本文へジャンプ

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。プロフィールで選択した情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

  • 閉じる [x]

developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む


送信されたすべての情報は安全です。

  • 閉じる [x]

FileNet製品のJavaセキュリティー証明書有効期限

Editorial staff, developerWorks, IBM Japan, Ltd.
This content is brought to you by the developerWorks editorial staff.

概要: IBM FileNet 製品はブラウザーのためにダウンロードする Java のコンポーネントを必要とします。 これらのファイルの完全性を保証したり、プリンターやファイルシステムなどのローカルのシステム資源への適切なアクセスを許可したりするために、これらのファイルはデジタル署名が行われています。これらのデジタル署名は3年ごとの更新が必要とされています。

日付:  2009年 8月 18日
レベル:  中級
アクティビティー: 2712 ビュー
お気軽にご意見・ご感想をお寄せください: 


Java コンポーネント

IBM FileNet® 製品はブラウザーのためにダウンロードする Java のコンポーネントを必要とします。
これらのファイルの完全性を保証したり、プリンターやファイルシステムなどのローカルのシステム資源への適切なアクセスを許可したりするために、これらのファイルはデジタル署名が行われています。
これらのデジタル署名は3年ごとの更新が必要とされています。


認証の有効期限

IBM FileNet の現在の認証は 2009 年 10 月 30 日で有効期限を迎えます。
認証が有効期限を過ぎたモジュールの動きは、それを使用している資源やモジュールの性質によって変わります。
一般的には、デジタル署名が失効した場合には、認証が失効したことをユーザーに示すための Java のメッセージが表示されます。
このメッセージはアプレットがローカルのシステム資源にアクセスする度に表示されます。


認証の更新

したがいまして、これらの認証の更新が必要となります。
更新作業は 2009 年 10 月 30 日までに完了する必要があります。


対象製品

  • IBM FileNet P8 Application Engine (AE)
  • IBM FileNet P8 Process Engine (PE)
  • IBM FileNet P8 Content Engine (CE)
  • IBM FileNet IDM Desktop/Web Services
  • IBM FileNet IDM Desktop/Open Client
  • IBM FileNet eProcess
  • IBM FileNet WorkPlace XT
  • IBM FileNet ACSAP R3/J2EE
  • IBM FileNet Image Service Resource Adapter (ISRA)

作業内容

2009年10月30日までに、対象製品に対して、patch適用により、Javaセキュリティー証明書が更新されたモジュールの適用をお願いいたします。

IBMよりダウンロードサイトにpatchを用意いたします。

Distribution of Signed Jar files for IBM FileNet Software Products(US)

該当する製品・バージョンのMinimum Base Patch Required(必要な最低限のベースパッチレベル)をご確認いただき、必要に応じてMinimum Base Patchまたはバージョンの適用を事前にお願いいたします。
その後、該当するpatchのダウンロードおよび適用をお願いいたします。
この更新作業を2009年10月30日までに完了いただくようお願いいたします。


詳細情報

What You Need to Know about JAVA Security Certificate for IBM FileNet Products Expiration and Renewal(US)


お問合せ先

SWG IM事業部 ECM

著者について

This content is brought to you by the developerWorks editorial staff.

不正使用の報告のヘルプ

不正使用の報告

ありがとうございます。 このエントリーは、モデレーターの注目フラグが設定されました。


不正使用の報告のヘルプ

不正使用の報告

不正使用の報告の送信に失敗しました。


developerWorks: サイン・イン


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 利用条件

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、プロフィールが作成されます。 プロフィールで選択した情報は公開されますが、いつでもその情報を編集できます。 お客様の姓名(非表示設定にしていない限り)とディスプレイ・ネームは、投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

表示名をお選びください

developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

(半角英数字で3文字以上31文字以下にする必要があります)


「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 利用条件

 


この記事を評価する

コメント

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Information Management
ArticleID=421679
ArticleTitle=FileNet製品のJavaセキュリティー証明書有効期限
publish-date=08182009
author1-email=IODTODAY@jp.ibm.com
author1-email-cc=