SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第24回 あなたはノーツのモバイル環境を使ったことがありますか?

携帯電話とPHSのここ数年の爆発的な普及、そしてノートパソコンの先を争うかのような軽量化と薄型化。この2つの現象のおかげで最近ではモバイルコンピューティングという新しい言葉がここ1、2年脚光を浴びています。実際、街でも仕事か遊びかはともかくとして、ノートパソコンを持ち歩き使っている人たちをみかけます。今回はこのモバイルについて、そしてモバイルという意味では10年近く前から実現しているノーツのモバイル環境について考えてみましょう。

Lotus クライアント テクニカル プロフェッショナルズ, ソフトウェア事業, 日本アイ・ビー・エム株式会社

Lotus クライアント テクニカル プロフェッショナルズ, ソフトウェア事業, 日本アイ・ビー・エム株式会社



2005年 3月 28日

まずモバイルというものの意味を少し考えてみましょう。もともと言葉としてのモバイル(Mobile)は"移動"という意味です。ノートパソコンの登場は、どこでもパソコンを持ち運んで使えるという一番広い意味でのモバイルを実現しました。ところが最近のオフィスでのパソコンは必ずどこかのサーバーに接続して利用しているのが現状です。そこで街の公衆電話や携帯電話やPHSの出番となる訳です。ともかくパソコンをオフィス以外にただ移動して使うのを"オフラインモバイル"と名づければ、移動してさらに通信回線を使ってサーバーと通信しながらパソコンを利用するのが"オンラインモバイル"と名づけられるでしょう。

ではモバイルで利用するアプリケーションを考えてみましょう。一番多い使い方は電子メールでしょうか。電子メールの送信と受信ではサーバーへの接続が必要ですから当然オンラインのモバイル環境となります。ただ最近の多くのメールクライアントソフトは送信と受信さえ終わってしまえば、あとのメールを読んだり書いたりするのはオフラインモバイルでもだいじょうぶなものが多いようです。これならオフィスでメールの送受信をやって、あとは通信の手段がないどんな場所でもメールの読み書きができてたいへん便利です。

メールに貼り付けられたりしている表計算ファイルを使って、営業報告の数字やらシュミレーションやらを行うのなら、これはオフラインモバイルでいけるでしょう。表計算ソフトはほとんどの場合はネットワークを利用しなくとも利用できます。表計算ソフトを使ってシュミレーションをして、それを絵や文章を加えて大作の報告書やプレゼンを作成するなら、これもワープロソフトやプレゼンソフトでネットワークを使いませんからオフラインモバイルで済みます。

さてモバイル環境で最近忘れることができないのがWebブラウザーの利用です。インターネットのネットサーフィンはもとより、社内の掲示板、文書データベースなど各種情報検索のアプリケーション、簡単な報告系アプリケーション、さらに基幹系アプリケーションもこの形態を持つものが増えてきました。Webブラウザーのモバイルは当然サーバーに接続できなければいけませんから、常にオンラインモバイルです。

このようにモバイルというのはそのアプリケーションの種類や利用の仕方によって、オンラインやオフラインを切り替える場面がありそうです。一方、昨今の携帯電話やPHSの普及とノートパソコンの軽量化は、これらの使いかたの障害をほとんど取り除いてくれたかのように見えます。いつでもどこでも軽量のパソコンを使って携帯電話かPHSかでオンラインモバイル。まさにモバイル全盛の時代と言ってもいいかもしれません。ところが現実をみてみるとそう話は簡単ではないことがわかってきます。

まずは電話料金の高さでしょうか。ネットサーフィンを家でやるだけでも電話料金などが気になって仕方ないのに、ましてモバイルで携帯電話やPHSとなるとその料金は数倍に膨れあがります。この意味では可能なかぎりオフラインのモバイルのしたいところです。が、Webブラウザーを使ったアプリケーションではこうはいきません。

また実際の業務となると、別の制約もでてきます。営業が使う携帯パソコンで、お客様向けのいろいろな資料をブラウザー経由で見せようとしたとき、お客様のオフィスでは携帯やPHSの電波が届かないというのは実によくある話です。事前に、『会議室はPHSの電波がとどきますか?』という質問も初めてのお客様にするのは失礼でしょう。いきおい資料はやはり紙になってしまいます。

携帯やPHSなどの帯域の問題もけっこうシビアです。PHSはどうやら64Kbpsまではすぐに実現しそうですが、効果的なプレゼンテーションのためには音声や画像がかかさず、64Kbpsでも不充分でしょう。現実には事前に選んだファイルだけパソコンに落としておかなければなりません。

このような多様なモバイル環境とその課題の中で、電子メールだけはそのクライアントの作りによってかなりいろいろなモバイル環境にも耐えうるような作りとなっていると言えるでしょう。ただそれ以外のアプリケーションやクライアントに関しては、あまり現実の環境に目がいっていないような気がします。現実のユーザーはそれでも業務にモバイル利用を持ちこまねばならず、やもうえず独自のモバイル対応のアプリケーションを開発したり、エージェント技術とか呼ばれるもので作りこみをしたりしてお金をつぎ込んで解決している場合があったり、最後はそんなアプリケーションはあきらめて、その部分は"紙でモバイル"と半ばあきらめたりしていることもしばしばです。

さてそこでノーツの登場です。ノーツの電子メールは当然と言えば当然ですが、複製などの設定によって他のメールソフト同様に送受信のときのみオンラインにして、あとはオフラインで読み書きができます。ここまでは平凡かもしれませんが、これからがノーツの独壇場です。掲示板、フォーラム、簡単な独立したアプリケーションなど、通常モバイルで使われることを意識しなくて開発されたアプリケーションでも、複製とメールの機能によってほとんどがそのままオンラインでもオフラインでも使えるモバイルアプリケーションとなります。

お客様に見せる資料のデータベースがあればそれを複製しておけば、オフラインでそれを検索して見せられます。またその中に音声や画像ファイルが貼り付けてあってもオフィスのLAN環境で複製すればあっというまです。報告書データベースもオフラインで書いてあとはオフィスにでも戻って複製すれば報告完了。実はかくいう私もほんの一部のアプリケーションを除いて、ほとんどの仕事をノーツのオフラインでしかも電波の届かない飛行機や新幹線や喫茶店でこなしています。

また高度な使い方としては、巨大なデータベースを全部ノートパソコンに複製しなくともよいように部分的な複製をする選択複製の機能、オンラインモバイル中に巨大な添付ファイルが複製されないようにする40KB文書サイズ制限の機能、たとえオフィスなどでの利用でも遅いWAN環境で快適に仕事をするために、定期的にメールや他のデータベースをクライアントに複製する定期複製の機能など実に多彩です。さらに環境が変ったらオフラインモバイル重視か定期的にサーバーを呼び出すモバイルかなどクライアントの振るまいを変えるロケーション機能など細かな点にも配慮がみられます。

このようにどんなモバイル環境でも使えるようにといろいろな機能が搭載されているノーツではありますが、意外にそのモバイルの実像は知られていないのが現状でしょう。設定の難しさもあるかもしれません。またそんな設定を教えてくれる人が少ないというのも事実でしょう。ただその小さな壁さえ乗り越えてしまえば、実に他の追随を許さないすばらしいモバイル環境が広がっています。ドミノのR5ではクライアントはWebブラウザーだけでいいなどという話も聞こえてきたりしますが、ことモバイルに関してはどうしてもノーツクライアントが必要でまさにその存在理由そのものとも言えるでしょう。

ホワイトカラーとしての仕事がほとんどモバイル環境でこなせるというノーツの環境は実に感動的でもあります。かくゆう私もヘビーなネットサーフィンとノーツのサーバーとのテスト以外はほとんどオフィス以外のところでノーツをメインに仕事をしているというこの現状はその証でもあります(もちろんこの原稿もその最初から最後の提出まで全てです)。皆さんもぜひ目の前のノーツクライアントとともに外に飛び出してノーツのモバイル環境を試してみませんか?

参考文献

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=339038
ArticleTitle=SE関のノーツ/ドミノ徒然草: 第24回 あなたはノーツのモバイル環境を使ったことがありますか?
publish-date=03282005