Eclipse でのオープンソース開発: 基礎をマスターする

Java 開発環境を使用する

  1. Eclipse プラットフォームについて学ぶ
    Eclipse は、統合開発環境(IDE)を超えています。それは、あらゆる種類のアプリケーションを開発するために使用することが出来るプラグイン可能なプラットフォームです。Eclipse の背後にある概念の詳細を学びましょう。
    読む: Eclipse Platform 入門
     
  2. Eclipse をインストールし、使用する
    Java 開発プラットフォームとして Eclipse をインストールし、作業を開始しましょう。
    ダウンロード: Eclipse (英語: 最新版を入手し、いくつかの過去のバージョンを見つける)
    読む: Eclipse のインストール (英語)
    見る: Eclipse 開発プラットフォーム: イントロダクション、ダウンロードとインストール (英語)
    演習: Eclipseワークベンチを使用する (英語)
    演習: 全くの初心者のための Eclipse と Java (英語)
    読む: Eclipse V3.4 をマスターする: 第 1 回 Eclipse IDE ワークベンチ
    読む: Eclipse V3.4 をマスターする: 第 2 回 JDT
    読む: Eclipse V3.4 をマスターする: 第 3 回 JDT テキスト・エディターのヒントと秘訣
    演習: Eclipse Ganymede をデスクトップ、Web、およびモバイル・デバイス向けの開発に使用する: 第1回 リッチ・クライアント・プラットフォーム向けの開発、Ganymede の方法(デスクトップ・アプリケーション) (英語)
     
  3. 他の環境から Eclipse へ移行する
    もし既に別の開発環境でのバックグラウンドを持っている場合、Eclipse を使い始めるために必要な物の多くを既に知っているかもしれません。ここには、他の環境から移行するのに役立ついくつかのガイドがあります。
    読む: Visual Studio ユーザーのための Eclipse 入門
     
  4. Eclipse でのデバッグ
    ソフトウェアは、脳からコンピューターにその方法を作るように、ほとんど完璧には動作していないように見えます。Eclipse でのデバッグ手法について詳しく学びましょう。
    読む: Eclipse Platformを使ってデバッグする
    読む: Eclipse を使ってリモートで Java アプリケーションをデバッグする
    演習: Eclipse で Java のデバッグをする (チュートリアル、英語)
    演習: Eclipse と Java: デバッガーの使用 (英語)
     
  5. 他のツールと Eclipse を組み合わせる
    開発においては、使用環境やデプロイメントの要望あるいはその他のビジネス・ニーズのために、しばしば外部ツールを使用して仕事をしなければなりません。ここでは、いくつかの一般的な外部ツールと一緒に Eclipse を使用する情報を得ます。
    演習: Eclipse で Ant を容易にする (英語)
    読む: Eclipse で Subversion を使う
     
  6. 次のステップ
    議論する: オープンソース・ソフトウェアでの Web サイト開発フォーラム (英語)
    議論する: eclipse.org フォーラム (英語)
    読む: その他の developerWorks Knowledge path
     

この Knowledge Path について

拡張可能なオープンソース開発プラットフォームである Eclipse の基礎を学び、使い始めましょう。

このコンテンツでのアクティビティー

関連リンク