Eclipse の開発者と IBM の Eclipse ファンによって開発者向けに作成されたこのオススメ情報リストを使って、Eclipseについて学習しましょう。

Chris Aniszczyk, Software Engineer, IBM

Chris AniszczykChris AniszczykはIBM Lotusのソフトウェア技術者であり、IBMのExtreme Blueインターンシップ・プログラムの卒業生でもあります。オープンソースの信奉者であり、現在はGentoo Linux (http://www.gentoo.org) ディストリビューションに取り組んでいます。またEMFT(Eclipse Modeling Framework Technology)プロジェクトのコミッターでもあります。



2006年 6月 20日

はじめに

このリストはさまざまなソースから集められたものであり、Eclipse に関する読み物をまとめて探している人を対象としたものです。.Eclipse の新たなユーザーが直面する最大の難関は、正しい情報がどこにあるかを見つけることです。この記事は、この問題を解決するための小さな一歩になります。


概要

Eclipse は、ソフトウェアをビルドするための拡張可能な開発プラットフォームとアプリケーション・フレームワークを提供することに焦点をおいたプロジェクトを持つオープン・ソース・コミュニティーです。この記事では、最新の Eclipse バージョン、本、記事、および Web サイトへリンクを提供するものです。

Eclipse とは何でしょうか?
Wikipedia に、Eclipse の概要とそのヒストリーが書かれています。

入門

もしあなたが、「Eclipse」という言葉から日食 2 ドア・スポーツ・クーペを想像してしまうようであれば、このセクションから読み始めると良いでしょう。

「Get started now with Eclipse」
この developerWorks の記事には、Eclipse に関するよくある質問に対する回答がたくさん紹介されています。またこの記事は、developerWorks の Eclipse top project resources の一部になっています。
「Eclipse Distilled」
Eclipse に関して広範にわたる実用的な導入書が必要であれば、David Carlsonが著したこの本は最適です。 この本は、Eclipse の基本的な概念 (ビュー、エディター、パースペクティブ、デバッグなど)を解説しています。

開発

一般的な開発

「Java Developer's Guide to Eclipse」
この本 (Eclipse について最初に読むとよい読み物の 1 つ) は、Java™テクノロジーの開発者の観点から Eclipse プラットフォームについて書かれたすぐれた導入書です。一般的な Java 開発からプラグインの開発にまでわたるトピックをカバーしています。

Eclipse の開発

「Eclipse Rich Client Platform: Designing, Coding and Packaging Java Applications」
Eclipse の RCP ベースのアプリケーションをビルドし、ブランドにして出荷したいのであれば、まずこの本を読むとよいでしょう。
「Contributing to Eclipse: Principles, Patterns and Plug-ins」
RCP ベースのアプリケーションの作成方法について、Kent Beck と Erich Gammaによるステップバイステップのチュートリアル形式で説明されています。
「Eclipse: Building Commercial-Quality Plug-ins」
この本は、Eclipse の RCP ベースの製品を開発するために必要なことのすべてを最初から最後まで解説しています。
「Official Eclipse FAQs」
この Eclipse.org wiki は、Eclipse の開発に関する共通の Q & A をカバーしています。これまでに、どうやって独自のプロジェクトの性格を作りあげていけばよいか悩んだことがあるならば、このサイトはその疑問に簡単に答えてくれるでしょう。注: これは、The Official Eclipse 3.0 FAQs にある内容を基にしています。
「Rich Client Tutorial Part 1」
Eclipse.org のこのチュートリアルのシリーズでは、RCP 開発の基本をカバーしています。Part 1 では、RCP のアプリケーションであるということは何を意味しているかという、きわめて基本的なことについて学び、Part 2 では、RCP ベースのアプリケーションのユーザー・インターフェースに関連する内容を学び、Part 3 では、ごく簡単な RCP ベースのアプリケーションの作成について学んでいきます。

Web 開発

Eclipse のプロジェクトには、あらゆる Web 関連のツールを作成する際のベースとなるWTP (Web Tools Platform ) として知られるトップ・レベルのプロジェクトが含まれています。

「Pro Eclipse JST: Plug-ins for J2EE Development」
この本は、Eclipse J2EE のツール作成を広範囲にカバーしています。
「Creating Database Web Applications with Eclipse」
この記事は、Eclipse WTP を使って簡単なデータベース Web アプリケーションを作成する方法について説明しています。
「Developing Web Services -- Eclipse Web Tools Project」
この記事は、WTP を使って本格的な Web アプリケーションを開発する方法について解説しています。

ビジネス・インテリジェンス

Eclipse プロジェクトには、BIRT (Business Intelligence and Reporting Tools) プロジェクトとして知られるEclipse ベースのレポーティング・システムが含まれており、アプリケーションと統合することで、Webや PDF の強力なレポートを生成します。 BIRT には、レポートのレイアウト、データ・アクセス、スクリプトの記述のような、コアとなるレポーティング機能があります。

「Extract database information using Eclipse and BIRT V2.0」
このチュートリアルでは、BIRT を使ったダイナミックなレポート、チャート、およびテンプレートの設計に関して議論がされています。
「Integrating and Extending BIRT」
アプリケーションに、BIRT を使いたいのは確かですか? この本は、Web アプリケーションからスタンドアロンのリッチ・クライアント・アプリケーションに至るさまざまなアプリケーションにおいて、BIRT を統合してカスタマイズするのに役立ちます。
「BIRT: A Field Guide to Reporting」
BIRT について学び、使い方を覚えるには、この本から始めてください。

モデリング

Eclipse プロジェクトには、すぐれたモデリング関連のテクノロジーがあります。その 1 つは EMF (Eclipse Modeling Framework) です。 EMF は、モデルを効率がよく正確で、容易にカスタマイズできるJava コードにすみやかに変換してくれます。 また、GMF (Graphical Modeling Framework) では、十分に機能的なグラフィカル・エディターをEMF モデルから生成するツール作成機能 (およびその他の機能) を提供します。

「Eclipse Modeling Framework」
この本は EMF の聖杯です。 EMF の冒険をここから始めましょう。
「Model with the Eclipse Modeling Framework, Part 1」
このシリーズは、EMF で作業をするうえでのさまざまな側面について述べられています。Part1ではモデルからコードを生成する方法について、Part 2 では JET (Java Emitter Templates) で知られている EMF のコード生成コンポーネントについて、Part 3 では、JET テンプレートの出力をカスタマイズするのに使われる JMerge で知られているEMF のコード生成コンポーネントについて説明します。
「Discover the Eclipse Modeling Framework (EMF) and its Dynamic Capabilities」
この記事を読むと、EMF モデルをダイナミックに操作する方法を学べます。
「GMF Tutorial, Part 1」
このチュートリアルのシリーズでは、GMF の概要をわかりやすく解説します。Part 1 ではサンプルによるグラフィカル・エディターの開発を最初から最後まで説明します。Part2 では、GMF 生成とランタイム・フレームワークの高度な側面について説明します。
Introducing the GMF Runtime
すべての GMF ベースのエディターを強力にするランタイムを紹介します。

デバッギングとプロファイリング

Eclipse には、テストとパフォーマンスのツールのための汎用プラットフォームである、TPTP (Test and Performance Tools Platform ) という名前で知られているトップ・レベルのプロジェクトがあります。

「Introduction: Eclipse Test and Performance Tools Platform」
このチュートリアルでは、TPTP を使用したテストとプロファイリングの基本事項を説明しています。
「Eclipse Test and Performance Tools Platform」
このチュートリアルのシリーズでは、TPTP の基本的な使用法について説明しています。Part 1 ではアプリケーションのテスティング、プロファイリング、およびモニタリングの基本事項について、Part 2 では、ログ・ファイルの収集と分析について説明しています。
「Java Application Profiling Using TPTP」
この記事では、Java アプリケーションのプロファイリングを含む TPTP のアプリケーションの一例を紹介しています。

ユーザー・インターフェースの開発

Eclipse は、SWT(Standard Widget Toolkit) のトップにビルドされるため、Eclipse がインプリメントされているオペレーティング・システムのユーザー・インターフェース機能にアクセス(および Eclipse のエレガントなユーザー・インターフェースを作成) することができます。Eclipse にはまた、グラフィカル・エディターをすみやかに作成できるようにするために、SWTのトップにビルドされたツールである、GEF (Graphical Editing Framework) もあります。 さらに Eclipse には、 GUI ビルダーを作成するためのフレームワークとして働く、VEP (Visual Editor Project) があります。

「SWT: The Standard Widget Toolkit, Volume 1」
この本は、SWT について非常に良くカバーされており、SWT のコミッターによって書かれたものです。
「SWT: A Developer's Notebook」
明確で具体的な例が示された (あいまいな例がほとんどない) SWT の簡潔なガイドには、これをお読みください。
「SWT/JFace in Action」
この本には、SWT と JFace の概要が記載されています。 さらにおまけとして、GEFに関して書かれたすぐれたセクションが付録にあります。
「The Definitive Guide to SWT and Jface」
アプリケーション内での SWT および JFace の使用についての詳細は、これをお読みください。
「Creating JFace Wizards」
ウィザードのインプリメント、および Eclipse ワークベンチでのウィザードの使用法について学べます。
「Eclipse Forms: Rich UI for the Rich Client」
SWT のトップにインプリメントされたシン・グラフィック・ツールキットである、EclipseForms について書かれています。
「Using OpenGL with SWT」
SWT アプリケーション内での OpenGL の使用法について書かれています。
「Extending The Visual Editor: Enabling support for a custom widget」カスタム・ウィジェットをサポートするには、これをお読みください。
「Create an Eclipse game plug-in」
このチュートリアルのシリーズでは、Eclipse を使ってゲームを作成するための方法を詳細に説明します。Part 1 では Eclipse と SWT の基本について、Part 2 では、ゲームに生命を吹きこむための SWT/OpenGL のより高度な面について、Part 3 では、ゲームへのより物理的な面 (衝突検出など) を追加する方法をカバーしています。
「A gentle introduction to SWT and Jface」
Java テクノロジー、Eclipse、および SWT と JFace ライブラリーを使用した、簡単なSWT アプリケーションの作成方法を学習するには、この記事のシリーズをお読みください。

コミュニティー

メーリング・リスト

Eclipse メーリング・リスト
メーリング・リストは、件名固有のニーズに関する良い情報源になります。 注:メーリング・リストは、主に Eclipse のコミッターによって使用されるので、質問を投稿するためにはEclipse ニュース・グループを使用することが推奨されています。

ニュース・グループ

Eclipse ニュース・グループ
これは、Eclipse の質問に関する最も役に立つリソースです。 この中には、すべてのEclipse 開発者がサーチすべきである、ほんとうに役に立つ情報が含まれています。

Wiki

オフィシャル Eclipse wiki
Eclipse wiki には、Eclipse のコミッターが投稿した、プロジェクトに関する情報が含まれています。
Unofficial Eclipse wiki
非公式な Eclipse wiki には、Eclipse コミュニティーによって書かれた、役に立つ情報が含まれています。

ニュース

Planet Eclipse
Planet Eclipse は、Eclipse のハッカーと投稿者の世界、作業、および活動へのウィンドウです。
EclipseZone
これは、Eclipse の出来事に関する最新情報が含まれているアクティブ・サイトです。

ブログ

Chris Aniszczyk
Chris Aniszczyk はいくつかの Eclipse プロジェクトのコミッターです (そして、この記事の著者です)。
Wayne Beaton
Wayne Beaton は Eclipse Foundation の Eclipse の伝道者です。
Bjorn Freeman-Benson および Ward Cunningham
Bjorn Freeman-Benson および Ward Cunningham は、オープン・ソース開発のEclipse に関するブログを発行する Eclipse Foundation の従業員です。
John Graham
John Graham は Eclipse DTP (Data Tools Platform) プロジェクトの PMC 議長です。
Kim Horne
Kim Horne は Eclipse Platform の Eclipse コミッターです。
Wassim Melhem
Wassim Melhem は PDE (Plug-in Development Environment) プロジェクトの先導者です。
Mike Milinkovich
Mike Milinkovich は Eclipse Foundation のエグゼクティブ・ディレクターです。
Doug Schaefer
Doug Schaefer は Eclipse の CDT (C/C++ ツール・プロジェクト)の先導者です。
Michael Scharf
Michael Scharf は Eclipse アーキテクチャー協議会のメンバーです。
Ian Skerrett
Ian Skerrett は Eclipse Foundation のマーケティング部門のディレクターです。
Tim Wagner
Tim Wagner は Eclipse の WTP プロジェクトを率いています。

チャット

IRC
IRC は Eclipse コミュニティーからのインスタント・ヘルプを入手するためのすぐれたツールです。

その他のリソース

ユーザー・グループ

bostonEDGE Eclipse Developer's Group
あなたはボストンに住んでいますか? 気の合うEclipseの同士を見つけたいですか?このグループを調べてください。

雑誌

Eclipse Review
これは、Eclipse ベースのツールとテクノロジーを使用する、ソフトウェア開発者を含めたIT プロフェッショナル用の季刊誌です。
Eclipse Magazin
Eclipse Magazin はドイツの Eclipse の雑誌です。

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Open source
ArticleID=236857
ArticleTitle=Eclipse の推奨読み物リスト: dW
publish-date=06202006