テクニカルナイト 2008

資料ダウンロード

テクニカルナイトは、IBM のとりくんでいる多様な新技術を週変わりでご紹介していくセミナーです。ここでは、終了したセミナーを音声や映像でご提供しています。また、講演時に使用された資料も PDF にてダウンロードいただけます。

資料ダウンロード一覧

SaaS と Cloud Computing パラダイムシフト の最新状況 (山下 眞澄)

SaaS やクラウド・コンピューティングの関係、これらが注目を浴びる真の理由、利用形態、IBM が提供している仕組み、などを解説します。またこの新しいパラダイムシフトの位置づけをビジネスと IT の両面から解説します。

Web2.0 時代のセキュリティー (浦本 直彦)

Web 2.0 時代におけるセキュリティ上の問題 (例. CSS や CSRF (Cross Site Request Forgery) など) を概説し、その対応策を議論します。また、新しい認証・認可の仕組みである OpenID、OAuth などの関連する技術について説明します。

Rational Unified Process サービス指向モデリングアーキテクチャー によるサービス指向開発 (藤田 一郎)

MDA(モデル駆動開発)によるシームレスな開発スタイルの最新動向をご紹介します。

SOAを加速するイベント処理技術の価値!/イベント処理技術の適用と現実のソリューションにするためのモデリングについて (星島 洋一/石井 旬)

ビジネス・ニーズの変化に柔軟でタイムリーに対応可能な仕組みとして、一般にEDAと呼ばれているソフトウェア・モデルが注目されてきています。その中でも価値の高いCEPまでを整理し、SOAの価値を高めるEDAのテクノロジーを解説します。

Web アプリケーションのセキュリティ対策の現状と、その最新技術 (立石 孝彰/雨宮 吉秀)

前半では、Web アプリケーションに潜む脅威を簡単に解説した上で、現状の一般的な対策技術であるブラックボックステストとホワイトボックステストについて、その利点と限界について紹介する。後半では、この限界を打開する手法として注目を浴びる静的プログラム解析の最新情報を解説する。

エンタープライズでもマッシュアップ (森谷 直哉)

インターネット上にはさまざまなデータやサービスを紡ぎ合わせたいわゆる"マッシュアップ"を活用したサイトがとても多くなりました。このアプローチ、エンタープライズの世界でも活用できるはずです。

エンタープライズサーチの技術解説 (川瀬 智)

今回は、エンタープライズ・サーチ(企業内検索)に必要な技術について解説します。あわせて IBM のエンタープライズ・サーチ製品である OmniFind Enterprise Edition に採用された技術についてもご紹介いたします。

米持先進技塾:リッチな Web アプリケーションをど~じょ 2 - Dojo ウィジェットの拡張、再利用、データモデルとの連携 (米持 幸寿)

前回はDojoツールキットを初めて使うひと向けの入門的内容を解説しました。引き続き今回は、すこし高度な内容を取り扱います。

エンタープライズでのアジャイル開発 (平鍋 健児様)

複雑化するソフトウェア開発の現場において、従来型のプロジェクト運営だけでは顧客の求める、機能・品質・納期などに応えるのが難しくなってきています。そこで、より俊敏且つ柔軟なプロジェクトの運営を実践する Agile が注目されています。

日本政府の SOA 推進政策 (木戸 彰夫)

日本政府、特に経済産業省は、SOAを推進するための政策をいくつか打ち出しています。その1つがSOAの基幹の1つであるサービスを連携するプログラム(ESB)の普及のための「税制優遇措置」であり、もう1つが政府調達の調達仕様書作成において参照される「技術参照モデルの策定」となります。

ソーシャルネットワークとオープンソースで実現する Web2.0 時代のアクセシビリティ (浅川 智恵子/髙木 啓伸)

Web 2.0 時代を迎えてアクセシブルな Web コンテンツを実現するための方法論が大きく変わろうとしています。Social Accessibility は世界中のユーザとボランティアをソーシャルネットーワークでつないでアクセシビリティを向上する新しい取り組みです。

新しいメインフレームの世界 ~マルチコア、ハイブリッド、クラウド・コンピューティングの視点から (中谷 登志男)

IBM リサーチで毎年作成している「グローバル・テクノロジー・アウトルック(GTO)」の最新版をもとに、今後5~7年以内に大きなインパクトをもたらす可能性のある重要な技術エリアについて概説します。

2008年8月29日

本セミナーは事情により、音声およびPDFでの公開はできません

Groovy コンファレンス 2008 (Grails code reading コミュニティー)

Java ベースの軽量言語である Groovy にまつわる、ユーザー報告会です。Grails や ProjectZero などの Groovy べースで登場してきている新規フレームワークと、その使いこなしをデモを含めて多数のプレゼンターが登壇、解説します。※本セミナーは事情により PDF 資料のみの公開となります。

2008年8月22日

CouchDB で始める Web 時代のデータベースとの付き合い方 - Time to relax!! (佐々木 庸平)

Apache CouchDB は、データベースを Web で実現する、RESTful API を備えたドキュメント指向 (Non-Relational) データベースであり、Erlang エンジン、MapReduce によるクエリなど多彩な先進テクノロジーを含んだ実装です。

米持先進技塾: リッチな Web アプリケーションをど~じょ - Dojo ツールキットの使い方 (米持 幸寿)

Dojo ツールキットは IBM が正式承認しているフルファンクションの DHTML ライブラリーです。Dojo ツールキットを使えば、ドラッグ&ドロップやアニメーションなどの複雑な動作や、タブ、ツリー、表などのリッチな部品を使った画面を効率よく開発できます。

可能性を拡げるテキストマイニング ~適用事例から先端研究動向まで~ (那須川 哲哉)

テキストマイニングという言葉がメディアで取り上げられるようになって約 10 年経ちましたが、その本質は未だによく理解されていないように感じます。このセミナーでは、テキストマイニングが従来の人手のみによるテキスト分析とどう違うのかを数十万件規模の実データによるデモで紹介した上で、具体的な活用事例や最近の研究動向などを踏まえて、テキストマイニング (TAKMI) の可能性を示したいと考えています。

「SOA プロジェクトでのモデリング技法詳解」 (石井 旬)

ビジネスプロセスモデリング、サービスモデリングの 2 つの分野のメソドロジーとそのエッセンスについて、またその活用のポイントや事例について、現場でSOAの上流工程を高い品質で実行するために必要な情報をお伝えします。

「SOA 実装設計」 (根本 和郎)

SOA 設計に於いて、サービス抽出が完了した後、何を設計項目としてインフラ構成を検討するべきか、WS-ReliablieMessaging、システムの停止方法、処理の順序性問題、負荷テストの実施方法、再送信の考え方、例外処理の考え方、などの詳細設計項目の実装ポイントについて解説します。

あらゆるビジネスデータをマッシュアップ - Enterprise 2.0は新しい局面へ (中林 紀彦)

このセッションでは、Enterprise 2.0 の新しいソリューションである、企業内のあらゆるデータを“マッシュアップ”するという、IBM が提供するエンタープライズ・マッシュアップのソリューション“IBM Mashup Center”を 7月7日の DB2 Star Festival に先がけてご紹介します。

米持先進技塾: クラウド・コンピューティング - ネット雲にアクセスせよ (米持 幸寿)

クラウド・コンピューティングとはどんなものでしょう?これまでの SaaS やデータセンターとの違いはなんでしょう?そこに使われているテクノロジーは?メリットやデメリットは?市場動向はどうなっているでしょう?クラウド・コンピューティングを技術の観点からひもとき、今後の戦略などを含めてご紹介します。

"IBM BPM Suite" - ビジネスプロセスマネジメント最新情報 (保坂 大輔)

BPM (Business Process Management) という言葉もかなり定着し、積極的な取り組みを始められる企業も増えてきました。当セッションでは、より柔軟でダイナミックなビジネス・プロセスの構築を実現する IBM BPM Suite についてご紹介いたします。

ITIL v3 のポイントと IT サービスマネジメント実践のアプローチ (永田 誠)

今回は、v3 で新しくなった内容をご紹介するとともに、ITIL を活用してITサービスマネジメントを実践していく際に検討すべき事項、および IBM のソリューションについてご説明します。※本セミナーは事情により PDF 資料のみの公開となります。

Rational 製品の次世代プラットフォーム Jazz Project (和田 洋)

当セッションでは、Jazz Project をベースに開発されている Rational 製品 Rational Team Concert のご紹介や Jazz.net のサイトの歩き方もご紹介します。

米持先進技塾: 2008 年、オープン化最前線 (米持 幸寿)

OpenAjax、Dojo ツールキット、Ajax Toolkit Framework など、リッチインターネットアプリケーションのオープン化が進められています。これらをとりまく IBM の取り組みをご紹介します。

「Grails と Groovy で超高速アプリケーション開発」 (須江 信洋)

Groovy の応用例として、アジャイルアプリケーションフレームワーク Grails を取り上げます。当セッションでは、2008年2月にリリースされた初のメジャーバージョンである Grails-1.0 を、デモを交えながらご紹介します。

「はじめてみよう Groovy」 (根本 和郎)

Project Zero でのアプリケーション記述言語でもあり、Ruby とは違い、Java 使いの為の軽量言語である Groovy について、その特徴を紹介します。

XML DB がもたらす新しいイノベーション (中林 紀彦)

DB2 pureXML の実力は、メッセージだけにとどまらず、実際のお客様の事例でも証明されています。このセッションでは、そんな XML DB をテクノロジーの観点からデモを交えながら解説します。

ウェブを変える 10 の破壊的トレンド (渡辺 弘美様)

「ウェブを変える 10 の破壊的トレンド」の著者で、経済産業省の渡辺弘美氏が、今後のウェブの潮流を解説します。

インターネット・アプリケーションを素早く作るProject Zero (樽澤 広亨)

Project Zero は、projectzero.org でソースを公開し、世界中の開発者の意見を取り入れながら、開発を進めている次世代 Web アプリケーション・プラットフォームです。

続々登場する Web 2.0 の新しい企業利用 (米持 幸寿)

ブログ、Wiki、ブックマーク、コミュニティー、ファイル共有など、ソーシャルネットワークを企業で利用することも増えました。単なる Web 2.0 転用ではない、新しい形のイントラネット利用方法をご紹介します。

バックナンバー

Connect with IBM developerWorks.