Webページが見づらいと感じたことはありませんか?

IBM東京基礎研究所では、およそ30年間にわたり、情報技術の力で多様なニーズを持つ人々の社会参加をサポートするための様々な技術を生み出してきました。

その支援技術のひとつであるEasy Web Browsing-Cloud (EWB-C)は、ユーザーが特別にソフトウェアを導入することなく、オンデマンドで以下のような機能をブラウザ上で実行することができます。

機能

  • 視覚障がい者のために音声を読み上げます。
  • 高齢者や色弱、弱視の方のためにコントラスト(配色)を変更できます。
  • 難読症(ディスレクシア)の方のためにオーバーレイ・フィルターやルーラーを表示させることができます。
  • 文字拡大、行間拡大、文字間隔拡大などの読み易さ向上のための機能があります。

「IBM Easy Web Browsing – Cloud」の閲覧支援機能は、現在、株式会社インフォ・クリエイツの「クラウドサービス」として提供されています。詳しくはこちら