Linux の 101 試験対策: LPIC-1 のロードマップ

LPIC-1 試験に備えるための developerWorks チュートリアルのガイド

このロードマップを利用して、基本的な Linux タスクの習得および復習に役立つ IBM developerWorks のチュートリアルを見つけてください。プロフェッショナルの Linux システム管理者として認定されることを目指しているとしたら、このロードマップで紹介するチュートリアルは、Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験および 102 試験に備えるためにも役立ちます。このロードマップは、101 試験と 102 試験の 43 の項目に従って編成されています。LPIC-1 の認定を取得するには、この 2 つの試験に合格する必要があります。

Ian Shields, Linux Author, Freelance

Ian ShieldsIan Shields は、Linux のフリー・ライターです。ノースカロライナ州 Research Triangle Park にある IBM を退職した彼が、オーストラリアのキャンベラにある IBM にシステム・エンジニアとして入社したのが 1973年であり、それ以降、カナダのモントリオールやノースカロナイナ州 Research Triangle Park でシステム・エンジニアリングとソフトウェア開発の両方に携わってきました。1990年代後半からは、Linux を使用して Linux 上で開発を行うとともに、Linux に関する執筆も行ってきました。彼は、オーストラリア国立大学で純粋数学および哲学の学士号を取得し、ノースカロライナ州立大学でコンピューター・サイエンスの修士号と博士号を取得しています。普段はオリエンテーリングを楽しんでおり、旅行に行くのも好きです。



2016年 2月 04日 (初版 2012年 10月 18日)

より詳しく学び、さらなる開発を行い、より多くの人とつながる

新たに登場した developerWorks Premium メンバーシップ・プログラムでは、メンバーになると、強力な開発ツールのほか、Safari Books Online を通じて提供される最もホットな 500 タイトルの技術書 (Java 開発者向けのものが大量にあります) を含む各種のリソースをすべて自由に利用できるようになります。さらに、主要な開発者向けイベントの登録料の大幅な割引や、最新の O'Reilly カンファレンスの全容を閲覧できる再生動画など、その他にもさまざまな特典が提供されます。

この連載について

この連載は Linux システム管理タスクの学習に役立ちます。各チュートリアルのトピックは、Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 試験のそれぞれを反映したものになっています。これらのチュートリアルは、LPIC-1 の試験対策としても、あるいは単に Linux について学びたいという場合にも役立ちます。

LPIC-1 の認定試験には、101 試験と 102 試験の 2 つがあります。この両方の試験に合格しなければ、LPIC-1 の認定を取得することはできません。それぞれの試験にはいくつかの主題があり、各主題には複数の項目があります。この連載では、チュートリアルごとに 1 つの項目を取り上げます。

これらのチュートリアルの内容は、2015年 4月 15日に更新された LPIC-1 試験の項目のバージョン 4.0 である、LPIC-1 101 試験および LPIC-1 102 試験に対応します。明確な要件については、必ず該当する項目を参照してください。

皆さん独自のフィードを作成してください

新しいチュートリアルが追加された際、あるいは内容が更新された際に通知を受けられるように、RSS、Atom、または HTML によるカスタム・フィードを作成することができます。それには、developerWorks RSS フィードにアクセスしてください。対象のゾーンとして「Linux」に、情報の種類として「記事」にチェック・マークを付け、キーワードには「Linux Professional Institute」と入力します。そして最後にフィードの種類を選択します。

このロードマップは現在進行中です。チュートリアルが更新されたり、完成したりすると、その都度ロードマップに追加されていきます。古いバージョン 3 レベルのコンテンツを更新している間は、まだバージョン 3 レベルのトピックに印が付けられます。「LPIC1SummaryVersion3To4」では、バージョン 3 からバージョン 4 へ上がる際に変更された項目の概要が示されています。

: 今後数ヶ月にわたって、新しいチュートリアルが公開される予定です。公開に併せて、このロードマップの内容も追加されていきます。皆さん独自のフィードを作成するか、このロードマップで更新を確認してください。

101 試験

101 試験 ― 主題 101: システム・アーキテクチャー

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
Linux の 101 試験対策:
ハードウェア設定の構成

バージョン 4
101.1 ハードウェア設定の構成
基本的なシステム・ハードウェアを決定および構成します。この課題では、組み込み周辺機器、外部周辺機器、コールドプラグ・デバイスとホットプラグ・デバイス、そしてさまざまな大容量記憶装置を取り上げます。また、USB デバイスを含むデバイス関連のツール、ID の設定 (特にブート用)、そして下位レベルの機能 (sysfs、udev、dbus など) についても取り上げます。
Linux の 101 試験対策:
システムのブート

バージョン 3
101.2 システムのブート
システムのブート・プロセスを説明します。課題には、ブート時に一般的なブート・ローダー・コマンドおよびカーネル・オプションを指定すること、BIOS からブート完了までのブート・シーケンスを理解すること、従来のSysVinit の初期化に変わる手段とそれよりも新しい手段を理解すること、ログ・ファイルでブート時のイベントを確認することが含まれます。
Linux の 101 試験対策:
ランレベル、シャットダウン、およびリブート

バージョン 3
101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート
システムのランレベルを管理します。課題には、シングル・ユーザー・モードへの変更、システムのシャットダウンやリブート、デフォルト・ランレベルの設定、ランレベルの切り替え、ユーザーへのアラート、そしてプロセスの適切な終了が含まれます。

101 試験 ― 主題 102: Linux のインストールとパッケージ管理

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
Linux の 101 試験対策:
ハード・ディスクのレイアウト

バージョン 3
102.1 ハード・ディスクのレイアウト設計
Linux システムをディスク・パーティションに分割するスキームを設計します。課題には、ファイルシステムとスワップ領域を個々のパーティションまたはディスクに割り当てること、システムの用途に合わせて設計を調整すること、そしてハードウェア・アーキテクチャーで許容されるブート・パーティションにすることが含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
ブート・マネージャーのインストール

バージョン 4
102.2 ブート・マネージャーのインストール
ブート・マネージャーを選択、インストール、構成します。課題には、代替となるブート・ロケーションやブートの選択肢のバックアップを提供すること、GRUB または GRUB 2 などのブート・ローダーをインストールして構成すること、そしてブート・ローダーを操作することが含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
共有ライブラリーの管理

バージョン 4
102.3 共有ライブラリーを管理する
実行可能プログラムが依存する共有ライブラリーを明らかにし、これらのライブラリーを必要に応じてインストールします。課題には、共有ライブラリーを明らかにすること、一般的なシステム・ライブラリーの位置を把握すること、そして共有ライブラリーをロードすることが含まれます。
重要度 1
Linux の 101 試験対策:
Debian によるパッケージ管理

バージョン 4
102.4 Debian パッケージ管理を使用する
Debian パッケージ・ツールを使用してパッケージ管理を行います。課題には、Debian バイナリー・パッケージをインストール、アップグレード、アンインストールすること、特定のファイルまたはライブラリーが含まれるパッケージを見つけること、パッケージ情報 (バージョン、内容、依存関係、パッケージの完全性、インストール状況など) を取得することが含まれます。
重要度 3
Linux の 101 試験対策:
RPM および YUM によるパッケージ管理

バージョン 3
102.5 RPM および YUM パッケージ管理を使用する
RPM ツールおよび YUM ツールを使用してパッケージ管理を行います。課題には、RPM および YUM を使用してパッケージのインストール、再インストール、アップグレード、削除などを行うこと、RPM パッケージに関する情報 (バージョン、状況、依存関係、完全性、署名など) を取得すること、そしてパッケージが提供するファイルを明らかにし、特定のファイルが含まれるパッケージを見つけることが含まれます。
重要度 3

101 試験 ― 主題 103: GNU と UNIX のコマンド

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
Linux の 101 試験対策:
Linux コマンドライン
103.1 コマンドラインで操作する
コマンドラインを使用してシェルおよびコマンドを操作します。課題には、有効なコマンドおよびコマンド・シーケンスを入力すること、環境変数を定義、参照、エクスポートすること、コマンド履歴および編集機能を使用すること、パスに含まれるコマンドと含まれないコマンドを呼び出すこと、そして man ページを使用してコマンドの情報を見つけることが含まれます。
重要度 4
Linux の 101 試験対策:
テキスト・ストリームとフィルター
103.2 フィルターを使ってテキスト・ストリームを処理する
フィルターをテキスト・ストリームに適用します。課題には、テキスト・ファイルや出力ストリームをテキスト・ユーティリティー・フィルターに送り込んで出力を変更すること、そして GNU テキスト・ユーティリティー・パッケージに含まれる標準 UNIX コマンドを使用することが含まれます。
重要度 3
Linux の 101 試験対策:
ファイルとディレクトリーの管理
103.3 基本的なファイル管理を行う
基本的な UNIX コマンドを使用して、ファイルやディレクトリーをコピー、移動、削除します。課題には、高度なファイル管理操作 (例えば、複数のファイルを再帰的にコピーする、ディレクトリーを再帰的に削除する、ワイルドカード・パターンを使用する、種類、サイズ、または時刻を基準にファイルを検索してアクションを実行する、そして tar、cpio、および dd コマンドを使用するなど) が含まれます。
重要度 4
Linux の 101 試験対策:
ストリーム、パイプ、リダイレクト

バージョン 3
103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う
テキスト・データを効率的に処理するために、ストリームをリダイレクトおよび接続します。課題には、標準入力、標準出力、および標準エラーをリダイレクトすること、あるコマンドの出力を別のコマンドの入力にパイプすること、あるコマンドの出力を別のコマンドの引数として使用すること、そして出力を標準出力とファイルの両方に送ることが含まれます。
重要度 4
Linux の 101 試験対策:
プロセスの作成、モニター、およびプロセスへのシグナル送信

バージョン 3
103.5 プロセスを生成、監視、終了する
プロセスを管理します。課題には、ジョブをフォアグラウンドやバックグラウンドで実行する方法を理解することをはじめ、ジョブをバックグラウンドからフォアグラウンドへ、またはその逆へ切り替えること、ターミナル・ソフトに接続せずに実行するプロセスを開始すること、ログアウト後も実行し続けるようにプログラムにシグナルを送信することが含まれます。また、アクティブ・プロセスのモニター、表示するプロセスの選択とソート、プロセスへのシグナル送信、プロセスのキルも課題に含まれます。
重要度 4
Linux の 101 試験対策:
プロセス実行の優先度

バージョン 3
103.6 プロセスの実行優先度を変更する
プロセスの実行優先度を管理します。課題には、ジョブのデフォルト優先度の判別、デフォルトよりも高い、または低い優先度でのプログラムの実行、プロセスの優先度の判別、実行中のプロセスの優先度の変更が含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
正規表現を使用したテキスト・ファイルの検索

バージョン 3
103.7 正規表現を使用してテキスト・ファイルを検索する
正規表現を使用してファイルおよびテキスト・データを操作します。課題には、複数の表記要素からなる単純な正規表現を作成すること、そして正規表現ツールを使用してファイルシステムやファイルの内容を検索することが含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
vi によるファイルの編集

バージョン 3
103.8 vi を使って基本的なファイル編集を行う
vi を使用してテキスト・ファイルを編集します。課題には、vi を操作すること、基本的な vi ノードについて理解すること、そしてテキストを挿入、編集、削除、コピー、検索することが含まれます。
重要度 3

101 試験 ― 主題 104: デバイス、Linux ファイルシステム、ファイルシステム階層標準

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
Linux の 101 試験対策:
パーティションおよびファイルシステムの作成

バージョン 3
104.1 パーティションとファイルシステムの作成
ハード・ディスクなどのメディア上でディスク・パーティションを構成して、ファイルシステムまたはスワップ領域を作成し、Linux システムをディスク・パーティションに分割するスキームを設計します。課題には、一般的に使用されている各種の Linux ファイルシステムを理解すること、そしてファイルシステムとスワップ領域を別々のパーティションまたはディスクに割り当てることが含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
ファイルシステムの整合性の維持

バージョン 3
104.2 ファイルシステムの整合性を保持する
標準的なファイルシステムやジャーナリング・ファイルシステムの保守を行います。課題には、ファイルシステムの整合性の検証、空きスペースと i ノードの監視、そしてファイルシステムでの単純な問題の修復が含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
ファイルシステムのマウント、アンマウントの制御

バージョン 3
104.3 ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする
ファイルシステムのマウントを構成します。課題には、手動によるファイルシステムのマウントとアンマウント、ブート時のファイルシステムのマウントの構成、そしてユーザーがマウントおよびアンマウントできるファイルシステムの構成が含まれます。
重要度 3
Linux の 101 試験対策:
ディスク・クォータの管理

バージョン 3
104.4 ディスク・クォータを管理する
ユーザーのディスク・クォータを管理します。課題には、ファイルシステムのディスク・クォータのセットアップをはじめ、ユーザーのクォータ・レポートの編集、チェック、および生成が含まれます。
重要度 1
Linux の 101 試験対策:
ファイルのパーミッションと所有権の管理

バージョン 3
104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する
パーミッションと所有権を適切に使用して、ファイル・アクセスを制御します。課題には、通常のファイルと特殊なファイル、ならびにディレクトリーへのアクセス権を管理すること、suid、sgid、スティッキー・ビットなどのアクセス・モードを使用してセキュリティーを維持すること、ファイル作成マスクの変更方法を理解すること、そしてグループ・フィールドを使用してグループ・メンバーにファイルのアクセス権を付与することが含まれます。
重要度 3
Linux の 101 試験対策:
ハード・リンクとシンボリック・リンクの作成および変更

バージョン 3
104.6 ハード・リンクとシンボリック・リンクを作成、変更する
ファイルへのハード・リンクとシンボリック・リンクを作成し、管理します。課題には、リンクを作成すること、ハード・リンクおよびソフト・リンクを特定すること、ファイルをコピーする場合とリンクを張る場合の違いを理解すること、そしてリンクを使用してシステム管理タスクをサポートすることが含まれます。
重要度 2
Linux の 101 試験対策:
システム・ファイルの検索と配置

バージョン 3
104.7 システム・ファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する
一般的なファイルの位置とディレクトリーの分類を含め、FHS (Filesystem Hierarchy Standard: ファイルシステム階層標準) について理解します。課題には、FHS における正しいファイルの位置を理解すること、Linux システムでファイルやコマンドを見つけること、そして FHS で定義されている重要なファイルとディレクトリーの位置と目的を理解することが含まれます。
重要度 2

102 試験

102 試験 ― 主題 105: シェル、スクリプト、およびデータ管理

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
Linux の 101 試験対策:
シェル環境のカスタマイズと使用
105.1 シェル環境のカスタマイズと使用
ユーザーの要求を満たします。課題には、ユーザーの要求を満たすようにシェル環境をカスタマイズすること、グローバル・プロファイルやユーザー・プロファイルを変更すること、ログイン時、または新しいシェルを生成したときに PATH などの環境変数を設定すること、頻繁に使用するコマンド・シーケンスに対応する Bash 関数を作成すること、新規ユーザー・アカウント用のスケルトン・ディレクトリーを保守すること、そしてコマンド検索パスに適切なディレクトリーを設定することが含まれます。
重要度 4
近日公開予定105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する
既存の Bash スクリプトをカスタマイズするか、単純なスクリプトを新規に作成します。課題には、標準的なシェル・ループと判定構文を使用すること、コマンド代入を使用すること、成功または失敗を示す戻り値を判定すること、条件によってスーパーユーザーにメールを送信すること、シバン (#!) 行によって適切なスクリプト・インタープリターを選択すること、そしてスクリプトの位置、所有権、実行権、SUID 権を管理することが含まれます。
重要度 4
近日公開予定105.3 SQL データ管理
結合やサブセレクトを含め、基本的な SQL コマンドを使用して、データベースを照会し、データを操作します。課題には、基本的な SQL コマンドの使用と基本的なデータ操作の実行が含まれます。
重要度 2

102 試験 ― 主題 106: ユーザー・インターフェースとデスクトップ

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
近日公開予定106.1 X11 のインストールと設定
X11 のインストールと設定を行います。課題には、ビデオ・カードやモニターが X サーバーでサポートされているかどうかを確認すること、X フォント・サーバーを理解すること、そして X Window 構成ファイルを理解することが含まれます。
重要度 2
近日公開予定106.2 ディスプレイ・マネージャーの設定
ディスプレイ・マネージャーの設定とカスタマイズを行います。課題には、XDM (X Display Manger)、GDM (Gnome Display Manager)、および KDM (KDE Display Manager) の設定、起動画面と色深度のカスタマイズ、そして X ステーションでディスプレイ・マネージャーを使用するための構成が含まれます。
重要度 2
近日公開予定106.3 アクセシビリティー
アクセシビリティー技術についての知識があり、認識していることを示します。課題には、キーボード・アクセシビリティー設定、ビジュアル設定とテーマ、そして AT (Assistive Technology: 支援技術) を理解していることが含まれます。
重要度 1

102 試験 ― 主題 107: 管理タスク

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
近日公開予定107.1 ユーザー・アカウント、グループ・アカウント、および関連するシステム・ファイルを管理する
ユーザー・アカウントを追加、削除、一時停止、変更します。課題には、ユーザーおよびグループの追加、変更、および削除、パスワード・データベースやグループ・データベースにあるユーザー情報およびグループ情報の管理、そして特殊な目的で制限されたアカウントの作成と管理が含まれます。
重要度 5
近日公開予定107.2 ジョブ・スケジューリングによるシステム管理業務の自動化
定期的にジョブを実行したり、指定の時刻にジョブを実行したりします。課題には、cron または anacron 機能を使用して定期的にジョブを実行すること、そして at コマンドを使用して指定の時刻にジョブを実行することが含まれます。
重要度 4
近日公開予定107.3 ローカリゼーションと国際化
システムを英語以外の言語にローカライズし、スクリプトで LANG=C が役立つ理由を理解します。課題には、ロケールおよびタイムゾーンの設定を理解することが含まれます。
重要度 3

102 試験 ― 主題 108: 重要なシステム・サービス

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
近日公開予定108.1 システム時刻を維持する
システム時刻を維持し、NTP によって時計を同期させます。課題には、システムの日付と時刻を設定すること、UTC の正確な時刻にハードウェアの時計を設定すること、タイムゾーンを設定すること、NTP を設定すること、そしてpool.ntp.org サービスについて理解することが含まれます。
重要度 3
近日公開予定108.2 システムのログ
syslog デーモンを設定します。これには、ログ出力を中央のログ・サーバーに送信するようにロギング・デーモンを設定すること、あるいは中央のログ・サーバーとしてログ出力を受け取るように設定することも含まれます。課題には、syslog 設定ファイルと syslog 機能、ならびに標準的な機能、優先度、およびアクションを理解することが含まれます。
重要度 2
近日公開予定108.3 メール転送エージェント (MTA) の基本
一般的に使用可能な MTA プログラムについて理解し、クライアント・ホストで転送とエイリアスの基本的な設定を行います。課題には、e-メールのエイリアスを作成すること、e-メールの転送設定をすること、そして postfix、sendmail、qmail、exim などの一般的に使用可能な MTA プログラムについて理解することが含まれます。
重要度 3
近日公開予定108.4 プリンターと印刷を管理する
CUPS と LPD 互換インターフェースを使用して、印刷キューおよびユーザーの印刷ジョブを管理します。課題には、ローカル・プリンターおよびリモート・プリンターに対する CUPS の設定、ユーザーの印刷キューの管理、印刷に関する一般的な問題のトラブルシューティング、そして設定済みのプリンター・キューのジョブの追加および削除が含まれます。
重要度 2

102 試験 ― 主題 109: ネットワークの基礎

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
近日公開予定109.1 インターネット・プロトコルの基礎
TCP/IP ネットワークの基礎を理解します。課題には、ネットワーク・マスクについて理解すること、ドット区切りの 10 進 IP アドレスのプライベート・アドレスとパブリック・アドレスの違いを理解すること、デフォルト・ルートを設定すること、一般的な TCP ポートおよび UDP ポート (20、21、22、23、25、53、80、110、119、139、143、161、443、465、993、および 995) を理解すること、UDP、TCP、ICMP の違いとそれぞれの主要な機能を理解すること、そして IPv4 と IPv6 の主要な違いを理解することが含まれます。
重要度 4
近日公開予定109.2 基本的なネットワーク構成
クライアント・ホスト上の設定を表示、変更、確認します。課題には、ネットワーク・インターフェースの設定を手作業および自動で行うこと、そして TCP/IP ホストを設定することが含まれます。
重要度 4
近日公開予定109.3 基本的なネットワークの問題解決
クライアント・ホスト上でのネットワークに関する問題のトラブルシューティングを行います。課題には、ネットワーク・インターフェースおよびルーティング・テーブルを手作業または自動的に設定すること (これには、ネットワーク・インターフェースを追加、起動、停止、再起動、削除、または再設定すること、そしてルーティング・テーブルを変更、表示、または設定することが含まれます)、不適切に設定されたデフォルト・ルートを手作業で修正すること、そしてネットワーク設定に関連する問題をデバッグすることが含まれます。
重要度 4
近日公開予定109.4 クライアント側の DNS 設定
クライアント・ホスト上の DNS を設定します。課題には、ローカル・システム上の DNS の使用方法、そして名前解決の実行順序の変更方法が含まれます。
重要度 2

102 試験 ― 主題 110: セキュリティー

developerWorks チュートリアルLPI 試験項目の要約
近日公開予定110.1 セキュリティー管理業務を実施する
システム構成を調べ、ホストのセキュリティーがローカル・セキュリティー・ポリシーに従っていることを確実にします。課題には、システムを監査して、SUID/SGID ビットがセットされているファイルを見つけること、ユーザーのパスワードおよびパスワードのエージングに関する情報を設定または変更すること、nmap および netstat を使用して、システム上で開いているポートを検出すること、ユーザーのログイン、プロセス、メモリー使用量の制限を設定すること、そして sudo の基本的な設定を行い、基本的な使い方をすることが含まれます。
重要度 3
近日公開予定110.2 ホストのセキュリティー設定
基本的なレベルのホストのセキュリティーを設定します。課題には、シャドー・パスワードとその機能について理解すること、使用されていないネットワーク・サービスを停止すること、そして TCP ラッパーについて理解することが含まれます。
重要度 3
近日公開予定110.3 暗号化によるデータの保護
公開鍵技術を使用して、データおよび通信を保護します。課題には、OpenSSH 2 クライアントを設定および使用すること、OpenSSH 2 サーバーのホスト・キーの役割について理解すること、GnuPG を設定および使用すること、X11 トンネルを含む SSH ポート・トンネルについて理解することが含まれます。
重要度 3

参考文献

学ぶために

議論するために

  • developerWorks コミュニティーに参加してください。ここでは他の developerWorks ユーザーとのつながりを持てる他、開発者によるブログ、フォーラム、グループ、ウィキを調べることができます。

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Linux
ArticleID=840741
ArticleTitle=Linux の 101 試験対策: LPIC-1 のロードマップ
publish-date=02042016