Apache Derby を使用した開発 -- 3連単を当てる: Apache Derby によるデータベース開発第 5 回

より強力なクエリーを書く

SQL の SELECT 文を使うと、Apache Derby のデータベースに対してクエリーを行い、ある条件の下で複数のテーブルからデータを選択することができます。この記事は、このシリーズの前回の記事を元に、より強力な SELECT 文を開発します。クエリーで選択された複数のデータ行を変更するための ORDER BY 節や DISTINCT キーワードの使い方や、クエリーの中に基本的な算術演算子を含める方法を学びましょう。また、基本的な SQL の組み込み関数を使ってデータ型を別の型に変更する方法や、数量の集約計算や算術演算、日付や時刻のデータの扱い、文字ストリングの扱いなどについても学びます。

Robert Brunner (rb@ncsa.uiuc.edu), Research Scientist, National Center for Supercomputing Applications

Robert BrunnerRobert J. Brunnerは、米国立スーパー・コンピュータ応用研究所に科学者として勤務するかたわら、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で天文学の助教授を務めています。何冊かの著作と、さまざまな分野にわたる数多くの記事や解説書を発表しています。



2006年 7月 11日

データベースに対するクエリー

前回の記事、「Developing with Apache Derby -- Hitting the Trifecta: Database development with Apache Derby, Part 4」では、Apache Derby データベースからデータを選択する方法について、基本的な概念を紹介しました。そこでは、SELECT 節や FROM 節、WHERE 節について、また 2 つのテーブルを結合して高度なデータ選択を行うといった概念についても説明しました。さらに、Derby ワークスペースの初期化方法についても説明し、Derby に含まれている SQL スクリプト・ファイルを使って、コード・リスト例の中で示した Apache Derby データベースを構築し、データを追加する方法を解説しました。まだ前回の記事を読んでいない人は、まずそれを読み、その記事からダウンロードできる SQL スクリプトを実行して、自分の Derby ワークスペースを初期化してください。

この記事では、こうした基本的な SQL の概念を基に、クエリー内での基本的な算術演算や SQL 関数を含めて、より高度なデータ選択操作について説明します。こうした演算や関数を WHERE 節の中で使用すると、クエリーの中でのデータ制約を強化したり、データ制約を SELCT 節に適用し、計算された値を抽出したりすることができます。しかしこの記事では、その前にまず、クエリーの結果を変更するために使用できるいくつかの SQL クエリー・キーワードについて説明します。Derby の ij ツールを起動して自分のテスト・データベースに接続し、そして Apache Derby データベースを使って SQL クエリーの書き方について学びましょう。


データの選択を変更する

前回の記事で取り上げたクエリーは、どれも単純なものでした。テーブル内のすべての行から、または 2 つのテーブルを単純に結合したものから、または単純な WHERE 節を含むクエリーから、一連の列を選択するだけでした。この機能は確かに便利ですが、言ってみればデータ・ダンプを行うようなものです。幸い SQL には、テーブルから選択された行も抽出されたデータもフィルターできる手法がたくさんあります。このセクションのこれから先では、クエリーによって抽出されたデータをコントロールするための 2 つの基本的な手法、DISTINCT キーワードと ORDER BY 節について説明します。

特定の行を抽出する

SQL クエリーを使ってデータを選択する場合、デフォルトでは、WHERE 節を満足するすべての行がデータベースから抽出されます。そのため、列の値が同じである複数の行が返ってくる可能性があります。ある固有の行の値のみが返されるようにクエリーを制限したい場合には、DISTINCT 修飾子を使います (リスト 1)。

リスト 1. クエリーの中で DISTINCT 修飾子を使う
rb$ java org.apache.derby.tools.ij    
ij version 10.1
ij> connect 'jdbc:derby:test' ;
ij> SELECT DISTINCT vendorNumber AS "Vendor #" FROM bigdog.vendors ;
Vendor #   
-----------
3          
2          
1          

3 rows selected

ij> SELECT DISTINCT vendorNumber AS "Vendor #", itemNumber as "Item #" 
FROM bigdog.vendors WHERE itemNumber > 5 ;
Vendor #   |Item #     
-----------------------
1          |6          
1          |7          
1          |8          
3          |9          
3          |10         

5 rows selected

ij>

DISTINCT について

DISTINCT 修飾子を使う場合には、リスト 1 でも示しているように、SELECT 節の中にリストされている最初のアイテムが DISTINCT 修飾子である必要があり、また 1 つの SELECT 節には 1 つの DISTINCT 修飾子しか持つことができません。もし選択された何行かに NULL 値を持つ 1 つの列が含まれている場合には、固有の行を識別する際に複数の NULL 値は重複しているとみなされています。

このリストでの最初のクエリーは、クエリー出力を vendorNumber列 (この SELECT 節でリストされている唯一の列) の明確な、つまり固有の値のみに制限するために DISTINCT 修飾子を使っています。この記事のシリーズで使用しているサンプル・スキーマには、3 つのベンダー (vendorNumber の 1 と 2 と 3) しかありません。従って、クエリーの中で DISTINCT 修飾子が使われる場合には、3 つの行しか選択されません。

しかし DISTINCT 修飾子は、選択された列リスト全体に適用されます。従って、もし DISTINCT キーワードに続いて複数の列がリストされている場合には、すべての列の特別な組み合わせしか選択されません。これを 2 番目の例で示します。この例では、vendorNumberitemNumber の両方が SELECT 節にリストされています。すべてのアイテムが固有の itemNumber を持っているため、これら 2 つの列の組み合わせはどれも固有であり、WHERE 節を満足するすべての行が選択されます。言い換えると、DISTINCT 修飾子は、結果に何の影響も与えません。

もう 1 点、リスト 1 から気がついたかも知れませんが、選択された行は同じ順序になっていません。もし選択された行同士の順序が重要な場合には、クエリーの中で ORDER BY 節を使うことによって簡単に順序を変更することができます。これを次のセクションで説明します。

行の順序を入れ替える

一般的に、Apache Derby であれ他のデータベースであれ、クエリーの結果としての行が特定の順序で返ってくる、と想定することはできません。もし順序が重要である場合には、クエリーで返されるデータを Apache Derby が特定の順序に並び替えられるように、ORDER BY 節を使います。そのために、通常はリスト 2 に示すように、比較用の順序値を提供する列を指定します。

リスト 2.クエリーの中で ORDER BY 節を使う
ij> SELECT v.vendorNumber AS "Vendor #", vendorName as "Vendor",
p.price as "Price", p.itemNumber AS "Item #"
FROM bigdog.products AS p, bigdog.vendors AS v
WHERE p.itemNumber = v.itemNumber AND p.price > 20.0
ORDER by v.vendorNumber ;
Vendor #   |Vendor                        |Price   |Item #     
---------------------------------------------------------------
1          |Luna Vista Limited            |32.95   |8          
1          |Luna Vista Limited            |24.95   |7          
1          |Luna Vista Limited            |99.99   |2          
2          |Mikal Arroyo Incorporated     |49.95   |5          
2          |Mikal Arroyo Incorporated     |29.95   |4          
3          |Quiet Beach Industries        |34.95   |10         

6 rows selected


ij> SELECT v.vendorNumber AS "Vendor #", vendorName as "Vendor",
p.price as "Price", p.itemNumber AS "Item #"
FROM bigdog.products AS p, bigdog.vendors AS v
WHERE p.itemNumber = v.itemNumber AND p.price > 20.0
ORDER BY v.vendorNumber ASC, p.price DESC ;
Vendor #   |Vendor                        |Price   |Item #     
---------------------------------------------------------------
1          |Luna Vista Limited            |99.99   |2          
1          |Luna Vista Limited            |32.95   |8          
1          |Luna Vista Limited            |24.95   |7          
2          |Mikal Arroyo Incorporated     |49.95   |5          
2          |Mikal Arroyo Incorporated     |29.95   |4          
3          |Quiet Beach Industries        |34.95   |10         

6 rows selected

ij>

ベスト・プラクティスは、列名を使うこと

列番号を使った方が手軽なように思えるかもしませんが、一般的には賢明な方法ではありません。その理由として、SELECT 節にリストされている列を変更したら、あるいはもっと単純に、そうした列の順序を変更したらどうなるかを考えてみてください。また ORDER BY 節の中で使われている数字の変更を忘れてしまうと、クエリーが壊れてしまいます。もっと悪い場合には、誤ったデータが返ってきてしまうかも知れません。一般的に言って、(たとえタイプの手間は面倒でも) 常に明示的に、列名を直接指定することがベスト・プラクティスです。

リスト 2 の中で、最初のクエリーは、bigdog.vendorsテーブルを bigdog.products テーブルに結合してできたテーブル中にある全ての行のサブセットをリストするために、ORDERBY 節を使っています。これらの行は、vendorNumber の順に並べられています (このサブセットは WHERE 節を適用することで作られます)。ORDER BY 節は、この例のように列名を取ることもでき、あるいは SELECT キーワードの後にリストされている列の順序から取った列番号を取ることもできます。

また、ソート・プロセス中に使用する列を複数指定することもできます。さらには、昇順ソート用に ASC を (ASC がデフォルト値です)、降順ソート用に DESC を使用することもできます。例えば、最初のクエリーの中で ORDER BY 1 DESC, 4 DESC という節を使ってもクエリーが返す行は同じですが、それらの行は、vendorNumber 列を第 1 優先ソート用に使って降順に並べられ、次に itemNumber 列を第 2 優先ソート用に使って降順に並べられます。


クエリーの中で代数演算を行う

データベースから列を選択することにも幾つかの利点がありますが、テーブル中のデータに基づいて数量を計算できたり選択できたりすると、さらに大きな可能性が生まれます。Apache Derby には、幾つかの算術演算子が用意されており、その詳細を表 1 に示します。これらの演算子は、SELECT 節または WHERE 節の中で使用することができます。

表 1. Apache Derby の算術演算子
演算子説明
単項+ +1.0+4 = 4 のように、何もしません。
単項- -p.price演算子が適用されている値の符号を変更します
+p.itemNumber + 10最初の値に 2 番目の値を加します
-p.itemNumber - 10最初の値から 2 番目の値を引きます
*p.price * 1.0825最初の値に 2 番目の値を掛けます
/p.price / 100.0最初の値を 2 番目の値で割ります

これらの演算子は、通常皆さんの期待通りの振る舞いをするため、使い方は単純です。例えば、もし消費税が 8.25%の場合、SELECT price, price * 1.0825 FROM bigdog.products ;を使うと、あるアイテムの消費税適用前と適用後の価格を返すことができます。別の例として、購入されたアイテムの数を追跡する numberItems という列と、そうしたアイテムが購入された際の価格を含む price という別の列があった場合、こうしたアイテムに対して、ある価格での支払い額の合計を返すために、numberItems * price を使うことができます。後で出てくるコード・リストの中で使われているいくつかのクエリーを見ると、こうした演算子の使い方がもっとよく分かるでしょう。

こうした演算子を使う上で唯一気になるのは、異なるデータ型 (整数型と浮動小数点型など) を算術演算の中で使った場合にどうなるのか、という点です。どちらのオペランドも同じデータ型の場合には、結果の型も同じです。もし割り算を実行すると、切り捨てが行われ、予期せぬ問題が発生する可能性があります (例えば 2 つの整数値を使っている場合など)。この問題に対応するためには、後で説明するCAST 関数を使います。一方、2 つのオペランドのデータ型が異なる場合には、演算結果の型は、より複雑な型に格上げされます。


Derby の SQL 関数を使う

SQL は強力で表現力に富む言語であり、非常に様々なことを行うことができます。SQL 言語の強力さの 1 つとして、様々なデータ型を直接扱える点を挙げることができます。このセクションでは、Apache Derby に用意されている SQL-92 標準の組み込み関数について説明します。これらの関数を SQL ステートメントの中で使うことによって、数多くの共通なデータ操作を単純化することができます。この記事では、これらの関数を次の 5 つのカテゴリーに分けています。

  • 型変換
  • 集約
  • 代数
  • 日付と時刻
  • 文字ストリング

型変換関数

Apache Derby で使用する最も単純なタイプの関数は、型変換関数です。この関数は、ある 1 つのデータ型 (例えば文字ストリングなど) を別のデータ型 (例えば、日付型や整数型など) に、あるいはその逆に変換します。型変換関数には、2 つの主なカテゴリーがあります。1 つは表 2 に示す明示的な型変換関数、もう 1 つは、より強力な型変換を実現する CAST 関数です。

表 2. Apache Derby の型変換関数
関数説明
BIGINTBIGINT(123.45)与えられた文字ストリングまたは数字に対して、64 ビット整数での定数を返します。
CHARCHAR(123.45)与えられた値 (Apache Derby に組み込みの型である必要があります) に対して、最大 254 バイトまでの固定長の文字表現を返します。オプションとして 2 番目の引数を付加すると、文字ストリングの長さを規定することができます。
DATEDate('2006-05-16')入力値の日付表現を返します。
DOUBLEDOUBLE(123.45)入力数または文字ストリングに対して、倍精度の浮動小数点表現を返します。
INTEGERINTEGER(123.45)与えられた文字ストリングや日付、時刻、数字に対して、整数定数を返します。
SMALLINTSMALLINT(123.45)与えられた文字ストリングまた数字に対して、短整数の定数を返します。
TIMETIME('12:24:30')入力値の時刻表現を返します。
TIMESTAMPTIMESTAMP('2006-05-16','12:24:30')入力値のタイムスタンプ表現を返します。
VARCHARVARCHAR(123.45)与えられた日付、時刻、タイムスタンプ、文字ストリングなどの値の可変長文字表現 (最大 32,672 バイトまで) を返します。

CAST 関数を使うと、文字ストリングの長さを変更したり、あるデータ型を別のデータ型に変更したりすることができます。これには、表 2 に挙げた型変換関数がサポートしていない型 (DECIMAL など) が含まれます。このように CAST を使うことによって、クエリーによって選択された列を読みやすくしたり、もっとコンパクトにしたり、あるいは算術式の中に数値精度を保存したりすることができます。

ベスト・プラクティスは、明示的な型変換を行うこと

多くの場合は Derby が暗黙的かつ自動的に型変換を行ってくれるにもかかわらず、なぜ明示的な型変換を行う必要があるのでしょう?単純な答えとしては、明示的にすることでコードの論理を理解しやすくなるからです。コードが理解しやすければ維持管理が容易になり、一般的にはプログラミング・エラーも起こりにくくなります SQL クエリーを書く場合には、明示的であることが常にベスト・プラクティスなのです。

しかし、Java™プログラムの中でデータベースから結果を抽出する場合には、アプリケーションの中でデータ型を変換するという選択肢もあります。どちらの方法でも同じ結果が得られますが、データベースに値をキャストさせることでパフォーマンスを向上させることができます。これは、ネットワーク・トラフィックを最小限に抑えられるためです。つまりデータベースは実際に必要なデータしか送らないようになり、すべての処理は、接続されるシン・クライアントではなくデータベース・エンジンにプッシュされるからです。この手法は、極端な使い方をした場合にはデータベース・サーバーに過大な負荷を与えることになるため、そうならないことが確実な場合にのみ使用すべきです。この型変換関数の使い方は、リスト 3 に示すように、ごく単純です。

リスト 3. CAST 演算子を使う
ij> SELECT p.price AS "Price", 
DOUBLE(p.price * 1.0825) AS "Float Total", 
CAST(p.price * 1.0825 AS DECIMAL(6,2)) AS "Total",
CAST(p.description AS CHAR(20)) AS "Description"
FROM bigdog.products AS p 
WHERE p.price > 21.0 AND p.stockDate < Date('2006-01-21') ;
Price   |Float Total           |Total    |Description         
--------------------------------------------------------------
24.95   |27.008375             |27.00    |White beach towel   
32.95   |35.668375             |35.66    |Blue-striped beach to

2 rows selected

リスト 3 には 1 つのクエリーしかありませんが、このクエリーを見ると型変換関数の使い方が分かります。このクエリーの 2 ライン目は、選択された price 列と、1.0875 という数値係数 (アイテムの価格に 8.75%の消費税を適用します) との積を、DOUBLE 精度の浮動小数点数に変換します。3 番目と 4 番目のラインは、この積を CAST 関数を使ってまず DECIMAL 型に変換し、次に、選択された description 列を 20文字しか表示しないように切り捨てます。CAST 関数が値を DECIMAL 型に変換する際に、計算された価格を切り捨てていることに注意してください。最後に、DATE 関数は、日付の文字ストリングを DATE 型に変換しています。このステップは必要なわけではありませんが、明示的にすることがベスト・プラクティスなのです (明示的な型に関する囲み記事を見てください)。

このクエリーを見ると、クエリー中の列名をリネームするための AS 節の使い方も分かります。このクエリーは列名の代わりに関数を使っているので、これは重要です。Apache Derby は、列に対して明示的な名前がない場合には自動的に数字を使用しますが、これではデータの素性がほとんど分かりません。すべての列に対して明示的に名前を付けることによって、そうした問題を回避することができます。また、これらの名前には空白が含まれているため、これらの名前が文字ストリング定数であることを ij ツールに示すために、二重引用符で囲む必要があります。

集約された値を計算する

Apache Derby には、複数の行に対して操作を行う、集約関数 (aggregate function) として知られる関数も用意されており、これを使ってクエリーを強化することができます。集約関数は、SQL-92 では集合関数 (set function) として知られていますが、簡単に言えば列関数 (column function) です。つまり多くの行に渡って、ある 1 つの列の数量を計算して返すのです。Apache Derby は 5 つの集約関数をサポートしています。これを表 3 に示します。

表 3. Apache Derby の集約関数
関数説明
AVGAVG(p.price)

ある式を満たすすべての行から、列の平均値を返します。組み込みの数値データ型でのみ使用することができます。返される値の精度は、評価される列の精度で決まります。

COUNTCOUNT(p.price)クエリーなどの式を満たす行の数を返します。任意のデータ型で使用することができます。
MAXMAX(p.price)ある式を満たすすべての行から、列の値の最大値を返します。組み込みのデータ型でのみ使用することができます。
MINMIN(p.price)ある式を満たすすべての行から、列の値の最小値を返します。組み込みのデータ型でのみ使用することができます。
SUMSUM(p.price)ある式を満たすすべての行から、列の合計を返します。組み込みの数値データ型でのみ使用することができます。

こうした集約関数は通常、他の方法では見つけにくい有用な情報を素早く見つけるために使われます。一例をリスト 4 に示します。

リスト 4. クエリーの中で集約関数を使う
ij> SELECT COUNT(p.itemNumber) AS Number, 
CAST((AVG(p.price) + 0.005) AS DECIMAL(5,2)) AS Average,
MIN(p.stockDate) AS "First Date", MAX(p.stockDate) AS "Last Date"
FROM bigdog.products AS p ;
NUMBER     |AVERAGE    |First Date|Last Date 
---------------------------------------------
10         |31.66      |2005-12-20|2006-03-31

1 row selected

リスト 4 は、5 つの集約関数のうちの 4 つを使って、bigdog.products テーブル中のデータの要約情報を取得しています。COUNT 関数によって、このテーブルには 10行あることがわかります (これがわかるのは、このクエリーではテーブルから選択される行を WHERE 節で制限していないためです)。 AVG 関数は、bigdog.products テーブルの中にある全アイテムの平均価格を計算します。この計算の結果は浮動小数点数になるため、このクエリーは、結果を適切なサイズの DECIMAL データ型に戻すように明示的にキャストしています。リスト 3 とは異なり、この例では0.005 を追加しており、CAST 関数を使って計算結果を強制的に丸めています。最後に、MIN 関数と MAX 関数は、bigdog.products テーブルから日付の最大値と最小値を抽出しています。

代数関数

Apache Derby には、表 4 に示すように、より複雑な算術演算を SQL クエリーの中で行うための 3 つの組み込み関数があり、先ほど説明した算術演算子と組み合わせて使うと、特に強力な演算を行うことができます。これらの関数は、クエリーの SELECT 節または WHARE 節の中で使用することができます。

表 4. Apache Derby の代数関数
関数説明
ABS or ABSVALABS(-1.0)ある式 (組み込みの数値型である必要があります) の絶対値を返します。戻り型は引数と同じです。
MODMOD(1, 2)最初の引数を 2 番目の引数で割った場合の余りを返します。戻り型は最大の整数型 (SMALLINT、INTEGER または BIGINT) を持つ引数と同じです。結果の符号は、最初の引数の符号のみによって決まります。
SQRTSQRT(0.5)ある式 (浮動小数点値である必要があります) の平方根を返します。戻り型は引数と同じです。

日付関数と時刻関数

Apache Derby は、日付や時刻用に多様なデータ型をサポートしています。こうした様々なデータ型をデータベース・クエリーの中で簡単に使えるように、日付と時刻用に 6 つの関数が用意されています。これを表 5 に示します。多くの場合、先ほど説明した型変換関数の代わりに、これらの関数を使うことができます。例えば、リスト 3 に示したクエリーの WHERE 節の p.stockDate <Date('2006-01-21') という部分を、YEAR(p.stockDate) < 2006 で置き換えることができます。

表 5. Apache Derby の日付と時刻関数
FunctionExampleDescription
DAYDAY(p.stockDate)日付やタイムスタンプ、あるいは有効な日付を含む文字ストリングの、「day」コンポーネントを含む整数を返します。
HOURHOUR('12:21:30')時刻やタイムスタンプ、または有効な時刻を含む文字ストリングの、「hour」コンポーネントを含む整数を返します。
MINUTEMINUTE('12:21:30')時刻やタイムスタンプ、または有効な時刻を含む文字ストリングの、「minute」コンポーネントを含む整数を返します。
MONTHMONTH('2005-12-20')日付けやタイムスタンプ、または有効な日付を含む文字ストリングの、「month」コンポーネントを含む整数を返します。
SECONDSECOND('12:21:30')時刻やタイムスタンプ、または有効な時刻を含む文字ストリングの、「second」コンポーネントを含む整数を返します。
YEARYEAR(p.stockDate) < 2006日付けやタイムスタンプ、または有効な日付を含む文字ストリングの、「year」コンポーネントを含む整数を返します。

文字ストリング関数

Apache Derby に組み込まれた関数カテゴリーの最後は、文字データの処理を単純化するためのものです。表 6 に示すように、このための関数は 8 つあり、文字値を数える、文字値をすべて大文字または小文字に変換する、あるいはストリングの最初または最後の空白を取り除く、特定のサブストリングを見つける、サブストリングを選択する、等を行うことができます。

これらの関数で使用される文字値は、データベース列 (Apache Derby データベースがサポートする文字データ型の 1 つ) の場合もあれば、文字データ型に直接変換できるデータベース列、あるいは固定文字ストリングなどの場合もあります。例えば、SELECT UCASE (p.description), UCASE ('hello world'), UCASE (p.stockDate) FROM bigdog.products AS p ; というクエリーは 3 つの列を返しますが、それらはすべて大文字の文字ストリングとして表示されます。

表 6. Apache Derby の文字ストリング関数
関数説明
||(p.description||v.vendorName)2 つの値を組み合わせて新しい文字ストリングにする連結演算子。どちらの値もCHAR 型の場合は、結果も CHAR 型です。もし値が VARCHAR 型、または数値データ型(VARCHAR 型に変換できます) の場合は、結果は VARCHAR 型です。
LCASE, or LOWERLCASE(p.description)入力値の中のアルファベットがすべて小文字に変換された文字ストリングを返します。
LENGTHLENGTH(p.description)入力値の中の文字数を返します。文字ではないデータは、暗黙的に文字ストリングに変換されます。
LOCATELOCATE('beach',p.description)検索ストリングの中で最初に見つかったサブストリングの開始位置を返します。サブストリングが見つからない場合はゼロを返します。最初の引数はサブストリング、2 番目の引数は検索ストリングであり、また 3 番目の引数として、検索開始位置をオプションとして付加することができます。
RTRIMRTRIM(p.description)入力値の最後にある空白を全て削除した文字ストリングを返します。
LTRIMLTRIM(p.description)入力値の最初にある空白を全て削除した文字ストリングを返します。
SUBSTRSUBSTR(p.description, 1, 4)入力文字ストリングの一部分 (指定された位置で開始し、その文字ストリングの最後まで、あるいはオプションとしての 3 番目の引数で指定される位置まで) を、VARCHAR として返します。開始位置が正の場合は文字列の先頭からの相対位置であり、負の場合は文字列の最後からの相対位置です。
UCASE, or UPPERUCASE(p.description)入力値の中のアルファベットがすべて大文字に変換された文字ストリングを返します。

まとめ

この記事では、より強力な SQL クエリーを書くための手法をいくつか紹介しました。まず、DISTINCT キーワードを使うことによって、クエリー中の、ある固有の行のみを選択することができます。第 2 に、ORDER BY 節を使うと、クエリー中の選択された行を、1 つ以上の基準に従ってソートすることができます。第 3 に、クエリーに使用できる基本的な代数演算子を学びました。そして最後に、SQL の基本的な組み込み関数を詳細に見てきました。多くの場合、こうした関数を使うことによって複雑な SQL クエリーを単純化することができます。そのための手法については、今後の記事でさらに詳しく説明します。そこでは、既存データベースの中のデータを選択的に削除したり変更したりするための使い方に触れる予定です。

参考文献

学ぶために

製品や技術を入手するために

  • Apache Derby Project のホームページから Apache Derby をダウンロードしてください。
  • 皆さんの次期オープンソース開発プロジェクトを IBM trial software を使って革新してください。ダウンロード、あるいは DVD で入手することができます。

議論するために

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Open source, Information Management
ArticleID=232558
ArticleTitle=Apache Derby を使用した開発 -- 3連単を当てる: Apache Derby によるデータベース開発第 5 回
publish-date=07112006