IBM Watsonがいる世界とは、どんな世界でしょう?

コスト削減、トレンドの把握、プロセスの効率化、商品開発の迅速化、資源の節約、病気の早期発見など、コグニティブ・ビジネスのプラットフォーム IBM Watsonは、すでに世界のいたるところで活躍中。たとえば、ガン患者一人ひとりに最適な治療法の選定、22億カ所にある気象センサーのデータを活用した自然災害の予測、CO2の排出量の削減など、ビジネスや暮らしのさまざまな変革への取り組みをサポートしています。

Cognitive business
A World with IBM Watson

私たちがより良い世界を築くために、Watsonはさまざまなサポートをしています。(1:31)

Cognitive Business Cognitive Business
コグニティブ・ビジネスとは

今まで活用されずに埋もれていた情報は、より深く専門的な知識や革新的な機能となって、コグニティブ時代のビジネスを牽引します。

Watson API活用事例 Watson API活用事例
Watson API活用事例

IBM Watsonはクラウド上にあるAPIを通じて利用することが可能。さまざまな業界のリーダーたちが、どのようにWatsonを活用しているのかご覧ください。

outthink-コグニティブへの変革
outthink-コグニティブへの変革

IBM Watsonは、さまざまな業界、企業、職種、製品、サービスをコグニティブに変革します。

コグニティブ・ビジネスへのステップ
コグニティブ・ビジネスへのステップ

コグニティブ・ビジネスへの変革を支えるIBMのサポート体制をご紹介します。

IBM Watsonとは
IBM Watsonとは

コグニティブ・ビジネスのプラットフォーム、IBM Watsonについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

*1 現時点では、英語でのご提供になります。事例は特定のお客様での事例であり、すべてのお客様について同様の効果を実現することが可能なわけではありません。掲載されている製品・サービスは国・地 域によってはご提供条件が異なる場合がございます。掲載された情報は 2015年11月現在のものです。
IBM の将来の方向性および指針に関するすべての記述は、予告なく変更または撤回される場合があります。これらは目標および目的を提示するものにすぎません。