IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud の簡単な紹介

このエンタープライズ対応クラウド環境は開発者にとって何を意味するのか

IBM® Smart Business Development and Test on the IBM Cloud 環境の概要を簡潔に紹介するこの記事では、クラウド・コンピューティング・モデルを利用するように設計されたアプリケーションをエンタープライズ・アプリケーション開発者が開発、テスト、デプロイする際に、この環境を利用することでもたらされるメリットを説明します。

Kane Scarlett, Freelance technologist

Kane ScarlettKane Scarlett は技術ジャーナリスト、アナリストとして 20 年間働いており、National Geographic、Population Reference Bureau、Miller Freeman、IDG、などの出版社、出版機関に従事してきました。また、JavaWorld、LinuxWorld、そしてもちろん developerWorks など、有名な雑誌やサイトの管理、編集、執筆を行ってきています。



2010年 3月 16日

エンタープライズ対応の IBM® Smart Business Development and Test on the IBM Cloud は動的にプロビジョニングとスケーリングを行える環境であり、クラウド・コンピューティングのあらゆるメリットを利用できるアプリケーションの開発、テストを行う上で必要なものをすべて提供します。この環境で提供されるのは以下のものです。

  • 開発やテスト用にクラウド・リソースを管理するための Web 2.0 ダッシュボード
  • 開発やテストに必須の IBM ソフトウェア・パッケージのイメージ (クラウドの中で使うためのツール)
  • プログラムによってクラウド・リソースを管理したり、クラウド・リソースにアクセスしたりするための一連の API (クラウドのためのツール)

IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud のサイトには、以下のページがあります。

  • ibm.com/cloud/developer/ の「Overview (概要)」メイン・ページは、Developer Cloud のトップ・ページです。このページでは、Developer Cloud の統計や機能の最新情報、IBM のクラウドに関する最新のプレスリリースや動画などを見ることができます。
  • 「Control panel (コントロール・パネル)」ページはクラウド・リソースの管理や監視を行うページです。このページでは、インスタンス、イメージ、ストレージの追加や管理を行うことができます。
  • 「asset catalog (アセット・カタログ)」は、パブリック・イメージやプライベート・イメージ (アクセス権、システム・ファイル、ユーザー・ガイド、カスタマイズ、その他一般的な内容) の詳細を表示、管理するためのインターフェースです。この機能には Rational® Asset Manager 製品が使われており、Developer Cloud のためのサポート・フォーラムのコア機能を実現しています。
  • 「Account (アカウント)」ページは、ユーザーのアクセス・キー、予約済み IP アドレス、アカウントおよびインスタンス/イメージの通知、グローバル統計、基本ユーザー情報などを保持します。
  • 「Support (サポート)」ページには、サポート・フォーラムへのリンクや、クラウドのための多種多様なリポジトリー、リソース、アセットなどへのリンクがあります。

Developer Cloud にアクセスする方法として、Web サイト以外にも、RESTful API、Java™ API、コマンドライン管理インターフェースなどを利用することができます。

開発者にとっての IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud のメリット

アプリケーションの開発環境やテスト環境を計画、実装、保守する上では、以下のような明白な課題があります。

  1. 事前にインフラを購入するために、大きな初期投資と、はるか以前から計画を立てるプロセスが必要です。
  2. インフラが異機種混成であり、そうした違いにユーザー側で対応する必要があるため、インフラを効率的に使うことができません。
  3. 構成が一定せず、手動でサーバーを構成する必要があるため、テストの正確さや複雑さが制限されてしまいます。

環境のプロビジョニングは非常に手間がかかり、手動による長時間の作業が必要です。

IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud 環境では、こうした問題がすべて解消されます。(私達は開発者なので、この記事では上記の 1 番目の問題については触れません。)

もっと迅速にテストを行えるとしたらどうでしょう

IBM Development and Test on the IBM Cloud 環境を利用する利点の 1 つとして、テスト・リソースを必要とする場合にのみテスト・リソースに対して支払えばよく、インフラ全体に対して事前に支払う必要がありません。(先ほど、コストの問題には触れないと言いましたが、使用した分だけ支払えばよいということは、テスト用の予算が実質的に増えるということです。)

そして私の夢は、Development and Test on the IBM Cloud を利用すると、数回マウスをクリックするだけで、標準化された構成をベースとした新しいテスト環境と完全なトポロジーをセットアップできるようになることです。サーバーを購入し、それらのサーバーに手動でソフトウェアをインストールする手動プロセスと、このプロセスとを比べてみてください。

IBM のクラウドはセルフサービスのポータルを提供しており、このポータルから仮想マシンに迅速にアクセスすることができます。ストレージの選択肢には下記の 2 つがあります。

  • 一時ストレージ (つまり VM に依存するストレージ)、または
  • 永続ストレージ (存続期間は特定の VM に依存しません)

またこのポータルから、さまざまなオペレーティング・システム、ミドルウェア製品、ソフトウェア製品にアクセスすることができます。IBM が提供するカタログ (IBM ソフトウェアやオペレーティング・システムなどのイメージ) から選択することで、テストベッドを素早く再構成することができます。ユーザーは公開イメージのメニューから選択することも、ユーザー独自のソフトウェア・ライセンスやアプリケーションから選択することもできます。

最近の大半の開発環境では、いったん作業を中断すると、その中断した時点に戻って作業を再開するためには長い時間がかかります。IBM のクラウドではイメージのスナップショットを取り、そのスナップショットを使って前回の終了時点から即座に作業を再開することができます。また、カスタマイズしたイメージを独自のプライベート・カタログに保存することができます。後でそのプライベート・カタログにアクセスすることで、成功したものをベースに作業を続行することができ、同じ誤りを何度も繰り返すことがなくなります。

より正確なテストを実行できるとしたらどうでしょう

上で触れたように、ユーザーは一覧からソフトウェアを選択することができ、しかもそれらのソフトウェアでは、開発用ツールおよびテスト用ツール (Rational や WebSphere® など)、さらにはランタイム (Java J2EE など) 用にテスト構成が事前に定義されています。テスト・ソフトウェアの大部分は実証済みの構成になっているため、作業が非常に楽になります。また Rational Application Developer や Rational Software Architect などのイメージには Developer Cloud アダプターがプリインストールされて付属しているため、これらの IDE からタスクを自動化することができ、またクラウド・リソースに直接アクセスすることができます。

他の開発者との共同作業が楽になるとしたらどうでしょう

Development and Test on the IBM Cloud サイトとのやり取りは、ブラウザーから、またはいくつもの IBM Rational ツールから行うことができます。そのため、このサイトは非常にユニークなインターネット・ベースのユーザー・エクスペリエンスを提供し、コンポーネントの再利用や共同作業を容易に行える効率的なアプリケーション開発環境を実現します。

また提供されるツールやランタイム、構成は、共同作業に使用されることを前提に設計されています。そのため、アプリケーションやアプリケーションのテストを共有できるだけではなく、テストのためのツールも共有することができます。例えば、Rational イメージのインスタンスを数分でプロビジョニングすることができます。ユーザーを追加し、アクセス権を構成するだけで、いつでも作業を開始することができます。

IBM のクラウドを支える深い経験

IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud は、IBM の開発者や設計者が何年にもわたって顧客と共同作業を行い、高セキュリティー、高信頼性のエンタープライズ・データセンターを運用する中で得られた、スキル、経験、ベスト・プラクティスによって構築されています。IBM 自身が社内にインストールした数件を含め、何百件ものクラウドをインストールした知識と経験が、IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud とそのインターフェース、アプリケーション構築ツールやテスト・ツールに反映されています。

参考文献

学ぶために

製品や技術を入手するために

議論するために

  • ディスカッション・フォーラムに参加してください
  • Developer Cloud グループは Smart Business Development and Test on the IBM Cloud のためのコミュニティーです。
  • 他の開発者とやり取りし、共有し、協力するための専門的ネットワークであり、総合コミュニティー・ツールでもある My developerWorks を通じ、developerWorks のコミュニティー (開発者ブログ、グループ、フォーラム、ポッドキャスト、プロファイル、ウィキ、コミュニティー・トピック) に参加してください。

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing
ArticleID=495484
ArticleTitle=IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud の簡単な紹介
publish-date=03162010