XML とデータ圧縮

データ圧縮を使用して、XML 情報を最適化する

  1. データ圧縮の基礎を学ぶ
    データ圧縮の基礎から始め、それを XML データとアプリケーションに適用する方法を検討します。
    読む: データ圧縮入門: データ表現の理論と戦略
     
  2. XML へデータ圧縮技術を適用する
    XML ドキュメントを圧縮するいくつかの方法を探り、XML とその特殊な構造の利点や長所を考えてみましょう。
    読む: XMLの論考: 第13回 XMLと圧縮
    ダウンロード: XML におけるシェークスピアの全戯曲
    読む: ヒント: 効率的な伝送のためにXMLファイルを圧縮する
    読む: テラバイトの XML データを使いこなす (英語)
     
  3. 別の圧縮ツールを考慮する
    数学とデータ圧縮技術を論じるアルゴリズムの入門的説明を用いて、データ圧縮の基本タイプの入門から始まります。独自のアプリケーション用の圧縮ツールのタイプと技術を評価します。
    読む: 最先端の XML 圧縮手法の調査
    読む: UTF-8 での XML ドキュメントのエンコード
    読む: ヒント: 外部アプリケーションから直接 XML を介して Gnumeric スプレッドシートからのデータの読み取り (英語)
    読む: pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 1 回 DB2 pureXML による JSON の保管とクエリー
     
  4. 製品固有のヒントを研究することにより、データ圧縮と XML をさらに詳しく学ぶ
    さて、XML とデータ圧縮をしっかり理解したところで、いくつかの製品固有のベスト・プラクティスを理解することができます。エンタープライズ・アプリケーションで XML を管理する際に高性能を実現し、効果的にビジネス上の問題を解決するために、IBM DB2 pureXML を使用するための原則とガイドラインを理解します(他のタイプの XML アプリケーションに簡単に適用するための実世界での例を説明します)。
    読む: ベスト・プラクティス: XML データを管理する (英語)
     
  5. より大きな枠組みの中の新たな情報: XML および関連技術認定を得る
    ソフトウェアのシステム・アーキテクチャーとパフォーマンスの要件は、XML 技術がアプリケーションのニーズに最も適しているという決断に影響を与えます。システム設計のいつ、どこで XML を使用し、どのようにデータ圧縮を適用するかを識別する方法を学びます。また、この5回シリーズの最初のチュートリアルで、IBM認定試験 142 や関連技術の認定への準備をします。
    読む: XML および関連技術認定の準備をする: 第1回 アーキテクチャー
     
  6. 次のステップ
    議論する: developerWorks の XML 技術フォーラム (英語)
    読む: developerWorks の XML ゾーン
    聞く: XML 入門: XML データの管理 (オンデマンド・スキル・セッション、英語)
    読む: その他の developerWorks Knowledge path
     

この Knowledge Path について

XML のすべての良い点 — あえて2つ挙げるとすれば柔軟性と適応性 ― それは詳細なメタ言語であることです。かなりのサイズの XML ファイルは、特に Web サービスにファイルを送信する場合にデータへのアクセスや効率的な交換に対して障害となります。データ圧縮は、XML の最適化において重要な役割を果たしています。この Knowledge path では、データ圧縮の理論的/実践的な詳細の両方を紹介します。またこの Knowledge path は、XML およびアプリケーション開発に慣れていない人のために設計されています。

このコンテンツでのアクティビティー

関連リンク