クラウド・コンピューティング: Platform as a Service の紹介

  1. Platform as a Service (PaaS) の基礎を習得する
    開発者がホストされたインフラストラクチャー上で Web アプリケーションを構築し、デプロイすることを可能にするコンピューティング・プラットフォームとランタイム環境である PaaS の主なコンポーネントを調べます。PaaS は、オペレーティング・システムや関連サービスへのアクセス、またプロバイダーによってサポートされているプログラミング言語やツールを使用してクラウドにアプリケーションをデプロイする方法を提供します。
    読む: クラウド・コンピューティングのサービス・モデル: 第 2 回、Platform as a Service
    読む: クラウドと業界: 第 1 回 PaaS のベスト・プラクティスとパターン
     
  2. PaaS 構造におけるキー・コンポーネントを調べる
    ソリューション・スタックは、完全に機能する製品やサービスを提供するために必要なソフトウェア・サブシステムの一式です。それはほとんどの場合オペレーティング・システム、何かしらのサーバーあるいはミドルウェア、そしてデータを格納するデータベースで構成されています。また、アプリケーションあるいはプログラミング言語などのコンポーネントを含めることができます。
    見る: Ubuntu Linuxのソリューション・スタックの実装: 第 1 回: UNIX環境の紹介 (英語)
    読む: Node.js をクラウド環境での開発用のフルスタックとして使用する
    読む: パターンベースの共有ミドルウェア•サービス
    読む: クラウドでのデータベース
    読む: クラウドの特徴を備えるように Java EE コンテナーを拡張する
    読む: クラウドに最適化した 4GL アプリケーションを開発してデプロイする
     
  3. Platform as a Service を備えたミドルウェアを探る
    コネクションに関するミドルウェアは、次のとおりです: それはソフトウェア・コンポーネントを接続することによって、クラウド内のアプリケーションを提供し、管理することができます。PaaS モデルの特に優れたところは、ユーザーがミドルウェアを管理することなくアプリケーションを開発およびデプロイするためのミドルウェアを開発することができることです。例えば、エンタープライズ・アプリケーション統合や開発ツール、トランザクション・モニター、迅速なアプリケーション環境デプロイメント・ソフトウェアなどです。
    見る: IBM Workload Deployer (英語)
    読む: WebSphere CloudBurst に Rational Automation Framework for WebSphere をプラスする
    演習: WebSphere Cast Iron Cloud Integration を利用してクラウド・アプリケーションを統合する
     
  4. 次のステップ
    見る: 作動中のIBM SmartCloudのオンライン・デモを見るためのリクエスト (英語)
    申し込む: 製品別 IBM 認定 (英語)
    読む: IBM Workload Deployer: 適切なツールの選択 (英語)
    登録する: IBM Workload Deployer製品デモ (英語)
    ダウンロード: IBM ソフトウェア製品評価版
    読む: >その他の developerWorks Knowledge path
     

この Knowledge Path について

お客様が学生であろうと IT 専門家であろうと、特にクラウドとネットワーク管理に興味があれば、この Knowledge path は、お客様を Platform as a Service (PaaS) として知られているクラウド・コンピューティングのアプリケーション層に慣れ親しめさせます。この Knowledge path を完了すると、次のことができるようになります: - クラウド・コンピューティングの PaaS 層の主要な要素を説明する。 - プラットフォーム作業を行うミドルウェアを議論する。

このコンテンツでのアクティビティー

関連リンク