IBMのコグニティブIoTが、モータースポーツを新たな時代へ。

1000分の1秒を争う世界で生まれる膨大なデータをリアルタイムに共有・分析。高精度なデータ解析で、毎秒、毎レースごとに状況が変わる環境の中、勝利への最短ルートを見つけ出します。

【IBM+Honda】コグニティブIoTが、モータースポーツを新たな時代へ。

人とクルマの、新しい関わり方がはじまる。

IoTやコグニティブ・テクノロジーの発達に伴い、クルマと消費者、そして企業の関係は変化し始めています。 いまIBMでは、人とクルマの新たな関わりを提言しています。 最先端のテクノロジーが実現する、想像を超える新しい体験が始まろうとしています。

『Watsonがもたらす価値あるドライブ体験 Cognitive Car360°』 (2分17秒, 日本語字幕)

IBM Watsonが実現する未来のドライブ体験。

コグニティブ・テクノロジーを導入したコグニティブ・カーは、消費者の生活のパートナーとなります。運転者の良き相棒として、豊かなドライブ体験を提供します。未来のドライブ体験の一端を、ぜひ体感してみてください。

未来のドライブ体験の裏側へ。

スマートフォンで、コグニティブ・カーを360°バーチャル体験可能。

IBM Watsonを導入した自動運転バス
Olli

IBM Watsonを乗客インターフェイスとして導入した電気自動バス“Olli”が、ワシントンDCで運行開始されています。Watson APIを利用することによって、乗客はバスと自然なコミュニケーションを行うことができ、利用体験が大幅に改善されることが期待されています。

自動車業界を拓く新しいモビリティ

未来のクルマは、IoTを通じてあらゆるものとつながり、より安全で効率的な機能を持つようになります。IBMは、IoTとコグニティブ・システムで未来のクルマ社会に新しいルートを拓きます。

IBM Watson IoTが、さまざまな業界で活躍中。

IoTテクノロジーの進化により、自動車以外にも、家電やビル、工場、橋など、世界中の様々なモノがインターネットにつながり始めています。地球規模で接続されたデバイスたち、絶え間なくデータを生み出す相互接続された広大な世界は、新しいソリューションを求めています。その中で、いまIBM Watson IoTは、自動車業界をはじめとしたさまざまな業界で、新たな価値を創造しています。

コグニティブ・テクノロジーを活用したその他の事例はこちら