Bluemix 上で Cloudant NoSQL DB サービスと IBM Push Notifications サービスを利用して Android アプリを作成する

クラウド内にオブジェクトを保管し、保管したオブジェトを削除、更新、照会する

2016年 5月 12日
PDF (1277 KB)
 
author photo - belinda vennam

Belinda Vennam

Software Engineer, IBM Mobile Cloud Services

dW Connections

author photo - nick gibson

Nick Gibson

Software Engineer, IBM Mobile Cloud Services

dW Connections

author photo - andrew huffman

Andrew Huffman

Software Engineer, IBM Mobile Cloud Services

dW Connections

編集者からの注記: このチュートリアルは、2014年 10月に公開されたチュートリアル「IBM Mobile Data for Bluemix クラウド・サービスを利用して Android アプリを作成する」を更新したものです。以前のチュートリアルは、Bluemix の昔ながらのインターフェースを使用して作成しましたが、技術は急速に進化しているため、ステップや説明を変更しました。

皆さんは既に Bluemix を利用するメリットをいくつかご存知のことでしょう。Bluemix は、モバイル・アプリや Web アプリを開発、デプロイするための IBM のオープン・プラットフォームです。IBM Bluemix のモバイル・ソリューションには、あらかじめビルドされたサービスが数多く用意されていて、開発者が簡単にアプリの作成や機能強化を行えるようになっています。

このシリーズのチュートリアルでは、アプリにクラウド・ベースのサービスを追加する方法を紹介します。今回のチュートリアルでは、Bluemix 上の Cloudant NoSQL DB サービスを利用して、Android アプリを作成するステップを説明します。

皆さんは、奥様または旦那様にあの素晴らしいスフレを作ってもらうために食料品店に行ったところ、レシピに必要な材料を正確に思い出せなかったことはありませんか?あるいは、次の日のお弁当にデザートを入れて欲しいと子供たちにリクエストされたことはありませんか?そんなとき、家族で共有している食料品リストに、奥様や旦那様あるいは子供たちが自分たちのリクエストを入力すると、リストが更新されたことを知らせるプッシュ通知を受信できるとしたらどうでしょう?

そこで登場するのが、BlueList アプリです。この Bluemix サービスを利用したシンプルなアプリを出発点に、独自の (より複雑な) アプリを瞬く間に作成することができます。このチュートリアルでは、Android アプリの作成を始める方法と、そのアプリのオブジェクトをクラウド上に保管して、そのオブジェクトに対して削除、更新、照会を実行できるように、アプリに Cloudant NoSQL DB サービスを追加する方法を説明します (今後のチュートリアルで、アプリに IBM Push Notifications サービスと、Node.js によるクラウド・サービスを追加する方法を説明します。これらのサービスを追加すれば、食料品リストが更新されると通知を受けられるようにすることや、いずれかの端末によってリストが何らかの方法で更新されると、すべての端末上でリストが更新されるようにすることが可能になります)。

このシンプルなアプリでは Bluemix サービスを利用して、独自の (より複雑な) アプリを瞬く間に作成できるようになっています。

アプリを作成するために必要となるもの

 
  • Android 開発についての十分な知識。
  • Android 開発環境。私たちは ADT がインストールされた Eclipse を使用しましたが、お好きな環境を使用していただいて構いません。
  • BlueList のサンプル・コード (上掲のボタンをクリックしてください)。このコードには、このチュートリアルで使用するフロントエンドのコードと、バックエンドのコードが含まれています。
  • Bluemix のサービスを利用するための Bluemix アカウント。

ステップ 1. Bluemix 上で Mobile Cloud アプリを作成する

 
  1. Bluemix にログインします。
  2. Bluemix カタログの「Boilerplates (ボイラープレート)」セクションで、「MobileFirst Services Starter」をクリックします。
  3. アプリを作成するために、アプリ名、ホスト名、ドメインを入力します (他の項目は、デフォルト値をそのまま使用します)。「Create (作成)」をクリックします。
  4. アプリを作成してステージングが完了すると、コンソールではどのようにコーディングを開始するかを尋ねられるので、画面下の方にある「VIEW APP OVERVIEW (アプリの概要の表示)」をクリックして、アプリの概要ページを表示します。すると、Node.js ランタイムとその他のサービスが Bluemix 上で実行されているのがわかります。 実行中のアプリの概要ページのスクリーン・キャプチャー

    クリックして大きなイメージを見る

ステップ 2. BlueList NodeJS アプリを Bluemix にデプロイする

 
  1. サンプル・コードをローカルに複製し、Cloud Foundry CLI をダウンロードします。

    クリックして大きなイメージを見る

  2. サンプル・コードを複製したローカル・フォルダーを開きます。bluelist フォルダーにはフロントエンドのコードがあり、NodeJS フォルダーにはバックエンドのコードがあります。
  3. NodeJS フォルダーを開き、作成した Bluemix アプリの名前とホスト名に合わせて manifest.yml ファイルを更新します。この例では、Bluemix アプリの名前は shenyBluelist です。 実行中のアプリについて記述する manifest.yml ファイルのスクリーン・キャプチャー
  4. 以下の cf コマンドを実行して Bluemix 上の manifest.yml ファイルを更新し、アプリを再起動します。
    cf api https://api.ng.bluemix.net
    cf login
    cf apps
    cf push -f manifest.yml
    再起動中のアプリの様子を示す画面のスクリーン・キャプチャー

    クリックして大きなイメージを見る

ステップ 3. BlueList サンプルのフロントエンドを構成する

 
  1. Android Studio をダウンロードします。
  2. Android Studio でフロントエンド・プロジェクトのフォルダー bluelist を開きます。
  3. assets フォルダー配下の bluelist.properties ファイルを Bluemix アプリの情報で更新します。Bluemix アプリの概要ページで「MOBILE OPTIONS (モバイル・オプション)」をクリックすることで、経路と APPID の情報を表示することができます。 bluelist.properties ファイルの内容を表示する画面のスクリーン・キャプチャー

    クリックして大きなイメージを見る

ステップ 4. BlueList サンプルのバックエンドを構成する

 
  1. Bluemix アプリの Mobile Client Access サービスを開きます。認証を構成するために「Custom (カスタム)」「Configure (構成)」を選択します (Facebook による認証や、Google による認証を選択することもできます)。 認証をセットアップする (選択肢として「Custom (カスタム)」と「Facebook」が表示された) ウィンドウの一部のスクリーン・キャプチャー
  2. レルム名には「customAuthRealm_1」と入力し、URL には Bluemix アプリの経路を入力します (サンプルには、ユーザー Yotem、パスワード 456 がハードコーディングされており、これらで自動的に認証されます)。 カスタム認証のフィールドのスクリーン・キャプチャー

ステップ 5. モバイル・アプリを実行する

 

Android アプリをビルドして、Android 端末または Android シミュレーター上で実行します。アプリの ToDo リストに項目をいくつか追加します。必ず画面をプルダウンして、アプリをクラウド上のデータベースと同期させてください。

モバイル端末上で実行中のモバイル・アプリのスクリーン・キャプチャー

ステップ 6. クラウド上のデータをチェックする

 

Bluemix で Cloudant NoSQL DB サービスを選択して、「LAUNCH (起動)」ボタンをクリックすると、Cloudant ダッシュボードが開きます。

Cloudant NoSQL DB サービスのページのスクリーン・キャプチャー

todosdb データベースにアクセスします。

データベースと同期が取れた状態の todosdb データベースの項目数が表示されている画面のスクリーン・キャプチャー

クリックして大きなイメージを見る

項目は既にデータベースと同期した状態です。

Google API プロジェクト番号と Google Cloud Message の API キーを示す画面のスクリーン・キャプチャー

クリックして大きなイメージを見る

まとめ

 

このアプリを、Cloudant NoSQL DB サービスを利用して開発すれば、Bluemix を利用してモバイル・データ機能を取り込み、統合するのがいかに簡単であるかがわかるはずです!


BLUEMIX SERVICE USED IN THIS TUTORIAL:Cloudant NoSQL サービス は、完全に管理されたオールウェイズ・オンの NoSQL JSON データ層へのアクセスを提供します。

関連トピック:次のチュートリアル: IBM Push Notifications サービスと、Node.js によるクラウド・サービスを追加する

コメントの追加

注意: HTML コードは、コメント内ではサポートされません。


残り 1000 文字

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Mobile development, Cloud computing
ArticleID=967420
ArticleTitle=Bluemix 上で Cloudant NoSQL DB サービスと IBM Push Notifications サービスを利用して Android アプリを作成する
publish-date=05122016