DayTrader を使用してパターンを作成する
この全 3 回からなるチュートリアル・シリーズでは、IBM PureApplication System の中で Docker テクノロジーを使用する方法を説明します。最初の 2 回では、プライベート Docker レジストリーのセキュアにする方法、Docker イメージを拡張して仮想システム・パターンに追加する方法を説明しました。この第 3 回で説明する内容は、WebSphere DayTrader アプリケーションを組み込んだ Docker イメージを作成する方法です。イメージを作成した後、Liberty Docker コンテナー、DB2 ソフトウェア・コンポーネント、ELB (Elastic Load Balancer) 共有サービスを格納した仮想システム・パターンをアセンブルしてデプロイします。
チュートリアル 2016/6/23
次世代の JavaScript モジュールを利用するために jspm を使用する
jspm は、JavaScript によるクライアント・サイドの依存関係管理において、新しい境地を切り開くフレームワークです。このチュートリアルでは、jspm を使用することで、どのようにして次世代の JavaScript (ECMAScript 6) 言語の機能を今から利用することができるか、さらには jspm が npm や GitHub などのレジストリーを利用することで、どのようにしてモジュールを自動的に解決するかを説明し、jspm に組み込まれていて付加価値をもたらすツールについても見て行きます。
記事 2016/6/23
IBM PureApplication System の中で Docker を使用する: 第 2 回 パターンの中で使用する Docker イメージをカスタマイズし、Docker Compose テンプレートを扱う
この全 3 回からなるチュートリアル・シリーズでは、IBM PureApplication System の中で Docker テクノロジーを使用する方法を説明します。第 1 回では、プライベート Docker レジストリーのセキュリティーを設定し、Docker コンテナーを実行時に管理する方法を説明しました。第 2 回では IBM WebSphere Liberty Docker イメージを例に、イメージをカスタマイズして拡張し、そのイメージをパターンで使用する典型的なシナリオをデモします。また、WordPress アプリケーション用の Docker Compose テンプレートを開発し、そのテンプレートを IBM PureApplication System のパターンに変換する方法についても紹介します。
チュートリアル 2016/6/23
IBM PureApplication System の中で Docker を使用する: 第 1 回 プライベート Docker レジストリーのセキュリティーを設定して Docker コンテナーをデプロイする
この全 3 回からなるチュートリアル・シリーズでは、IBM PureApplication System の中で Docker テクノロジーを使用する方法を説明します。第 1 回で説明する内容は、プライベート Docker レジストリーの設定方法、HTTPS と基本認証を使用してレジストリーに対するセキュアなアクセスを可能にする方法、そして IBM PureApplication System において Docker パターンを使用する方法です。
チュートリアル 2016/6/23
Bluemix とハイブリッド・クラウド・テクノロジーで地球をより健康な人々が住む惑星にする: 第 1 回
この連載では、架空の国を例に、この国が直面している「医薬品が必要な人々に行き渡らない」という問題を取り上げ、この問題を解決して地球をより健康で賢明な人々が住む惑星にする上で、モバイル・テクノロジーやセキュリティー・テクノロジーと同様に、クラウド・ソリューション (IBM Bluemix) と予測アナリティクスがいかに役立ち得るかを紹介します。第 1 回では、解決すべき問題と全体的なソリューションを紹介します。
記事 2016/6/17
Bluemix とハイブリッド・クラウド・テクノロジーで地球をより健康な人々が住む惑星にする: 第 2 回
この連載では、架空の国を例に、この国が直面している「医薬品が必要な人々に行き渡らない」という問題を取り上げ、この問題を解決して地球をより健康で賢明な人々が住む惑星にする上で、モバイル・テクノロジーやセキュリティー・テクノロジーと同様に、クラウド・ソリューション (IBM Bluemix) と予測アナリティクスがいかに役立ち得るかを紹介します。第 2 回では、Bluemix の Predictive Analytics サービスを利用して予測モデルを作成する方法を紹介します。
記事 2016/6/17
Bluemix とハイブリッド・クラウド・テクノロジーで地球をより健康な人々が住む惑星にする: 第 3 回
この連載では、架空の国を例に、この国が直面している「医薬品が必要な人々に行き渡らない」という問題を取り上げ、この問題を解決して地球をより健康で賢明な人々が住む惑星にする上で、モバイル・テクノロジーやセキュリティー・テクノロジーと同様に、クラウド・ソリューション (IBM Bluemix) と予測アナリティクスがいかに役立ち得るかを紹介します。第 3 回では、バックエンド・オンプレミス・インベントリーおよび注文管理システムを Bluemix 上で統合する方法を紹介します。さらに、ジョブをスケジューリングして Bluemix の他のサービスを呼び出す方法についても説明します。
記事 2016/6/17
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウドに Java アプリケーションをマイグレーションする、パート 4
Secure Gateway サービスを利用して、Bluemix 内で実行される Java Platform, Enterprise Edition アプリケーションを、Bluemix の外部で実行されるリレーショナル・データベースに接続してください。
チュートリアル 2016/6/17
プロ・ゴルフとプロ・テニスのためのプレディクティブ・クラウド・コンピューティング: 第 1 回 紹介
ゴルフのメジャー・トーナメントやテニスのグランド・スラム・トーナメントでは、歴史的なスポーツ・イベントの情報をリアルタイムで提供しており、ファンはそのようにして提供されるコンテンツに夢中になっています。各トーナメントで提供されるコンテンツには、ストリーミング配信される動画、ゲームの統計情報、スコア、画像、試合日程、テキストが含まれます。このチュートリアルでは、プレディクティブ・クラウド・コンピューティング (PCC) によってトーナメントの人気を前もって予測することで、必要に応じて自動的に共有コンピューティング・リソースが割り当てられるようにする方法と、そうすることでスポーツ関連の顧客がコンピューターの処理を待つために費やす 1 日あたりの時間が大幅に節約されていることを説明し、さらにはスポーツ関連のビッグデータがインフラストラクチャーに与える影響についての重要な統計情報を提供します。
記事 2016/6/09
何が見えますか?視覚面でのアクセシビリティーに対応したコグニティブ・アプリ
Bluemix、Apache Cordova、IBM Watson の Visual Recognition サービスおよび Text to Speech サービスを利用して、視力に問題があるユーザーを対象にアクセシビリティーを実現するモバイル・アプリを迅速に作成し、実行する方法を学んでください。
記事 2016/6/09
プロ・ゴルフとプロ・テニスのためのプレディクティブ・クラウド・コンピューティング: 第 3 回 処理中のビッグデータ
ゴルフのメジャー・トーナメントやテニスのグランド・スラム・トーナメントでは、歴史的なスポーツ・イベントの情報をリアルタイムで提供しており、ファンはそのようにして提供されるコンテンツに夢中になっています。各トーナメントで提供されるコンテンツには、ストリーミング配信される動画、ゲームの統計情報、スコア、画像、試合日程、テキストが含まれます。このシリーズのこれまでのチュートリアルでは、プレディクティブ・クラウド・コンピューティング (PCC) によってトーナメントの人気を前もって予測することで、必要に応じて自動的に共有コンピューティング・リソースが割り当てられるようにする方法を説明するとともに、高可用 (HA) 環境にデプロイされている BigEngine アプリケーションの概要を説明しました。今回のチュートリアルでは、IBM がプロ・ゴルフ・トーナメントとプロ・テニス・トーナメントのプレゼンテーション用に導入したストリーミング・コンピューティング・アーキテクチャーの概要について説明します。具体的には、IBM InfoSphere Streams の使用法と、Java 言語でサポートされた SPL (Streams Processing Language) のカスタマイズについて説明します。また、Streams の要素の処理における UIMA PEAR ファイルの実装と、この実装によってスポーツ・ソーシャル・スコアボードのアノテーションを提供する方法についても説明します。チュートリアル全体を通して、いくつかの例と具体的なサンプル・コードが参考に示してあります。
記事 2016/6/09
プロ・ゴルフとプロ・テニスのためのプレディクティブ・クラウド・コンピューティング: 第 2 回Web アプリケーションの設計
ゴルフのメジャー・トーナメントやテニスのグランド・スラム・トーナメントでは、歴史的なスポーツ・イベントの情報をリアルタイムで提供しており、ファンはそのようにして提供されるコンテンツに夢中になっています。各トーナメントで提供されるコンテンツには、ストリーミング配信される動画、ゲームの統計情報、スコア、画像、試合日程、テキストが含まれます。このシリーズの第 1 回では、プレディクティブ・クラウド・コンピューティング (PCC) によってトーナメントの人気を前もって予測することで、必要に応じて自動的に共有コンピューティング・リソースが割り当てられるようにする方法を説明しました。今回のチュートリアルでは、高可用 (HA) 環境にデプロイされている BigEngine アプリケーションの概要を説明します。具体的には、Maven を使用したプロジェクトのパッケージ化とビルド、Quartz ジョブ・スケジューリングの実装を中心としたアーキテクチャーの決定、そして選択した API について説明します。さらに、IBM WebSphere Application Server Liberty Profile 上でどのように BigEngine がビルドおよびデプロイされているかについても説明します。このチュートリアル全体を通し、サンプル・コードのリストで具体的なプログラミングの例を説明します。
記事 2016/6/09
Notes 小ワザ集: 第20回 誕生日通知エージェント
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/6/08
IBM Blueworks Live ハンズオン
プロセスを描く、分析する、ウォークスルーするなど、IBM Blueworks Liveの代表的な機能をご紹介したハンズオンです。
記事 2016/6/08
Notes 小ワザ集: 第18回 クイックフラグ
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/6/08
Notes 小ワザ集: 第19回 ウィンドウタブの保存
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/6/08
Operational Decision Manager V8.8.0 開発ガイド ~前編~
IBM Operational Decision ManagerV8.8向けの開発ガイドの前編です。意思決定サービス、意思決定エンジンを利用した新しいルール開発手法について解説しています。ODM on Cloudの開発者も利用することが可能です。 以前より公開されているV8.5.1向けの開発ガイド(ODM アプリケーション開発ガイド: 前編と異なる部分を「開発ガイド差異概要」として別途表にまとめました。
記事 2016/6/08
developerWorks Premium の FAQ
 
記事 2016/6/08
どこで?なぜ?IBM PureApplicationの仮想マシン配置処理を明らかにする
IBM PureApplication System には、システム内の仮想マシン配置を管理するインテリジェントな配置エンジンが搭載され、CPUやメモリーの利用状況などの様々な要素を考えながら、可用性やライセンス利用状況を最適化しています。この記事では、配置エンジンの2つの層と、それらが最適化のゴールを達成するためにどのように動いているかについて、詳細に解説を行います。さらに、システム内で高可用性を構成するための選択肢について検討するとともに、PureApplication System、 PureApplication Software とPureApplication Service でどう仮想マシン配置の決定が異なるかについても解説します。
記事 2016/6/06
Minecraft とBluemix: 第 1 回 Docker 内で Minecraft サーバーを実行する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、Bluemix を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、Bluemix を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 1 回では、Minecraft および Docker の開発環境をローカルに構築するとともに、Minecraft 用のカスタム・サーバーを構築する上での Docker の強力さを確かめます。さらに、ローカルにホストされた独自のサーバー上で実際に Minecraft をプレイし始めます!
記事 2016/6/02
Minecraft とBluemix: 第 2 回 Docker と Eclipse を使って Minecraft 用のプラグインを作成する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、Bluemix を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成したプラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、Bluemix を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 2 回では、Eclipse でローカル開発環境を構築してから、独自のサーバー・サイド Minecraft プラグインを開発、作成して、そのプラグインをローカル Docker イメージにエクスポートします。
記事 2016/6/02
IBM WebSphere Liberty の Java Batch 機能を用いて、バッチ・ジョブを処理する複数サーバー環境をセットアップする
Java EE 7 のバッチ仕様 (JSR-352) は、大量のバッチ (非リアルタイム) データ・トランザクションを処理するフレームワークについて規定しています。IBM WebSphere Liberty はこの機能を実装した上で、1 つのバッチ環境で複数サーバーを構成できるよう運用的な機能拡張を提供しています。このチュートリアルでは、1 つのバッチ処理分散サーバーと複数のバッチ処理実行サーバーからなる柔軟なトポロジーの構成手順を説明します。この複数サーバー・トポロジーでは、単体サーバー構成と比べより多くの計算能力を提供することができますし、メッセージ・プロパティに応じて特定サーバーに処理をルーティングさせることもできます。
チュートリアル 2016/6/02
IBM が導く Web アプリケーション・ホスティング・クラウド・ソリューションの構築方法
意思決定者の間では、既存および新規の Web アプリケーション・ホスティング環境をサポートする手段としてクラウド・コンピューティングとクラウド・サービスへの関心が高まっています。この記事では、プライベート・クラウド、パブリック・クラウド、ハイブリッド・クラウドの各導入モデルを使用した Web アプリケーション・ホスティング環境を構築する上でのベスト・プラクティスと、そのアーキテクチャーで必要となる機能について説明します。その上で、業界標準に従ったクラウド Web アプリケーション・ホスティング環境を、IBM 製品がどのようにサポートするのか紹介します。
記事 2016/6/02
Minecraft とBluemix: 第 4 回 Bluemix 上で Minecraft に Watson を統合する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、Bluemix を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、Bluemix を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 4 回では、Bluemix の Watson コグニティブ・サービスを利用するプラグインで Spigot サーバーを拡張し、ゲーム・プレイに科学的な知識を少し加えます。
記事 2016/6/02
Minecraft とBluemix: 第 3 回 Spigot Minecraft サーバーを Bluemix にデプロイする
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、Bluemix を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、Bluemix を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。
記事 2016/6/02
IBM Connections Cloud 管理者ガイド
 
記事 2016/6/01
IBM Connections5.5 新機能ガイド
 
記事 2016/5/27
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - JSR-352 Batch Applications for Java Platform 編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - JSR-352 Batch Applications for Java Platform 編の資料です。
記事 2016/5/27
Linux の 101 試験対策: LPIC-1 のロードマップ
このロードマップを利用して、基本的な Linux タスクの習得および復習に役立つ IBM developerWorks のチュートリアルを見つけてください。プロフェッショナルの Linux システム管理者として認定されることを目指しているとしたら、このロードマップで紹介するチュートリアルは、Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験および 102 試験に備えるためにも役立ちます。このロードマップは、101 試験と 102 試験の 43 の項目に従って編成されています。LPIC-1 の認定を取得するには、この 2 つの試験に合格する必要があります。
記事 2016/5/26
スパムを識別する自然言語分類子を作成する
Watson Natural Language Classifier は、Bluemix 上の IBM Watson コグニティブ・サービス・プラットフォームの一部です。このチュートリアルでは、Bluemix 上で Watson Natural Language Classifier を利用して、スパム分類サービスを作成し、このサービスをトレーニングして、その精度をテストします。
記事 2016/5/26
Linux の 101 試験対策: システム・ファイルの検索と配置
Linux システムでのファイルシステム階層標準 (Filesystem Hierarchy Standard: FHS) に従った正しいファイルの配置場所について学び、重要なファイルとコマンドを検索する方法を覚えてください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単にファイルの編成および管理について調べるために利用することもできます。
記事 2016/5/26
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウド・モデルを採用する
私たちのチームは、組み立て可能なサービスによる手法を用いて、見積から請求までを行う営業用アプリケーション「Quote-to-Cash」を作成し、ハイブリッド・クラウドにデプロイしました。このハイブリッド・クラウドを構成しているのは、IBM Bluemix、IBM Bluemix Dedicated、IBM DB2 on Cloud、IBM FileNet Content Manager、そして API Management プラットフォームです。この記事では、ハイブリッド・クラウド・モデルを採用するメリットとそのためのアーキテクチャーについて概要を説明するとともに、私たちが営業用の Quote-to-Cash アプリケーションをデプロイするためにこのモデルを選んだ理由も説明します。
記事 2016/5/26
クラウド内で気象情報追跡アプリケーションを構築する: 第 1 回
モバイル・アプリや Web アプリケーションに気象情報を組み込む必要がある方は、このチュートリアルを参考にすれば、すべて事足ります。この全 2 回からなるチュートリアルの第 1 回では、オンライン・サービスから世界の都市の緯度と経度の座標を取得して保管するための、ベースとなるアプリケーションを作成する方法を紹介します。このアプリケーションを構築するために、本チュートリアルでは Silex PHP マイクロフレームワークを使用し、データを保管するためには MongoDB を使用し、ユーザー・インターフェースには jQuery Mobile を使用します。
記事 2016/5/19
IBM Cloudant と Dyn でマルチリージョン対応の Bluemix アプリケーションを構成して実行する
地理的なロード・バランシング、アクティブ・フェイルオーバー、マスター間データ・レプリケーションの機能を使用するように、マルチリージョン対応の Bluemix アプリケーションを構成して実行する方法を学んでください。
記事 2016/5/19
Bluemix の Node.js アプリケーション用に多要素認証を構成する
パスワードは完全なセキュリティー・ソリューションではありません。パスワードは盗まれることもあれば、共有されることもあります。このチュートリアルでは、2 つ目の認証要素として e-メールによって提供されるランダムな文字列を使用する方法を説明します。さらに、2 つ目の認証要素を要求するのが妥当かどうかを判断するためにアプリケーションが使用する、リスク分析のいくつかの方法についても取り上げます。
記事 2016/5/19
クラウド内で気象情報追跡アプリケーションを構築する: 第 2 回
モバイル・アプリや Web アプリケーションに気象データを組み込もうとしている方のために、この全 2 回からなるチュートリアルの第 2 回では、IBM の新しい Insights for Weather サービスを紹介します。さらに最大 5 つまで世界の都市の気象情報を追跡するよう、第 1 回で作成した、ベースとなる PHP アプリケーションを更新する方法、そして完成したアプリケーションを IBM Bluemix 上でホストする方法を取り上げます。
記事 2016/5/19
Notes 小ワザ集: 第17回 書きかけのメールがクラッシュ後に復活-自動保存-
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/5/17
Notes 小ワザ集: 第16回 関連するメールをスレッド形式で表示する
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/5/17
Notes 小ワザ集: 第15回 多数の文書リンクを1度にコピーする(表形式でコピー)
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/5/17
Bluemix 上で Cloudant NoSQL DB サービスと IBM Push Notifications サービスを利用して Android アプリを作成する
IBM Bluemix 上で Cloudant NoSQL DB サービスを利用して Android アプリを作成してください。このシリーズでは、それぞれの回で新しいサービスを紹介しながら少しずつアプリを作成していきます。今回のチュートリアルには、デモ、サンプル・コード、そして BlueList Android アプリを作成するための完全な手順が含まれています。これまでに学んだことを活かして、Cloudant NoSQL DB サービス、IBM Push Notifications サービス、Node.js によるサービスを皆さん独自のアプリに統合することができます。
記事 2016/5/12
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムの整合性の維持
Linux ファイルシステムの整合性をチェックする方法、空きスペースを監視する方法、そしてファイルシステムでの単純な問題を修復する方法を学んでください。Linux のシステム管理者として認定するための LPI (Linux Professional Institute) 101 試験に備えて勉強するために、そしてシステムが損傷した後や電源断が発生した後は言うまでもなく、単にファイルシステムをチェックして、良好な状態に保つために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2016/5/12
Apache Libcloud を使って Bluemix に関するセキュリティーの洞察を得る
IBM Bluemix は、オープンソース PaaS (Platform as a Service) である Cloud Foundry をベースとした、IBM のオープン・クラウド・アーキテクチャーの実装です。開発者は IBM Bluemix を利用することで、クラウドを迅速にビルドしてデプロイし、管理することができるほか、(IBM Virtual Machines (ベータ版) のおかげで) 仮想マシン (VM) を作成することもできます。IBM Virtual Machines は、IBM Bluemix に用意されているランタイム・インフラストラクチャーの 1 つで、このランタイム・インフラストラクチャーを利用すると、ホストされたクラウド環境でアプリケーションを構築、実行、管理、監視することができます。まだ Bluemix にサインアップしていない方は、このリンク先から Bluemix にサインアップすることができます。
記事 2016/5/12
Bluemix 上で IBM Push Notifications サービスを利用して Android アプリを拡張する
IBM Bluemix 上で利用可能な IBM Push Notifications サービス、Node.js によるサービスを利用して Android アプリを作成してください。今回のチュートリアルには、サンプル・コードと、BlueList Android アプリを作成するための完全な手順が含まれています。
記事 2016/5/12
IBM Connections Cloud 試用環境登録ガイド
 
記事 2016/5/10
Notes 小ワザ集: 第12回 カレンダー・クリーンアップ 
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/4/28
Notes 小ワザ集: 第14回 受信確認インジケーターの作成 
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/4/28
Notes 小ワザ集: 第13回 OSのデフォルト設定のWebブラウザーを使う
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/4/28
Docker と Bluemix を使用して golang アプリをコンテナー化する
Docker、Bluemix、Object Storage を使用して、Go プログラミング言語で作成されてコンテナー化されたアプリケーションをビルドしてデプロイしてください。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムのマウント、アンマウントの制御
Linux ファイルシステムをマウントする方法、USB や IEE 1394 などのリムーバブル・デバイスを構成して使用する方法、そしてフロッピーディスク、CD、DVD に正しくアクセスする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単に Linux ファイルシステムにアクセスする方法を学ぶために利用することもできます。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ディスク・クォータの管理
個々のユーザーが許容されている容量以上のスペースを使用することや、ファイルシステム全体が思いがけずフルになることがないように、Linux ファイルシステムにディスク・クォータを設定してチェックする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、クォータについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/28
Docker: 今どきの開発者への朗報
Docker を使用することで、より生産的にコーディングを行い、より効率的にスキルを高めてください。コンテナー化されたアプリケーションを扱うことで、開発環境を整えて、依存関係の競合を取り除き、開発および学習にかかる時間を削減してください。
記事 2016/4/28
IBM Notes/Domino カンタン移行判定ツール
『カンタン移行判定ツール』はIBM Notes/Dominoアプリケーションの設計情報を分析することにより、テンプレートの置換で移行が可能かどうか判定します。
記事 2016/4/26
Linux の 101 試験対策: パーティションおよびファイルシステムの作成
ディスク・ドライブにパーティションを作成する方法、そしてパーティションをフォーマットして、Linux システムでスワップ領域またはデータ領域として使用する方法を学んでください。Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えて勉強するためや、単にパーティションと Linux ファイルシステムについて学んで自分で使用するために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: ファイルのパーミッションと所有権の管理
Linux ファイルシステムでのファイルの所有権とパーミッションを管理する方法を学んでください。このチュートリアルでは、suid、sgid、スティッキー・ビットなどのアクセス・モードについて解説し、これらの機能を使用してセキュリティーを強化する方法を説明します。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ファイルの所有権、パーミッション、セキュリティーについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: ハード・リンクとシンボリック・リンクの作成および変更
Linux システム上でファイルのハード・リンクとシンボリック・リンクを作成し、管理する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ハード・リンクとソフト・リンク (別名、シンボリック・リンク) の違いを探り、ファイルをコピーする代わりに、ファイルへのリンクを張る最善の方法を調べるためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
WAS for Bluemix構成ガイド
この資料は Bluemix上で稼動するWASであるWAS for Bluemixを初めて利用する人を対象に基本的な情報をまとめたものです。 資料の内容は、2016年3月時点でのWAS for Bluemix (V8.5.5.8)を前提にしています。
記事 2016/4/20
WebSphere Application Server V8.5 Fix 適用手順書
WebSphere Application Server V8.5 に Fix Packを適用する手順をご紹介します。
記事 2016/4/15
BPM事例シリーズ: 第2回:サプライチェーンの効率化
決して新しくはないけれど、あまり日本では浸透していないBPM。でもBPMは「自社がどうビジネスを行っているか」を把握する、いわばビジネスの基礎体力です。BPMへの取り組みは、ビジネス環境の変化や新しいテクノロジーに対応できる組織力の向上につながります。 本連載ではBPMの事例をベースに、どのようなビジネス課題をBPMで解決できるのかを紹介していきます。第2回は、サプライチェーンの効率化に向けた業務設計とシステム連携をBPMで実施した事例をご紹介します。
記事 2016/4/15
Bluemix と Business Rules サービスを利用するように IBM ODM アプリケーションを多様化する: 第 2 回
このシリーズの第 2 回では、IBM Bluemix 上の Business Rules サービスも利用するように既存のオンプレミス IBM Operational Decision Management (ODM) アプリケーションを多様化することにした場合に、トレースとパフォーマンスを構成する方法を紹介します。
記事 2016/4/14
Linux の 101 試験対策: シェル環境のカスタマイズと使用
Linux シェル環境をカスタマイズして、単純な bash 関数を作成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 102 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2016/4/14
Bluemix と Business Rules サービスを利用するように IBM ODM アプリケーションを多様化する: 第 1 回
IBM Bluemix 上の Business Rules サービスは、ビジネス・ロジックをアプリケーション・ロジックから切り離し、Bluemix 上で意思決定の管理を行えるようにする機能を提供することで、コードの変更を最小限にします。このチュートリアルでは、このサービスの簡単な概要を紹介するとともに、既存のオンプレミス IBM Operational Decision Management (ODM) アプリケーションを多様化して、Business Rules サービスも利用する方法についての詳細を取り上げます。
記事 2016/4/14
IBM POWER8 と x86 に Red Hat Enterprise Linux 7.2 をベア・メタル・モードでインストールする: 比較
この記事は、IBM POWER8 プロセッサー・ベースのシステムに Red Hat Enterprise Linux をベア・メタル・モードでインストールする必要がある管理者に役立つ記事として、x86 システムへのインストール・プロセスとの比較を行います。
記事 2016/4/07
考え方を変えてクラウドの能力を最大限に引き出す: 第 2 回 クラウド・ソリューションを機能させる
クラウド・コンピューティングには計り知れない可能性があることは広く認められているものの、実際に期待通りの結果をフルに実現しているクラウド・プロジェクトはほんのわずかしかありません。ほとんどの場合、その原因は、クラウドについての理解が足りず、クラウドによって技術関連のコストを削減できる仕組みを把握していないことにあります。この全 3 回からなるシリーズでは、アプリケーションの設計プロセス、開発プロセス、そして IT 管理プロセスといった分野でベスト・プラクティスを採用することでクラウドがもたらすメリットを最大限にすることが可能な IT ソリューションを作成するために必要な事項に焦点を当てます。第 1 回では、クラウド・ソリューションが従来の Web アプリケーションとはどのように異なるかを探りました。今回の記事では、真のアジャイル開発と、本番への機能の継続的デリバリーをともに促進する、クラウド対応ソフトウェアの特徴を取り上げます。
記事 2016/4/07
考え方を変えてクラウドの能力を最大限に引き出す: 第 3 回 経験から学んだ教訓、トップ 11
クラウド・コンピューティングには計り知れない可能性があることは広く認められているものの、実際に期待通りの結果をフルに実現しているクラウド・プロジェクトはほんのわずかしかありません。ほとんどの場合、その原因は、クラウドについての理解が足りず、クラウドによって技術関連のコストを削減できる仕組みを把握していないことにあります。この全 3 回からなるシリーズでは、アプリケーションの設計プロセス、開発プロセス、そして IT 管理プロセスといった分野でベスト・プラクティスを採用することでクラウドがもたらすメリットを最大限にすることが可能な IT ソリューションを作成するために必要な事項に焦点を当てます。第 1 回では、クラウド・ソリューションが従来の Web アプリケーションとはどのように異なるかを探りました。第 2 回では、クラウド対応アプリケーションが真のアジャイル開発をどのように促進するかを探りました。この最終回の記事では、IBM で進められた実際の開発プロジェクトで学んだ教訓に基づき、クラウドの潜在能力をフル活用できるように開発プロセスを適応させる方法を紹介します。
記事 2016/4/07
考え方を変えてクラウドの能力を最大限に引き出す: 第 1 回 クラウド・ソリューションと従来の Web アプリとの比較
クラウド・コンピューティングには計り知れない可能性があることは広く認められているものの、実際に期待通りの結果をフルに実現しているクラウド・プロジェクトはほんのわずかしかありません。ほとんどの場合、その原因は、クラウドについての理解が足りず、クラウドによって技術関連のコストを削減できる仕組みを把握していないことにあります。この全 3 回からなるシリーズでは、アプリケーションの設計プロセス、開発プロセス、そして IT 管理プロセスといった分野でベスト・プラクティスを採用することでクラウドがもたらすメリットを最大限にすることが可能な IT ソリューションを作成するために必要な事項に焦点を当てます。第 1 回では、クラウド・ソリューションが従来の Web アプリケーションとはどのように異なるかを見ていきます。
記事 2016/4/07
DB2 on Cloud 上でシャドー表を構築してみた
当記事は DB2 のクラウド製品の DB2 on Cloud にシャドー表を構築します。今回は DB2 on Cloud へ導入する方法をお話いたしますが、オンプレミス版にも同様の手順でシャドー表の構築が可能です。
記事 2016/4/06
モノのインターネット (IoT) を導入する
モノのインターネット (IoT) の時代が到来しました。今や、センサー対応のスマート端末をはじめ、多種多様な機器がインターネットに接続しており、これらの機器は同じくインターネットに接続された新しいアプリケーションやソリューションで利用されています。モノのインターネットは、テクノロジー・コストの大幅な低下や、さまざまな形態での接続が普及するなど、複数の要因が重なったことで、急激に私たちの日常生活に入り込むようになっています。この記事では、モノのインターネット (IoT) の重要な概念を探り、IoT ソリューションを構築する際の 4 つの主なステップを説明します。
記事 2016/3/31
リアルタイム・データ・ストリームにおいて複合イベントを検出する
Streaming Analytics サービスを利用する Bluemix スターター・アプリと、リアルタイム・データ・ストリームから複合イベントを検出する IBM Streams アプリケーションを入手して、実行し、拡張してください。
記事 2016/3/31
まさにお買い得な developerWorks Premium でクラウド・プロジェクトを活性化してください
この新しい developerWorks Premium メンバーシップ・プログラムに多少の投資をするだけで、時間と (もちろん) お金の点で、非常に大きなメリットを得ることができます。具体的には、クラウド・プロジェクトをサポートする強力なツールを利用できることや、スキルを構築するのに役立つ学習リソースの宝庫にアクセスすること、業界でネットワークを広げて強化できるイベントの割引を受けること、認定試験を無料で受けられること、その他さまざまなものが挙げられます。
記事 2016/3/31
Notes 小ワザ集: 第9回 送信/転送インジケーター
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/3/30
Notes 小ワザ集: 第11回 受信確認のブロック
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/3/30
Notes 小ワザ集: 第10回 受信ボックスをカンタン整理 その6 -未読のみ表示-
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/3/30
IBM Data Server Manager 利用ガイド
当資料では、Date Sever Manager (以降、DSM) の導入や利用を検討されている方を対象に、DSM の概要および基本的な運用、インフラ管理のポイントを解説したものです。Data Server Manager を利用される際に、是非お役立てください。
記事 2016/3/30
Docker コンテナーを使用して迅速にモノのインターネット・アプリケーションを開発する
無線モジュール、センサー、マイクロコントローラーがコモディティー化されて入手しやすくなったこともあって、モノのインターネット (IoT) の急速な成長が進んでいます。しかし、IoT は機器の製造業者にとってだけのビッグ・ニュースではありません。相互に接続された機器の数が増えるにつれ、これらの機器とインターフェースを取って、機器から生成される膨大な量のデータを処理するアプリケーションの需要も高くなってきています。この高まる需要に対応するには、Web およびモバイル・アプリケーションの開発者は、IoT を対象とした開発をスタートさせて、現在の開発プラクティスをこの新しいアプリケーション領域の課題に対処するように適応させていかなければなりません。そのような開発プラクティスの 1 つが、コンテナーを使用する方法です。コンテナーは、仮想化を実現するための軽量の手法であり、開発者はコンテナーを広範に適用することで、IoT アプリケーションの開発、テスト、デプロイ、更新を迅速に行えるようになります。
記事 2016/3/24
携帯電話を IoT デバイスに変身させる
携帯電話をセンサー・デバイスに変身させ、センサー・データをクラウド内の IBM Internet of Things (IoT) サーバーに送信し、データを処理して視覚化する Bluemix アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、Internet of Things サービスと Node-RED サービスを利用する Android アプリと 2 つの Bluemix アプリを作成します。
記事 2016/3/24
BPM事例シリーズ: 第1回:BPM入門
決して新しくはないけれど、あまり日本では浸透していないBPM。でもBPMは「自社がどうビジネスを行っているか」を把握する、いわばビジネスの基礎体力です。BPMへの取り組みは、ビジネス環境の変化や新しいテクノロジーに対応できる組織力の向上につながります。 本連載ではBPMの事例をベースに、どのようなビジネス課題をBPMで解決できるのかを紹介していきます。第1回目は、そもそもBPMとは何なのか、BPMに取り組むと何がよいのかをご紹介します。
記事 2016/3/24
IBM MQ Appliance V8セミナー
当資料は2015年11月25日に実施しましたMQ Applianceセミナーの資料です。
記事 2016/3/24
developerWorks Premium とメリー・ポピンズの魔法のカーペット・バッグ
500 タイトルを超える書籍を揃えたオンライン Safari ライブラリーから GitHub の Micro プランまで、そしてその他にも多くの特典がある developerWorks Premium は、皆さんにとって価値あるメンバーシップ・プログラムです。
記事 2016/3/24
PHP、MongoDB、IBM Bluemix を使ってメモ帳アプリケーションを作成する
この記事では、PHP、MongoDB、Bootstrap を使用して Web ベースのメモ帳アプリケーションを作成し、IBM Bluemix を利用してビルド、デプロイする方法を紹介します。このメモ帳アプリケーションでは、高速かつスケーラブルなドキュメント・ストレージとして MongoDB を使用し、アプリケーションのビジネス・ロジック用に Slim PHP マイクロフレームワークを使用し、応答性に優れたモバイル・フレンドリーなユーザー・インターフェースには Bootstrap を使用します。
記事 2016/3/24
Bluemix の基礎: サンプル Java アプリをクラウドにデプロイする
Java 開発者として使い慣れている言語とツールを使用して、クラウドでの開発を始めてください。このチュートリアルでは、Java 言語と IBM Bluemix Tools for Eclipse を使用して、単純な Web アプリを実行、変更、テスト、そしてクラウドにデプロイする方法を紹介します。IBM のクラウド開発プラットフォームである Bluemix にアプリをデプロイすれば、インターネットで誰もがアプリにアクセスできるようになります。
記事 2016/3/17
IoT アプリでのコグニティブ・コンピューティングの開発を迅速に行う
この記事では、新たに発表されたIBM Watson IoT Platform のコグニティブ機能について説明した後、これらの新しい機能で実現可能なことを示す実際の顧客の例を詳しく見て行きます。
記事 2016/3/17
Java 開発者、Web 開発者、およびオープンソース開発者のための developerWorks Premium
developerWorks に最近デビューした developerWorks Premium 開発者メンバーシップ・プログラムは、皆さんの関心領域や専門家レベルがどうであろうとも、すべての開発者に対し、価値あるものを多少なりとも提供します。広範にわたる Safari デジタル・ライブラリー、カンファレンスの再生動画と割引、そして皆さんが選択するその他の特典を念頭におけば、developerWorks Premium がその価格に見合ったものであることが確信されます。
記事 2016/3/17
IBM Connections Cloud ユーザー向け利用ガイド
 
記事 2016/3/16
SAML 認証のための ADFS - IBM Connections Cloud 設定手順書
当ドキュメントは IBM Connections Cloud (旧名SmarterCloud for SocialBusiness) と Active Directory Federation Server の SAML 連携設定における、ADFS 側の設定手順および IBM Connections Cloud 側の設定手順について記載します。
記事 2016/3/16
IoT デバイスから GPS データを取得して使用する PHP アプリを作成する
IoT アプリを作成しようとする PHP 開発者にとって、作業に取り掛かるのは困難な場合があります。このチュートリアルでは、ネットワーク接続されたデバイスから Internet of Things Foundation サービスに送信される位置情報データをサブスクライブする IBM Bluemix IoT アプリを、PHP を使用して作成するプロセスをステップバイステップで紹介することで、読者の皆さんが作業に取り掛かる手助けをします。このアプリは、Google Maps API を使用することで、その位置情報データを地図の画像に反映させます。
記事 2016/3/10
Notes 小ワザ集: 第8回 不在通知の活用
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/3/08
Notes 小ワザ集: 第6回 ミニビュー
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/3/08
Notes 小ワザ集: 第7回 カレンダー・エントリーをフィルタリング表示する
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2016/3/08
DB2 Express-C 10.5 for Windows クイックインストール
このドキュメントでは 無料で使えるDB2 Express-C 10.5 for Windows をインストールする方法をご紹介します。
記事 2016/3/03
コグニティブ・コンピューティングで楽しむ
IBM Watson Speech to Text サービスを利用して人間の音声をテキストに変換する、speech-to-text-nodejs サンプル・アプリケーションに変更を加えてください。その後、Speech to Text サービスによって作成されたテキストから関係を抽出するために、AlchemyAPI の関係抽出サービスを利用してください。そのかたわらで作成するゲームでは、音声コマンドをリッスンし、これらのコマンドを使用して、ゲームのメイン・キャラクターである Melvin を制御します。
記事 2016/3/03
Meteor ベースの Web およびモバイルのチャット・サーバーをデプロイする
皆さんの開発チームや家族/友人向けに、フル・コントロールできるプライベート・グループ・チャット・サーバーを Bluemix 上でホストしてください。その傍らで、developerWorks Premium メンバーシップを利用することで、クラウド・サービスのデプロイメントを順調に始められるようになることを理解してください。
記事 2016/3/03
developerWorks Premium: 開発者への理想的なギフト
毎年、年末近くになると、大勢の人々が自分の愛する人のためにギフトを買うのに忙しくなります。特に家庭用電化製品の小売店では大々的なプロモーションとセールが繰り広げられていて、50% 以上オフになっている商品が見つかることも珍しくありません。けれども、それよりもさらにお買い得なギフトがあります。皆さんも自分自身 (そして自分のキャリア) へのご褒美として、IBM developerWorks Premium にサインアップしてはいかがでしょう?この記事では、developerWorks Premium メンバーシップ・プログラムで提供される特典と、このプログラムに高い価値がある理由について説明します。
記事 2016/3/03
Bluemix および dashDB との間でセキュアなネットワーク・データ転送を実現するために SSL を使用する
Java アプリケーション、.Net アプリケーション、Windows ODBC/CLI アプリケーションでのデータベース接続をセキュアにするために、Bluemix dashDB の SSL サポートを利用してください。
記事 2016/3/03
Notes 小ワザ集: 第192回 受信ボックス上でのメッセージ冒頭部分を表示する
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。
記事 2016/2/26
セキュリティー・アラートを IBM DevOps Services の Track & Plan で管理する
Track & Plan は、主にアプリケーション開発を行っているときに使用されますが、アプリケーションが攻撃にさらされていることを管理者に通知するために使用することもできます。このチュートリアルでは、そのためのコーディング方法について説明します。
記事 2016/2/25
IBM Bluemix を利用して、クラウド内で投資追跡アプリケーションを作成してデプロイする: 第 1 回
この全 2 回からなる連載の第 1 回では、オープン API を使用して金融データに接続し、必要なデータを取得する方法を紹介します。モバイル対応のインターフェース・フレームワークを使用することで、アプリケーションはデスクトップ・コンピューター上でもモバイル端末上でも同じように有効に機能するようになります。さらにアプリケーションを IBM Bluemix 上にホストすることで、信頼性とスケーラビリティーが確保されます。
記事 2016/2/25
Bluemix 上で実行される Node.js アプリの法的レポートの収集を自動化する
新しいソフトウェア・バージョンをリリースする前に、開発者やリリース・マネージャーは、そのソフトウェアに含まれるライブラリーが営利目的で使用できることを確認しなければなりません。Node.js アプリケーションを作成する場合、使用する数多くの外部ライブラリーのライセンス条項がそれぞれに異なる可能性がありますが、それらのすべてに関する情報を収集するのは、時間のかかる厄介な作業になりかねません。この記事では、こうした作業の一部を自動化して、プロジェクトで使用しているすべての依存関係のリストを生成する方法を説明します。このリストには、各依存関係に適用されるライセンスと、それらの依存関係ライブラリーを入手できる Web サイトまたはリポジトリーの情報が記載されます。
記事 2016/2/25
IBM Bluemix を利用して、クラウド内で投資追跡アプリケーションを作成してデプロイする: 第 2 回
この全 2 回からなる連載の第 2 回では、第 1 回で開発した PHP アプリケーションの中で金融データを使用して、投資ポートフォリオを正確かつ即座に評価する方法を紹介します。
記事 2016/2/25
Linux の 101 試験対策: ハードウェア設定の構成
コンピューター・ハードウェアを Linux 用にセットアップする方法と、ハードウェアに関する情報を Linux のコマンドとツールで調べる方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPIC-1 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2016/2/18
インメモリー・スピードの Aerospike でビッグデータ・アナリティクスの需要に対応する
最近では、個人のユーザーや企業が抱く多様な期待に応えるために、ハイパフォーマンスかつエンタープライズ・クラスのリアルタイム・ワークロードを、クラウド環境でホストする風潮が高まっています。「瞬時に」検知して応答しなければならないビッグデータ・アプリケーションやコンテキスト駆動型アプリケーションに対し、以前のコストのほんの一部でインメモリー・データベースならではのパフォーマンスを提供するのが、Aerospike です。このキー・バリュー型ストアの Aerospike は、オープンソースのリアルタイム NoSQL データベースとして世界規模のスケーラビリティーを備えており、その動作にはエンタープライズ・グレードの信頼性があります。クラウドはやがて、採算が合うと同時に、プロセス・インテンシブなアプリケーションやデータ・インテンシブなアプリケーションを提供できる環境になる運命にあります。この記事では、IBM SoftLayer クラウド上の Aerospike プラットフォームがビッグデータ・アナリティクスをはじめとする要求の厳しいアプリケーションを根本から変える仕組みを紹介します。
チュートリアル 2016/2/18

1 - 6874 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)