Java アプリケーションのためのアクター並行処理

Java プラットフォームでアクターを使用する

  1. アクターとアクター・モデル
    演劇の世界では、すべてが俳優であるということをおそらく聞いたことがあると思います。しかし、それは役者が何であるか、あるいは何をするかを教えてくれてはいません。いくつかの基本的な定義から始めた後、発明者の Carl Hewitt 氏がアクターを概念化する方法を説明するのをご覧いただきます。
    読む: アクターとは何か
    読む: アクター・パラダイム
    見る: アクター・モデル (英語)
     
  2. なぜアクターの並行処理か?
    この Knowledge path をお客様がご利用になることで得たチャンスは、従来の Java の並行処理が持ついくつかの種類の壁に当たってしまったことです。それはスケールの問題なのか(共有状態システムは、複数のコアにうまく動作しません)、あるいは、複雑性(ダブル・チェックされたロックを Java locksmiths がデバックするのにどれだけかかるのか?)、アクターの並行処理は、並行プログラミングのためのいくつかの刺激的な選択肢を実施際に提供しています。
    読む: 共有状態の並行処理の制限 (英語)
    見る: アクター・モデル:より良い Java の並行処理に向けて (英語)
    聴く: Java の並行処理 (英語)
     
  3. アクターで何ができるか?
    アクターを理解する最良の方法は、それらを使ってみることです。そして、ここにインセンティブをたくさん見つけることができます。一般的なオブジェクト指向のパターンをアップグレードするとか、関数型プログラミングの効率性を探求したいとかにかかわらず、μJavaActors、Kilim、Akka や GPars のようなアクター・フレームワークは、お客様を並行プログラミングの新しいパラダイムに徐々に慣れさせます。
    見る: μJavaActors で共通並行処理パターンをモダナイズする
    読む: Java 開発 2.0: Kilim の紹介
    見る: Akka を通した簡素化したスケーラビリティー、フォルト・トレランス、同時並行性とリモート
    読む: よくある並行性の問題を GPars で解決する
    読む: Scala、Lift と jQuery を使って Comet アプリケーションを構築する (英語)
     
  4. アクターの並行処理のためのツール
    Java 言語は、現在アクターをサポートしていませんが、多くの Java 互換性のある実装が始めるのに役立ちます。
    ダウンロード: μJavaActors library (フリー・ダウンロード)
    ダウンロード: Akka: A Scala toolkit and runtime (英語、フリー・ダウンロード)
    ダウンロード: Kilim: A JVM toolkit and runtime for concurrent, distributed, event-driven applications (英語、フリー・ダウンロード)
    ダウンロード: GPars: Groovy Parallel Systems Library (英語、フリー・ダウンロード)
    ダウンロード: Functional Java Library (英語、フリー・ダウンロード)
     
  5. 次のステップ
    演習: Using GPars in Java: A Maven-based sample project (英語)
    読む: 関数型の考え方: 関数型の観点で考える、第 1 回
    参加する: Java Technology コミュニティー (英語)
    フォローする: IBM on troubleshooting Java applications (英語、ブログ)
    読む: その他の developerWorks Knowledge path
     

この Knowledge Path について

アクターの並行処理は、長い間関数型言語 Erlang に関連付けられていましたが、もっとも最近では、Scala や Groovy といった言語と同様に Java ベースの実装ライブラリーやフレームワークを介して JVMに移行しました。この Knowledge path では、なぜアクターの並行処理がますます人気を高めているのか、またそれが従来の Java 並行処理に必要な代替手段であることを理解します。アクターとアクター・モデルの基本を学んだ後に、GPars、Kilim、Akka や μJavaActors ライブラリーを含む様々な範囲のアクターの実装を試します。

このコンテンツでのアクティビティー

関連リンク