Lotus 小ワザ集: 第187回 IBM Connections との連携(1):アクティビティ

Lotus Notes/Domino 小ワザ集

「Lotus Notes/Domino 小ワザ集」では Lotus Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。Lotus Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。

Lotus クライアント テクニカル プロフェッショナルズ, ソフトウェア事業, 日本アイ・ビー・エム株式会社

Lotus クライアント テクニカル プロフェッショナルズ, ソフトウェア事業, 日本アイ・ビー・エム株式会社



2012年 2月 10日

今回はIBM Connectionsを導入している場合の、Notesクライントのサイドバーからアクティビティー(Activity)へ連携する方法をご紹介いたします。

なお、Lotus Notes/Domino 8.5.3 では、IBM Connectionsのプロフィール(Profiles) および ファイル(Files)のコンポーネントの使用権として、追加料金無しで提供されます。いずれの新機能も、Notes クライアントのサイドバーから簡単にアクセス可能な無償の各種プラグインにて利用可能になります。(次回以降の小ワザでご案内します。)

では、アクティビティー(Activity)へ連携する方法をご紹介しましょう。設定は簡単です。
Notes クライアントのメニューから[ファイル] - [プリファレンス] - [IBM Connections]で設定します。

IBM Connections へWebからアクセスすることなく、アクティビティーでの作業や表示が可能で便利です。

既存の文書を開いたり、新規のアクティビティーをすばやく簡単に作成することが可能です。ぜひご利用ください。

[動作確認バージョン] 
Lotus Notes/Domino 8.5.3

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=791370
ArticleTitle=Lotus 小ワザ集: 第187回 IBM Connections との連携(1):アクティビティ
publish-date=02102012