IBM SmarterCloud Enterprise+ についてのヒント: TSAM と Cygwin を使用して Windows にソフトウェアをインストールする

Update Installer のショートカットが更新されていない場合に試す価値のある方法

Windows オペレーティング・システム・ネイティブのタスク・スケジューリングの方法について学びましょう。このタスク・スケジューリングは、Tivoli Service Automation Manager 製品用の Cygwin スクリプトを使用してソフトウェア (ここでは IBM WebSphere Application Server) をインストールする方法でも使われます。

Bhanu P Tholeti, Systems Engineer and Architect, IBM

Bhanuprakash はこれまで 8 年以上、ソフトウェア業界でさまざまな技術と製品に取り組んできました。今まで扱ってきた技術と製品には、Pocket PC でのアプリケーション開発、Web ベースのアプリケーション、動画配信ソリューション、そして Tivoli Workload Scheduler、WebSphere Data Interchange、Tivoli Service Automation Manager、Tivoli Provisioning Manager などがあります。IBM SmartCloud Enterprise の一員として、クラウド・インフラストラクチャーおよびハイパーバイザーに関する豊富な知識を培ってきました。



K. Sowjanya Chakravarthi, Systems Engineer, IBM

Sowjanya CK はこの 4 年以上 IBM に在籍しており、さまざまな製品に携わってきました。彼はこれまで、z/Linux への Tivoli Provisioning Manager のポーティング、Go Symphonyプラグインの開発、SCEplus の開発に携わってきました。



2012年 10月 11日

この記事では、Windows オペレーティング・システム上で実行される IBM SmarterCloud Enterprise+ にソフトウェアをインストールする方法について説明します。ここで紹介する方法を使用すると、Windows 「スタート」メニュー上にあるショートカットの更新で生じる可能性がある問題を防ぐことができます。

問題

Update Installer を使用した従来のインストール・プロセスでよく起こる問題は、Windows 「スタート」メニューにある Update Installer のショートカットが更新されていないために、インストール・プロセスが途中で停止するという問題です。ただし Windows の「コマンド プロンプト」を使用してインストールを試みると、インストールは順調に進み、エラーも発生しません。この記事では、この代わりとなるインストール方法について説明するために、WebSphere Application Server (WAS) を例として使用します。

WebSphere Application Server をインストールするには、Cygwin 環境と、SmarterCloud 対応の RDS (Rapid Deployment Services) と SPIN (Simple Package Installer technology) を使用します。これらの技術に馴染みがない読者のために、この記事の「まとめ」に簡単な解説を用意してあります。


問題の解決方法

ここで紹介する方法は、Windows システム上で Cygwin を使用してソフトウェアをインストールするために TPM (Tivoli Provisioning Manager) 製品や TSAM (Tivoli Service Automation Manager) 製品のスクリプトを作成する場合に役立つはずです。この方法では、Cygwin でもサポートされている、Windows ネイティブのタスク・スケジューリングの方法を使用します。

WebSphere Application Server をインストールする場合、Cygwin を通じて直接インストールするコマンドを呼び出す代わりに (通常は、Cygwin 内でコマンド・プロンプトを使用する Tivoli Provisioning Manager のワークフロー・スクリプトレットから WebSphere Application Server をインストールします)、WebSphere Application Server のインストール・コマンドを含んだバッチ・ファイルを呼び出すタスクをスケジューリングします。

このタスクをスケジューリングしたら、即座にそのタスクを実行します。すると WebSphere Application Server は適切にインストールされます。

インストール手順を終了する方法を理解するために、以下のコード・スニペットでインストール・ログを見てください。

scriptlet(bitNess,SoftwareInstallableFileName,spinDirCygwin,JAVA_HOME,decryptedPassword)
 language=bash target=DCMQuery(/Server[@id=$DeviceID]) timeout=6000 <<EOS

     cd $spinDirCygwin
     #unzip WAS-V70-BASE-V10.zip
     unzip $SoftwareInstallableFileName

     installableFileWithOutExt=`echo $SoftwareInstallableFileName | sed 's/.zip//g'`     

     
     mv $spinDirCygwin/*UPDI*
        $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/spinPackage/software/was/v7/maint/
     if [ $bitNess == "64-bit" ];  then
          mv $spinDirCygwin/C1G2JML.zip
		   $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/
		    spinPackage/software/was/v7/nd/
          mv $spinDirCygwin/*.pak
		   $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/
		    spinPackage/software/was/v7/maint/
          mv $spinDirCygwin/*UPDI*
		   $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/
		    spinPackage/software/was/v7/maint/
     else
          mv $spinDirCygwin/C1G2GML.zip
		   $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/
		    spinPackage/software/was/v7/nd/
          mv $spinDirCygwin/*.pak
		   $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/
		    spinPackage/software/was/v7/maint/
          mv $spinDirCygwin/*UPDI*
		   $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/
		    spinPackage/software/was/v7/maint/
     fi

     cd $spinDirCygwin/$installableFileWithOutExt/spinPackage


     echo "set PATH=$JAVA_HOME\bin;%PATH% " > install.bat
     echo " cd C:\spin\\$installableFileWithOutExt\spinPackage\ " >> install.bat
     echo " cmd /c sce-was-v7-base-install.bat " >> install.bat

     echo "set PATH=$JAVA_HOME\bin;%PATH% " > installdmgr.bat
     echo " cmd /c sce-was-v7-dmgr.bat " >> installdmgr.bat

     echo "set PATH=$JAVA_HOME\bin;%PATH% " > installmanager.bat
     echo " cmd /c sce-was-v7-managed.bat localhost  " >> installmanager.bat

     chmod -R 755 $spinDirCygwin

     schtasks /create /tn "WASInstallSch" /tr
      "C:\spin\\$installableFileWithOutExt\spinPackage\install.bat"
      /sc daily /ru Administrator /rp $decryptedPassword
     schtasks /run /tn "WASInstallSch"     

     
     EOS

以下の一連のコマンドによって、cron ジョブのスケジューリング、ジョブの即時実行、そしてジョブ実行後の削除を行います。

そのジョブを毎日、現在の時刻に実行するようにスケジューリングするには、以下のようにします。

schtasks /create /tn "Test Cron Job" /tr "C:\test.bat" /sc daily /ru
administrator /rp passwd

そのジョブを即座に実行するには、以下のようにします。

schtasks /run /tn "Test Cron Job"

そのジョブを削除するには、以下のようにします。

schtasks /delete /tn "Test Cron Job" /f

最後の結果フィールドを読み取るには、以下のようにします (「0」が得られた場合はインストールが成功しています)。

schtasks /query /fo LIST /v

まとめ

Cygwin ソフトウェアと SSH 接続を使用してソフトウェアをインストールしようとすると、ここまでで説明したような何らかの潜在的な問題を示すソフトウェアのインストールには、この記事で紹介したインストール方法を実行することができます。

この記事で使用した技術

無料でオープンソースの Cygwin は、Windows 用の UNIX ライクな環境およびコマンドライン・インターフェースを実現しており、Windows ベースのアプリケーション、データ、その他のシステム・リソースを UNIX ライクな環境のアプリケーション、ソフトウェア・ツール、データとネイティブ統合することができます。例えば Cygwin 環境から Windows アプリケーションを起動したり、Windows の動作コンテキストで Cygwin のツールやアプリケーションを使用したりすることができます。

Cygwin は以下の要素で構成されています。

  • POSIX API 機能の主要部分を提供する API 互換レイヤーとしての DLL (Dynamic-Link Library)
  • UNIX ライクなルック・アンド・フィールを実現するソフトウェア・ツールとアプリケーション

IBM の Rapid Deployment Services は一連の統合サービスであり、複数の製品から成る複雑なデプロイメントを支援するために設計されており、自動化されたパターン駆動の手法や、包括的なテストおよび検証の方法を使用することにより、デプロイ時間、エラー・レート、特殊スキルの必要性を低下させることができます。

参考文献

学ぶために

製品や技術を入手するために

  • 皆さんに最適な方法で IBM 製品を評価してください。製品の試用版をダウンロードする方法、オンラインで製品を試す方法、クラウド環境で製品を使う方法、あるいは SOA Sandbox で数時間を費やし、サービス指向アーキテクチャーの効率的な実装方法を学ぶ方法などがあります。

議論するために

  • developerWorks コミュニティーに参加してください。ここでは他の developerWorks ユーザーとのつながりを持てる他、開発者によるブログ、フォーラム、グループ、ウィキを調べることができます。

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing, Tivoli (service management)
ArticleID=839776
ArticleTitle=IBM SmarterCloud Enterprise+ についてのヒント: TSAM と Cygwin を使用して Windows にソフトウェアをインストールする
publish-date=10112012