ビッグデータアナリティクス

 

データとアナリティクスで競争力を強化

世界中のデータ量は増え続けており、その形も構造化データと非構造化データ、ストリーミングデータと蓄積されたデータなどさまざまです。ビッグデータからはビジネスを変革する貴重な洞察を得ることができます。

しかしアナリティクスがなければ、ビッグデータは単なるノイズです。

幅広いデータに対してアナリティクスを適用することで、ビジネスの状況やその要因をより正確にとらえることができます。

IBMを強くした「アナリティクス」。IBM自社での31の実践例に見る、アナリティクスによるビジネス変革。詳細はこちら

IBM

ビッグデータとアナリティクスの新たなヒーロー


最高データ責任者



IBM

BI の可能性を最大限に引き出す方法


最新BIソリューションが実現することとは


ビッグデータとアナリティクスでビジネスを変革するためには、3つのことが重要です。

 

1. アナリティクスを活用する企業文化を創ること。すべての社員が、直感や過去の経験ではなく、データに基づく意思決定ができるような環境をつくること。

 

2. プライバシー、セキュリティー、ガバナンスの問題に対して早めに取り組むこと。分析されるデータが安全、確実、正確であることを保障すること。

 

3. 多様なデータを扱うための、ビッグデータとアナリティクスの基盤を整備すること。


顧客を獲得し、育て、維持する

80%のCEOは顧客に素晴らしい体験を提供していると考えているが、それに同意する顧客はわずか8%

最上位の顧客は誰で、どのようにして彼らを満足させていますか?
最上位の顧客を増やすには、どこで見つけることができるでしょう?

顧客はどんな人で何が彼らのモチベーションになっているか、ビッグデータは洞察を提供してくれます。
ビッグデータの分析により、どのようにして顧客接点を改善し、価値を加え、継続的な関係を築くかを見つけ出すことができます。


業務を最適化し、不正を防止する

2005年から2020年までにマシーンデータは11%増加し、全データの42%に達する


経営管理を変革する

88%のCFOは、KPIを選定する際にファイナンス部門にアドバイスが期待されていると考えている


 

洞察力と信頼性、およびITの経済性を高める

2020年までに、地球上の砂粒の4倍以上のデジタルデータが生まれると予想されている