なぜ今、ハイブリッド・クラウドなのか?

市場やビジネス環境の急速な変化に対応し、イノベーションを実現するために、企業のITインフラは「オンプレミス環境」からクラウドを活用した「ハイブリッド・クラウド環境」の活用へとシフトしています。

パブリック環境でも、高いセキュリティーを確保しながら、基幹システムと効果的に連携するハイブリッド・クラウドを活用する企業が躍進しています。クラウド基盤の活用だけでなく、APIエコノミーへの対応を行い、新たなビジネス開発を実現する企業も数多く現れてきています。

テーラーメイドで作るハイブリッド・クラウド

イノベーション、効率性、事業の成長に最適な組み合わせを自社に合った形でデザインすることで、テーラーメードで作ったスーツのように自社だけのクラウド環境が構築できます。
クラウドの使用により企業がどのように自社を差別化しているかを把握するため、2016年30名のエグゼクティブと面談、また18業種,1,000名の回答者を対象にグローバル調査を行った結果をまとめています。

image

市場やビジネス環境の急速な変化に対応し、イノベーションを実現するために、企業のITインフラは「オンプレミス環境」からクラウドを活用した「ハイブリッド・クラウド環境」の活用へとシフトしています。

image

パブリック環境でも、高いセキュリティーを確保しながら、基幹システムと効果的に連携するハイブリッド・クラウドを活用する企業が躍進しています。クラウド基盤の活用だけでなく、APIエコノミーへの対応を行い、新たなビジネス開発を実現する企業も数多く現れてきています。

image

テーラーメイドで作るハイブリッド・クラウド

イノベーション、効率性、事業の成長に最適な組み合わせを自社に合った形でデザインすることで、テーラーメードで作ったスーツのように自社だけのクラウド環境が構築できます。クラウドの使用により企業がどのように自社を差別化しているかを把握するため、2016年30名のエグゼクティブと面談、また18業種、1,000名の回答者を対象にグローバル調査を行った結果をまとめています。

躍進するハイブリッド・クラウド

世界中のハイブリッド環境を導入済み企業のIT意思決定者500 名を対象に調査を実施。ハイブリッド・クラウドを実践している企業はどのようなアプローチでデジタル変革を捉えているのでしょうか。

image
image

躍進するハイブリッド・クラウド

世界中のハイブリッド環境を導入済み企業のIT意思決定者500 名を対象に調査を実施。ハイブリッド・クラウドを実践している企業はどのようなアプローチでデジタル変革を捉えているのでしょうか。

 なぜ、IBMクラウドが選ばれるのか?

オンプレミスとクラウド双方のノウハウをもつIBM だからこそ、多様なハイブリッド連携が実現できます。

例えば、従来2ヶ月以上時間を要したシステム基盤の構築を10日で実現することや、新規ビジネスとして大手ネット銀行初のAPI公開を実現するなど、全ての解決策を持っているIBMクラウドがハイブリッド・クラウドへの移行で選ばれています。

お客様事例:オタフクソース株式会社

ビジネス展開にIT環境を素早く対応させていくため、またハードウェアに関する管理・運用の手間を削減し、リソース不足にも迅速に対応可能なIBM Cloudを導入。

オタフクソース株式会社
オタフクソース株式会社

お客様事例:オタフクソース株式会社

ビジネス展開にIT環境を素早く対応させていくため、またハードウェアに関する管理・運用の手間を削減し、リソース不足にも迅速に対応可能なIBM Cloudを導入。

単なるクラウド基盤活用の時代から、
APIを活用したビジネス構築の時代へ

お客様事例:住信SBIネット銀行

国内銀行初のAPI公開事例。フィンテックによる新たな課題をAPI公開でセキュアに解決。

お客様事例:デジタルポスト

独自APIからクラウド上でAPI Connectを利用することで短期間でAPIの標準化と大幅な管理工数の削減。

お客様事例:住信SBIネット銀行

国内銀行初のAPI公開事例。フィンテックによる新たな課題をAPI公開でセキュアに解決。

お客様事例:デジタルポスト

独自APIからクラウド上でAPI Connectを利用することで短期間でAPIの標準化と大幅な管理工数の削減。

IBMクラウドの強さは
ハイブリッドクラウドへの対応力にある

三澤 智光

日本IBM 三澤「一言で言うなら、ハイブリッドクラウドへの対応力にあります。
国内でもワールドワイド市場でも、これが他のクラウドベンダーとの大きな違いになります。」

お問い合わせはこちら