テクてく Lotus 技術者夜会

仕事帰りに Lotus の勉強会へ参加しませんか?


テクてく Lotus 技術者夜会は、Lotus アプリケーションの開発に携わる方、Lotus ソフトウェアの運用管理を担当されている方を対象とした勉強会です。

勉強会と申しましても、「楽しく」そして「ゆる~く」をモットーにしています。金曜日はカジュアル・フライデーでもありますので、当日は弊社社員はビジネス・カジュアルでお待ちしています。

リモートからの参加を受け付けます!

多くの方からのご要望を受け、このたびリモートへの配信を開始することになりました。ハンズオン等の一部のセッションは実施出来ませんので、予めご了承下さい。 参加をご希望の際には下記までご連絡下さい。

宛先: LOTUSCOM@jp.ibm.com
件名: XX月度テクてくLotus技術者夜会リモート参加希望
本文: 社名、お名前、ご連絡先

ザ・コミュニティ編 4月

ザ・コミュニティ編は技術者を対象に、偶数月の原則第三金曜日に開催いたします。 前半と後半から構成されるセッション形式を予定しています。


アジェンダ:

19時から20時
セッション 1: XPagesでここまで出来る!Q&A Webアプリのご紹介

九州ノーツパートナー会の技術部会で作成したQ&A Webアプリをご紹介します。Domino懇談室の後継としてご利用いただくために作成しました。もちろん、XPagesです! Webアプリの機能や仕様をご紹介するなかで、XPagesでできる!というのを実感いただけると思います。

担当者:

20時から21時
セッション 2: XPages Extension Library Japan 2.0リリース!

IBM Notes/Domino 9.0.1向けの「XPages Extension Library 日本語版サンプル」がリリースされました。 そこで、変更点を中心にデモと説明を行います。 また、1コマ目で説明していただいたQAアプリの詳細デモも併せて行います。

担当者:


ザ・デベロッパー編 5月

ソフトウェア開発研究所所属の開発者と対話!

ザ・デベロッパー編はアプリケーション開発者を対象に、奇数月の原則第三金曜日に開催いたします。 前半はセッション形式で、後半はBird of Featherというテーマを決めたディスカッションそしてハンズ・オン セッションに分かれます。

アジェンダ:

19時から20時
セッション 1: IBM Sametime とアプリケーション開発環境の紹介

IBM Sametime はリアルタイムコラボレーションを実現するソフトウェア製品です。最新版の 9.0 ではテキストメッセージのやりとりだけでは無く、高品質の音声やビデオを利用した オンライン 会議も利用可能となっています。また、専用クライアントからだけでの利用ではなく、Web ブラウザからのアクセスも可能にしています。そして、アプリケーション開発者向けに製品が提供する機能を利用するための SDK も公開されています。そこで、今回はこの IBM Sameitme 9.0 の紹介と開発ツールキットである IBM Sametime SDK を紹介します。

担当者:

20時から21時
セッション 2: BoF: IBM Sametime アプリケーション開発の可能性について

IBM Sametime は外部アプリケーションに IBM Sametime の機能を埋め込んだり、外部アプリケーションから IBM Sametime のサービスを操作したりすることを IBM Sametime SDK で可能にしています。今回は、この IBM Sametime SDK を利用したアプリケーション開発の可能性についてディスカッションします。

担当者:

20時から21時
セッション 2: さわってみよう IBM Sametime 9.0

IBM Sametime 9.0 を実際にさわって体験していただきます。後半では IBM Sametime SDK を利用して実現できるアプリケーションの例を体験し、その実装方法の概要を学ぶことが出来ます。ハンズオンでは Lotus Greenhouse を使用する予定ですので、参加希望の方は事前に Lotus Greenhouse のアカウントを取得しておいてください。

担当者:


お問い合わせはこちら

オンラインコミュニティーをご利用ください

テクてくLotus

テクてく Lotus の講師陣をご紹介

アドミン編

Lotusアプリケーション開発の基礎についてご紹介します

Lotus 研修/技術者認定

Lotus製品を最大限に活用していただく為の教育サービスをご提案します

Multimedia Library for Lotus Software

ヘルプを超えたビジュアルでわかりやすい解説でシステムの有効活用を促進

Connect with IBM developerWorks.