Information Management

IBM's resource for developers and IT professionals in Japan

9月12日更新


新着情報

  • IBM XCITE Autumn 2014 資料ダウンロード

    9月12日に開催された、IBM秋の最大級イベント IBM XCITE Autumn 2014。ビッグデータ活用の実際と最新テクノロジー、世界中で日々爆発的に増大している情報・データを、いかに効果的に収集・管理しビジネスに活用していくか。ビジネスへの先進的な適用事例からそれを実現する最新技術まで、講演資料でご案内中。ダウンロードはこちらから。


イベント&セミナー

  • <隔月開催> DB2 BLU Acceleration ハンズオン@Cloud ! ―無料―
    最新版のDB2 10.5に搭載されたカラム型DBのBLU Acceleration機能を、クラウド環境で体験いただける無料のハンズオンセミナーです。
  • InfoSphere DataStage 半日体験セミナー
    IBMのETLツール、InfoSphere DataStageの開発・管理環境を半日で体験していただくセミナーです。「演習メインで分かりやすい」「DataStageの使用感がつかめた」など、ご好評をいただいております。導入検討にぜひお役立てください!
  • InfoSphere Change Data Capture ハンズオンセミナー
    IBM InfoSphere Change Data Capture(CDC) は、異種データベース間でのリアルタイム情報統合を実現するソリューションです。本セミナーでは、CDCの機能や運用方法を実機を使って学ぶことができます。
  • InfoSphere Guardium ハンズオンセミナー
    IBM InfoSphere Guardium は、データベース・セキュリティーのリアルタイム監視、監査ログの取得、コンプライアンス準拠のためのレポート作成の自動化、データレベルのアクセス制御などのソリューションを提供します。本セミナーでは、Guardium の機能や運用方法を実機を使って学ぶことができます。

ニュース

  • 鍋屋バイテック会社、受注率10%向上を目指しデータ分析システム構築
    1560年創業の機械要素部品メーカーである同社。データ分析基盤となるデータウェアハウスに、 動的なインメモリー・カラム型テクノロジーで高速な分析処理を可能にしたBLUアクセラレーション機能を 搭載する「IBM DB2」を採用。受注率の10%向上、将来の成長製品開発、顧客満足度の向上を目指しています。

製品別技術情報

入門書、導入ガイド、ワークショップ資料や問題判別などのテクニカル情報や連載記事を製品別に閲覧することができます。

製品別マニュアル