LotusLive Notes サービスとオンプレミス Domino の管理の相違点

オンプレミス Domino 環境で使用可能な一部の管理機能が LotusLive Notes サービスでは使用できなかったり、実装方法が異なっていたりします。また、LotusLive Notes サービス内で制限がある場合もあります。次の表で、このような機能の違いを説明します。

Kendra Bowker, Technical Writer, Lotus

Kendra Bowker has worked as a writer in the Notes/Domino User Assistance group for six years and specializes in administration documentation. At home she specializes in running after her two young sons.



2011年 11月 25日

オンプレミス Domino 環境で使用可能な一部の管理機能が LotusLive Notes サービスでは使用できなかったり、実装方法が異なっていたりします。また、LotusLive Notes サービス内で制限がある場合もあります。次の表で、このような機能の違いを説明します。

Domino の管理機能LotusLive Notes サービスでの機能
管理ポリシーのカスタマイズサービス専用構成
使用できません。

ハイブリッド環境
いくつか制限はありますが、使用できます。詳細については、
Using administrative policies with LotusLive Notes」を参照してください。
メール・ファイル・テンプレートのカスタマイズ使用できます。設計要件に適合し、IBM Software Solutions for Lotus (ISSL) とのサービス契約によって承認されている必要があります。
Domino サーバーからのメール・ファイル転送サービス専用構成
使用できません。

ハイブリッド環境
  • IBM Software Solutions for Lotus (ISSL) とのサービス契約があれば使用できます。
  • 個人フォルダーは転送されませんが、転送後、個人フォルダー内のメッセージは「すべての文書」ビューから使用することができます。
Domino サーバー以外のオンプレミス・メール・サーバーによる
メール・ルーティング
サービス専用構成
サービスによって自社所有が確認されていない外部インターネット・ドメインにメールをルーティングする場合に使用できます。メールはインターネット経由でルーティングされます。

ハイブリッド環境
  • サービスによって自社所有が確認されていない外部インターネット・ドメインにメールをルーティングする場合に使用できます。メールはインターネット経由でルーティングされます。
  • サービスによって自社所有が確認されている内部インターネット・ドメインとサービスとの間でメールをルーティングする場合に使用できます。
Domino サーバーの統計、Domino イベント、
および Domino のその他のモニター機能
LotusLive Notes メール・サーバーでは使用できません。
Domino のメッセージ・トラッキングとメッセージ・フィルタリングLotusLive Notes メール・サーバーでは使用できません。
LDAP および IIOP アクセスLotusLive Notes サーバーでは使用できません。
オンプレミス Domino ディレクトリーの使用サービス専用構成
使用できません。

ハイブリッド環境
使用できます。オンプレミスのディレクトリー・ハブ・サーバーからサービスにディレクトリーを複製する必要があります。ディレクトリー・サーバーはディレクトリー・アシスタンスを介してディレクトリーにリモートでアクセスすることはできないため、このディレクトリーはディレクトリー・ハブ・サーバーにローカルに格納されている必要があります。詳細については、「Planning directory synchronization」を参照してください。
カスタム・アプリケーションから Domino ディレクトリーへの NAMELookup コールサービス内でNotesクライアントによって使用されている限定されたビュー・セットに対してのみ使用可能です。
ドメイン・インデックスの使用使用できません。
ドメイン・カタログの使用使用できません。
パスワード有効期限サービス専用構成
使用できません。

ハイブリッド環境
オンプレミスで構成されている場合、クライアントがオンプレミス Domino サーバーに接続する場合には強制されますが、LotusLive Notes に接続する場合は強制されません。
サーバーによる Notes ID の公開鍵チェックサービス専用構成
使用できません。

ハイブリッド環境
  • LotusLive Notes メール・サーバーでは使用できません。
  • オンプレミスのパス・スルー・サーバー、ディレクトリー同期サーバー、および 1 次メール・ハブ・サーバーでは機能を無効にする必要があります。
Notes ID のパスワード・リセットLotusLive Notes 管理 Web インターフェースから使用できます。
Web シングル・サインオン (SSO)
  • オンプレミスの Security Assertions Markup Language (SAML) ID プロバイダーを使用して LotusLive Notes の Web ユーザーを認証する場合にオプションで使用できます。詳細については、Lotus Live Customer Resources ページにあるホワイト・ペーパー「Setting up Federated Identity with LotusLive」を参照してください。
  • SAML が構成されていない場合、Web SSO は LotusLive サービス内でのみ使用可能になり、オンプレミスの SSO 構成は無視されます。ユーザーは LotusLive サーバーとオンプレミス・サーバー間で切り替えを行うときに、資格情報を提供する必要があります。
Notes の共有ログイン
(Notes クライアントのログインに Windows 資格情報を使用)
サービス専用構成
使用できません。

ハイブリッド環境
使用できます。
ユーザーのNotes名の変更サービス専用構成
LotusLive のユーザー・アカウント管理インターフェースから実行できます。

ハイブリッド環境
オンプレミス Domino の場合と同じ方法で実行します。ディレクトリーの変更はサービスに複製されます。
ユーザーの Notes インターネット・アドレスの変更サービス専用構成
アドレスが LotusLive へのログインに使用されるアカウント ID と同じ場合は、LotusLive のユーザー・アカウント管理インターフェースから実行できます。

ハイブリッド環境
オンプレミス Domino の場合と同じ方法で実行します。ディレクトリーの変更はサービスに複製されます。
新規ユーザー登録サービス専用構成
LotusLive のユーザー・アカウント管理インターフェースから実行します。

ハイブリッド環境
  • 標準のユーザー登録手順を使用してオンプレミスでユーザーを登録します。登録時にメール・ファイルを作成する必要がありますが、ユーザーへのサービスのプロビジョニング後に削除することができます。
  • 新しいユーザー文書をサービスに複製後、企業の管理者は LotusLive Notes 管理 Web インターフェースを使用してユーザーに LotusLive Notes のプロビジョニングを行います。
ユーザーの削除サービス専用構成
LotusLive Notes サブスクリプションは LotusLive のユーザー・アカウント管理インターフェースから削除します。

ハイブリッド環境
  • オンプレミスでユーザーを削除します。
  • LotusLive Notes サブスクリプションは LotusLive のユーザー・アカウント管理インターフェースから削除します。

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=775497
ArticleTitle=LotusLive Notes サービスとオンプレミス Domino の管理の相違点
publish-date=11252011