[AVP]Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバーを先行利用・評価する

本資料では、AVPのお客様がご利用中の環境・ドミノのバージョンをまずはそのままにし、Lotus Notes 8.5.2 Traveler サーバーを先行テスト利用する環境を構築した際のアプローチについてまとめています。

2011年 6月 17日

本資料では、AVPのお客様がご利用中の環境・ドミノのバージョンをまずはそのままにし、Lotus Notes 8.5.2 Traveler サーバーを先行テスト利用する環境を構築した際のアプローチについてまとめています。

この技術情報はIBMソフトウェア アクセラレイテッド・バリュー・プログラム(AVP) において実際のお客様の運用課題を解決したソリューション事例であり、Lotusphere Comes To You 2011にて配布された資料です。

  • はじめに
    1. 既存環境とできる限り離した先行利用環境の構築の考慮ポイント
    2. 【補足】通常のTravelerサーバー構築の考慮ポイント
    3. 既存環境とできる限り離した先行利用環境の構築例
    4. (ご参考:Appleデバイスに限定)限定的な別名利用の方法
  • 参考情報

ダウンロード

内容ファイル名サイズ
Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバーを先行利用・評価する2011mar_avp9511KB
static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=680973
SummaryTitle=[AVP]Lotus Notes Traveler 8.5.2 サーバーを先行利用・評価する
publish-date=06172011