Windows から Linux へのロードマップ: シリーズの概要

Linux に転換を図る開発者のためのロードマップ

IBM e ビジネス・アーキテクトである Chris Walden が、9 回の developerWorks シリーズで読者の運用スキルを Windows 環境から Linux 環境へ移行する道案内をしていきます。説明はロギングからネットワーキングまで、またコマンドラインからヘルプ・システムまであらゆるもの、手元にあるソースコードからのパッケージ・コンパイルまでも網羅します。

Chris Walden, e-business Architect, IBM

Chris Walden は IBM Developer Relations Technical Consulting (dragonslayers としても知られています) の e ビジネス・アーキテクトです。テキサス州オースチン在住で教育、設置使用指導、IBM ビジネス・パートナーへのコンサルティングにあたっています。自他共に認める半 Linux 狂発症途中で、聞く耳持つ人がいれば誰にでも良い知らせを広めています。e ビジネス・アーキテクトとしての仕事以外に彼の地域にある、すべて Linux による基幹サーバーを管理しており、そこでは多種多様なユーザー環境でのファイル、印刷その他のアプリケーション・サービスを扱っています。コンピューター業界でフィールド・サポートから Web アプリケーション開発やコンサルティングまで 10年の経験があります。



2003年 11月 11日

あなたは Windows から Linux へと動き始めました。Linux で安定性と柔軟性を得て、またコスト低減を図りたいと思っていますが、頭の中は疑問で一杯です。Linux は Unix のようなものではないのか?Unix は難しいのでは?一体これ全部のどこから理解すればいいのか?たどって行けるような地図はあるのか?

このロードマップは、読者がコンピューターに関してすでに持っている経験や知識を生かした上で、Linux での作業ができるように考慮してあります。この資料だけですべてが足りるわけではありませんが、最初の障害を通過する手助けになり、新たな興奮に満ちたコンピューター作業に慣れるための手引きになると思います。このロードマップに沿って進むことで、Linux について学び、トラブル対策をし、また管理する上での助けになる資料を数多く手に入れることができるでしょう。

ここではすでに Linux がインストールされていると言う前提で説明します。まだインストールしていないのでしたら、Linux.orgに行き、どのディストリビューションが自分の必要に合うのか、まず見てください。インストール準備完了となったら、ダウンロードへのリンクもそこにあります。

Linux へのロードマップ

  • 第 1 回 Linux で考える
    Linux で成功するにはまず、Linux で考える術を学ぶことです。すでに知っていることを元に、Linux 流に考え方を変えます。
  • 第 2 回 コンソール集中コース
    Linux では、強力で柔軟な作業がコンソールから行えます。コマンドプロンプトを使ってからだいぶ経っているなら、この環境に再度慣れるまでちょっと時間をかけて、頻繁に使う共通コマンドを復習してください。
  • 第 3 回 Webmin 入門
    システム管理の細かな事柄を知るのは大事ですが、普通はツールがあったほうがずっと便利ですし、上位のアプリケーションを使えば、複雑な設定も扱いやすいものになります。Webmin で初心者も経験豊富な管理者も、ポイント・アンド・クリックで設定ができるようになります。
  • 第 4 回 ユーザー管理
    システムにユーザーがいなければ、それはシステムではありませんよね?Linux でのユーザーの扱いを学びましょう。
  • 第 5 回 Linux でのロギング
    Linux ではロギングを非常に広範囲に使います。隠されているものは何もありません。ログに慣れることでシステムの稼働状態を監視し、動作追跡ができるようになります。
  • 第 6 回 パーティションとファイルシステムを扱う
    ファイルシステムはどのサーバーにとっても心臓部です。Linux ではファイルシステムの取り扱いが非常に柔軟です。
  • 第 7 回 ネットワーキング
    今日ではネットワーク無しの世界は考えられません。Linux はネットワークに接続することで真価を発揮します。ただし Linux のネットワーキングは見た目がだいぶ違います。新しい用語やツールについて知る必要があります。
  • 第 8 回 バックアップと復元
    データのバックアップはトラブル回避の第一歩です。Linux にはいろいろなオプションがあり、中には非常に簡単に使えるものもあります。
  • 第 9 回 ソフトウェアのインストール
    Linux ではパッケージされたバイナリファイルを使うこともできますが、ユーザーがプログラムのソースコードから直接コンパイルすることもできます。Linux のプログラム・インストール用ツールは非常に使い道が広く、思いがけないような機能を持っています。

参考文献

  • The Linux Documentation Projectは個別のソフトウェア、HOWTO 文書、FAQ 等を含む Linux 文書の書庫です。
  • Linux に関する技術的な本を読むならThe O'Reilly Networkを見るのがお勧めです。
  • Linux at IBM サイトにはソフトウェア、リンク、エンド・ツー・エンドでの Linux ソリューションなどを用意してあります。
  • 認証プログラムの詳細についてはThe LPIを見てください。
  • Red Hatでもディストリビューションに関する認証をしています。
  • developerWorks の Linux ゾーンのでは、Linux に関する豊富な資料をご覧いただけます。

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Linux
ArticleID=230449
ArticleTitle=Windows から Linux へのロードマップ: シリーズの概要
publish-date=11112003