独自のプライベート・クラウドを実現するためのプロセス: 第 2 回 ソフトウェアをインストールして構成する

この連載記事では、著者のチームがオンプレミスのプライベート・クラウド環境を構築する際に辿ったプロセスについて、構想からデプロイメントに至るまでの概要を説明します。このクラウド環境では、IaaS (Infrastructure as a Service) や PaaS (Platform as a Service) クラウド・サービス・モデルに見られる構造を採用しており、ソフトウェア・コンポーネントとハードウェア・コンポーネントには、著者のチームが選択したコンポーネントが使われています。しかし、どのような技術を選択した場合にも、この記事を読んで得られる知識や教えを活かすことができます。第 2 回では、サーバー環境とクラウド・ソフトウェア・コンポーネントのインストールと構成、インストール後の作業、インストールされたソフトウェアの特殊機能について説明します。

Joydipto Banerjee, Application Modernization Consultant, IBM  

Joydipto BanerjeeJoydipto Banerjee は IBM の Business Application Modernization グループのシニア IT スペシャリストです。彼は、IBM India が Global Delivery をクラウド・コンピューティング環境で実現するのに向けた最初のステップとして、クラウドによる動的なインフラストラクチャー・ソリューションを開発したチームの主要メンバーでした。彼はコンピューター・サイエンスの工学士であり、2010 IBM Global Technical Achievement Award を受賞しています。


developerWorks 貢献著者レベル

2011年 8月 19日

この記事では、プライベート・クラウドのデプロイメント・モデルをパイロット実装する実際のプロジェクトの詳細について説明します。このプロジェクトは IBM Global Delivery チームによって行われ、最近完了したプロジェクトです。この取り組みは戦略的ロードマップの一部として IBM のハードウェアおよびソフトウェア・スタックを活用することで実現されており、この場合のソフトウェアには Tivoli が使われています。この記事は IT スペシャリスト、アーキテクト、技術チームのリーダーを対象としていますが、クラウドに関係するすべての作業に役立つリファレンス・ガイドとなることを目標としています。この記事で説明する内容は、初心者から上級のスペシャリストまで、どのような経験レベルの人にも役立つはずです。

この記事では読者がクラウド・コンピューティングの基本的な概念や運用方法について理解していることを前提とします。また読者は、AIX と PowerVM、そして仮想化の概念も理解している必要があります。WebSphere、DB2、Tivoli 製品について詳細に理解している必要はありませんが、この記事ではこれらの製品を使用して説明を進めます。

この記事では以下の項目について説明します。

  • コンポーネントのインストールと構成: サーバー環境、クラウド・ソフトウェア、インストール後の作業
  • インストールしたソフトウェアの特殊機能

コンポーネントのインストールと構成

このプロジェクトの中心となる IBM Tivoli System Automation Manager (TSAM) は、WebSphere Application Server、IBM Directory Server、IBM HTTP Server、DB2 データベース、Tivoli Provisioning Manager など、複数の IBM 製品の上に構築されています。パッケージの観点から見ると、Tivoli System Automation Manager には複数のパッケージ、つまりデプロイメント・ユニットがあり、それらを運用環境に基づいて複数ノードにデプロイする必要があります。

Tivoli System Automation Manager のインストールおよび構成のプロセスは複数のセグメントに分割されています。そのため、製品のインストールと構成の複雑なステップを以下のように系統立てて行うことができます。

  1. AIX 管理サーバー環境を準備する
  2. Linux 運営サーバー環境を準備する
  3. クラウド・ソフトウェアをインストールする
  4. インストール後の作業を行う

AIX 管理サーバー環境を準備する

これはインストール前のフェーズであり、このフェーズでは Tivoli Service Automation Manager と Tivoli Provisioning Manager (TPM) で必要な OS レベルの設定がすべて済んでいる必要があります。またインストールの前に、OS レベルのパッケージや汎用のユーティリティー (bash、GNU tar、Perl など) も必要になります。必要なオープンソース・パッケージの大部分は IBM AIX Toolbox ダウンロード・ページに用意されています。またこの時に、インストールが必要なクラウド・ソフトウェアのソース・ファイルとフィックスパックがすべて適切なディレクトリーに解凍され、利用できる状態になっていることを確認する必要があります。

Linux 運営サーバー環境を準備をする

運営サーバーには管理サーバーほど準備は必要ありません。ただし、Linux 用のコンポーネントが適切にインストールされ、該当のディレクトリーに解凍されて利用できる状態になっていることを確認する必要があります。またこの時点で /etc/hosts ファイルを更新し、必要な設定内容が反映されるようにします。

以下の点に注意してください:

  • 管理サーバーとして Linux を使用し、運営サーバーとして Windows または AIX を使用する構成の場合には、実際にインストールを始める前に同様のセットアップを完了しておく必要があります。Tivoli System Automation Manager のインストール・ガイドには、そのためのシナリオが説明されています。
  • これらのインストール前フェーズを実行する際には、Tivoli System Automation Manager のインストール・ガイドに詳細な説明がありますので、その説明に従ってください。
  • AIX と Linux の GUI で利用できる仮想ネットワーク・コンピューティング (VNC) ツールが運営環境と管理環境の両方にインストールされていることを確認します。AIX と Linux で利用できる VNC ソフトウェアは AIX Toolbox for Linux Applications のページに用意されています。
  • Tivoli System Automation Manager がサポートする Web ブラウザーは Mozilla です。この Web ブラウザーの最新バージョンが運営サーバーと管理サーバーの両方にインストールされ、動作している必要があります。
  • インストールを始める前に、インストールされる各種バイナリーに対して、繰り返し読み書き実行できるパーミッションが設定されていることを、chmod -R 777 <TSAM_binaries> によって確認する必要があります。

クラウド・ソフトウェアをインストールする

Tivoli System Automation Manager のインストールは GUI で行われ、付属のインストール・ランチパッドを利用すると、すべてのインストール・プロセスを完了することができます。ただしこの段階で、製品のインストールを進める前に、運営サーバーと管理サーバー両方のバックアップ・コピーをとっておくことをお勧めします。そうすることで、リカバリーすることができない問題がインストール中に発生した場合にも、元の構成のコピーをリストアすることができます。

バックアップをとったら、Tivoli System Automation Manager のインストール・ガイドの指示に従ってインストールを進めます。インストールのプロセスには運営サーバーと管理サーバーの両方が関係するため、両方の間を行ったり来たりする必要があります。

インストール前の検証を行うためのスクリプトは Tivoli System Automation Manager の製品オファリングに含まれています。Tivoli System Automation Manager は多くのベース・アプリケーション・パッケージの特定バージョンに依存関係を持っているため、このスクリプトは依存関係を管理する観点から、環境の準備が整っているかどうかをチェックすることを目的としています。

以下の表は、どちらの環境にどんなソフトウェア・コンポーネントをインストールする必要があるかを示しています。

運営サーバー管理サーバー
ライセンスをインストールするライセンスをインストールする
 ミドルウェアをインストールする
基本サービスをインストールする 
 TPMのコア・コンポーネントをインストールする
TPMの Web コンポーネントをインストールする
SRM 7.1 の基本製品をインストールする
SRM フィックスパック 4 をインストールする
TSAM PMP をインストールする
TSAM イネーブルメント・キーをインストールする
イメージ・ライブラリーをインストールする
 構成ファイルをインストールする
 Automation パッケージをインストールする
オプション: TSAM WAS PMP をインストールする
 インストール後の構成を行う
PMP の保守を行う (必要な場合)

Tivoli System Automation Manager のインストール・ガイドには各ステップの詳細が説明されており、その説明に従う必要があります。

運営サーバーで Tivoli System Automation Manager のランチパッドを起動するためには以下の内容を入力します。

<your installation directory>\TSAMBASE7200\launchpad.exe (for Windows)
<your installation directory>/TSAMBASE7200/launchpad.sh (for SLES10)

管理サーバーで Tivoli System Automation Manager のランチパッドを起動するためには以下の内容を入力します。

<your installation directory>/TSAMBASE7200/launchpad.sh

いくつかのヒントを以下に挙げておきます。

  • インストール・バイナリーの解凍やマウントはシステム上の任意の場所で行うことができます。特別な場所は必要ありません。
  • Tivoli System Automation Manager のインストール GUI で、最上部の青いバーの任意の場所を、Ctrl を押しながらクリックすると、ページの一番下にトレース・ウィンドウが開き、インストールの進行状況のログが表示されます。このウィンドウには、さまざまなメッセージと、そのメッセージのタイムスタンプが表示されます。これらのログ・メッセージは保存することができ、さらには印刷することもできます。
  • Tivoli System Automation Manager のインストール・ソース・ファイルには、ミドルウェア (DB2 など) を起動するための tsam_middleware.sh というスクリプトがあります。必要に応じて、このスクリプトを変更して使用することができます。
  • Tivoli System Automation Manager のインストール前検証プロセスでは、実際にはインストール・ソース・パッケージの中にある以下のスクリプトを利用しています。
    • tsam_prereq_os_aix.sh
    • tsam_prereq_os_linux.sh
    • tsam_prereq_packages_aix.sh
    • tsam_prereq_packages_linux.sh
    Tivoli System Automation Manager のインストール前検証プロセスでエラーが発生した場合には、これらのファイルを調べることで、エラー・メッセージや警告メッセージを理解したり追跡したりすることができます。

インストール後の作業

インストールを終えたら、インストール後の作業として以下を行う必要があります。

  • クラウド・インフラストラクチャーが利用可能になった場合に通知が必要なすべてのユーザーに対し、E メール・サーバーと E メール・クライアントをセットアップします。
  • Tivoli System Automation Manager でデータ構成タスクをセットアップします。
  • Tivoli System Automation Manager のコンポーネントを構成します。
  • Tivoli System Automation Manager のセルフサービス環境をセットアップします。

インストール・ガイドに詳述されているとおり、単純な接続性テストを実行し、インストールが総合的に適切であるかどうかを確認する必要があります。

以下にヒントを挙げておきます。

  • インストール・ガイドでは、インストール・プロセスのさまざまな段階で、管理サーバーと運営サーバーの両方またはいずれかのバックアップをとるように要求しています。強制ではありませんが、バックアップ・イメージを別のマシンにリストアして正常性のテストをいくつか行うことで、バックアップ・イメージの完全性を検証しておくのが賢明です。
  • 管理環境のバックアップをとる前に、DB2、WebSphere Administrative Server、LDAP、Tivoli Provisioning Manager のプロセスを必ず終了します。

セットアップしたクラウドを使い始める前に、選択したハイパーバイザー (PowerVM) 用に Tivoli System Automation Manager を構成する必要があります。そうすることで、Tivoli System Automation Manager は仮想環境でセルフサービスのプロビジョニングを行えるようになります。またこの段階で、エンドユーザーに提供する予定のさまざまなソフトウェア・スタック (AIX、WebSphere Application Server、 Portal) を、mksysb イメージ・オブジェクトを使用して作成し、Tivoli System Automation Manager がデプロイできるようにする必要もあります。基本的な構成プロセスは以下のフェーズで構成されています。

  1. ハイパーバイザー環境をカスタマイズします。
  2. Tivoli System Automation Manager 環境でハイパーバイザーを構成します。
  3. Tivoli System Automation Manager で使用する OS イメージ・テンプレートを準備します。

この構成プロセスの詳細はインストール・ガイドに説明されています。

以下の点は重要ですので注意してください。

  • 管理対象環境で LPAR を構成してはなりません。エンドユーザーからプロビジョニング・リクエストを受信すると、LPAR は Tivoli System Automation Manager によって動的に作成、構成されます。
  • 事前に一連のホスト名と IP アドレスを取得しておきます。LPAR に使用されるホスト名と IP アドレスは管理対象環境の中で Tivoli System Automation Manager によって動的に作成されます。

これで構成は完了したので、セルフサービス・ポータルにログインできるようになりました。このポータルからは、さまざまなサービスに直接アクセスすることができます。これで基本的なクラウド・インフラストラクチャーが用意できました。今度は、最初にサービス・カタログで計画されていたサーバー・イメージをプロビジョニングしてみましょう。

クラウドのセルフサービス・ポータルから提供されるさまざまなサービスについて理解し、それらのサービスを使ってみる上で、Tivoli System Automation Manager のユーザー・ガイドは最高の資料です。ポータルにログインするために必要なデフォルトのユーザー・アクセスについては、インストール・ガイドに説明されています。


コンポーネントの特殊機能

基本的なセットアップが完了したので、他の機能を詳しく調べてみましょう。Tivoli System Automation Manager は、IBM Tivoli Monitoring (ITM) や IBM Tivoli Usage and Accounting Manager (ITUAM) などの他の Tivoli 製品と統合することができます。私達の環境では、それぞれの製品インストール・ガイドを使用して Tivoli Monitoring と Tivoli Usage and Accounting Manager を System P の別の LPAR にインストールしました (第 1 回の図 3)。Tivoli System Automation Manager のインストール・ガイドに従って構成をセットアップすることで、Tivoli System Automation Manager はプロビジョニングされた仮想イメージに Tivoli Monitoring エージェントをデプロイすることができました。構成が終わると、ユーザーは Tivoli Monitoring コンソールを利用することで、プロビジョニングされたイメージのリソース使用状況を監視することができるはずです。

Tivoli Usage and Accounting Manager は使用量に応じて支払うクラウド・モデルを実現するために使用されます。Tivoli Usage and Accounting Manager により、クラウドの使用量を測定することができ、エンドユーザーに対して請求書やレポートを生成することができます。

Tivoli Usage and Accounting Manager への基本的な入力手段は、クラウド使用量データの重要部分を含む CSR (Common Source Resource) ファイルです。Tivoli Usage and Accounting Manager を使用するには、Tivoli Usage and Accounting Manager で必要とされる適切な CSR ファイルを Tivoli System Automation Manager が生成できるように、Tivoli System Automation Manager を構成する必要があります。Tivoli System Automation Manager で測定機能を有効にしたら、次のステップとして、Tivoli System Automation Manager から受信する CSR ファイルを取得して処理できるように Tivoli Usage and Accounting Manager を構成します。Tivoli System Automation Manager のインストール・ガイドには、これらの作業に関する詳細が説明されています。

Tivoli Usage and Accounting Manager に関して、他にも以下のようなポイントがあります。

  • 測定対象は何でしょう。サーバー時間数 (ある 1 つのプロジェクトにサーバーが割り当てられている時間、h 時間で表現します)、CPU 時間数 (ある 1 つのサーバーに 1 つまたは複数の CPU が割り当てられている時間、同じく h 時間で表現します)、それともメモリー時間数 (ある 1 つのサーバーに xMB のメモリーが割り当てられている時間、MB/h で表現します) でしょうか。
  • プロジェクトのアカウンティング情報をチーム用に定義することができます。
  • 顧客が測定データの収集を開始または停止することができます。
  • 測定データの収集を開始すると、ITUAM で利用可能な CSR ファイルが 1 日に 1 度、その前日の測定データを使用して自動生成されます。
  • Tivoli Usage and Accounting Manager では定義済みメトリクス・セット (SRVHRS、CPUHRS、MEMMBHRS) を使用します。
  • Tivoli Usage and Accounting Manager では定義済み ID セット (サーバー名、プロジェクト、プロジェクト名やサーバー名を要求するチーム、課金される部門) をアカウンティング用に使用することができます。
  • 疎結合です (セルフサービス・ユーザー・インターフェースでは、メトリクスも価格も見ることはできません)。

Tivoli Usage and Accounting Manager は以下のような種類のレポートを生成します。

  • 請求書
  • アカウント・レポート
  • 使用量上位のレポート
  • 分散レポート
  • 傾向
  • リソース詳細
  • カスタム・レポート

Tivoli Usage and Accounting Manager によって生成される請求書やレポートを表示するには、レポート・サーバーをインストールする必要があります。Windows 環境では、Microsoft SQL Server Reporting Services Report Viewer と Microsoft Internet Information Services (IIS) を使用することができます。Linux/UNIX 環境では、Business Intelligence Reporting Tools (Eclipse ベースのオープンソース・レポート・システム) を使用する必要があります。

図 1. ITUAM と TSAM のユーザー・インターフェースの概要
ITUAM と TSAM のユーザー・インターフェース

次回に向けて

この記事でも引き続き、実際にプロジェクトを実装してオンプレミスの IaaS/PaaS クラウドを構築する上で必要となる基本概念を説明しました。取り上げた主な内容は次のとおりです。

  • インストールと構成プロセスの全体的なステップ (個々の詳細は皆さんが選択したソフトウェア・コンポーネントのインストール・ガイドと構成ガイドに説明されています)。その中で、管理サーバーと運営サーバーの準備、クラウド・ソフトウェアの構成、インストール後の作業について説明しました。
  • Tivoli System Automation Manager を他の Tivoli 製品と統合し、生産性を高める方法 (Tivoli Usage and Accounting Manager を使用して監視サービスや課金サービスを提供する方法など)。

第 3 回では、クラウドの使用方法として、プロビジョニング、テスト、問題の回避方法について説明します。

謝辞

この記事の作業に関わり、直接的にあるいは間接的にこの記事に対する助言をくださったチーム・メンバー、Biswajit Mohapatra、Debasis R. Choudhuri、Santhosh Vandyil、Birla P. Raj の各氏に深く感謝いたします。

また、この作業の中で貴重な助言をくださった IBM India の Cloud Lab チーム、そしてポーランドとドイツの IBM Software Group にも感謝いたします。

そして、図 1 を提供してくださった IBM India Software Group に感謝いたします。

参考文献

学ぶために

製品や技術を入手するために

  • IBM SmartCloud Enterprise で利用可能な製品イメージを調べてみてください。

議論するために

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing, Tivoli (service management)
ArticleID=751069
ArticleTitle=独自のプライベート・クラウドを実現するためのプロセス: 第 2 回 ソフトウェアをインストールして構成する
publish-date=08192011