アーキテクチャーの管理

Rational Software Development Platform(RSDP)、Rational Rose / XDE、

【アーキテクチャーの管理】IBM Rational Software Development Platform、Rose/XDE関連技術資料

Rational System Architect(SA)

 
更新日レベルコンテンツ
2012年10月26日初級クラウド・サービスの時代のエンタープライズ・アーキテクチャー
この記事では、エンタープライズ・アーキテクチャー (Enterprise architecture: EA) を使用してパブリック・クラウド・サービスの要件を規定する方法について、ハイブリッド SaaS (Software as a Service) の例を使用して説明します。
2010年06月04日初級System Architect Encyclopedia Manager(SAEM)のご紹介
Rational System Architectで作成されたモデル情報を格納するエンサイクロペディアと呼ばれるデータベースの管理ツールの紹介です。エンサイクロペディアのバックアップ・リストアなど、ツールの運用管理者となる方に知っておいていただきたいことをまとめています。
2010年05月07日初級Rational System Architect for DoDAF のご紹介
この資料では、エンタープライズアーキテクチャーを支援するツールRational System ArchitectのDoDAFフレームワーク対応版をご紹介します。DoDAF1.5の各種成果物をリポジトリーで一元管理し、分析に使えるようにするツールです。
2010年03月05日初級Rational System Architect を使用したデータ中心型アプローチ(DOA)設計
Rational System Architect は、データフローダイアグラム(DFD)とエンティティリレーションダイアグラム(ERD)を使ったDOA設計を支援します。その支援機能をまとめた資料です。
2010年02月05日初級Rational System Architect 入門者向け操作ガイド
クイック・スタート・チュートリアルの内容を画面付きでわかりやすくまとめた操作ガイドです。ビジネスプロセスモデリング、UMLモデリング、データモデリングなどのモデルの描き方からカスタマイズの方法まで幅広い内容をカバーしています。
2009年07月23日初級Rational System Architect のご紹介
この資料ではRational System Architect を紹介します。
このツールはビジネスプロセスモデリング、データモデリング、UMLモデリングの各機能を実現する独特のコンセプトを持ったツールです。企業や組織が保有する経営戦略、業務プロセス、情報モデル、ネットワーク構成などの情報をセンターデータリポジトリに一元管理し、情報の可視化、分析、公開を強力にバックアップします。
2009年07月09日中級Rationalモデリング製品とTelelogic System Architectとの連携詳細
Rationalモデリング製品V.7.5.1 リリースで追加された、IBM Telelogic System Architectとの連携機能を紹介します。

Rational Software Architect(RSA)

 
更新日レベルコンテンツ
2011年1月24日中級RSA/RAD パフォーマンスに関するHint & Tips
Rational Software ArchitectおよびRational Application Developerのパフォーマンスを向上させるHint & Tipsをご紹介します。この資料の多くのTipsはRational Softwareを含む多くのEclipseプロダクトにも適用されます。
2011年1月24日中級RSA/RAD パフォーマンスに関する問題判別ガイド
IBM Rational Software Delivery Platform製品の利用者を対象に、利用中に生じたパフォーマンスに関する問題に対して、問題判別手順および対処方法を示します。
2010年12月3日初級ユースケース・ポイントを使用したソフトウェア・コストの見積もり
ユースケース・ポイント法は、ソフトウェア開発プロジェクトの作業量やコストを見積もる有用なモデルですが、そのためにはユースケース・トランザクションを適切に特定し、カウントできる必要があります。この記事では、ユースケース・モデルを使用して見積もりを行うためには、どのようにトランザクションをカウントすればよいかについて説明します。
2010年10月29日中級RSA Javaリバース機能活用ガイド
Rational Software Architect V7.5(以下 RSA)のJavaリバース機能を活用して、既存 Javaコードから設計情報を効率的に抽出する方法をご説明します。当資料で扱う機能は Rational Software Architect V8.0 でも同様に利用できます。
2010年09月24日初級RSA/RAD V8.0 アナウンスメント・ワークショップ資料
2010年09月15日開催の「Rational 新製品 V8.0 アナウンスメント・ワークショップ」の資料です。アーキテクチャー管理V8.0の製品群を使用することで、最新のJavaEE 6 に対応し、開発ライフサイクルの品質を向上しながら、ソフトウェアやシステム・アーキテクチャー管理を高次元で実現することができます。
2010年03月12日中級大規模モデリング並行開発ガイド (ClearCase編)
このガイドは、Rational モデリング・ツールを大規模プロジェクトに適用する上で必要とされる一連の情報を提供します。具体的には、モデルの並行開発を支援するためのモデル構造を策定する方法や、構成管理ツールを使用してモデルの構成管理を行なう方法について扱います。
2010年02月19日中級Rational Software Architect を使用した SOA サービスの設計
このチュートリアルでは、IBM Rational Software Architect (RSA) を使用してサービス指向アーキテクチャー (SOA) を設計する方法について説明します。
2009年07月23日初級Rational Software Architect for WebSphere Software V7.5 ご紹介
この資料ではRational Software Architect for WebSphere Software 7.5の機能をまとめています。
2009年07月09日中級Rationalモデリング製品とTelelogic System Architectとの連携詳細
Rationalモデリング製品V.7.5.1 リリースで追加された、IBM Telelogic System Architectとの連携機能を紹介します。
2008年08月13日初級RSA V7.0 UMLモデリング基本操作:自習ガイド
このガイドはIBM Rational Software Architect v7.0 (以下 RSA) をはじめて使用してUMLモデリングを行なう方を対象とし、実際のモデリング作業を通じたRSAの基本操作の習得を目標としています。
2008年03月26日中級IBM Rational ツールを使用して始めるユニット・テストとコンポーネント・テスト
このチュートリアルでは単純な HelloWorld を例に、JUnit および Jakarta Cactus テスト・フレームワークを使用して Java コード、Web サービス、サーブレット、SCA (Service Component Architecture)、そして EJB (Enterprise JavaBeans) Bean を対象にした、ユニット・テストとコンポーネント・テストを行う手順をステップごとに手ほどきします。
2008年03月26日中級SIP Modeling Toolkit for IBM Rational Software Architect の紹介
この記事では、Rational Software Architect プラットフォームを DSL (Domain Specific Language: ドメイン特化言語) 要素と統合して単一の開発環境を構成するための方法について説明します。
2008年02月27日中級Rational Software Architect V7 で UML から Java 5 への変換機能を拡張する
この記事では、カスタム要素や命名規則などの機能拡張を行いたい、または作成したドメイン固有言語 (DSL) 拡張がサポートされるようにしたいと考えるユーザー向けに、単純な例を使用して、UML から Java 5 への変換機能の拡張を作成する方法の基本要素を紹介します。
2007年12月19日中級XDEのRSA/RSDへのマイグレーション(前編・後編)
Rational XDEモデルおよびソリューションを、RSA (Rational Software Architect)または RSD (Rational Systems Developer)へインポートする方法について解説します。
2007年11月21日中級Rational Systems Developer と Rational Software Architect を使用した C++ 変換のヒントとテクニック
この記事では、UML to C++ Transformation を実行した際に生成される C++ コードをよりきめ細かく制御する方法について、さまざまなヒントを紹介します。
2007年04月25日中級Hello World:Rational Software Architect V7
Rational Software Architect V7 を使用して行うサービス指向アプリケーションの設計および実装の各段階について、実践的な演習を通じて 1 つずつ説明します。
2007年01月31日上級実践!EclipseベースのMDDツール環境の開発
Rational Software Architect V6を拡張してMDDツール環境を開発する方のために、有用な情報を提供します。
2006年12月20日初級IBM Rational Software Architect V7.0 導入ガイド
Rational Software Architect v7.0 を導入いただく上での基本的な手順をまとめた資料です。

Rational Systems Developer (RSD)

 
更新日レベルコンテンツ
2008年05月07日初級Rational Systems Developer V7.0.5およびRational Software Modeler V7.0.5新機能紹介
この資料ではUML2.1に対応したRational Systems Developer(RSD) v7.0.5、およびRational Software Modeler(RSM) v7.0.5における新機能(モデリング機能)を紹介します。UMLベースのDSL(Domain Specific Language)のサポート、BIRTによる新しいモデリングレポートなど、大幅に機能が向上しています。デモを公開しました。
2007年12月19日中級XDEのRSA/RSDへのマイグレーション(前編・後編)
Rational XDEモデルおよびソリューションを、RSA (Rational Software Architect)または RSD (Rational Systems Developer)へインポートする方法について解説します。
2007年11月21日中級Rational Systems Developer と Rational Software Architect を使用した C++ 変換のヒントとテクニック
この記事では、UML to C++ Transformation を実行した際に生成される C++ コードをよりきめ細かく制御する方法について、さまざまなヒントを紹介します。
2007年10月24日入門IBM Rational Systems Developer と IBM Rational PurifyPlus を使用して、より優れたソフトウェアをより迅速に開発する
この記事では、IDE のランタイム分析用ツールである IBM Rational PurifyPlus for Linux and UNIX ファミリーを使用して、ソフトウェア製品の品質とパフォーマンスを向上させる方法を解説します。この記事は、IBM Rational Systems Developer バージョン 7.0 のユーザー向けに書かれたものです。

Rational Application Developer(RAD)

 
更新日レベルコンテンツ
2011年1月24日中級RSA/RAD パフォーマンスに関するHint & Tips
Rational Software ArchitectおよびRational Application Developerのパフォーマンスを向上させるHint & Tipsをご紹介します。この資料の多くのTipsはRational Softwareを含む多くのEclipseプロダクトにも適用されます。
2011年1月24日中級RSA/RAD パフォーマンスに関する問題判別ガイド
IBM Rational Software Delivery Platform製品の利用者を対象に、利用中に生じたパフォーマンスに関する問題に対して、問題判別手順および対処方法を示します。
2010年11月26日初級Rational Application Developer V8.0 新機能ハンズオン
Rational Application Developer for WebSphere Software(以下、RAD) V8.0を使用して、シンプルな3層構造のJava EEアプリケーションを開発する流れを演習形式で説明します。また、開発の流れの中で、RADの機能の活用方法、および、メリットを説明します。
2010年10月29日中級RSA Javaリバース機能活用ガイド
Rational Software Architect V7.5(以下 RSA)のJavaリバース機能を活用して、既存 Javaコードから設計情報を効率的に抽出する方法をご説明します。当資料で扱う機能は Rational Software Architect V8.0 でも同様に利用できます。
2010年09月24日初級RSA/RAD V8.0 アナウンスメント・ワークショップ資料
2010年09月15日開催の「Rational 新製品 V8.0 アナウンスメント・ワークショップ」の資料です。アーキテクチャー管理V8.0の製品群を使用することで、最新のJavaEE 6 に対応し、開発ライフサイクルの品質を向上しながら、ソフトウェアやシステム・アーキテクチャー管理を高次元で実現することができます。
2010年03月12日初級コラボレーションによるデバッグ
Rational Application Developer は Rational Team Concert と連携し、コラボレーションによるソフトウェア開発環境を提供します。この記事では、リモート環境にあるデベロッパー間でJavaプログラムのデバッグを実施する方法を紹介します。
2010年02月05日中級Rational Application Developer V7.5 プログラミング・ガイド
この資料はRedBook 「Rational Application Developer V7.5 Programming Guide」の一部の章を翻訳したものです。Rational Application Developer (RAD) の操作方法や、RADを活用したプログラミング方法を学習することが可能です。
2009年07月30日初級Rational Application Developer V7.5 ご紹介
この資料ではRational Application Developer(RAD) V7.5の機能をまとめています。RADV7.5はJava EE 5.0に対応し、Webやビジネス(業務)アプリケーションの開発/実行/単体テスト/デバッグ/Java静的コード解析/動的分析など開発全般をカバーするJava統合開発環境です。
2008年03月26日中級IBM Rational ツールを使用して始めるユニット・テストとコンポーネント・テスト
このチュートリアルでは単純な HelloWorld を例に、JUnit および Jakarta Cactus テスト・フレームワークを使用して Java コード、Web サービス、サーブレット、SCA (Service Component Architecture)、そして EJB (Enterprise JavaBeans) Bean を対象にした、ユニット・テストとコンポーネント・テストを行う手順をステップごとに手ほどきします。
2008年03月12日中級Application Developer V7 で JSF、AJAX、および Web サービスを使用し、先行入力フィールドを含む Web アプリケーションの使いやすさを向上
この記事では、Rational Application Developer V7 の先行入力サポートについて説明します。
2008年02月27日初級JSF と Ajax:Rational Application Developer V7 で Web 2.0 アプリケーションを容易に作成
本記事では、Ajax と JSF を Rational Application Developer V7 で同時に使用する方法を説明し、さらに Ajax サポートを既存のアプリケーションに追加する例について順を追って説明します。
2007年11月14日中級RAD V7.0マイグレーション・ガイド
このガイドでは、IBM Rational Application Developer for WebSphere Software (RAD) V7.0の先行製品/バージョンである、WebSphere Studio Application Developer (WSAD) V5.1.2 および RAD V6.0を使用していた開発者が、RAD V7.0に作業環境およびアプリケーションを移行するにあたり必要となる作業および考慮事項を解説します。
2007年08月01日初級 中級Rational Application Developer V7.0 基本操作ガイド
Rational Application Developer for WebSphere Software(RAD)V7.0の基本操作をこのドキュメントを見ることで理解することができます。
2007年05月30日入門Hello World : Rational Application Developer バージョン 7
IBM Rational Application Developer の概要を説明するとともに、その基本的機能のいくつかを紹介します。
2006年12月20日初級IBM Rational Application Developer V7.0 導入ガイド
Rational Application Developer v7.0 を導入いただく上での基本的な手順をまとめた資料です。

Rational Software Modeler(RSM)

 
更新日レベルコンテンツ
2008年05月07日初級Rational Systems Developer V7.0.5およびRational Software Modeler V7.0.5新機能紹介
この資料ではUML2.1に対応したRational Systems Developer(RSD) v7.0.5、およびRational Software Modeler(RSM) v7.0.5における新機能(モデリング機能)を紹介します。UMLベースのDSL(Domain Specific Language)のサポート、BIRTによる新しいモデリングレポートなど、大幅に機能が向上しています。デモを公開しました。

Rational Software Development Platform(RSDP)製品群共通情報

 
更新日レベルコンテンツ
2011年1月24日中級RSA/RAD パフォーマンスに関するHint & Tips
Rational Software ArchitectおよびRational Application Developerのパフォーマンスを向上させるHint & Tipsをご紹介します。この資料の多くのTipsはRational Softwareを含む多くのEclipseプロダクトにも適用されます。
2011年1月24日中級RSA/RAD パフォーマンスに関する問題判別ガイド
IBM Rational Software Delivery Platform製品の利用者を対象に、利用中に生じたパフォーマンスに関する問題に対して、問題判別手順および対処方法を示します。
2006年12月20日初級IBM Rational Software Delivery Platform V7.0 デスクトップ製品 新機能説明資料
IBM Rational Software Delivery Platform V7.0 デスクトップ製品のIBM Rational Software Delivery Platform V7.0 デスクトップ製品の新機能とポイントについて解説する資料です。
2006年12月06日中級極Blog的Rationalソリューション概要 ~RoseユーザーのためのRSx一口講座~
Rational Roseユーザー向けに、新たしいモデリング製品のコンセプトやメリットの違いをわかりやすく解説する連載です。

Rational Asset Manager

 
更新日レベルコンテンツ
2012年06月22日初級Rational Asset Manager のご紹介
Rational Asset Manager で検証・承認済みのアセットを再利用することにより、アーキテクチャーの整合性を強化、品質の改善したソフトウェアデリバリーを加速し、トータルコストを削減します。
2007年10月10日中級IBM Rational Asset Manager:包括的なビジネス・シナリオ
IBM Rational Asset Manager の概要と、資産管理を既存の開発環境に統合して資産のレビュー、承認、公開、追跡可能性、使用状況の監視、および再利用を促進する方法の詳細について説明した資料です。

Rational Rhapsody

 
更新日レベルコンテンツ
2013年9月20日初級 セーフティクリティカル・ソフトウェア開発のためのアジャイル分析プラクティス
組込みリアルタイム開発プロセスのためのIBM Rational Harmony方法論の著者であるBruce Douglassが、セーフティクリティカル・システムのための重要な分析プラクティスと、それが如何にアジャイルなやり方で実現できるかについて解説します。
2012年11月23日初級IBM Rational Rhapsody 8.0 と Rhapsody Design Manager 4.0 の新機能
IBM Rational Rhapsody 8.0 と Rational Rhapsody Design Manager 4.0 は、要件と設計を統一する Jazz テクノロジー・ベースのデータベース・リポジトリーを使用した新しいシステム・エンジニアリング・ワークフローを持つ、簡素化された設計コラボレーションを提供します。
2011年8月26日中級Rational Publishing Engine による Rational Rhapsody レポート作成ガイド
Rational Publishing Engine による Rhapsodyレポート作成の基本的な手順を示すガイドです。
2009年12月25日初級IBM Ratinal Rhaposdy バージョン 7.5 の新機能
リアルタイムおよび組込みシステムの開発に役立つIBM Rational Rhapsodyの新機能の概要をご紹介します。これらの機能は、マイクロコントローラのようなリソースが制限されたターゲットにも利用可能です。またSysMLやUPDMの機能を使用して、システムをよりよく表現できます。
2009年08月21日初級Rational Rhapsody V7.5 のご紹介
この資料ではRational Rhapsody 7.5 の機能をまとめています。この製品は特に組込みソフトウェア開発を対象にしており、モデル駆動型開発(MDD)、モデル駆動型テスト(MDT)により、システム/ソフトウエアの開発を行うことが可能です。また、要件管理ツール、構成管理ツール、市販のIDEなどの開発支援ツールと連携することで、要求の実現漏れやテストの抜け漏れ、開発製造開発フェーズにおける手戻りの発生を防ぎます。

Rational Engineering Lifecycle Manager

 
更新日レベルコンテンツ
2013年9月27日中級 リンクト・ライフサイクル・データは如何にシステムズ・エンジニアリング環境を変えるか
この記事では、Ben Williamsが、リンクトデータ(Linked Data)・アーキテクチャによって、如何にして複雑な製品やシステムを作るのに伴うチャレンジを解決したり、あるいは、より多くのイノベーションを生み出したりする能力を身につけることができるかについて解説します。

Rational Rose Technical Developer

 
更新日レベルコンテンツ
2008年01月30日入門Rose RealTimeによる簡単MDD:第2回「Hello, World! カプセル通信編」
Rational Rose RealTime(RoseRT)のモデルの特徴である、カプセルを用いてHello, Wolrdモデルを作成、実行を行います。さらにUMLモデルデバッグ機能を使用して、動くUMLモデルで動作確認、デバッグを行います。
2007年11月21日入門Rose RealTimeによる簡単MDD:「Hello World」
組み込み開発向けのモデル駆動開発(MDD)製品、Rational Rose RealTime(RoseRT)について、モデリング、ビルド、実行の一連の使い方をご説明します。
2004年11月15日入門IntuitiveSurgical(医療関連)の成功事例 (358KB)
Rational Rose Technical Developer(Rational Rose RealTime)を使用した先進事例。

XDE

 
更新日レベルコンテンツ
2007年12月19日中級XDEのRSA/RSDへのマイグレーション(前編・後編)
Rational XDEモデルおよびソリューションを、RSA (Rational Software Architect)または RSD (Rational Systems Developer)へインポートする方法について解説します。

  • お問い合わせはこちら

    まずはお気軽にご相談ください。
    0120-550-210
    受付時間:
    平日9時30分から17時30分まで
    (12時から13時を除く)

目次

Rationalツール ここからはじめよう!シリーズ

 Rationalツール ここからはじめよう!シリーズ

Rational製品の機能概要、評価版、インストール手順など役立つ情報や資料を集約!

Rational製品評価版

Rational製品の評価版/体験版を入手できます

Rational News

技術情報検索