IBM Lotus Notes 8.5.2 Traveler のパフォーマンス

この記事では、Microsoft Windows 64 ビットおよび Red Hat Linux 64 ビットの各オペレーティング・システムにおける IBM® Lotus® Notes® Traveler 8.5.2 のパフォーマンス結果をレポートします。また、Windows 64 ビット・オペレーティング・システム上の Lotus Notes Traveler 8.5.2 (64 ビット) サーバーと Lotus Notes Traveler 8.5.1 (64 ビット) サーバーを比較します。

Yuriy Veytsman, Staff Software Engineer, IBM

Yuriy Veytsman is a Staff Software Engineer on the IBM Lotus Domino server performance team. You can reach him at yuriy_veytsman@us.ibm.com.



2011年 3月 11日

はじめに

この記事では、Lotus Notes Traveler 8.5.2 の次のパフォーマンス結果をレポートします。

  • Windows 64 ビット・オペレーティング・システム上の Lotus Notes Traveler 64 ビット。
  • Linux 64 ビット・オペレーティング・システム上の Lotus Notes Traveler 32 ビット。Lotus Domino® for Linux は 32 ビット・アプリケーションですが、64 ビット Linux オペレーティング・システムでは、Lotus Notes Traveler は 3 GB までのメモリーを使用できます。
  • Windows 64 ビット・オペレーティング・システム上の Lotus Notes Traveler 8.5.1 (64 ビット) サーバーと 8.5.2 (64 ビット) サーバーの比較。Linux での Lotus Notes Traveler のサポートは 8.5.2 から開始しました。

大規模な Lotus Notes Traveler デプロイメントには Lotus Domino 64 ビット・サーバーがより適しているため、Windows 32 ビット・オペレーティング・システム上の Lotus Domino 32 ビット・サーバーについては、Lotus Notes Traveler 8.5.2 のパフォーマンスを測定しませんでした。

Lotus Notes Traveler は、Lotus Domino サーバーと、Windows Mobile、Nokia S60、Apple (iPhone、iPad、iPod Touch) の各デバイス間に、無線による双方向の同期を提供します。Lotus Notes Traveler を使用すると、メール、カレンダー、タスク、アドレス帳、およびジャーナル・データがリアルタイムに同期されます。Lotus Notes Traveler サーバーは Lotus Domino を実行しているサーバーにインストールされ、Lotus Domino サーバー・タスクとして動作します。Lotus Notes Traveler サーバー・タスクは Lotus Domino ディレクトリーを使用し、Lotus Notes ユーザーを自動的に検索して特定します。詳細については、「Lotus Notes Traveler」を参照してください。

テストのセットアップ

この調査では、2 つの Lotus Domino サーバーを使用しました。図 1 に示すように、1 つのサーバーは Lotus Notes Traveler サーバー・タスクをホストするために、もう 1 つのサーバーはユーザーのメール・データベースをホストするために使用されます。

図 1. テストの構成
テストの構成

テストの戦略は、一般的な企業カスタマーのメッセージングの負荷をシミュレートし、その環境にモバイル・デバイスを追加することです。NotesBench ワークロード・ジェネレーターがテスト設定内のランダムなユーザーにメールを送信し、Lotus Domino メール・サーバー上で他のアクティビティーを発生させることにより、Lotus Notes クライアント・アクティビティーをシミュレートします。また、デバイス・シミュレーターを使用してモバイル・デバイスをこの混合環境に追加します。デバイス・シミュレーターは NotesBench によって生成された変更をクライアントと同期し、デバイスでのモバイル・ユーザーのアクションをシミュレートします。


Lotus Notes Traveler 8.5.2

Lotus Notes Traveler サーバーと Lotus Domino メール・サーバーのパフォーマンスは、Windows 2003 64 ビット・サーバー・オペレーティング・システム上の Lotus Notes Traveler および N8Mail ワークロードを使用して測定されました (最初は、Red Hat Enterprise Linux 5 64 ビット・オペレーティング・システム上での測定でした)。Lotus Notes Traveler サーバーは Lotus Domino メール・サーバーとは異なるサーバー上にあり、モバイル・デバイス・クライアントをシミュレートするテスト・システムによって実行されます。ドライバー・システムは、リモート・デバイスのメール・メッセージの読み込みおよび送信をシミュレートするスクリプトを実行します。

Lotus Notes Traveler クライアント・スクリプトの詳細は以下のとおりです。

次のループを 64 回繰り返します。繰り返しの間に 15 分の待機時間があります。各ユーザーはランダムな繰り返しカウント (初回、5 回目など) でスタートし、64 回の繰り返しを完全に実行します。

ループの開始

  • 受信ボックス内の 5 通のメールを開いて読む (毎回)
  • 最初のメールに返信する (2 回ごと)
  • 10 バイトの 1 通のメールを 1 ユーザーに送信する (8 回ごと)
  • 別の 10 バイトのメールを 3 ユーザーに送信する (8 回ごと)
  • 1 通のメールを受信ボックスから NotesBench フォルダーに移動する (毎回)
  • 2 通のメールを削除する (毎回)

ループの終了

これらのユーザー・スクリプトに加え、Lotus Notes Traveler クライアントは Lotus Notes Traveler サーバーからの自動同期メッセージを受信します。NotesBench ロード・ドライバーの結果としてメールまたはカレンダーのデータがサーバー上で変更された場合、Lotus Notes Traveler クライアントはサーバーでの変更を自動的にデバイスに同期します。Lotus Notes Traveler 8.5.1 と比べ、Lotus Notes Traveler 8.5.2 では、より現実的なユーザー・エクスペリエンスを反映するようスクリプトが更新されました。

  1. 実際のデバイスに合わせて、待機と再試行の時間が 5 秒から 5 分に変更されています (8.5.2 および 8.5.1 の両バージョンとも)。
  2. Windows Mobile デバイスおよび Symbian デバイス用のすべてのクライアントは、SyncML クライアントではなく、HTTP通信によるプッシュメールのクライアントとしてシミュレートされます。
  3. 前のテストの Apple OS 2.1 の代わりに、Apple OS 3.0 が使用されます。

Lotus Notes Traveler 用のロード・ドライバーは、Windows Mobile 6 デバイス、Nokia デバイス、および Apple デバイスをシミュレートします。Lotus Notes Traveler 8.5.2 では、Windows Mobile および Nokia クライアントが HTTP ベースの自動同期を使用するようになりました。これは、Lotus Notes Traveler 8.5.1 以前のバージョンで使用されていた TCP 自動同期チャネルとは異なるものです。Apple デバイスは別の同期プロトコルを使用しており、Windows Mobile デバイスや Nokia デバイスとは異なるパフォーマンス特性を持っています。

使用したワークロード・シミュレーションは次のとおりです。

  • Windows Mobile 6 デバイスが 100 パーセントで、メールのフォーマットはすべてリッチ・テキスト。
  • Apple デバイスが 100 パーセント。
  • Windows Mobile 6 デバイスと Nokia デバイスが 50 パーセント、Apple デバイスが 50 パーセントの混合ワークロード。

Lotus Domino 8.5.2 メール・サーバーのワークロード

Lotus Domino 8.5.2 メール・サーバー上で実行される N8Mail ワークロードは、Lotus Notes 8.5.2 クライアントを使用してメールを送るユーザーをシミュレートします。このワークロードは、Administrator クライアントのインストール・オプションとして含まれる NotesBench と Server.Load というツールの NotesBench ワークロード・スイートの一部です。N8Mail ワークロードの詳細については、developerWorks® の記事「IBM Lotus Notes V8 workloads: Taking performance to a new level」を参照してください。

これらの測定では、N8Mail ワークロードは、6000 ものユーザー (4000 + モバイル・デバイスのユーザー数) にメールを送信する 4,000 の Lotus Notes クライアントをシミュレートします。追加の 2000 ユーザー (または、別に示されているユーザー) は、Lotus Notes Traveler の登録ユーザーです。これらの測定では、メール・ユーザーが Lotus Notes クライアントまたは Lotus Notes Traveler デバイスのいずれかを保持する (しかし、同時に両方を保持することはない) カスタマー環境がシミュレートされています。

特記事項

これらのすべてのテストはラボ環境での測定であるため、結果が実際のカスタマー環境で得られるものとは異なる場合があります。


Lotus Domino メール・サーバーの構成と結果

Lotus Domino メール・サーバーのハードウェアおよびソフトウェアの構成を次の表に示します。

表 1. ハードウェアの構成
モデルIBM x3850
テスト用のプロセッサー/速度44 Xeon (dual core) @ 3.0 GHz
装着メモリー12 GB
アクティブ物理ドライブ42 disks
アクティブ論理ボリューム6 arrays of RAID 0
オペレーティング・システムWindows 2003 Server Enterprise 64-bit
表 2. ソフトウェアの構成
Notes.ini 設定設定
すべてのテストに使用された設定 server_pool_tasks=80
server_max_concurrent_trans=100
Show_Server_Performance=1
RouterDbCacheSize=6100
NSF_DBcache_maxentries=6000
SCHEDULE_NO_VALIDATE=1
NSF_Buffer_Pool_Size_MB=250

メール・サーバーは、Windows 2003 64 ビット Standard Server を実行している eServer™ xSeries® 3850 (4 デュアル・コア・プロセッサー、12 GB の物理メモリー) 上で単一の Lotus Domino パーティション・サーバーとしてセットアップされた Lotus Domino 8.5.2 32 ビット・サーバーを実行しています。ストレージの構成は、42 のディスク・ドライブを持つ IBM DS4000® シリーズ (FAStT) ハードウェア・アレイです。Lotus Domino の実行可能ファイルは、合計サイズ 200 GB の 1 つの RAID 0 論理ボリューム上にインストールされました。メール・データベースは、それぞれ 800 GB のサイズを持つ 3 つの RAID 0 論理ボリュームにわたって展開されました。メール・ジャーナルは、個別の論理ボリューム上でセットアップされました。ネットワーク・アクセスは、全二重モードで実行されている単一の 1 G ビット・イーサネット・アダプターを通じて行われました。

図 2 は、4,000 の N8Mail ユーザーと、Lotus Notes Traveler Windows Mobile 6 および Nokia のさまざまなユーザー負荷における、Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー・リソースの使用率を示しています。この使用率は、Lotus Notes Traveler Server 8.5.2 (64 ビット) 用の 64 ビット Windows 2003 サーバー構成で測定されました。

図 2. Windows Mobile 6 および Nokia のさまざまな負荷における Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー使用率
Windows Mobile 6 および Nokia のさまざまな負荷における Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー使用率

ユーザー数を 1,000 から 2,000 に増加すると、Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー使用率が 8 パーセント上昇することが測定されました。

図 3. Apple のさまざまな負荷における Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー使用率
Apple のさまざまな負荷における Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー使用率

Lotus Notes Traveler の Apple ユーザー数を 1000 から 1500 に増加すると、図 3 に示すように、Lotus Domino メール・サーバーでのプロセッサー使用率が 4 パーセント上昇することが測定されました。

Lotus Notes Traveler サーバーが Windows オペレーティング・システムまたは Linux オペレーティング・システムのどちらに存在していても、図 2 および 3 に示されるプロセッサー使用率のデータは同じ値にとどまります。この上昇は、Lotus Notes Traveler サーバー上の負荷と直接の相関関係があります。Lotus Notes Traveler サーバーによって Lotus Domino メールのポーリングが効率的に使用されるため、Lotus Domino メール・サーバーで Lotus Notes Traveler ユーザーを有効にするときのプロセッサー・オーバーヘッドが適度なものになります。

IBM Lotus Notes Traveler サーバー 64 ビット (Windows 64 ビット) の構成と結果

Lotus Notes Traveler Server 8.5.2 (64 ビット) は、Windows 2003 64 ビット Enterprise Server を実行している eServer xSeries 3550 (4 デュアル・コア・プロセッサー、8 GB の物理メモリー) 上で、単一の Lotus Domino パーティション・サーバーとしてセットアップされています。ネットワーク・アクセスは、全二重モードで実行されている単一の 1 G ビット・イーサネット・アダプターを通じて行われました。

Lotus Notes Traveler サーバー 64 ビットのハードウェアおよびソフトウェア構成を表 3 と 4 に示します。

表 3. Lotus Notes Traveler サーバー 64 ビットのハードウェア構成
モデルIBM x3850
テスト用のプロセッサー/速度4 Xeon (dual core) @ 3.2 GHz
装着メモリー8 GB
アクティブ物理ドライブ2 disks, 73 GB each, 10000 RPM, 320 MB/s
アクティブ論理ボリュームN/A
オペレーティング・システムWindows 2003 Server Enterprise 64-bit
表 4. Lotus Notes Traveler サーバー 64 ビットのソフトウェア構成
Notes.ini 設定Lotus Notes Traveler の javaheap の初期サイズを増加
すべてのテストに使用された設定NTS_Java_Parms=-Xms625M -Xmx625M
NSF_Buffer_Pool_size_MB-200
HTTP 設定
永続接続タイムアウト310 秒
出力タイムアウト310 秒
HTTP スレッドデバイス数 の 1.2 倍

Lotus Notes Traveler サーバーは、サポートするアクティブ・ユーザー数に合わせてチューニングする必要があります。このテスト用に変更した設定は表 4 に示されています。

これらのチューニング・パラメーターに加え、同じサーバー上でより多くのデバイスに適応するために、ローカル・レジストリーで次の Windows TCP/IP スタック変更が必要でした。

  • [HKEY_LOCAL_MACHINE \System \CurrentControlSet \Services \Tcpip \Parameters]MaxUserPort = 15000
    この値は、以降の結果のために 5000 から 15000 に増加されました。
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE \System \CurrentControlSet \Services \Tcpip \Parameters]MaxFreeTcbs = 10000
    この値は、以降の結果のために 2000 から 10000 に増加されました。
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE \System \CurrentControlSet \services \Tcpip \Parameters]MaxHashTableSize = 2650
    この値は、以降の結果のために 512 から 2650 に増加されました。
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM \CurrentControlSet \Services \Tcpip \Parameters]EnableConnectionRateLimiting = 0

結果

シミュレートされた Windows Mobile 6 および Nokia ユーザーの負荷における、64 ビット Windows 2003 での Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバー (64 ビット) のプロセッサー・リソース使用率を図 4 に示します。また、図 5 には、Apple デバイスでのプロセッサー・リソース使用率を示します。

図 4. さまざまな WM6 デバイスによる負荷における Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率
Processor utilization for Lotus Notes Traveler 8.5.2 under various Windows Mobile 6 devices loads

1000 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 21 パーセントで、2000 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 48 パーセントでした。Lotus Notes Traveler 8.5.2 は、66 パーセントのプロセッサー使用率で 2500 のアクティブ・ユーザーに対応することができました。

図 5. さまざまな Apple デバイスによる負荷 Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率
さまざまな Apple デバイスによる負荷 Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率

1000 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 15 パーセントで、1500 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 23 パーセントでした。ユーザー数を 500 増加しても、プロセッサーの使用率は 8 パーセントしか上昇しませんでした。

2000 ユーザーの場合、デバイスの混合セット (Windows Mobile 6 と Nokia が 50 パーセント、Apple が 50 パーセント) では、プロセッサー使用率は 40 パーセントになりました。

負荷のタイプ別のメモリー使用量を表 5 に示します。

表 5. 負荷のタイプ別のメモリー使用量
テストのタイプメモリー使用量 (MB)
Windows Mobile 6 デバイスが 2000 の場合1700
Windows Mobile 6 デバイスが 1000 の場合1700
混合デバイスが 2000 の場合 (Windows Mobile 6 と Nokia が 50 パーセント、Apple デバイスが 50 パーセント)1700
Apple デバイスが 1500 の場合1600
Apple デバイスが 1000 の場合1700

図 2 および 3 に示した結果を得るための条件として、4000 の N8Mail ユーザーをともなう定常状態で Lotus Domino メール・サーバーを連続的に動作させながら、Lotus Notes Traveler ユーザーの数を徐々に増加させます。Lotus Domino メール・サーバーは 6000 メール・ユーザー用に構成されていて、そのうち 4000 メール・ユーザーは N8Mail ワークロードを使用して Lotus Notes クライアントのトラフィックをシミュレートします。そして、デバイス・トラフィックをシミュレートする Lotus Notes Traveler ユーザー数を 1000 ユーザーから 2000 ユーザーに増加させます。

2000 の Lotus Notes Traveler Windows Mobile 6 アクティブ・ユーザーと 4000 の Lotus Domino N8Mail アクティブ・ユーザーによる負荷における、Lotus Notes Traveler サーバーでの主なリソース使用状況のメトリックを表 6 に示します。表 6 は Apple デバイスでの同じメトリックを示し、表 7 は混合された負荷 (Windows Mobile 6 と Nokia が 50 パーセント、Apple デバイスが 50 パーセント) でのメトリックです。

表 6. さまざまな負荷でのリソース使用量 (アクティブな Lotus Notes Traveler Windows Mobile 6 ユーザーと Nokia ユーザー、および 4000 の Lotus Domino N8Mail ユーザー)
リソースWindows Mobile 6 および Nokia ユーザーが 1000 の場合Windows Mobile 6 および Nokia ユーザーが 2000 の場合
プロセッサー・ビジー率2148
ディスク読み取り合計/秒11
ディスク書き込み合計/秒234355
Lotus Notes Traveler サーバーの仮想メモリー (MB)17001700
ネットワーク・バイト/秒17651813
表 7. さまざまな負荷でのリソース使用量 (アクティブな Lotus Notes Traveler Apple ユーザー、および 4000 の Lotus Domino N8Mail ユーザー)
リソースApple ユーザーが 1000 の場合Apple ユーザーが 2000 の場合
プロセッサー・ビジー率1523
ディスク読み取り合計/秒11
ディスク書き込み合計/秒234256
Lotus Notes Traveler サーバーの仮想メモリー (MB)17001600
ネットワーク・バイト/秒23061875
表 8. リソース使用量 (2000 のアクティブな Lotus Notes Traveler 混合ユーザー、および 4000 の Lotus Domino N8Mail ユーザー)
リソース混合ユーザーが 2000 の場合
プロセッサー・ビジー率40
ディスク読み取り合計/秒1
ディスク書き込み合計/秒388
Lotus Notes Traveler サーバーの仮想メモリー (MB)1700
ネットワーク・バイト/秒2232

IBM Lotus Notes Traveler サーバー 32 ビット (Linux 64 ビット) の構成と結果

Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバー (32 ビット) は、Linux Red Hat 64 ビット Enterprise Server を実行している eServer xSeries 3550 (4 デュアル・コア・プロセッサー、8 GB の物理メモリー) 上で、単一の Lotus Domino パーティション・サーバーとしてセットアップされています。ネットワーク・アクセスは、全二重モードで実行されている単一の 1 G ビット・イーサネット・アダプターを通じて行われました。

Lotus Notes Traveler サーバー 64 ビットのハードウェアおよびソフトウェア構成を表 9 と 10 に示します。

表 9. Lotus Notes Traveler サーバー 32 ビットのハードウェア構成
モデルIBM x3550
テスト用のプロセッサー/速度4 Xeon (dual core) @ 3.2 GHz
装着メモリー8 GB
アクティブ物理ドライブ2 disks, 73 GB each, 10000 RPM, 320 MB/s
アクティブ論理ボリュームN/A
オペレーティング・システムLinux Red Hat 5 Enterprise (64-bit)
表 10. Linux 64 ビット上の Lotus Notes Traveler サーバー 32 ビットのソフトウェア構成
Notes.ini 設定Lotus Notes Traveler の javaheap の初期サイズを増加
すべてのテストに使用された設定NTS_Java_Parms=-Xms625M -Xmx625M
NSF_Buffer_Pool_size_MB-200
HTTP 設定
永続接続タイムアウト310 秒
出力タイムアウト310 秒
HTTP スレッドデバイス数 の 1.2 倍

結果

シミュレートされた Windows Mobile 6 および Nokia ユーザーの負荷における、64 ビット Linux での Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバー (32 ビット) のプロセッサー・リソース使用率を図 6 に示します。図 7 は、Apple デバイスでのプロセッサー・リソース使用率と、34 パーセントでの混合デバイス・ワークロードのプロセッサー使用率を示しています。

図 6. Linux 64 ビット・プラットフォーム上のさまざまな Windows Mobile 6 デバイスの負荷における Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率
Linux 64 ビット・プラットフォーム上のさまざまな Windows Mobile 6 デバイスの負荷における Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率

1000 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 27 パーセントで、1500 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 40 パーセントでした。

図 7. Linux 64 ビット・プラットフォーム上のさまざまな Apple デバイスの負荷における Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率
Linux 64 ビット・プラットフォーム上のさまざまな Apple デバイスの負荷における Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率

図 7 に示すように、1000 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 20 パーセントで、1500 アクティブ・ユーザーでのプロセッサー使用率は 32 パーセントでした。

負荷のタイプ別のメモリー使用量を表 11 に示します。

表 11. Linux 64 ビット・オペレーティング・システム上のさまざまな負荷における Lotus Notes Traveler 8.5.2 のメモリー使用量
テストのタイプメモリー使用量 (MB)
Windows Mobile 6 デバイスが 1500 の場合1262
Windows Mobile 6 デバイスが 1000 の場合1201
混合デバイスが 1500 の場合 (Windows Mobile デバイスが 50 パーセント、Apple デバイスが 50 パーセント)1338
Apple デバイスが 1500 の場合1538
Apple デバイスが 1000 の場合1359

図 6 および 7 に示した結果を得るための条件として、4000 の N8Mail ユーザーをともなう定常状態で Lotus Domino メール・サーバーを常に動作させながら、Lotus Notes Traveler ユーザーの数を徐々に増加させます。Lotus Domino メール・サーバーは 5500 のメール・ユーザー用に構成されていて、そのうち 4000 は N8Mail ワークロードを使用して Lotus Notes クライアントのトラフィックをシミュレートするメール・ユーザーです。そして、デバイス・トラフィックをシミュレートする Lotus Notes Traveler ユーザーの数を 1000 ユーザーから 1500 ユーザーに増加させます。

1000 および 1500 のアクティブな Lotus Notes Traveler Windows Mobile 6 ユーザーおよび Nokia ユーザーと、4,000 のアクティブな Lotus Domino N8Mail ユーザーの負荷における、Lotus Notes Traveler サーバーでの主なリソース使用状況のメトリックを表 12 に示します。

表 12. リソース使用量 (1000 または 1500 のアクティブな Lotus Notes Traveler Windows Mobile 6 ユーザーおよび Nokia ユーザーと 4000 の Lotus Domino N8Mail ユーザー)
リソースWindows Mobile 6 ユーザーが 1000 の場合Windows Mobile 6 ユーザーが 1500 の場合
プロセッサー・ビジー率2740
ディスク読み取り合計/秒11
ディスク書き込み合計/秒190265
Lotus Notes Traveler サーバーの仮想メモリー (MB12011262
ネットワーク KB/秒1.82.3
表 13. リソース使用量 (1000 および 1500 のアクティブな Lotus Notes Traveler Apple ユーザーと 4000 の Lotus Domino N8Mail ユーザー)
リソースApple ユーザーが 1000 の場合Apple ユーザーが 1500 の場合
プロセッサー・ビジー率2032
ディスク読み取り合計/秒11
ディスク書き込み合計/秒182196
Lotus Notes Traveler サーバーの仮想メモリー (MB)12351538
ネットワーク KB/秒1.92.4

Lotus Notes Traveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 の比較

Lotus Notes Traveler バージョン 8.5.1 とバージョン 8.5.2 の比較は、Windows サーバーの負荷に基づいてのみ可能です。Linux サーバーでの Lotus Notes Traveler のサポートは、バージョン 8.5.2 から開始しました。

図 8 に示すプロセッサー・リソース使用率のグラフは、64 ビット Windows 2003 上の Lotus Notes Traveler 8.5.1 サーバー (64 ビット) と Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバー (64 ビット) を同じ負荷で比較したものです。

図 8. Windows Mobile 6 の異なる負荷における、Lotus Notes Traveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率の比較
Windows Mobile 6 の異なる負荷における、Lotus Notes Traveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率の比較

1000 アクティブ・ユーザーの場合、プロセッサー使用率は Lotus Notes Traveler 8.5.1 で 24 パーセントとなり、Lotus Notes Traveler 8.5.2 では 21 パーセントに低下します。1500 アクティブ・ユーザーの場合、プロセッサー使用率は Lotus Notes Traveler 8.5.1 で 53 パーセントですが、Lotus Notes Traveler 8.5.2 では 48 パーセントに低下します。図 9 を参照してください。

図 9. Apple デバイスの異なる負荷における、Lotus Notes Traveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率の比較
Apple デバイスの異なる負荷における、Lotus Notes Traveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率の比較

1000 アクティブ・ユーザーの場合、プロセッサー使用率は Lotus Notes Traveler 8.5.1 で 32 パーセントとなり、Lotus Notes Traveler 8.5.2 では 20 パーセントに低下します。1500 アクティブ・ユーザーの場合、プロセッサー使用率は Lotus Notes Traveler 8.5.1 で 45 パーセントですが、Lotus Notes Traveler 8.5.2 では 32 パーセントに低下します。図 10 を参照してください。

図 10. 2000 のアクティブな混合ユーザー (Windows Mobile 6 と Nokia が 50 パーセント、Apple が 50 パーセント) における、Lotus NotesTraveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率の比較
2000 のアクティブな混合ユーザー (Windows Mobile 6 と Nokia が 50 パーセント、Apple が 50 パーセント) における、Lotus NotesTraveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 のプロセッサー使用率の比較

2000 アクティブ・ユーザーの場合、プロセッサー使用率は Lotus Notes Traveler 8.5.1 で 53 パーセントとなり、Lotus Notes Traveler 8.5.2 では 40 パーセントに低下します。

図 11. 1000 および 2000 の Windows Mobile 6 デバイスと Nokia デバイスにおける、Lotus Notes Traveler 8.5.2 と Lotus Notes Traveler 8.5.1 のメモリー使用量の比較
1000 および 2000 の Windows Mobile 6 デバイスと Nokia デバイスにおける、Lotus Notes Traveler 8.5.2 と Lotus Notes Traveler 8.5.1 のメモリー使用量の比較

Apple デバイスに対するメモリー使用量は、Lotus Notes Traveler 8.5.1 と Lotus Notes Traveler 8.5.2 とでは変化がなく、1500 の Apple デバイスで 1.6 GB にとどまります。


まとめ

Windows (64 ビット) オペレーティング・システム

Windows 64 ビット・オペレーティング・システムにおけるリモート構成の Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバーおよび Lotus Domino 8.5.2 メール・サーバーのパフォーマンス測定により、Lotus Notes Traveler 8.5.2 64 ビット・サーバーは、このレポートで示したワークロードに対し、2000 を超える Windows Mobile ユーザー、または 1500 を超える Apple デバイス・ユーザー、あるいは 2000 の混合ユーザーをサポートできることがわかりました。テストを通じて、2500 の Windows Mobile ユーザーの負荷を処理する能力があることが示されました。

Lotus Notes Traveler Windows 64 ビット・サーバー (4 デュアル・コア・プロセッサー、8 GB メモリー) は、2,000 のアクティブ・ユーザー (WM) でプロセッサー使用率が 47 パーセントになり、2000 の Windows Mobile デバイスでメモリー使用量が 1.7 GB になりました。また、1500 の Apple デバイスでは、プロセッサー使用率が 23 パーセント、メモリー使用量が 1.6 GB になりました。さらに、2000 アクティブ・ユーザーの混合された負荷 (Windows Mobile 6/Nokia が 50 パーセント、Apple ユーザーが 50 パーセント) では、プロセッサー使用率が 40 パーセント、メモリー使用量が 1.7 GB でした。

Lotus Domino 8.5.2 メール・サーバーが、4000 の N8Mail ユーザーと、2000 の (64 ビット) Lotus Notes Traveler Windows Mobile 6/Nokia ユーザー、または 1500 の Apple ユーザー、あるいは 2000 の混合ユーザー負荷による定常状態にある場合、Lotus Domino メール・サーバー上のプロセッサー使用率はやや影響を受けました。

2000 (または、このテストで到達した人数) を超えるアクティブな Lotus Notes Traveler ユーザーをサポートする場合、お客様は複数の Lotus Notes Traveler 8.5.2 64 ビット・サーバーをデプロイする必要があります。Lotus Notes Traveler ユーザーによって追加されるアクティビティーをメール・サーバーがピーク時の負荷に処理できるようにするために、Lotus Domino メール・サーバー上のプロセッサー使用率をモニターしなければなりません。

Lotus Notes Traveler はメモリーを大量に消費するアプリケーションなので、多数のモバイル・デバイス・ユーザーをサポートするには、Lotus Domino 64 ビット・サーバーを Windows 64 ビット・オペレーティング・システム上にデプロイすることが最適であることに注意してください。

Linux 64 ビット・オペレーティング・システム

Linux 64 ビット・オペレーティング・システムにおけるリモート構成の Lotus Notes Traveler 8.5.2 (32ビット・サーバー) および Lotus Domino 8.5.2 メール・サーバーのパフォーマンス測定により、Lotus Notes Traveler 8.5.2 32 ビット・サーバーは、このレポートで示したワークロードに対し、1500 を超える Windows Mobile ユーザー、または 1500 の Apple デバイス・ユーザー、あるいは 2000 の混合ユーザーをサポートできることがわかりました。

Lotus Notes Traveler Linux 64 ビット・サーバー (4 デュアル・コア・プロセッサー、8 GB メモリー) は、1500 のアクティブ・ユーザー (Windows Mobile) でプロセッサー使用率が約 40 パーセント、メモリー使用量が 1.26 GB になりました。また、1500 の Apple デバイスでは、プロセッサー使用率が 32 パーセント、メモリー使用量が 1.5 GM であり、1500 の混合デバイスでは、プロセッサー使用率が 33.5 パーセント、メモリー使用量が 1.3 GB でした。

付録 1. Notes.ini 設定
Notes.ini パラメーター名説明
Create_R8_DatabasesLotus Domino 8 サーバーに適用されます。この変数を 1 に設定すると、Lotus Domino 8 サーバー上で ODS48 データベースが作成されます。
NSF_Buffer_Pool_Size_MBNSF バッファー・プールの最大サイズ (バイト) を指定します。NSF バッファー・プールは、Lotus Domino とディスク・ストレージ間の I/O 転送バッファリング専用のメモリー・セクションです。
NSF_Dbcache_Maxentriesサーバーが自分自身のデータベース・キャッシュに一度に保持できるデータベース数を指定します。
RouterDbCacheSizeルーター・プロセスのメール・データベースをキャッシュするために使用されるルーター・データベース・キャッシュのサイズを指定します。
SCHEDULE_NO_VALIDATESchedMgr によって毎日行われる空き時間データベース・エントリーの検証を有効または無効にします。0 (デフォルト) - 検証を有効にします。1 - 検証を無効にします。
Server_MAX_CONCURRENT_TRANSサーバー上で同時にスケジュールされるトランザクション数の制限を指定します。
Server_Pool_TasksLotus Domino サーバー (DbServer) のスレッド・プールにおける物理スレッドの合計数を指定します。
Server_Show_Performanceサーバーに適用されます。サーバー・パフォーマンス・イベントをコンソールに表示するかどうかを指定します。この変数を 1 に設定すると、サーバー・パフォーマンス・イベントがコンソールに表示されます。

参考文献

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=631279
ArticleTitle=IBM Lotus Notes 8.5.2 Traveler のパフォーマンス
publish-date=03112011